格安スマホ 機種変。 格安SIMから他の格安SIMへ乗り換える方法、簡単に1万円〜2万円お得にMNP/機種変/SIMサイズ変更

ドコモで格安スマホに乗り換え・機種変更する!おすすめ格安スマホ5機種厳選

格安スマホ 機種変

44インチ 6. 67インチ 4. 7インチ 5. 5インチ 3. 6インチ メモリ 6GB 6GB 3GB(非公式) 4GB 3GB ストレージ 128GB 128GB 64GB 128GB 256GB 64GB 32GB バッテリー 4,025mAh 5,020mAh 1,821mAh 4,000mAh 1,250mAh メインカメラ クアッドカメラ 4800万画素 800万画素 200万画素 200万画素 クアッドカメラ 4800万画素 800万画素 500万画素 200万画素 シングルカメラ 1200万画素 デュアルカメラ 1200万画素 1200万画素 シングルカメラ 1600万画素 広角 ということで今回は、 年間15台以上の格安スマホを使用するすまっぴー編集部が、実際に使ってみて「良かった点」や「悪かった点」をもとに作成したランキングを発表していきます! 現在販売されている格安スマホの中で、筆者がしっかり厳選しているので安心してください。 よくある「まとめ記事」は当たり障りのない内容が多く、専門用語なども飛び交うため「なんとなくこれがオススメされているから」と妥協しがちですよね。 安心してください!弱点も紹介します! 新しいスマホを購入する機会は決して多いものではありません。 なので、これから紹介する格安スマホをしっかり比較して選んでいきましょう!! MVNOのキャンペーンを利用すれば格安スマホをさらに安く手に入る スマートフォン本体だけでなく、回線の切り替えも行う予定の人は MVNOのキャンペーンを利用することで大幅に格安スマホの本体価格を抑えることが出来ます。 MVNOの中でも特に、 BIGLOBEモバイル、 楽天モバイル、 OCNモバイルONEの3社はキャンペーンでの還元金額が高いです。 20,000円以上端末価格を抑えることが出来るの格安SIMもあるのでチェックしてみましょう。 カラー ・ホワイト ・ブラック 本体サイズ 160. 2mm 重量 175g 初期OS ColorOS 7. 1(Based on Android 10) SoC Snapdragon 665 オクタコアCPU ディスプレイ 6. SoC自体は違いますが、世代の違うSoCなので、グレードが低くても同等のスコアとなりました。 後継モデルということもあるので、スコアアップを期待していましたが、残念ながらスコアアップとはならず。 しかしながら、カメラとバッテリーを強化した上に発売当初の価格を据え置きにしたという点はかなり高ポイントです。 大容量メモリということもあり、メモリのスコアが結構高いです。 トータルスコア CPU 処理 GPU グラフィック UX 使いやすさ MEM メモリ 181423 69742 33844 33538 44299 【総評】超人気機種をさらに強化させた間違いなしのモデル 従来モデルのOPPO Reno Aと比べた場合の大きな違いは、カメラ、バッテリー容量が向上しました。 CPU性能やその他機能などは、大きくは進化していません。 カメラの性能は、格段と向上しているので、カメラを重視する方は、Reno3 Aを買う価値が大いにあるかと思います。 おサイフケータイや防水性能も兼ね備えていて、基本性能は良いので、3万円台としてはかなり満足のいくレベルの端末です。 【メリット】使ってみて良かった点• デザインが本当にかっこいい• 有機ELディスプレイ搭載• おサイフケータイ搭載• 6GBの大容量メモリ• 4,025mAhの大容量バッテリー• 以上含め3万円台と驚異のハイコスパ 今回、ホワイトはグラデーションとなっていて、カラーがかっこいい。 また、どちらのカラーも反射のしかたがかっこよくなっています。 また、有機ELディスプレイ、おサイフケータイ、6GBの大容量メモリ、4,025mAhの大容量、さらにカメラの性能がパワーアップしたのに、お値段据え置きの39,800円というのが、高評価! 【デメリット】使ってみて悪かった点• オート撮影では暗所が苦手・・・• インスクリーン指紋認証は精度に不安• ゲーム性能はOPPO Reno Aとあまり変わらない オートで撮影する場合は、暗所が苦手です。 