スタ フィロ コッカス。 ミミピュア

ブドウ球菌

スタ フィロ コッカス

写真は黄色ブドウ球菌 : : : : : : ブドウ球菌属 Staphylococcus Rosenbach 1884 種 参照• 基準種: ブドウ球菌(ブドウきゅうきん)とは、ブドウ球菌属 Staphylococcus属 に属するであるの総称。 一つ一つの球菌が不規則に配列した集合体(クラスター)を作りながら増殖し、下で観察すると「の房」のように見えるため、もう一つのグラム陽性球菌のグループである(直鎖状に配列する)との対比から「ブドウ球菌」と名付けられた。 属名の Staphyloccocusも、ラテン語で「ブドウの房」を意味する staphylo-と、球菌を意味する coccus(元は「(穀物の)粒」や「木の実」の意)に由来する。 元来「ブドウ球菌」とは、細菌が発見されて間もない、分類法が整理されていない頃に細菌の形態および配列から名付けられた名称である。 このため Staphylococcus属以外でも、クラスターを形成することがある Micrococcus属などを含めて広義に「ブドウ球菌」 staphylococcus と呼ばれていた。 本項目では、ブドウ球菌属に属する細菌全般 Staphylococcus sp. を解説する。 生化学的には、陽性(カタラーゼ酵素を有すること)と、を嫌気的にする性質から、他の代表的なグラム陽性球菌と鑑別される。 分類 [ ] 2005年現在、ブドウ球菌属の細菌は35菌種に分類されている。 これ以前の最も初期の分類では、コロニーの色調によって「白色ブドウ球菌」「」「橙色ブドウ球菌」に分けられていたが、その後「表皮ブドウ球菌」「黄色ブドウ球菌」「腐性ブドウ球菌」の3菌種に改名された。 また、を凝固させる働きを持つタンパク質である を産生するかどうかが、ヒトに対する病原性と密接に関連しているため、コアグラーゼ陽性(コアグラーゼを産生する)、コアグラーゼ陰性(産生しない)の二群に大別することも医学分野では慣用的に行われてきた。 しかし、これらの初期の分類はいずれも大まかなものであり、遺伝学的分類法の導入によって生物学的には35菌種に分類されていて、約15種がヒトから分離されることがある。 エンテロトキシン産生 [ ] 増殖の際に体外タンパク質毒素として分子量19000から29000前後の単純タンパク質()を数10種類の産生する。 このエンテロトキシンは、熱、消化酵素(トリプシン)により破壊されない。 つまり、調理の熱で菌を失活(死滅)させてもエンテロトキシンは残るだけで無く、消化器官中で分解されないため毒素型食中毒の重要な原因となっている。 体内で増殖した場合、、 TSS 、軟部組織感染症、、、、慢性、アトピー性皮膚炎、自己免疫疾患など重要な疾病との関連性が指摘されている。 また、ヒトだけで無く獣医学畜産領域においても重要な病原体である。 コアグラーゼ産生 [ ] 菌体外酵素の1つであり、血漿凝固作用を有する物質。 