行政 書士 試験 人気 フォー さい と。 現役行政書士が選ぶおすすめテキスト(参考書)

【行政書士試験の勉強法】Web講座が注目される理由

行政 書士 試験 人気 フォー さい と

初めて受験する人や法律初学者におすすめのテキスト 行政書士試験に初めて挑戦する人や法律を初めて学ぶという人におすすめのテキストを紹介します。 まずは試験を初めて受ける人や法律初学者がテキストを選ぶときのポイントから見ていきましょう。 初学者がテキストを選ぶポイント 見やすいテキスト 行政書士試験に初めて挑戦する人や初めて法律を学ぶという人にとって一番の天敵は何でしょうか? それは挫折です。 法律は独特な表現を使う部分もあり、あまり馴染みのないものです。 勉強していても、難しいと感じる場面も多いでしょう。 そうなってくると勉強していても楽しくなくなって次第に勉強から遠ざかっていきます。 最悪の場合、受験を諦めて挫折してしまいます。 従って、いかに挫折しないで勉強を続けるかということが課題になってきます。 その課題の解決を左右するものがテキストです。 勉強を続けるには「難しい法律用語を難しく感じさせない」「わかりやすい」「楽しく学べる」、こういったテキストを選ぶと良く、特に法律初学者にはおすすめです。 まずはいかに挫折せず、勉強を続けられるかに注目してテキストを選んでください。 そのためには実際に自分の目で中身を見てから購入することをおすすめします。 大きな書店に行けば、色々なテキストがあります。 なので、どれを選べば良いか迷うと思います。 しかし、どれを選んでも大きなハズレはありません。 ページをめくって読みやすい、見やすい、面白そう、そういった感覚で選んでも構わないと思います。 繰り返せる分量のテキスト 学習において重要なのは繰り返し勉強することです。 繰り返すことで記憶に定着していくからです。 テキストも何度も読み込み、記憶に定着させていきます。 なので、テキストの分量に気をつけてください。 分量が多いと繰り返し勉強することができません。 メモ欄や余白があるテキスト テキストも完璧ではありません。 なかには解説を読んでも理解できないこともあります。 そんな時はテキストに直接書き込んでいきましょう。 自分なりの言葉で解説を補助する内容やテキストには書かれていない語句や解説を書き込んでいきます。 そうやってオリジナルのテキストを完成させていくのが大切です。 そのためにはメモ欄や余白があったほうが良いでしょう。 余白がないと、書き込むスペースがなく、せっかく書き込んでも見づらくなってしまいます。 カラーのテキスト 人はモノクロよりカラーのほうが記憶に残りやすく、また記憶できる情報量も増加すると言われています。 従って、モノクロのものよりはカラーのものを選んだほうがいいと言えます。 モノクロでも蛍光ペンなどで線を引いて自分で見栄え良くする方法もあります。 しかし、これは意外とセンスが必要で、反対に見づらくなってしまう可能性もあります。 特に初めて法律を勉強するという人は何が重要なのかがまだわからないので、重要ではない箇所に線を引いてしまい、「何でこんなとこに線を引いたんだろう・・・」となってしまいます。 イラストや図表を多用しているテキスト 文字だけだと、どうしても飽きてきてしまいますのでイラストなどがあったほうが飽きずに学習できます。 またイラストがあるとイメージがしやすく、記憶にも定着しやすいです。 イラストがあると子供っぽくて抵抗がある人もいるかもしれませんが、前述したようにまずは挫折しないことが大切です。 また行政書士試験に出題される条文のなかには混同しやすいものも多く存在します。 そんなときは比較表などが効果的です。 こういった図表を多用しているテキストのほうが覚えにくい箇所や間違えやすい箇所を効果的に学習することができます。 おすすめテキスト 合格革命行政書士基本テキスト 受験2回目や法律学習経験者におすすめのテキスト 次に、前回残念ながら行政書士試験に失敗してしまい2回目の受験をする人や他の資格試験で法律学習を経験したことがあるという人におすすめのテキストを紹介します。 経験者が選ぶべきポイント 受験2回目の人は個別テキストを追加することをおすすめします。 恐らくは前回使用しているテキストは全ての科目がまとまった総合テキストだと思います。 総合テキストは初学者には向いていますが、経験者にとっては情報量が足りないと感じる場面もあると思います。 1回目で、ある程度の基礎は出来ていると思いますので、2回目ではもっと情報量を増やしても良いでしょう。 そのため、総合テキストではなく、個別テキストを用意することをおすすめします。 