ポケット ワイファイ と は。 【2020年版】ポケットWiFi・モバイルルーターのおすすめランキングを徹底比較!

ポケットWiFiとは?Pocket WiFiとモバイルルーターの違いと比較

ポケット ワイファイ と は

ポケットWiFiの機種選びをしていると「同時接続台数」という性能を目にすると思います。 これはどういったものなのでしょうか?同時接続台数という性能はあなたにとって最適なポケットWiFiを選ぶ上で大切な数字となりますので、使い方に合わせて必要な同時接続台数を確保できるポケットWiFiを選ぶようにしましょう。 今回は、ポケットWiFiの同時接続台数についてご説明します。 ポケットWiFi同時接続台数とは、同時に使えるスマホ・PC・タブレットなどの台数 ポケットWiFiの同時接続数とは、同時に使えるスマホやPC、タブレットといったWiFi機器の数を表します。 同時接続台数が10のポケットWiFiならば、スマホやPC、タブレットを同時に10台接続できます。 この時、スマホやPCといった種類は関係ないので、スマホを10台接続しても、パソコンだけ10台接続することもできます。 DSやPSPなども接続できますが、全ての機器を合計して10台以内である必要があります。 この同時接続台数が重要なのは、自宅でポケットWiFiを固定回線的に使う場合。 もしも家族が5人いて、それぞれスマホとPCとタブレットを持っていたら、最大で15台のWiFi機器の接続が必要になります。 (もちろんこんな家族は滅多にいないでしょうが・・・) 例え常時WiFiで繋げなくても、利用したい時に同時接続台数があふれてしまえば不便を感じることになります。 ですから、ポケットWiFiを選ぶ時は、自宅や外出先で最大で繋げるWiFi機器の数を考慮することをおすすめします。 同時接続台数は多くても少なくても通信速度に影響はないの? ポケットWiFiで同時に接続できる数は最近では10台前後と、以前より大分増えて便利になりました。 しかし気になるのが、そんなにたくさんの機器と接続したら通信速度は落ちないのか?ということです。 結論からいいますと、同時に接続する数が多いと1台あたりの通信速度は低下します。 大元のポケットWiFiの通信速度が370Mbpsだとしたら、10台接続したときにはそれを分け合う形になります。 Broad WiMAX GMOとくとくBB BIGLBE 当日受取可、月額最安値ならBroad WiMAX 高額キャッシュバック狙いならGMOとくとくBB。 短期間契約ならBIGLOBE。

次の

ポケットWiFiのおすすめ徹底比較!2020年6月の最安値はこちら

ポケット ワイファイ と は

そういう時のためにポケットWiFiを契約する人が増えてるよ!普段はポケットWiFiを利用して、スマホの通信を節約してるんだね! ポケットWiFiのメリットについて メリットは大きく分けて4つあります。 一つずつメリットについて解説していきます。 1.持ち運び可能なモバイルルーター ポケットWi-Fiという位ですから、 ポケットに入れて持ち運ぶ事ができます。 上記の写真でもあるように、大きさはiPhone6sと同じかそれよりも小さいです。 カフェでノートPCを使って仕事をしたり、旅行や出張先でWiFi環境がない時に使用したり、自宅のホームルーターとして使用する人も居ます。 利用方法は人それぞれですが、 持ち運べるというのは光回線と違い大きなメリットでもあります。 スタバやカフェで使ってる人も見かけるようになったね! 2.携帯電話よりも通信費が安い(実は格安SIMよりも安い) ポケットWi-Fiを使う人で多いのが、 携帯電話の通信費が高いから、代わりに モバイルルーターを契約したと言う人です。 スマホの通信費は 50GBが6,000円だったりと高額です。 その点、ポケットWi-Fiなら 20GBが月額2,400円(NEXTmobile)、 無制限プランは3,100円(NEXTmobile)で利用できたり、高速通信で人気の WiMAXは月額3,480円で利用できたりします。 実は携帯電話会社だけでなく、格安SIMの大容量プランよりもポケットWi-Fiを契約したほうがデータ容量が大きく料金が安いです。 