ブドウ球菌の分類において、その菌種がを産生するかどうかという性状は大きい意味を持つものとしてとらえられてきた。 これは医学上の立場から重要視されたものである。 ヒトから分離される15種のブドウ球菌のうちでは、最も病原性が高い黄色ブドウ球菌だけがコアグラーゼ陽性であるため、この菌であるかどうかの判定に利用可能だからである。 この他、ヒトを宿主としない、動物由来のブドウ球菌のうち、 S. intermediusがコアグラーゼ陽性、 S. delphiniと S. hyicusには菌株によってコアグラーゼ陽性または陰性のものがある。 これらを除いた31種はすべてコアグラーゼ陰性で、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 Coagulase -negative staphylococci, CNS と総称される。 ただし臨床の現場ではCNSはヒトから分離されることのある、黄色ブドウ球菌以外の種(約14種)を指し、なかでも検出される頻度が高い表皮ブドウ球菌を意味するものとして使われることがある。 大部分は非病原性で、体表面 、鼻咽腔、消化管 、などの常在細菌として、(あるいは正常フローラ) を形成し、むしろ外部からの病原体の侵入を防ぐバリヤーの役割の一端を担っている。 ただし、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、腐性ブドウ球菌の3種は、ヒトに対するを持つ。 Staphylococcus aureus 主として鼻腔や表皮に常在する。 ブドウ球菌の中では最も病原性が高く、健常者に対しても化膿性疾患を中心とする各種疾患を引き起こすことがある。 また足の裏の悪臭の原因物質を作る菌のひとつであることでも知られている。 詳細は「」を参照 表皮ブドウ球菌 Staphylococcus epidermidis 主として鼻腔や表皮に常在する。 通常は非病原性であり、他の病原菌から表皮を守るバリアーや、表皮を健康に保つ役目を果たしている菌であるが、体内に侵入すると病原性を発することがある。 プラスチック表面などに対する付着性が強くまた表皮の常在菌であるため、手術の際にやなどの医療用器具に付着して体内に侵入することがある。 特に体内に留置するタイプの医療器具に付着して、そこで増殖することによって深在性の化膿症の原因になることがある。 腐性ブドウ球菌 S. saprophyticus 主として泌尿器周辺の皮膚に常在している。 そこから尿路に侵入すると尿路感染症の原因になる場合がある。 一般に、ヒトはブドウ球菌による病気の発症に対しては抵抗性が強く、ある種のが備わっていると考えられている。 またブドウ球菌によって感染巣が化膿しても、白血球の働きによって病巣部は限局的になり容易に蔓延することはない。 しかし他の原因によって白血球の機能が低下した患者などでは、この機構が働かずに重症化することもある。 脚注 [ ].