ただ、OPPO Reno3 Aには『ウルトラナイトモード』というモードが搭載されていて、こちらではキレイに撮れるようです(レビューでは撮り忘れました・・・)。 また、インスクリーン指紋認証の精度があまり良くないと感じた点がマイナスポイント。 ほかにも、従来モデルと比較したうえでのデメリットですが、OPPO Reno Aとゲーム性能があまり変わらないような気がしたので、期待はずれという意味でマイナスポイントです。 【OPPO Reno3 A】の口コミ 発売直後ということもあり、まだTwitterでの口コミを見つけることができませんでした。 8mm 重量 209g 初期OS Android 10(MIUI 11) SoC Snapdragon 720G オクタコアCPU ディスプレイ 6. 25万台で2万円台とかなりコストパフォマンスの高い機種となっています。 トータルスコア CPU 処理 GPU グラフィック UX 使いやすさ MEM メモリ 252965 100231 51081 53337 48316 【総評】Redmi Note 9Sは今期一番のコスパ AnTuTuのベンチスコア25万台で24,800円は驚異のコストパフォマンス。 使い心地もよく、タイミング的にはHUAWEIを完全に刺しに来たようにも見受けられます。 少し高くても良いのでおサイフケータイに対応していれば尚良といったところです。 カメラ性能は高級路線のスマホほど高くはないので、カメラ重視で選ぶよりもコスト重視で選ぶスマホかと思います。 【メリット】使ってみて良かった点• コスパNo. YouTubeのバックグラウンド再生が可能• スピーカーの音質が良い• クリアケースの端子カバーが好き• マクロ撮影はピカイチ なんといってもコストパフォーマンスの高さが魅力の機種。 細かいところを挙げると、MIUI11に標準搭載のミュージックアプリを使用すればYouTubeをバックグラウンド再生が可能になります。 また、クリアケースが同梱している格安SIMは多いですが、Redmi Note 9Sのクリアケースは、端子カバーがついていて嬉しいです。 ほかにも、カメラのマクロ撮影はほかの機種を凌駕する性能でした。 【デメリット】使ってみて悪かった点• 指紋認証の反応が悪い(カバー装着時)• カメラ性能は月並み とても良いクリアケースなのですが、装着時の指紋認証の反応が悪かったのが気になりました。 また、カメラ性能はマクロ撮影を覗いて月並みな性能なので、カメラ性能で選ぶのは避けたほうが無難そうです。 非常に細かい点としてはZ軸リニア振動モーターというバイブ機能がバイブの仕方が変な感じがしてあまり好きではありませんでした。 【Xiaomi Redmi Note 9S】の良い口コミ カメラの口コミが多い印象です。 Xiaomi Redmi Note 9Sを色々試しているのですが、写真の加工機能に驚きました。 1枚目が通常撮影で2枚目以降はデフォルトの編集機能を用いているのですが、割とクオリティが高く感じます。 — OPPOラボ OPPOLab Redmi note 9Sのマクロ撮影sugeeeee — イカおじ retired9898 【Xiaomi Redmi Note 9S】の悪い口コミ 発売したばかりということもあり、悪い口コミはまだ見受けられませんでした。 【Xiaomi Redmi Note 9S】が購入できる格安SIM一覧 カラー ・ホワイト ・ブラック ・ PRODUCT RED 本体サイズ 138. 3mm 重量 148g 初期OS iOS 13 SoC A13 オクタコアCPU ディスプレイ 約4. トータルスコア CPU 処理 GPU グラフィック UX 使いやすさ MEM メモリ 462648 135501 184509 82085 60553 【総評】4万円台でこのスペックなら"買い"!! iPhoneは性能が良いです。 そのうえ、OSサポートが長かったり、端末の寿命が長かったりとAndroidよりも長けている点が多いのが特徴です。 とはいえ、iPhoneは高価というデメリットがあります。 しかしながら!iPhone SE(第2世代)は4万円台!しかも同じSoCを搭載!いろいろとメインシリーズから削っている点は多いとはいえ、かなりのハイコスパです。 【メリット】使ってみてよかった点• コンパクトサイズが手にしっくりくる• カメラ性能も申し分なし!• 性能はメインシリーズ顔負け! 