三井住友visa デビットカード。 デビットカードサービス

三大メガバンク(三井住友・三菱UFJ・みずほ)のデビットカードを徹底比較!どこのデビットカードがよりお得!?

三井住友visa デビットカード

先行していた三菱UFJに続き、2016年から2017年にかけて三井住友銀行とみずほ銀行が次々とデビットカードの発行を開始しました。 ついに 三井住友・三菱UFJ・みずほの三大メガバンクでデビットカードが出そろいましたね。 いよいよ日本でもデビットカードの利用が浸透してきたということでしょうか?時代はどんどんキャッシュレス化の方へ進んでいくのでしょうね。 ・クレジットカードのように使い過ぎて支払いができなくなるということがない ・ATMで現金を下ろす手間が省ける というメリットもありますので、今後は「クレジットカードを作れないから」という消極的な選択肢としてだけではなく、 「デビットカードを進んでメインの支払い手段として使う」というふうに積極的にデビットカードを選ぶ人が増えるのではないでしょうか。 デビットカードとクレジットカードの違いはこちらの記事で読めます そこで、ここでは「デビットカードデビュー」を考えている人向けに、3大メガバンク(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行)のデビットカードを比較して、どれが一番お得に使えるのか検証してみます。 Contents• 基本情報の比較 まずは、3大メガバンクそれぞれのデビットカードを基本情報の部分で比較してみます。 ブランド 年会費 キャッシュバック 三井住友SMBCデビット VISA 無料 0. 3~0. 45% *注2 みずほJCBデビット JCB 初年度無料 2年目以降1,080円 (ただし、 年1回以上の利用で無料) 0. 25%のキャッシュバックまたは 0. 5%のポイント付与から選べます。 一概に0. まず 利用額の0. 1%が「Oki Dokiポイント」として付与されて、その 「Oki Dokiポイント」を円に変換して使うという方法になります。 条件によって、 1ポイント3円または4. 5円で交換されるので、結果的には 0. 3~0. 45%の還元率になります。 ブランドはVISAかJCBか 三井住友はVISAブランドのみ、三菱UFJはVISAとJCBブランドの両方、みずほはJCBブランドです。 VISAもJCBも正式な「利用可能店舗数」は発表していないので、どちらがより「使える」カードなのかとは一概には言えないのですが、国内での利用であれば若干VISAの方が有利かなというくらいかと思われます。 ほとんどのお店ではVISAでもJCBでも問題なく使えますが、 たまにVISAは使えるけどJCBのカードは使えませんというお店に遭遇することがあります。 そしてもし海外旅行や出張などでデビットカードを使おうと考えているなら、絶対にVISAを選択した方がいいでしょう。 JCBのカードは使えないという国やお店が多いからです。 また、それぞれのデビットカードの為替に対する手数料(加算レート)と、海外ATMで引き出す場合の手数料は次のとおり。 為替手数料(加算レート) 海外ATMで引き出す場合の手数料 三井住友SMBCデビット 3% 108円 *一部ATMで海外銀行所定の手数料がかかる場合あり 三菱UFJ -VISAデビット 3% 108円 *一部ATMで海外銀行所定の手数料がかかる場合あり 三菱UFJ -JCBデビット 4. 6% 108円 みずほJCBデビット 5% 海外ATMで現金引き出しに対応していない *海外ATMで引き出す場合には、上記の手数料以外に為替手数料もそれぞれかかります。 これを見ても、JCBのデビットよりも、VISAのデビットカードの方が手数料が安く済むことが分かりますね。 国内だけで使うなら基本的にはVISAでもJCBでもどちらでもいいが、若干VISA有利 海外で使うなら絶対VISA 年会費はもちろん無料がいい! クレジットカードと同様、デビットカードにも「年会費がかかるカード」と「無料のカード」があります。 メガバンクのデビットカードを比べてみると、 完全に無料で使えるのは三井住友のSMBCデビットカードのみ。 三菱東京UFJとみずほの場合は、 条件付きで無料になります。 