次の

微生物解説-培地

スタ フィロ コッカス

ラ 同 、• 本来は としてまとめるべきであるが、が一般的すぎるために詳細はそちらを参照。 UpToDate Contents 全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe. treatment of skin and soft tissue infections due to methicillin resistant staphylococcus aureus in adults• treatment of staphylococcus aureus bacteremia in adults• complications of staphylococcus aureus bacteremia• epidemiology of staphylococcus aureus bacteremia in adults• evaluation and management of suspected methicillin resistant staphylococcus aureus skin and soft tissue infections in children Japanese Journal• 体臭 I 体臭1• 澤野 清仁• 日本味と匂学会誌 7 1 , 3-10, 2000-04• … 汗臭や足臭は酢酸、イソ吉草酸などの低級脂肪酸がその臭気成分であり、 スタフィロコッカス属が関与し、また加齢臭の主たる臭気成分はノネナール等であるが、加齢臭と皮膚細菌叢との関係は、未解明である。 Related Links• スタフィロコッカス属は、和名でブドウ球菌と言った方が一般的にはわかりやすいかも しれません。 このブドウ球菌というのはスタフィロコッカス属菌の総称で、自然界に広く 分布しており、ヒトの皮膚や鼻腔、腸管、外尿道、そのほかの粘膜面などに常在してい ます(... ブドウ球菌(ブドウきゅうきん)とは、ブドウ球菌属 Staphylococcus属 に属するグラム 陽性球菌である真正細菌の総称。 一つ一つの球菌が不... このためStaphylococcus属 以外でも、クラスターを形成することがあるMicrococcus属などを含めて広義に「ブドウ... 同 関 、、?、? 細菌の命名• ラテン語であり、イタリックで表す。 まな板、包丁の洗浄 グラム陽性桿菌 土壌、水、ヒトおよび動物の腸管に常在、嫌気性菌、芽胞形成 エンテロトキシン 下痢、腹痛、吐き気 畜肉および魚肉とその加工品、動物性蛋白質を用いて調理後、長期保存されていた食品 カレー、シチューなど 8-22時間 肉類、魚介類の脹内容物からの汚染防止。 長時間保存する場合、加熱調理後冷蔵庫内にて保存。 再加熱を十分に行う。 毒素型 グラム陽性桿菌 芽胞形成、芽胞形態で自然に広く存在。 食品腐敗変敗細菌 エンテロトキシン 嘔吐型: 吐き気、嘔吐 米飯、チャーハン、スパゲティ 1-5時間 低温保存、長期保存を避ける 下痢型: 下痢 食肉製品、スープ、プリン、野菜 8-12時間 グラム陽性桿菌 嫌気性細菌、致命率が高い。 芽胞形成。 眼症状 眼瞼下垂、複視、視力低下、瞳孔散大 、神経・筋症状 言語障害、嚥下障害、呼吸困難 缶詰、瓶詰 魚、獣肉、野菜、果実 、いずし、ハム、ソーセージ、からしレンコン 12-36時間 抗毒素血清治療 野菜などの水洗い、魚の内臓による汚染を防ぐ グラム陽性球菌 ヒト常在菌 皮膚、口腔、粘膜、鼻咽頭粘膜。 化膿傷、咽頭炎、ニキビ、風邪の症状時には病巣となる 耐熱性エンテロトキシン 激しい吐き気、嘔吐、腹痛、下痢 おにぎり、柏餅、シュークリーム、生クリーム 0. 5-6時間 1-3日 化膿巣のある人を調理に従事させない。 first aid step1 2006 p. 138 細菌学• 感染症• 化膿性炎症• 肺炎 MRSA感染症と関連して 転移性合併症• 心内膜炎• 骨髄炎 細菌学的同定法• :黄色ブドウ球菌はマンニット分解酵素によりこれを分解できる• 産生性• 毒原性因子• :プロトロンビンに結合して、複合体のままトロンビン活性をを発揮させ、フィブリノゲンをフィブリンに変換する作用がある。 :プラスミノゲンと複合体を作り、プラスミン活性を発現させ、フィブリンを分解する• :IgGのFc部分に親和性を持ち抗体によるオプソニゼーションを阻害• :白血球を死滅させる 「 英 同 、• 属名なので、ブドウ球菌属 Staphylococcus属• 通性嫌気性• 常在細菌 皮膚、鼻腔粘膜 内科診療学 Staphylococcus属• 陽性、分解 、血液寒天培地で溶血性あり• 陰性、非分解。 女性の尿路感染の原因となる 毒性 SMB. 236• 「 ラ 関• 好気性あるいは通性嫌気性で四連あるいは不規則な配列をするグラム陽性球菌。 属間でGC含量に差がある。 人や動物の皮膚を含め、自然界に広く分布• 病原性を有するのはブドウ球菌属の一部のみ ミクロコッカス科• ストマトコッカス属 Stomatococcus• プラノコッカス属•