手にフィットするサイズ感は、手の小さな方にはかなりしっくり来るでしょう! また、カメラ性能はトップレベルとは言えませんが、価格帯を考えるとかなりレベルの高い性能を誇っています。 スマートHDRで撮影すれば逆向でもかなりキレイに撮れます。 また、SoCの性能がiPhone 11シリーズを同様ということもあって、サクサク快適に利用できます。 【デメリット】使ってみて悪かった点• 目新しさはない• 画面が小さい 見た目はiPhone 8とほとんど(というか完全に?)同じで、SoCはiPhone 11シリーズと同モデル。 特筆するような新機能などはなく、目新しさに欠けるというのが最大のデメリットかと思います。 また、本体に対するディスプレイサイズが小さく、上部と下部のベゼル幅が結構あるので、もったいないと感じました。 【iPhone SE(第2世代)】の良い口コミ 褒めているツイートが多い印象ですね! iPhoneSEの最高画質でやるとPCかってくらいグラフィック良い — もかを。 mokaousagi iPhoneSEのカメラ結構良きでいっぱい撮っちゃう 可愛いシロがより可愛い — そら㌧ Pannnnda 【iPhone SE(第2世代)】の悪い口コミ けっこう探しましたが、"これ!"という悪い口コミは見受けられませんでした。 9mm 重量 167g 初期OS Android 9 SoC Qualcomm Snapdragon 630 オクタコアCPU ディスプレイ 5. 総合スコア 107144! 思っていた通りですね。 AQUOS senseシリーズの良いところは性能ではなく、機能性にあります。 トータルスコア CPU 処理 GPU グラフィック UX 使いやすさ MEM メモリ 107144 36140 15795 23536 31673 【総評】安定の機能性と安心の大容量バッテリー! AQUOS sense3 SH-M12は、AQUOSシリーズは安定搭載の「おサイフケータイ」と「防水防塵性能」を搭載。 また、4,000mAhの大容量バッテリーで安心して使用できるのも高ポイント! 【メリット】使ってみて良かった点• 大容量バッテリーで電池の持ちが良い!• おサイフケータイ対応 AQUOS sense3 SH-M12の一番の特徴は、大容量バッテリーにあります。 さらに、 おサイフケータイ FeliCa にも対応しています。 SIMフリースマホは海外製の端 末が多いため、FeliCaが使えない機種が多いです。 【デメリット】使ってみて悪かった点• 上下ベゼルがもったいない• カバーやケースを付けてしまうとせっかくのサイズ感が台無しなので、背面用スクリーンを購入することをおすすめします。 カメラに関してはカメラに本当に力を入れているメーカーと比べると見劣りはしますが、普通にキレイです。 【AQUOS sense3 SH-M12】の良い口コミ テレビを作っているメーカーだけあってディスプレイに対する評価が高いように見受けられます。 AQUOSsense3?にしたんだけど、SHARPせいだからか画面がキレイで嬉しい— 湯船 fujiyuki19251 AQUOS sense3、少なくともディスプレイは広色域でHDR表示も対応していて廉価スマホの中ではかなりいいと思う。 おサイフケータイも広角カメラも防水もあるし。 Mechasubayai 【AQUOS sense3 SH-M12】の悪い口コミ 性能に関しては、一部批判的な意見もありました。 6mm 重量 79g 初期OS Android 9 SoC Qualcomm Snapdragon 439 オクタコアCPU ディスプレイ 3. 0 充電ポート USB Type-C 2. 5mイヤホン変換アダプター ユーザーガイド(保証書) 参考価格 17,000円 【Rakuten Mini】のベンチマークスコア 9万台はエントリーモデルレベルなので、3Dゲームや長時間の動画視聴などには向いていません。 また、GPUが1万を切っていますが、そもそもの価格が2万円以下なので、使いかたを絞ったうえでの評価としました。 トータルスコア CPU 処理 GPU グラフィック UX 使いやすさ MEM メモリ 94090 40013 9325 16595 28157 【総評】このサイズ感+おサイフケータイは低い性能を補うだけの魅力がある カメラ性能やゲーム性能は通常の同価格帯または少し高い機種と比べると圧倒的に低い性能であることは否めません。 