NTTの開通工事って立ち会わないといけなかったりと予定空けるのが大変だけど、ポケットWi-Fiなら直ぐに使えて良いね! 4.レンタルプランも豊富! 2018年位から急に増えてきたのが、ポケットWi-Fiのレンタルです。 ポケットWiFiと言えば2年もしくは3年という長期契約が普通でした。 しかし、レンタルWiFiであれば「 1日だけ」「 1ヶ月だけ」「 半年だけ」といった レンタル期間を自由に設定できます。 その分、通常のポケットWiFiよりも少しだけ料金が高かったりしますので、レンタルWiFiは不向きとなります。 契約期間の縛りなくポケットWi-Fiを使いたいという人には「レンタルWiFi」がおすすめです。 ポケットWiFiのデメリットについて 残念ながらポケットWi-Fiにもデメリットはあります。 契約を検討している人は必ずデメリットを確認してから申し込みをしてくださいね。 1.通信制限がある ポケットWiFiには月7GB、20GB、30GBといった通信制限が設けられている場合が多いです。 通信制限になると速度が遅くなり、動画を視聴するとカクカクしたり場合によっては、見れない事もあります。 WiMAXのギガ放題プランは月間無制限と言われていますが、 直近3日間で10GBを超えると翌日の18時~2時まで 速度制限になります。 基本的に ポケットWiFiは通信制限が有るものと覚えて置いてください。 よく知ってるね!実は最近、無制限WiFiが乱発してるんだよね! 2019年3月に販売が開始された「どんなときもWiFi」を筆頭に、• めっちゃWiFi• よくばりWiFi• Mugen WiFi• 限界突破WiFi• NEXTmobile• hi-ho gogo WiFi• どこよりもWiFi• クラウドWiFi東京 といった 無制限に使えるポケットWiFiのサービスが出ています。 これらのサービスは基本的に無制限にWi-Fiが使える事から今大人気です。 デメリットで通信制限があると記載してしまいましたが、これらのポケットWiFiに関しては通信制限を気にせず動画視聴等楽しめます。 寝るときに携帯電話を充電している人は、一緒にモバイルwifiルーターも充電するようにするのがおすすめの方法です! 3.速度が不安定のためオンラインゲームにはNG 通信速度が重要なオンラインゲームにはポケットWi-Fiは不向きです。 例えば、「PUBG」「フォートナイト」「Apex Legends」「スプラトゥーン2」「スマブラSP」等、どれも人気の対戦型オンラインゲームとなっていますが、 これらのゲームにポケットWi-Fiを使用するのはおすすめしていません。 問題なく使えたという口コミもありますが、 光回線とポケットWi-Fiを比較した時点で、速度、通信の安定性、PING値等、すべてにおいて光回線が上回っています。 強めに書きますが、 これらゲームをするのにポケットWi-Fiを契約しようと考えている人は辞めた方が良いです。 僕も実際に試したけど、数試合じゃわからなかったけど、10試合以上したらたまにラグが起きる現象があったから、ガチでプレイする人にはおすすめしないという事だよ! ポケットWiFiでスプラトゥーン2等が動作するかしないかでいえば、 動作はしますが、対戦相手にも迷惑がかかってしまう場合がありますので、極力避けたほうが良いです。 ネットゲームをラグや遅延なく快適にプレイしたい人は、光回線を引くしか方法はありません。 4.携帯電話会社からの購入はNG ポケットWi-Fiはdocomo、au、SoftBankといった携帯電話会社でも取り扱いがありますが、 月額料金が高額なので契約はおすすめしておりません。 下記は月額料金の一例ですが、 月額料金 高速データ通信量 docomo 6,400円 5GB au 4,380円 無制限(3日で10GBの制限有) SoftBank 3,696円 7GB 表の通り、全体的に月額料金が高く、月々のデータ通信量の縛りが厳しいです。 auだけは月額4,380円で月間無制限に使えるWiFiですが、これはWiMAXのギガ放題プランとサービス内容が同じです。 そのため、月額料金が安いWiMAXのプロバイダから購入したほうが安く使えてお得になります。 