次の

この耐性菌言えますか?⑦CNS

スタ フィロ コッカス

写真は黄色ブドウ球菌 : : : : : : ブドウ球菌属 Staphylococcus Rosenbach 1884 種 参照• 基準種: ブドウ球菌(ブドウきゅうきん)とは、ブドウ球菌属 Staphylococcus属 に属するであるの総称。 一つ一つの球菌が不規則に配列した集合体(クラスター)を作りながら増殖し、下で観察すると「の房」のように見えるため、もう一つのグラム陽性球菌のグループである(直鎖状に配列する)との対比から「ブドウ球菌」と名付けられた。 属名の Staphyloccocusも、ラテン語で「ブドウの房」を意味する staphylo-と、球菌を意味する coccus(元は「(穀物の)粒」や「木の実」の意)に由来する。 元来「ブドウ球菌」とは、細菌が発見されて間もない、分類法が整理されていない頃に細菌の形態および配列から名付けられた名称である。 このため Staphylococcus属以外でも、クラスターを形成することがある Micrococcus属などを含めて広義に「ブドウ球菌」 staphylococcus と呼ばれていた。 本項目では、ブドウ球菌属に属する細菌全般 Staphylococcus sp. を解説する。 生化学的には、陽性(カタラーゼ酵素を有すること)と、を嫌気的にする性質から、他の代表的なグラム陽性球菌と鑑別される。 分類 [ ] 2005年現在、ブドウ球菌属の細菌は35菌種に分類されている。 これ以前の最も初期の分類では、コロニーの色調によって「白色ブドウ球菌」「」「橙色ブドウ球菌」に分けられていたが、その後「表皮ブドウ球菌」「黄色ブドウ球菌」「腐性ブドウ球菌」の3菌種に改名された。 また、を凝固させる働きを持つタンパク質である を産生するかどうかが、ヒトに対する病原性と密接に関連しているため、コアグラーゼ陽性(コアグラーゼを産生する)、コアグラーゼ陰性(産生しない)の二群に大別することも医学分野では慣用的に行われてきた。 しかし、これらの初期の分類はいずれも大まかなものであり、遺伝学的分類法の導入によって生物学的には35菌種に分類されていて、約15種がヒトから分離されることがある。 エンテロトキシン産生 [ ] 増殖の際に体外タンパク質毒素として分子量19000から29000前後の単純タンパク質()を数10種類の産生する。 このエンテロトキシンは、熱、消化酵素(トリプシン)により破壊されない。 つまり、調理の熱で菌を失活(死滅)させてもエンテロトキシンは残るだけで無く、消化器官中で分解されないため毒素型食中毒の重要な原因となっている。 体内で増殖した場合、、 TSS 、軟部組織感染症、、、、慢性、アトピー性皮膚炎、自己免疫疾患など重要な疾病との関連性が指摘されている。 また、ヒトだけで無く獣医学畜産領域においても重要な病原体である。 コアグラーゼ産生 [ ] 菌体外酵素の1つであり、血漿凝固作用を有する物質。 ブドウ球菌の分類において、その菌種がを産生するかどうかという性状は大きい意味を持つものとしてとらえられてきた。 これは医学上の立場から重要視されたものである。 ヒトから分離される15種のブドウ球菌のうちでは、最も病原性が高い黄色ブドウ球菌だけがコアグラーゼ陽性であるため、この菌であるかどうかの判定に利用可能だからである。 この他、ヒトを宿主としない、動物由来のブドウ球菌のうち、 S. intermediusがコアグラーゼ陽性、 S. delphiniと S. hyicusには菌株によってコアグラーゼ陽性または陰性のものがある。 これらを除いた31種はすべてコアグラーゼ陰性で、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 Coagulase -negative staphylococci, CNS と総称される。 ただし臨床の現場ではCNSはヒトから分離されることのある、黄色ブドウ球菌以外の種(約14種)を指し、なかでも検出される頻度が高い表皮ブドウ球菌を意味するものとして使われることがある。 大部分は非病原性で、体表面 、鼻咽腔、消化管 、などの常在細菌として、(あるいは正常フローラ) を形成し、むしろ外部からの病原体の侵入を防ぐバリヤーの役割の一端を担っている。 ただし、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、腐性ブドウ球菌の3種は、ヒトに対するを持つ。 Staphylococcus aureus 主として鼻腔や表皮に常在する。 ブドウ球菌の中では最も病原性が高く、健常者に対しても化膿性疾患を中心とする各種疾患を引き起こすことがある。 また足の裏の悪臭の原因物質を作る菌のひとつであることでも知られている。 詳細は「」を参照 表皮ブドウ球菌 Staphylococcus epidermidis 主として鼻腔や表皮に常在する。 通常は非病原性であり、他の病原菌から表皮を守るバリアーや、表皮を健康に保つ役目を果たしている菌であるが、体内に侵入すると病原性を発することがある。 プラスチック表面などに対する付着性が強くまた表皮の常在菌であるため、手術の際にやなどの医療用器具に付着して体内に侵入することがある。 特に体内に留置するタイプの医療器具に付着して、そこで増殖することによって深在性の化膿症の原因になることがある。 腐性ブドウ球菌 S. saprophyticus 主として泌尿器周辺の皮膚に常在している。 そこから尿路に侵入すると尿路感染症の原因になる場合がある。 一般に、ヒトはブドウ球菌による病気の発症に対しては抵抗性が強く、ある種のが備わっていると考えられている。 またブドウ球菌によって感染巣が化膿しても、白血球の働きによって病巣部は限局的になり容易に蔓延することはない。 しかし他の原因によって白血球の機能が低下した患者などでは、この機構が働かずに重症化することもある。 脚注 [ ].

次の