しかしながら、この圧倒的なサイズ感(クレジットカードサイズ並)とおサイフケータイ対応という2点だけでも、性能の低さを補えるだけの魅力があると思います。 【メリット】使ってみて良かった点• クレジットカード並の小ささ!• おサイフケータイ対応• 意外と悪くないカメラ性能 何を言ってもこのサイズ感で右に出るものはいないでしょう。 (かつてPalm Phoneというのはありましたが・・・) またこのサイズ感でおサイフケータイに対応しているスマホは他にはありません。 この1台を持ってお出かけすることができたりと持ち物を減らすきっかけの一つになるでしょう。 カメラ性能に関しては、高級スマホと比べると明らかに劣りますが、明るい場所で撮影する分には、十分にきれいな写真は撮れていると感じています。 【デメリット】使ってみて悪かった点• ゲームには不向き• バッテリーの持ちが悪い• eSIMのみ搭載• 購入時期によって対応バンドが違う 性能面でもサイズ面でもゲームプレイには不向きです。 操作もしにくいですし、カクつくので、プレイに集中できないと思います。 また、バッテリー容量が小さく、ゲームをプレイや動画視聴するとあっという間に電池が減っていきます。 ほかにも、SIMスロットが非搭載で、eSIMにのみ対応しているという点はデメリットかと思いました。 楽天モバイルを契約している間は良いのですが、解約後の使いみちに困る人は増えそうです。 また、2020年6月に話題にもなりましたが、楽天モバイルはRakuten Miniの対応バンドを変更した3つのモデルを公表せずに販売していました。 そのため、購入時期によっては、国内の主流バンドであるBand1に非対応のモデルもあるようです。 【Rakuten Mini】の良い口コミ サイズについてのつぶやきが多くありました。 Rakuten Mini本当に小さい キャンペーンで1円で買いました — ゆうすけ Tea Time T Tyusuke なんか巨人化したみたいな気分になるのが癖になりそうなRakuten Mini — わおん M206Y 【Rakuten Mini】の悪い口コミ Rakuten Miniの仕様変更を無断で行ってプチ炎上しているせいか、技適やらのつぶやきしか見つけられませんでした。 まれに、高いのにイマイチだったり、安いのにハイスペックだったりするので、そのあたりは口コミやレビューなどを参考にするのが良いかと思います。 今回のRedmi Note 9Sなどはまさにそうで、2万円台でも性能が高いです。 バランス型万能コスパスマホ:OPPO Reno3 A• 性能重視でも低価格モデル:Redmi Note 9S• 圧倒的ブランド力が4万円台:iPhone SE(第2世代) OPPO Reno3 Aは2020年コスパ最強モデル! 今回紹介した機種の中でもっともバランスが良いスマホ。 有機ELディスプレイ搭載、より良くなった4眼カメラ、安定してプレイできるゲーム性能、大容量バッテリー、おサイフケータイ対応と、詰めれるものは詰まっています。 普段使いから、ヘビー使用も耐え抜く万能スマホと言えるでしょう。 2020年の人気機種になること間違いなしです! Redmi Note 9Sは性能に文句なし!低価格モデル 2万円台で購入できる低価格モデルながら、文句なしのゲーム性能! 抑えるところは抑えているので、カメラ性能は控えめですし、おサイフケータイなどの便利機能は非対応となっています。 普段使いよりもゲームプレイや長時間の動画視聴などに向いたスマホと言えるでしょう。 iPhone SE(第2世代)は格安SIMと相性が良いiPhone 新品で4万円台で購入できるiPhone SE(第2世代)は、iPhoneシリーズのなかでも格安SIMと利用するのに相性が良いです。 高性能モデルでサポート期間が長いので、長期間利用することで長期的な通信費をガクッと下げちゃいましょう! Apple好きで格安SIMを躊躇していた方は、SIMフリーのiPhone SE(第2世代)で乗り換えましょう! キャンペーン利用で格安スマホをもっと安く! キャンペーンやセールを利用することで端末をうんと安く購入できるなど、うれしい特典がついてくることが多いです。 下記記事では 最新の各MVNO・格安SIMのキャンペーン情報が一覧表になっているため、端末のセールなどを一目でみられます。 早速チェック!!.

