日産 セレナ 新型。 日産 新型セレナ e

日産 新型 セレナ e

日産 セレナ 新型

2016年に発売された現行型の5代目セレナをベースとしています。 日産 新型セレナe-Powerの開発コンセプト 日産 新型セレナe-Powerは、ガソリンエンジンで発電し、モーターの駆動力で走行をするシステム「e-Power」を搭載しています。 「セレナ」本来の優れた居住性はそのままに、EV走行ならではの力強い加速性能と静粛性、そして優れた燃費性能を実現しました。 3代目ノア・ヴォクシーの姉妹車として、2014年に発売されました。 2017年の7月には、フェイスリフトを含むマイナーチェンジを行っています。 エスクァイア ハイブリッドの開発コンセプト 現行型エスクァイアは、ノアとヴォクシーにワンランク上の高級感を付与した、高級車の新たな選択肢として開発されました。 トヨタはエスクァイアを「新上級コンパクトキャブワゴン」としています。 エスクァイア ハイブリッドの特長 ・ワンランク上の高級感を誇るエクステリア ・高級感を追求した上質なインテリア ・としての優れた基本性能 ・で23. どちらもサイズのであり、使い勝手ではほぼ同等だと言っていいでしょう。 また、新たにデザインされた専用の15インチ切削アルミホイールとルーフサイドスポイラーを装着することで、エアロダイナミクスも向上しました。 メッキ加飾された縦基調のフロントグリルも非常に特徴的であり、個性的なエスクァイアのエクステリアを印象付けています。 【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】インテリア比較 日産 新型セレナ e-Powerのインテリアデザイン(内装) 日産 新型セレナ e-Power インパネ 日産 新型セレナ e-Power シート 日産 新型セレナe-Powerでは、大型のマルチセンターコンソールトレイにブルーアクセントのイルミネーションをあしらうことで、先進的なイメージのインテリアを表現しています。 また、標準のセレナは8人乗りですが、新型セレナe-Powerは広々仕様の7人乗りです。 また、上級グレードの「Gi」では、ステアリングホイールやシフトノブに黒木目調加飾を施し、シート表皮を全面合成皮革とすることで、上質感を追求したインテリアとしました。 【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】ボディサイズ比較 日産 新型セレナ e-Power トヨタ エスクァイア ハイブリッド 全長 4,690 4,770(ハイウェイスター) 4,695 全幅 1,695 1,740(ハイウェイスター) 1,695 全高 1,865 1,825 2,860 2,850 車両重量 1,730~1,750 1,740~1,760(ハイウェイスター) 1,610~1,620 乗車定員 8 7 [単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 ボディサイズの違い 車両重量に若干の違いが見られますが、日産 新型セレナe-Powerとトヨタ エスクァイア のボディサイズに大きな違いはありません。 【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】スペック比較 日産 新型セレナe-Power トヨタ エスクァイア ハイブリッド エンジン 種類 直列3気筒 直列4気筒D 排気量 1. 2L 1. 6] 207[21. 2L 直列3気筒の「e-Power」システム、トヨタ エスクァイア には、1. 8 L直列4気筒のハイブリッドエンジンが搭載されています。 モーターの・トルクは新型セレナe-Powerの方が上ですが、ガソリンエンジンも含めたシステム・トルクでは、エスクァイア ハイブリッドの方に軍配が上がります。 【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】燃費比較 日産 新型セレナe-Power トヨタ エスクァイア ハイブリッド 燃費 26. 2 23. 【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】予防安全装備比較 日産 新型セレナe-Power トヨタ エスクァイア ハイブリッド 予防安全装備 インテリジェント トヨタ セーフティ センスC 先進装備 プロパイロット インテリジェント ルームミラー インテリジェント パーキングアシスト インテリジェント アラウンドビューモニター ハイビームアシスト インテリジェント LI 標識検知機能 インテリジェント DA 車両接近通報装置 先行車発進告知機能 予防安全装備・先進装備の違い 日産 新型セレナe-Powerには、予防安全装備の「インテリジェント 」が全車で標準搭載されています。 また、同一車線上における半機能の「」や、自動駐車機能の「インテリジェント パーキング」など、先進装備も充実です。 エスクァイア には、、車線逸脱警報、自動制御ハイビームを統合した、トヨタ独自の衝突回避支援パッケージ「C」が全車標準搭載されます。 【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】新車車両価格比較 日産 新型セレナe-POWER トヨタ エスクァイア ハイブリッド 新車車両価格(税込) 297万~344万円 315万~336万円 新車車両価格の違い 日産 新型セレナとトヨタ エスクァイア の新車価格は、ほぼ同程度です。 日産 セレナの中古車情報 最新「セレナ」中古車情報 【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】人気はどちらに? 2017年1月〜12月新車販売台数比較 日産 新型セレナe-POWER トヨタ エスクァイア ハイブリッド 販売台数 — 24,270台 日産 新型セレナは発売されたばかりなので、まだ販売台数のデータは出ていません。 その一方、トヨタ エスクァイア は、2017年1月から12月までの販売台数が約2万4千台であり、ハイブリッド市場では安定した人気があると言えます。 新型セレナe-POWERは、セレナ本来の人気に加えてe-POWERまで搭載しているので、今後は販売台数を大きく伸ばしていくことになるでしょう。 セレナとライバル車の比較記事はこちら 日産 セレナに関連する記事はこちら.