携帯電話会社のポケットWiFiは高いので、他社から買うようにしてね! ポケットWiFi契約時の注意事項 ポケットWiFiを契約する時に、必ず確認した方がいい点を挙げていきます。 1.契約期間は2年間?3年間?それとも!? ポケットWi-Fiは2年から3年契約が主流となっております。 特に月間無制限に使える WiMAX(3日で10GBの制限有り)では、3年契約が普通となっていますので長期契約が無理と言う人は気をつけてください。 途中解約をしてしまうと、「契約解除料」もしくは「解約違約金」が発生しますので注意してください。 違約金については、9,500円~40,000円と業者によって違いますので、 契約前に必ず確認しましょう! 人気ポケットWiFiの違約金比較表を作ってみました。 契約期間 違約金 どんなときもWiFi 2年間 0~12カ月目:19,000円 13~24カ月目:14,000円 25カ月目:無料 26カ月目以降:9,500円 Mugen WiFi 2年間 1年未満:9,500円 1~2年未満:5. 000円 25ヶ月目以降:0円 GMO WiMAX 3年間 1~12ヶ月目:19,000円 13~24ヶ月目:14,000円 25ヶ月目以降:9,500円 更新月:0円 NEXT mobile 2年間 0~12ヶ月目:19,000円 13~24ヶ月目:14,000円 25,49ヶ月目:0円 26ヶ月目以降:9,500円 上記はWiMAXを除いて、全て無制限のポケットWiFiの違約金の比較です。 見ての通り「Mugen WiFi」が違約金が安く、さらに 25ヶ月目以降は解約違約金なしとなっております。 今後5G対応のポケットWiFiが出てくる可能性も高いので、「違約金が安い」WiFi会社と契約しておくというのも大切です。 2.最大速度にだまされるな! WiMAXから発売された「W06」や「HOME L02」は最大速度1. 2Gbpsとなっており、理論上は超高速通信が可能です。 しかし、実際に使ってみればわかりますが、通常時の速度は10Mbps~100Mbpsが良い所です。 電気屋のセールスマンが、 W06は光回線に匹敵する速度ですと、嘘を言ってくる人もいますので注意してください。 光回線とポケットWiFi(WiMAX含む)を比較した場合、光回線の方が速いです。 契約時に端末の最大速度に目が行きがちですが、実際そこまで大きく変わりません。 モバイルルーター選びの際は、速度よりも「 バッテリー容量」「 連続通信時間」等を気にした方が良いです。 3.「データ通信容量無制限!使い放題」に気をつけて 「WiMAXなら月間データ通信量無制限」という謳い文句には気をつけてください。 WiMAXの場合、今流行りの「どんなときもWiFi」や「Mugen WiFi」と違い、 3日で10GBの速度制限があります。 そのため無制限と思って契約しても、動画を見てたら速度が遅くなったという事もあります。 無制限に使えるポケットWiFiも増えていますので、わざわざWiMAXを選ぶという事もないです。 当サイトで無制限に使えるポケットWiFiというのは、• 1日の制限なし• 3日の制限なし• 1ヶ月での制限なし 本当に無制限に使う事ができるポケットWi-Fiをさしています。 無制限WiFiでも、使い過ぎると速度制限になる可能性があります。 参考までに、「限界突破WiFi」は1日5GB、クラウドWiFi東京は1ヶ月300GBの制限を設けています。 どんなときもWiFiに関しては、2020年3月20日時点で通信障害が出てるためおすすめできません。 例えば、 Broad WiMAXでしたら「安心サポートプラス(月額550円)」及び「My Broadサポート(月額907円)」は加入必須です。 オプション加入せずに契約してしまうと、初期費用18,857円が請求されますので注意が必要です。 他のプロバイダも オプション契約必須のところがありますので、契約時は注意が必要です。 5.月額1,000円台で使える?安いのは最初の1,2ヶ月だけだった カシモWiMAXを例にしますが、初月0円、1ヶ月目1,380円と異常なまでに月額料金が安くなっています。 しかし、2~24ヶ月目 3,480円、25ヶ月目以降に関しては4,079円と高額の月額料金になっています。 