次の

格安スマホに機種変更する際のデータ移行の方法と注意点

格安スマホ 機種変

androidスマホからandroid格安スマホにデータ移行する方法 androidスマホからandroid格安スマホにデータ移行するための方法には、 1. Googleアカウントを使ってデータ移行する方法 2. SDカードにバックアップしてデータ移行する方法 3. バックアップアプリを使ってデータ移行する方法 といった選択肢があります。 Googleアカウントを使って格安スマホにデータ移行する方法 Googleアカウントを持っていて、Googleアプリを使っている方におすすめの方法です。 電話帳・Google-playからダウンロードしたアプリ・Gmailなど、Googleと紐づいたデータをバックアップしておけば、新しい格安スマホでの復元が可能です。 同期が完了したら、新しい格安スマホでGoogleアカウント(ID・パスワード)を入力すれば自動で復元されます。 Googleでは用途別に無料で使えるアプリが用意されていますので、以下を参考にしてください。 SDカードで格安スマホにデータ移行する方法 電話帳・動画・画像をバックアップしたいという方向けの方法です。 SDカードにバックアップして移行させれば、データ通信料もかかりません。 電話帳のデータ移行の大まかな流れ 電話帳アプリを開いてメニューボタンを押し「インポート/エクスポート」を選択します。 その後SDカードを新しい端末に差して電話帳を開いてメニューからインポートするだけです。 Googleアカウントがあれば簡単に設定できます。 動画・画像のデータ移行の大まかな流れ 普段から動画や画像の保存先をSDカードにしてる場合は、すでにSDカードにデータが入っています。 入っていない場合は、本体に保存されたデータがギャラリーにあるので、ギャラリーを開いて画像・動画を全選択し、SDカードに移行させましょう。 バックアップが終わったらSDカードを取り出して、新しい端末にSDカードを差してからデータ復元をすればOKです。 格安スマホのデータ移行にSDカードを使う時の注意点 SDカードを扱う際は、静電気や湿気などでデータが破損しないように慎重に取り扱ってください。 データが多すぎるとSDカードに入り切らないので、いらないデータがあれば削除するなどして、整理してから移行させましょう。 また、機種によって対応しているSDカードの最大容量が異なるため、格安スマホでも使用できるか確認しておくことをおすすめします。 基本的に最初から付属されているSDカードの場合は容量が少ないものが多いため、SDカードにバックアップする方法は移行するデータが比較的少ない方におすすめです。 もちろんSDカードを買い足せば入れ替えて保存できます。 その後、新しいiPhoneで「AppleIDとパスワード」を入力してバックアップデータを移行すればいいだけですから非常に簡単です。 その他に、パソコンがある場合はデータ通信料がかからない方法としてiTunesでデータ移行する方法もあります。 新しいiPhoneの場合は「クイックスタート」という機能があり、iCloudよりもっと簡単にデータ移行することができます。 iPhoneから格安SIMのiPhoneへデータ移行する際の注意点 iPhoneのデータ移行をする前には、エラーが発生するのを防ぐために、旧新iPhoneのiOSとアプリの情報を最新にした状態から行いましょう。 iCloudは5GBまでは無料で使えますが、それ以上になるとバックアップができなくなります。 ストレージは月額料金を払えば増やせますが、お金をかけたくないのであればGoogleフォトがおすすめです。 Googleフォトは、無料で15? まで動画・画像がクラウド上に保存できる優れものです。 iPhoneはSDカードが使えないので、基本的にクラウド上に保存してデータ移行するかたちになります。 データ移行はW-iFi環境で行なうことをおすすめします。 格安スマホへのデータ移行は手順通りやれば簡単! 大まかなデータ移行を解説しましたが、いかがだったでしょうか。 推奨は、W-iFi環境でクラウド上で行う方法です。 W-iFi環境でクラウド上で行えば、データ通信料を気にせずとても簡単にバックアップできて移行するのも簡単に終わります。 ただ、アプリの内部データの移行の際はくれぐれも気をつけてください。 nuroモバイルでは、1万円台から購入できる格安スマホを取り揃えていますので、格安スマホを購入の際は検討してみてくださいね。 それでは、新しい格安スマホでお得なスマホライフをお過ごしください。