おすすめ個別テキスト よくわかるシリーズ 「よくわかる」シリーズは科目毎にテキストが出版されているので通常のテキストでは掲載しきれないところまで、詳細な情報を収録しています。 とは言え、安くはない価格なので全てを購入する必要はないと思います。 苦手分野や強化したい科目のテキストを購入すると良いでしょう。 また、受験経験者だけでなく初学者にもおすすめできるテキストです。 1冊にまとまったテキストで物足りないという人は個別にこのテキストを用意しても良いと思います。 但し、あくまでも物足りないという人です。 恐らくは1冊にまとまった合格革命などのテキストだけでも、こなすのに苦労すると思われます。 下手にあれこれ手を出すよりも、初学者は1冊のテキストを繰り返し勉強したほうが効率的です。 「合格革命行政書士基本問題集」は過去問の重要問題を中心に掲載されていますが、過去問だけでなくオリジナル問題も交えて収録しています。 過去問だけだと各テーマにどうしても偏りが出てしまいますが、そこをオリジナル問題で補充しているので問題を解きながら自然と各テーマを満遍なく学ぶことができます。 基本テキストともリンクしているので復習にも最適です。 一問一答式の問題集を用意しよう 行政書士試験は5肢択一式がメインとなります。 そのため問題集も5肢択一式のものが多いですが、一問一答式の問題集も用意しておきましょう。 5肢択一式の場合、消去法などによって正解を導き出すことが可能な問題もあるため、問題を解く効果が減少してしまう可能性があるからです。 一問一答式の場合は、1問の問題に対して正解を導き出す作業がおこなられるため、純粋に学習効果を高めることができます。 合格革命行政書士肢別過去問集 上記の「合格革命行政書士肢別過去問集」に対して、「一問一答式出るとこ千問ノック」は過去問ではなくオリジナル問題の一問一答式問題集です。 過去問をやり尽くしたという人や過去問だけでは物足りないという人におすすめの問題集です。 オリジナル問題ですが、基本テキストと連動しているので、解説を読んでも理解できない部分についてはテキストで確認することができます。 一問一答式と5肢択一式のどちらがおすすめ? 純粋に問題と向き合うなら一問一答式が良いので、「なら一問一答式の問題集だけでいいじゃん」と思う人もいるかと思います。 しかし、一問一答式問題集だけで学習するのはおすすめできません。 必ず5肢択一式の問題集でも学習してください。 5肢択一式の過去問題集を解く理由は、本試験で使える解法テクニックを身につけることができるからです。 5肢択一式の過去問題集では、解法テクニックを掲載しているものもあるので、そういった過去問題集を利用しましょう。 上記でも述べましたが、5肢択一式の設問は消去法などの解法テクニックで正解を導き出すこともできるので、本試験では自身の知識だけでなく、こういった解法テクニックも駆使して設問を解いていきます。 従って、5肢択一式の過去問題集も利用して、解法テクニックも学んでいた方が有利なのです。 出る順行政書士ウォーク問過去問題集 一般知識のおすすめテキスト&問題集 一般知識は試験範囲が広く、学習しても得点に結びつきにくいため、あまり深入りしないことがポイントです。 基本的には合格革命などのような1冊にまとまったテキストで一般知識も学習してOKです。 特に政治・経済・社会は範囲が広く学習効果が薄いため、情報通信・個人情報保護と文章理解の2つを中心に学習していくのが一般的な戦略です。 また模試などを利用して自分の苦手な科目に絞って学習していくのも良いでしょう。 行政書士試験用に作られた一般知識のテキストは数が少ないため、一般知識の対策はセンター試験や公務員試験など他の試験用に作成されたテキストや問題集を利用しましょう。 政治・経済・社会のおすすめテキスト&問題集 センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本 中古のテキストについて テキストなどを揃える際に、新品ではなく中古のものを用意しようと考えている方もいるかと思います。 中古のテキストや参考書を使って学習することについては賛否両論あります。 中古のテキストを使うメリットは、何と言っても費用を抑えられることです。 今はネットオークションなどで中古のテキストを購入することができます。 なかには最新版のテキストや問題集なども出品されているので、うまくタイミングが合えば格安で試験年度対応のテキストを手に入れることができます。 問題は中古テキストは古いものだと、法改正や試験委員など、その年の試験内容に対応していない可能性があることです。 また前の持ち主が使っていた場合、色々と書きこんでいたり、最悪は汚れている場合もあります。 その年の試験に対応しているもので、未使用であれば、購入を検討しても良いかと思います。