みずほの 「1回でも使えば無料」というのはかなりハードルが低いので、実質的には無料みたいなものと考えていいかと思いますが、三菱UFJの 「前年の利用が10万円以上なら無料」という条件は、個人的にはややハードル高いかなと感じます。 「トータルで10万円使ったかな?」と気にしながら使うのも少し面倒に感じます。 また、ふだんの買い物でガンガン使っている間はいいと思いますが、メインバンクを変えるなどしてあまり利用しなくなった場合に、ちゃんとデビットカードの解約手続きをしないと延々と1,080円の年会費を毎年払い続けていたなんてことになりかねません。 「そもそも最初から年会費が無料」の三井住友デビットカードなら、仮に使わなくなって放置しておいても年会費を取られることはないので安心 デビットカードのポイントキャッシュバックは低め クレジットカードと同様に、デビットカードも利用するとキャッシュバックを受けることができます。 ただし、クレジットカードが平均で1%くらいの還元率なのに対し、デビットカードは0. 2~0. 5%と かなり低めです。 3~0. 45%と一番高いのですが、これは純粋なキャッシュバックではなく「Oki Dokiポイント」として付与されたポイント(1,000円につき1ポイント)を円に換金する(1ポイント3円または4. 5円)というひと手間が必要となります。 純粋なキャッシュバックとしては 三井住友デビットカードが0. 25%。 銀行口座に自動的にキャッシュバックされるので、手間はかからずそこそこのお金が戻ってくるという魅力はあります。 手間がかかってもいいなら、三菱UFJのJBCデビットがお得 ポイントを換金する手間が面倒なら、三井住友VISAデビットがおすすめ 紛失・盗難にあって不正利用されたときの補償はあるの? デビットカードを使うにあたって一番大事なポイントが、この「補償」です。 補償金額 補償対象範囲(対象期間) 三井住友SMBCデビット 年間 100万円を上限 銀行が連絡を受けた日から 60日前まで遡り、その日以降に発生した損害 三菱UFJ — VISAデビット 年間 100万円を上限 銀行が連絡を受けた日から 60日前まで遡り、その日以降に発生した損害 三菱UFJ — JCBデビット 1事故につき 500万円を上限 90日前までさかのぼって補償 みずほJCBデビット 1事故につき 500万円を上限 *ただし、webに金額の記載はしていません 60日前までさかのぼって補償 このように、どのカードの場合でも不正利用に関しては補償をしてもらえますが、当然「本当に不正利用があったのか」という調査が念入りに行われて、その上で認められた分が補償されるということになります。 なので、紛失・盗難に遭ったことに気づいたらすぐに利用停止の連絡をして、警察に紛失・盗難届を出すようにしましょう。 その他付帯保険 クレジットカードと同様に、デビットカードにも付帯保険がついているものがあります。 ただし、補償の対象となる期間や自己負担額にはばらつきがありますね。 ショッピング保険だけで考えたら、補償期間も長く(90日間)、自己負担額が少ない(3,000円)三井住友SMBCデビットがベストです。 ただ、JCBのデビットにはVISAのデビットカードにはない 「旅行傷害保険」が付帯しているのです。 そもそもデビットカードで旅行傷害保険がついているものは少ないので、これは大きなメリットですね。 事前に「みずほJCBデビット」で旅行費用などをお支払いいただいた場合、旅行中に起きた事故や病気、ケガなどを最高3,000万円まで補償いたします。 より引用 JCBは海外で使えるお店が少ないので海外旅行での利用はあまりオススメしませんが、この付帯の旅行傷害保険を目当てに1枚作ってもいいかもしれません。 わざわざ海外旅行前に保険に加入する手間も掛け金も省けますからね。 自分の使い方に合ったデビットカードを! 年会費・キャッシュバック・海外利用の点で総合的に考えると、この4枚のデビットカードの中では「三井住友SMBCデビット」が一番オススメです。 SMBCデビットは、2017年から 「iD」という、専用端末にタッチするだけで支払いができる機能がついたカードになっていますので、ますます利便性が上がっていると言えますね。 もちろん 自分のメインバンクはどこなのか、また どんな使い方をしようと考えているのかによって、それぞれのカードで多少なりとも良し悪しはあるでしょう。 クレジットカードと同様に、今ではデビットカードも選び放題です。