次の

楽天モバイル: 春の新生活応援 機種変更大特価 キャンペーン

格安スマホ 機種変

Contents• 端末を用意する 機種変したい!と思った時に、まず新しい端末を選ぶ必要があります。 キャリアのように、ショップへ行って端末を選び、そのまま機種変となりますが、格安SIMの場合は少し違い自分で購入することが必要となります。 とはいえ、どこで端末を用意すればわからない! 新しい端末を購入するには下記の4つのパターンがあります。 店頭で購入する これは、近くに自分が使用している格安SIMのカウンターに限りますが、この店頭で機種を選ぶことができます。 ただし、全ての機種を置いているわけではないので、そういう場合は後日受け取りに行く必要があります。 格安SIMの場合は、端末で全ての機種が動作するのではないので、自分が使用している格安SIMで端末の動作確認確認をする必要がありますが、店頭で販売されている機種は全て動作確認済なので動作確認の手間が省けます。 また、店頭によっては、機種変を代わってやっているカウンターもあります。 現在使用している格安SIMのネットで購入する これは上記と同じです。 利用している格安SIMでは端末も販売されています。 こちらは、店頭で選ぶのと同じですが、ネットで購入することになります。 この場合も、すでに動作確認をする手間がなく簡単です。 自分で端末を用意する 格安SIMで端末は買えるけれど、欲しい機種がない。 そんな時は、自分で購入する必要があります。 格安スマホの場合は価格の安いSIMフリーの端末を購入することもできるし、キャリアで購入できる機種は白ロム販売店で購入することができます。 電話番号などの連絡先バックアップ• アプリ引き継ぎ• 写真・音楽などのバックアップ• ゲームアプリ• LINEのバックアップ• おサイフケータイ類 バックアップはiPhoneの場合はiTunesを使うか、またはiCloudを使って簡単にバックアップ可能ですが、Androidは少し手間がかかりますので、アプリを使ってバックアップすることをおすすめします。 iPhoneのバックアップ iPhoneのバックアップには2種類あります。 一つはiTunes。 Mac、ウィンドウズ問わず、パソコンにiTunesがインストールされていればできます。 パソコンにiPhoneを接続し、iTunesでデバイスを選択すればバックアップされます。 アンドロイドのバックアップ アンドロイドは少し手間がかかります。 Googleを使ってバックアップはできますが、全てできるわけではありません。 なので、別にバックアップが必要ですが、おすすめはアプリを使ってバックアップする方法です。 アプリを使ってバックアップをするのは簡単で、煩わしい手間は不要です。 端末の電源を切る• SIMカードを挿入する• 端末を再起動して「設定」を開く• 「モバイルネットワーク」を開く• 「アクセスポイント名」をタップ• 通信サービス名をタップする アクセスポイントは、各MVNOにて設定が異なるため、利用するMVNOで確認をしてください。 バックアップから復元する iPhone iTunes MacまたはWindowにiPhoneを接続し、各バックアップの日付を見比べて、適切なものを選択します。 これでバックアップの復元が始まります。 途中、パスワードを求められたら、パスワードを入力します。 iCloud 言語と地域を選択し、「手動で設定」をタップします。 「iCloudバックアップから復元」をタップしてから、画面に表示される指示に従うと復元可能です。 その他の方法でバックアップしたものは、バックアップを取ったものにより復元の方法が変わりますので、各種バックアップからの復元をしてください。 スマホのバックアップを取りたい。 または取っておきたい。 そんなときに、iPhone・Android問わずに使える簡単アプリがあればいいのだけど... と思っていませんか? 今回は、そんな希望を叶える便利... まとめ 格安SIMにおいての機種変更の違いはいかがでしたか? iPhoneはバックアップ・復元方法は2種類だけなのでそんなに難しくありませんが、Androidの場合は様々の方法がありますが、一番簡単なのはアプリを使用したものが一番簡単です。 機種変での手間は、バックアップに関してはキャリアの時と変わらず、APNの設定に関しては格安SIMに移った時に設定したことになるので、特に難しいことはないので心配することはありません。 格安SIM利用中で新しい機種に機種変したい場合の参考になれば幸いです。

次の