次の

2019年行政書士試験の難易度は?

行政 書士 試験 人気 フォー さい と

初めて受験する人や法律初学者におすすめのテキスト 行政書士試験に初めて挑戦する人や法律を初めて学ぶという人におすすめのテキストを紹介します。 まずは試験を初めて受ける人や法律初学者がテキストを選ぶときのポイントから見ていきましょう。 初学者がテキストを選ぶポイント 見やすいテキスト 行政書士試験に初めて挑戦する人や初めて法律を学ぶという人にとって一番の天敵は何でしょうか? それは挫折です。 法律は独特な表現を使う部分もあり、あまり馴染みのないものです。 勉強していても、難しいと感じる場面も多いでしょう。 そうなってくると勉強していても楽しくなくなって次第に勉強から遠ざかっていきます。 最悪の場合、受験を諦めて挫折してしまいます。 従って、いかに挫折しないで勉強を続けるかということが課題になってきます。 その課題の解決を左右するものがテキストです。 勉強を続けるには「難しい法律用語を難しく感じさせない」「わかりやすい」「楽しく学べる」、こういったテキストを選ぶと良く、特に法律初学者にはおすすめです。 まずはいかに挫折せず、勉強を続けられるかに注目してテキストを選んでください。 そのためには実際に自分の目で中身を見てから購入することをおすすめします。 大きな書店に行けば、色々なテキストがあります。 なので、どれを選べば良いか迷うと思います。 しかし、どれを選んでも大きなハズレはありません。 ページをめくって読みやすい、見やすい、面白そう、そういった感覚で選んでも構わないと思います。 繰り返せる分量のテキスト 学習において重要なのは繰り返し勉強することです。 繰り返すことで記憶に定着していくからです。 テキストも何度も読み込み、記憶に定着させていきます。 なので、テキストの分量に気をつけてください。 分量が多いと繰り返し勉強することができません。 メモ欄や余白があるテキスト テキストも完璧ではありません。 なかには解説を読んでも理解できないこともあります。 そんな時はテキストに直接書き込んでいきましょう。 自分なりの言葉で解説を補助する内容やテキストには書かれていない語句や解説を書き込んでいきます。 そうやってオリジナルのテキストを完成させていくのが大切です。 そのためにはメモ欄や余白があったほうが良いでしょう。 余白がないと、書き込むスペースがなく、せっかく書き込んでも見づらくなってしまいます。 カラーのテキスト 人はモノクロよりカラーのほうが記憶に残りやすく、また記憶できる情報量も増加すると言われています。 従って、モノクロのものよりはカラーのものを選んだほうがいいと言えます。 モノクロでも蛍光ペンなどで線を引いて自分で見栄え良くする方法もあります。 しかし、これは意外とセンスが必要で、反対に見づらくなってしまう可能性もあります。 特に初めて法律を勉強するという人は何が重要なのかがまだわからないので、重要ではない箇所に線を引いてしまい、「何でこんなとこに線を引いたんだろう・・・」となってしまいます。 イラストや図表を多用しているテキスト 文字だけだと、どうしても飽きてきてしまいますのでイラストなどがあったほうが飽きずに学習できます。 またイラストがあるとイメージがしやすく、記憶にも定着しやすいです。 イラストがあると子供っぽくて抵抗がある人もいるかもしれませんが、前述したようにまずは挫折しないことが大切です。 また行政書士試験に出題される条文のなかには混同しやすいものも多く存在します。 そんなときは比較表などが効果的です。 こういった図表を多用しているテキストのほうが覚えにくい箇所や間違えやすい箇所を効果的に学習することができます。 おすすめテキスト 合格革命行政書士基本テキスト 受験2回目や法律学習経験者におすすめのテキスト 次に、前回残念ながら行政書士試験に失敗してしまい2回目の受験をする人や他の資格試験で法律学習を経験したことがあるという人におすすめのテキストを紹介します。 経験者が選ぶべきポイント 受験2回目の人は個別テキストを追加することをおすすめします。 恐らくは前回使用しているテキストは全ての科目がまとまった総合テキストだと思います。 総合テキストは初学者には向いていますが、経験者にとっては情報量が足りないと感じる場面もあると思います。 1回目で、ある程度の基礎は出来ていると思いますので、2回目ではもっと情報量を増やしても良いでしょう。 そのため、総合テキストではなく、個別テキストを用意することをおすすめします。 おすすめ個別テキスト よくわかるシリーズ 「よくわかる」シリーズは科目毎にテキストが出版されているので通常のテキストでは掲載しきれないところまで、詳細な情報を収録しています。 