次の

VISAカードとVISAデビットカードの違いを徹底解説!それぞれのメリットやデメリットを、わかりやすく表にして比較してみました。

三井住友visa デビットカード

三井住友銀行(SMBC visaデビットカードを利用する際、あなたには2つのポイントを覚えることをおすすめします。 1つ目は、店頭で三井住友銀行(SMBC visaデビットカードが使えるかどうかを確認することです。 確認方法は店頭や、レジ前に「VISA」マークが設置されているか?確認するだけです。 もしVISAマークがあれば利用できますし、なければ利用不可です。 2つ目は三井住友銀行(SMBC visaデビットカードの決済の流れです。 お会計時にまず、デビットカードを渡しましたら「VISAでお願いします」または「一括払いでお願いします」と伝えましょう。 このように伝えることで、キャッシュカードで決済できるシステム「J-Debit」と勘違いされず、スムーズに決済できます。 もし暗証番号を求められたら事前に設定した番号を入力し確定ボタンを押します。 サインの場合は、カード裏面の名前を一言一句間違わずに記入しましょう。 最後にレシートを受け取り、決済金額に間違いがないか確認し問題なければ完了です。 この一連の流れを覚えればどなたでも、三井住友銀行(SMBC visaデビットカードを利用できます。 上記2つのポイントを覚えておけば、三井住友銀行(SMBC visaデビットカードを初めて利用する方も怖くありませんよ。

次の

デビットカードで「えきねっと」の登録や切符を買ったりできる?

三井住友visa デビットカード

三井住友銀行Visaデビットカード SMBCデビットの年会費は無料 三井住友銀行のVisaデビットカード「SMBCデビット」は 年会費無料で中学生を除く15歳以上から申込み可能です。 出典: この辺は大体、どこのデビットカードも同じですが 「利用額10万円以上なら無料」といった条件がある銀行もあります。 デビットカードは即時引き落とし デビットカードはインターネットショッピングでも使え VISAマークのある国内・海外のお店などで利用できるだけでなく、海外ATMから現地通貨を引きだすことも可能で 国内利用では手数料等かかりませんが、海外の場合はかかってきます。 三井住友銀行Visaデビットの場合は、こうなっていまして• そして、 利用すると三井住友銀行の 口座からすぐに引き落とされ、1回払いのみ。 クレジットカードと違って 口座に入っている分しか使えない為、使い過ぎを防げるのがデビットカードのメリットです。 SMBCデビットのセキュリティ、不正利用補償 利用後にはメールでお知らせが届き、また 会員用WEBやアプリで利用明細の確認、限度額の変更も出来ますからセキュリティの面でも安心で、 さらに 年間100万円を限度とする不正利用補償も付いています。 ただし、 こちらに重大な過失等があった場合は対象外ですから、海外では特に暗証番号の管理は重要になってきます。 (他のデビットカードも同じ) キャッシュカード一体型(国内ATM手数料) 三井住友銀行Visaデビットはキャッシュカードとしても利用でき 日本でお金を降ろす時に、時間外やコンビニATMですと手数料がかかりますが これを、SMBCポイントパックのサービスを利用して無料にすることが出来ます。 三井住友銀行Visaデビットを使っていれば• セブン銀行、E. 振込手数料は無料にならず SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を利用すると 三井住友銀行本支店あての振込手数料が無料です。 ただし、 他行あての振込手数料の場合は 3万円未満でしたら200円(税別)、3万円以上だと400円(税別)がかかってしまうのが残念で ここはデメリットです。 というのも、ネットバンクでしたら無条件で月1回など他行あて振込手数料が無料になるものもあり 住信SBIネット銀行がその一例で 他のメガバンクでも 三菱UFJ銀行は条件が厳しい(預金残高500万円以上など)ですが月3回無料に、 みずほ銀行は預金残高50万円以上で月1回無料に出来ます。 では次も イマイチな点です。 三井住友銀行Visaデビットのデメリット キャッシュバックまたはポイント 1つ目はポイントです。 ただし、 この SMBCポイントの使い道がくせ者でして、ワールドプレゼントのポイントに交換して使うんですが 三井住友カードのクレジットカードを持っていないと交換できないんです。 ただ、三井住友銀行のデビットカードはVISAですから海外で使えるお店が多いというメリットもあり、 これらの事から 三井住友銀行Visaデビットの内容は平均的で、特に進んでこのカードを選ぶ必要は感じられませんが、 三井住友銀行、三井住友(クレジット)カードを 利用しているのでしたら、持っておいても良いでしょう。 This website uses cookies so that we can provide you with the best user experience possible. Cookie information is stored in your browser and performs functions such as recognising you when you return to our website and helping our team to understand which sections of the website you find most interesting and useful.

次の