契約期間の3年間の合計金額を考えると、そこまで安くないというのが事実です。 このように最初の1,2ヶ月だけ安いプロバイダには注意して、 契約期間の総額を比較したほうが結果的に安く利用できます。 6.利用エリアは大丈夫?電波は受信可能? どんなに高性能のポケットWiFiやモバイルルーターを契約しても、 電波が圏外でしたら意味ないですね。 電波は大きく分けて2つに分かれます。 それでも不安という人は、 30日間全額返金補償のある「」もしくは、WiMAXが良いという人は 15日間無料で試せる「」がおすすめです。 モバイルルーターの選び方は? ポケットWiFiの契約時にモバイルルーターを選びますが、どれを選んだらいいのかわからないと言う人多いと思います。 ネクストモバイル等の一部プロバイダでは端末が選べなかったりします。 下記の表はWiMAX契約時に選べるモバイルルーターとなっております。 最大下り速度 特徴 WX06 440Mbps 2,4GHz、5GHzを同時に使える W06 1. 2Gbps 高性能ハイモードアンテナ搭載 WX05 440Mbps バッテリーの持ちが良く、WiMAXハイパワー対応 W05 758Mbps 特になし 2020年2月時点での最新端末はWX06になります。 どの端末が良いか悩む人も居ると思いますが、当然ですが、最新端末の方が高性能です。 WiMAXの端末で言えば、「WX06」「W06」がおすすめとなっています。 ポケットWiFi・モバイルルーターのおすすめランキング! 1.レンタルという選択肢も有り「縛りなしWiFi」 「縛りなしWiFi」は国内専用の無制限のレンタルWi-Fiです。 契約解除料0円• 月額料金3,300円(1日2GBプラン)• 月額料金3,000円(1ヶ月20GBプラン)• 月額料金4,300円(WiMAXプラン) 上記の通り、月額料金以外にかかる費用がありません。 縛りなしWiFi(縛りなしプラン)の特徴として、 レンタルWiFiのため、いつ解約しても契約解除料0円のため解約金は請求されません。 2年、3年といった契約期間が嫌という人に人気です。 月額料金 通常プラン:月額料金3,300円 ライトプラン:月額料金3,000円 WiMAXプラン:月額料金4,300円 通信制限 通常プラン:1日2GB ライトプラン:1ヶ月20GB WiMAXプラン:3日で10GB 契約期間 特になし(縛っちゃうプランは3年契約) キャッシュバック なし 契約期間の縛りがないWiFiだよ!いつでも解約は無料! テレワーク・在宅勤務等でとりあえずネット環境を整えたい人にも「縛りなしWiFi」は最適です。 2020年7月1日迄の期間限定キャンペーンのため、事務手数料が1,000円です! 契約期間の縛りなし!在庫有の最短翌日発送! 2.WiMAX最安値!GMOとくとくBB WiMAX(月額割引プラン) GMOとくとくBBの月額割引プランは3年間の月額料金が安く利用できます。 WiMAXのギガ放題プランのため月間無制限に使えて3日で10GBの速度制限しかありません。 覚えておいて頂きたいのが 3年間利用して一番安く使えるポケットWi-FiがGMOとくとくBBです。 実は他のホームページで「月額1,000円台で使える格安のポケットWiFiはカシモWiMAX」といったように見る人に誤解を与える文章を記載しているホームページが多いからです。 なおカシモWiMAXの3年間の総額支払い費用は「130,368円」です。 GMOとくとくBBの月額割引プランは「129,904円」となっており、どう見てもGMOとくとくBBの方が安く使えます。 しかもカシモWiMAXの130,368円は旧端末のW05を選んだときの料金となっており、最新端末のW06を選んだ場合は3年間の費用はもっと高くなります。 その点GMOとくとくBBは旧端末でも最新端末でも料金が変わりません。 月額料金が安く、コスパが良く、最短即日発送、20日以内キャンセルOKとGMOとくとくBBは一番おすすめです。 月額料金(1~2ヶ月目) 2,590円 月額料金(3~24ヶ月目) 3,344円 月額料金(25ヶ月目以降) 4,263円 最大速度 下り1. 