とは言え、安くはない価格なので全てを購入する必要はないと思います。 苦手分野や強化したい科目のテキストを購入すると良いでしょう。 また、受験経験者だけでなく初学者にもおすすめできるテキストです。 1冊にまとまったテキストで物足りないという人は個別にこのテキストを用意しても良いと思います。 但し、あくまでも物足りないという人です。 恐らくは1冊にまとまった合格革命などのテキストだけでも、こなすのに苦労すると思われます。 下手にあれこれ手を出すよりも、初学者は1冊のテキストを繰り返し勉強したほうが効率的です。 「合格革命行政書士基本問題集」は過去問の重要問題を中心に掲載されていますが、過去問だけでなくオリジナル問題も交えて収録しています。 過去問だけだと各テーマにどうしても偏りが出てしまいますが、そこをオリジナル問題で補充しているので問題を解きながら自然と各テーマを満遍なく学ぶことができます。 基本テキストともリンクしているので復習にも最適です。 一問一答式の問題集を用意しよう 行政書士試験は5肢択一式がメインとなります。 そのため問題集も5肢択一式のものが多いですが、一問一答式の問題集も用意しておきましょう。 5肢択一式の場合、消去法などによって正解を導き出すことが可能な問題もあるため、問題を解く効果が減少してしまう可能性があるからです。 一問一答式の場合は、1問の問題に対して正解を導き出す作業がおこなられるため、純粋に学習効果を高めることができます。 合格革命行政書士肢別過去問集 上記の「合格革命行政書士肢別過去問集」に対して、「一問一答式出るとこ千問ノック」は過去問ではなくオリジナル問題の一問一答式問題集です。 過去問をやり尽くしたという人や過去問だけでは物足りないという人におすすめの問題集です。 オリジナル問題ですが、基本テキストと連動しているので、解説を読んでも理解できない部分についてはテキストで確認することができます。 一問一答式と5肢択一式のどちらがおすすめ? 純粋に問題と向き合うなら一問一答式が良いので、「なら一問一答式の問題集だけでいいじゃん」と思う人もいるかと思います。 しかし、一問一答式問題集だけで学習するのはおすすめできません。 必ず5肢択一式の問題集でも学習してください。 5肢択一式の過去問題集を解く理由は、本試験で使える解法テクニックを身につけることができるからです。 5肢択一式の過去問題集では、解法テクニックを掲載しているものもあるので、そういった過去問題集を利用しましょう。 上記でも述べましたが、5肢択一式の設問は消去法などの解法テクニックで正解を導き出すこともできるので、本試験では自身の知識だけでなく、こういった解法テクニックも駆使して設問を解いていきます。 従って、5肢択一式の過去問題集も利用して、解法テクニックも学んでいた方が有利なのです。 出る順行政書士ウォーク問過去問題集 一般知識のおすすめテキスト&問題集 一般知識は試験範囲が広く、学習しても得点に結びつきにくいため、あまり深入りしないことがポイントです。 基本的には合格革命などのような1冊にまとまったテキストで一般知識も学習してOKです。 特に政治・経済・社会は範囲が広く学習効果が薄いため、情報通信・個人情報保護と文章理解の2つを中心に学習していくのが一般的な戦略です。 また模試などを利用して自分の苦手な科目に絞って学習していくのも良いでしょう。 行政書士試験用に作られた一般知識のテキストは数が少ないため、一般知識の対策はセンター試験や公務員試験など他の試験用に作成されたテキストや問題集を利用しましょう。 政治・経済・社会のおすすめテキスト&問題集 センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本 中古のテキストについて テキストなどを揃える際に、新品ではなく中古のものを用意しようと考えている方もいるかと思います。 中古のテキストや参考書を使って学習することについては賛否両論あります。 中古のテキストを使うメリットは、何と言っても費用を抑えられることです。 今はネットオークションなどで中古のテキストを購入することができます。 なかには最新版のテキストや問題集なども出品されているので、うまくタイミングが合えば格安で試験年度対応のテキストを手に入れることができます。 問題は中古テキストは古いものだと、法改正や試験委員など、その年の試験内容に対応していない可能性があることです。 また前の持ち主が使っていた場合、色々と書きこんでいたり、最悪は汚れている場合もあります。 その年の試験に対応しているもので、未使用であれば、購入を検討しても良いかと思います。