2Gbps/上り75Mbps 通信制限 3日で10GB迄(月間制限無し) 契約期間 3年間 端末代 無料 キャッシュバック 3,000円 GMOとくとくBBならハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)が無料で使えるよ! 月額料金は驚愕の2,590円~3ヶ月以降も3,344円と格安でWiMAXのギガ放題プランが利用できます! 3.無制限にポケットWiFiが利用可能「どこよりもWiFi」 どこよりもWiFiは、1日3GBや3日で10GBといった速度制限なしで無制限にネットが使えます。 無制限というと、• どんなときもWiFiの通信障害(後日新規受付停止)• 限界突破WiFiの速度制限(1日5GB制限) というのが記憶に新しいですが、今のところ「どこよりもWiFi」での通信障害や速度制限になったという口コミは御座いません。 そのため月額3,380円で無制限に使えるポケットワイファイというのは魅力的です。 月額料金 月額3,380円 通信制限 無制限 契約期間 2年間 注意点としては契約期間が2年間のため途中解約は違約金9,500円がかかります。 どこよりもWiFiでは無制限プラン以外にも、20GB(2年契約)、20GB(縛りなし)等、プランが豊富です。 無制限プランが月額3,380円とお得だよ! 在庫有!最短翌日発送! 4.無制限のWi-Fiは「ゼウスWiFi」 ゼウスWiFiは無制限のポケットWiFiとなっており、 1日3GB、3日で10GBといった速度制限なしで利用可能です。 実際に私も利用していますが、1日10GB利用しても制限になりません。 24時間動画を見続けても動画が止まることなく快適に視聴出来ています。 無制限WiFiは新規受付停止している所が多い中で、ゼウスWiFiは今も 申し込みが可能となっております。 さらに、月額料金もキャンペーン中のため安く、• 1~6ヶ月目:2,980円• 7ヶ月目以降:3,280円 という格安でポケットWi-Fiが持てるというのも魅力的です。 無制限に使えるポケットWiFiを検討しているという人には、今一番おすすめのサービスです。 人気のため注文が殺到していて、申し込みから発送まで1~2週間程かかるから、直ぐに欲しいという人にはおすすめできないかな。 但し、この料金で使える無制限WiFiは他にないので、少し到着まで時間かかりますが、待つというのも一つの手です。 月額料金 1~6ヶ月目:2,980円 7ヶ月目以降:3,280円 通信量 無制限 本体代 レンタルのため無料 契約期間 2年間 ゼウスWiFiデビューキャンペーン中のため 最初の6ヶ月間は月額料金2,980円! 5.1年契約、1年以内の解約金1,000円「BIGLOBE WiMAX」 BIGLOBE WiMAXは契約期間が短く、 契約途中の解約金が1,000円と安いWiMAXです。 注意点としては、解約時の違約金が安いですが、• 月額料金3,980円と少し高い• 端末代19,200円がかかる となっております。 しかし、端末代については、 翌月に15,000円のキャッシュバックが貰えますので、実質4,200円で最新のモバイルルーターが手に入ります。 なお、端末代を支払いたくないという人には「SIMのみの契約」も可能となっておりますので、既にWiMAX端末をお持ちの人にはSIMのみプランがおすすめです。 そうだね!長期間使うかわからない人にBIGLOBE WiMAXはおすすめだよ! 月額料金 3,980円 通信制限 3日で10GB迄(月間制限無し) 契約期間 1年間 1年以内の解約は違約金1,000円 2年目以降は違約金0円 キャッシュバック 15,000円 BIGLOBE WiMAXは最短翌日発送です。 解約金が安いので、いつまで契約するかわからないという人におすすめです。 モバイルWiFiのおすすめはどれかなと探している人には、迷わずおすすめしたいです。 おすすめの理由としては、• 月額料金が安い• 制限なしで無制限に使える• 解約違約金が安く25ヶ月目以降は0円• 30日全額返金保証有 となっており、ポケットWiFiを使ってみたいけど、電波・速度が心配という人でも「 30日間全額返金保証」があるので、気軽に試すことができます。 さらに、解約違約金が他社よりも安い設定になっており、 大きな負担なく途中解約する事も可能です。 まとめ『本当におすすめできるポケットWiFiは少ない』 ポケットWi-Fiを提供してるプロバイダは沢山ありますが、結局のところ上記で紹介している4社がベストな選択となります。 月額料金・キャッシュバック・契約期間、全てにおいて比較した結果です。 回線Boyでは何回も注意点としてあげていますが、 最初の1,2ヶ月だけ安いプロバイダには気をつけてください。 最後にこれだけは覚えておいてください。 WiMAXの最安値はGMOとくとくBBの割安プラン• 20GB以下の最安値はネクストモバイル(20GBプラン)• 契約期間の縛りがないレンタルWiFi「縛りなしWiFi」 また、ポケットWiFiは初期契約解除制度が設けられていますので、通信速度に満足いかない場合は、直ぐに初期契約解除を申請しましょう。 初期契約解除の期間は8日間と短いです。 ぜひ、貴方にあったポケットWi-Fiを見つけていただき、快適なインターネットライフをお過ごしください。

次の

ポケットWiFiを徹底比較【2020年6月】おすすめネット回線で1番安いのはこれだ

ポケット ワイファイ と は

光回線• ポケットWiFi 光回線は有線回線、ポケットWiFiは無線回線です。 ポケットWiFiは持ち運びできる端末で無線電波をキャッチし、ネット接続をします。 結論から先に言うと、 当サイトではまずポケットWiFiを検討する事をおすすめしています。 実際に、ポケットWiFiと光回線を項目別に比較してみましょう。 【徹底比較】ポケットWiFi VS 光回線 ポケットWiFiと光回線の比較表 ポケットWiFi 光回線 月額料金 3000円台前半~中盤 戸建て:6000円程度 集合住宅:4000円程度 使えるギガ数 無制限 無制限 使える場所 家、外出先 家のみ 速度 150Mbps~1Gbps 1Gbps~2Gbps 導入までの日数 申し込みから数日 申し込みから数週間~1か月 工事 不要 必要 ポケットWiFiがおすすめな理由は、 ポケットWiFiの高性能化にあります。 無制限で使えるようになり、速度も光回線に迫る速度が出るようになりました。 料金はどれも3000円台とリーズナブルでありながら、外出先に持っていて使う事も可能です。 また、申し込んで端末が届いたらすぐに使えるのも大きなメリット。 ポケットWiFiはプロバイダとの契約が不要なので面倒がないのです。 更に工事も不要なので引越しの際はポケットWiFiを持っていくだけでOKという手軽さ。 通信速度も 実測で30Mbps出れば問題ないのでポケットWiFiは余裕でクリアしています。 2Gbps 1年 Broad WiMAX 3573円(サポートを1か月で止めた場合) 端末無料 無制限 1. 2Gbps 3年 カシモ WiMAX 3621円 端末無料 無制限 1. 公式で必ずチェックしてください。 この比較表を元に 最も安くておすすめのポケットWiFiを選んでいきます。 【比較ポイント1】携帯キャリアのポケットWiFi まず、 docomoとソフトバンクについては月額が7~8000円する上に端末代が2万以上かかるので論外。 高額な月額料金なのに無制限で使えないので比較対象になりません。 表の一番上の auは無制限ですが、他が月額3000円台なのに4880円とやはり高額です。 更に端末代として2万で結構な負担になります。 月額3000円台、端末代無料、無制限が主流のポケットWiFiプロバイダの中で大手キャリア回線を選ぶメリット無いと言えます。 【比較ポイント2】ワイモバイル、UQ WiMAX等の有名ポケットWiFi ワイモバイル、UQ WiMAXはテレビCMを放映しているため知名度の高いポケットWiFiです。 しかし、比較表を見て分かる通り、月額料金が高く、端末代も別途かかります。 ワイモバイルはソフトバンクの関連会社なのでソフトバンク回線を使います。 しかし、後述しますが、ソフトバンク回線を使う別のプロバイダの方が安いです。 UQ WiMAXは独自のWiMAX回線ですが、こちらもWiMAX回線を使った別のプロバイダの方が安いです。 特にW iMAXはプロバイダ同士の競争が激しく、値引き競争をしています。 