次の

現役行政書士が選ぶおすすめテキスト(参考書)

行政 書士 試験 人気 フォー さい と

引用:フォーサイトHP フォーサイトという通信講座で受験回数についてのアンケートを行っています。 これをみると初受験の人が多いですが、2回以上受験している人も相当数いることがわかると思います。 行政書士は合格率が10%程度なので初受験で受かる人は10%未満だと思います。 要するに 初受験で落ちてもあまり気落ちすることなく粘り強く勉強する必要があります。 行政書士試験に受かる気がしない人への勉強法 出題数の多いところを重点的に覚える 行政書士の試験の出題範囲は以下のようになっています。 出題形式 科目 出題数内訳 正解数目標 法令等 五肢択一式 基礎法学 2問 1問 憲法 5問 3問 行政法 19問 15問 民法 9問 6問 商法 5問 2問 多肢選択式 憲法 1問 1問 民法 2問 1問 記述式 民法 2問 1問完答、1問7割解答 行政法 1問 一般知識等 五肢択一式 政治・経済・社会 7問 3問 情報通信・個人情報保護 4問 3問 文章理解 3問 2問 出題数を見ると行政法が圧倒的に多いことがわかると思います。 行政書士試験だから当たり前ですが、まずはこの科目を得意にしないと足切りになってしまう可能性もあるので重点的に勉強しましょう。 逆に商法や会社法は出題範囲は広いですが、出題される問題の数は少ないためあまり労力をかけるべきではなく試験が近い場合は最低限のことだけ覚えてあきらめてしまうのも一つの手でしょう。 このように勉強の力の入れ具合に強弱をつけることで効率的に勉強することができます。 各法律の勉強の仕方を知りたい人は下の記事を参考にしてください。 30日間無料で試せる• いつでも解約可能 月額980円で本や雑誌、マンガが読み放題 間違えた問題だけを書き出す 資格の勉強をするときは、時間が大切なのでわかっている問題を解いたり、わかっている部分のテキストを何となく読んだりするのを極力減らす必要があります。 正解できる問題を解いたり、理解している部分のテキストを読み込むことは時間の無駄です。 間違えた問題を正解するために必要な知識を書き出して、何回も見直すようにしましょう。 これを何回も見直すことで効率的に知識を習得していくことができます。 また、テキストも最初から読むのではなく、重要なところだけポイントを絞って読むようにしそれを何回も見直すようにするといいでしょう。 通信講座を受講する それでも行政書士に受かる気がしない。 勉強する気がわかないという人は通信講座を受講してみるといいでしょう。 もしかしたら独学に向いてないのかもしれません。 通信講座で動画を聞きながら勉強を進めることでリズムが作りやすく、また動画のほうがテキストより理解を深めることができます。 動画なら毎日1コマとか自分で決めて勉強できるのでいいですよね。 行政書士の通信講座でおすすめなのは圧倒的な合格率を誇るフォーサイトです。 フォーサイトでは 不合格の場合に全額返金されるコースもあるので万が一不合格になってもお金が無駄になりません。 フォーサイトに興味がある人は下の記事でフォーサイトの口コミや良いところ悪いところを書いているので参考にしてください。

次の