【比較ポイント3】月額料金が選ぶとこのプロバイダ 実質の月額料金の最安値はGMOとくとくBBです。 毎月多額のキャッシュバックを行っており、 実質料金が3000円台半ばに抑えれらます。 キャッシュバック申請の手続きが面倒なら、シンプルに安いTHE WiFiが良いでしょう。 契約も2年縛り(GMOとくとくBBは3年)と年数が短いのも魅力です。 徹底比較の結果分かったおすすめポケットWiFi3選 1、GMOとくとくBB 毎月3万円前後のキャッシュバックによる実質値引きで、最安級のポケットWiFiプロバイダ。 キャッシュバック額は毎月のキャンペーンによって変動します。 様々な端末が選べますが、最速の Speed Wi-Fi NEXT W06だと1Gbpsと高速。 Speed Wi-Fi NEXT W06 2、クラウドWiFi 契約の縛りがなく低料金なので大人気のプロバイダ。 極端な話、 一ヵ月でやめてもOKという手軽さなのに、月額3380円、無制限と最強のコスパです。 最大のネックは人気なのですぐ在庫がなくなってしまう事。 少し待つかも知れませんが、これほど条件の良いプロバイダはないでしょう。 クラウドSIM対応なので、ソフトバンク、au、ドコモの中から最適な回線を選んで接続。 しかもそのまま海外でも使えてこの値段です。 月額実質 3380円 最高速度 150Mbps 3、THE WiFi(どすごいWiFi) 「どすごいWiFI」の愛称で知られるポケットWiFiサービス。 クラウドSIMという方式で、ソフトバンク、docomo、au各キャリア回線の中から最適なものを選んで接続します。 海外にそのまま持っていっても使えるので海外旅行にも便利です。 月額実質 THE WiFiライト 3480円 THE WiFi 1~3ヵ月目3480円 4ヵ月目~ 3842円 ギガ数上限 無制限 最高速度 150Mbps プランは「THE WiFiライト」と「THE WiFi」の2種類。 少し高い「THE WiFi」の方は、15万ヵ所のWiFiスポットが使い放題。 料金重視ならライトプランで十分でしょう。 専用端末のU2sはレンタル。 U2s 返却の必要はありますが、そもそもポケットWiFiをわざわざ所有する必要もありません。 ポケットWiFiが人気が集中している理由とは? 現在、ポケットWiFiに人気が集まっています。 理由としては、以下の3つがあげられます。 1、テレワークの急増 テレワークを導入する企業が増えています。 zoomによる会議や資料のやり取りにはネット回線は不可欠。 光回線と比較して手軽に、低料金のWiFi環境が整えられるポケットWiFiに注文が集まっています。 参考 2、オンライン授業の増加 大学から小中高とオンラインで授業をする学校が増えています。 自宅にネット回線のない方は工事不要で申し込めるポケットWiFiが便利。 料金も安く家計にも優しいのが魅力です。 参考 3、自宅でネット回線を使う時間の増加 自宅でネット回線を使う時間が増えると ギガに上限のあるスマホやスマホのテザリングでは限界があります。 特にオンラインゲームなどはあっという間にギガ数の上限に達してしまいます。 参考 また、各動画配信サービスの場合も高画質で長時間視聴するにはポケットWiFiなどの無制限回線が最適です。 5Gで更にポケットWiFiの時代が加速 ポケットWiFiにも5Gの時代が訪れようとしています。 の特徴は、何と言ってもそのスピードです。 Wi-Fi STATION SH-52A ドコモから発売された5G対応ポケットWiFi 「Wi-Fi STATION SH-52A」の最高速度は4. 1Gbps。 光回線の最速のNuro光でも2Gbpsですから、比較すると2倍の速度です。 5Gは始まったばかりでエリアが狭く実用レベルではありませんが、いずれ対応エリアも広がるでしょう。 5Gは 将来的には、 10〜100Gbpsの速度が可能と言われていますから、いずれ有線の光回線が無くなる日も近いかも知れません。 まとめ ポケットWiFiと光回線の比較を通して、ポケットWiFiのメリットを解説しました。 しかし、通信の安定性、速度では、まだ光回線の方が勝っているのも事実です。 ご自身の使う目的に合わせて、ピッタリの回線を選びましょう。

次の