次の

日産、新型セレナを公開|2019年8月1日、マイナーチェンジを実施【8/8画像追加】

日産 セレナ 新型

日産 セレナとは? 5代目 セレナ セレナは、日産自動車が製造・販売しているミドルクラスです。 現行型の5代目セレナは2016年8月にフルモデルチェンジを行ったばかりの新型モデルで、最新の技術「」を搭載した量販車第一号となっています。 には2. 0Lの直列4気筒ガソリンエンジンとS-HYBRIDエンジンをラインナップし、燃費性能はS-HYBRID搭載車で17. 量販車で世界初という、足だけで開ける「ハンズフリーオートスライドドア」を採用している他、バックドアにはウィンドウ部分のみの開閉もできるハーフバックドアを備えたデュアルバックドアを採用しています。 安全装備としては、プロパイロット以外にもスマート・ルームミラーやアラウンドビューモニター、、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報装置などを搭載し、自動で駐車をサポートしてくれる「インテリジェントパーキングアシスト」も採用されています。 日産セレナの新型車と現行車についての情報はこちら セレナとランディ デザインの違いを比較! 新型セレナ 新型ランディ セレナとランディ、両車のデザインは基本的に同じものですが、ランディにはフロントとリアの一部に専用のデザインが与えられています。 ランディのフロントグリルは2本のメッキバーとなっている他、バックドアのメッキガーニッシュがロゴ無しのデザインに変更され、車名エンブレムは車体の右下に配置されました。 ボディカラーはセレナと違ってモノトーンカラーのみの設定となり、その色数もセレナから3色減って全5色の設定となっています。 安全装備もセレナと共通で、以下の安全装備が全車標準搭載されています。 ・ ・踏み間違い衝突防止アシスト ・車線逸脱警報装置 ・ふらつき警報装置 ・アラウンドビューモニター ・進入禁止標識検知 ただし、セレナの一部グレードにメーカーオプションとして設定されている「」だけは、ランディでは未設定の装備となっています。 また、ランディのグレード設定はセレナの標準グレードに準拠しており、セレナの「ハイウェイスター」や「ライダー」に該当する特別仕様車がランディには設定されていません。 これらの点については、ランディを購入する際の注意点として覚えておきましょう。 セレナとランディ 価格の違いを比較! 【 】おかげさまで25周年!「25thスペシャルセレクション」期間限定で登場 ナビやお買い得セットにご利用いただける5万円分オプション券プレゼントも — 日産自動車株式会社 NissanJP セレナとランディの新車価格は以下の通りです。 5万円~361. 3万円~385. 0万円~296. 6万円~324. 両車の価格帯は基本的に殆ど同じですが、グレードの多いセレナの方が選択肢も広いため、その分価格帯の幅も広くなっています。 セレナとランディの中古車価格もチェック! 最新「セレナ」中古車情報 セレナとランディ あなたならどちらを選ぶ? 【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派? Q. 【日産セレナvsスズキランディ】新型ミニバン対決!買うならどっち? 日産 セレナとスズキ ランディ。 ランディは日産 セレナのOEM車で、どちらも2016年にフルモデルチェンジしたばかりの新型車で…• 日産 セレナ• スズキ ランディ ご回答ありがとうございました。 Powered by 新型セレナと新型ランディの比較はいかがでしたか? ランディはセレナの車ですが、こうしてみると結構違う所もあるんですね。 ただ、装備やボディカラー、グレードに関しても充実しているのはセレナの方ですので、どちらかをおすすめするとしたら、当然セレナをおすすめします。

次の

日産 セレナ プロパイロット2.0搭載し2021年4月フルモデルチェンジ

日産 セレナ 新型

新型セレナは口コミや雑誌等では評価がかなり高いですよね。 特に外観と内装は誰もが良いと言っています。 しかし、そんな新型セレナであるからこそ 欠点はないのか? ということが気になりませんか。 購入を考えるなら、新型セレナのどこがダメなのかも知りたいですよね。 調査結果で分かった主な欠点は・・・• 支払い総額がアルファードと変らない• 加速が悪い ということ。 この他にもいろいろ欠点はありました。 そこで今回は 新型セレナの欠点も含た評価をレポートしたいと思います。 約9割が新型セレナのエクステリアを「良い」と評価しているが、新鮮さに欠ける 口コミではエクステリアは約9割の人が「良い」と支持しています。 新型セレナのエクステリアに満足した人は• かっこいいフロントマスク• 老若男女が乗っても違和感がない• 迫力がありつつ上品さもある• ハイウェイスターのエアロパーツ 主にこの4点を評価しています。 特に、 迫力がありつつも、上品さが感じられるところが高く評価されているようです。 このバランスがうまく取れているので老若男女に受け入れられ、エクステリアの満足度に繋がっています。 しかし、残り1割の人は満足していません。 具体的に、どのようなところに満足していないのかチェックしてみました。 新鮮さに欠ける 出典: 「悪い」評価した人たちの実際の口コミを見ると 「ヴォクシーぽく無難」 「総じて他との歴然とした差はない」 「いたって普通。 可もなく不可もなく」 このような意見が多いです。 新型なのに代わり映えしないので、 旧型に比べて新鮮さに欠けることが「悪い」評価に繋がっているようです。 新型セレナのインテリアを約8割が「良い」と評価。 欠点は価格の割に安っぽいところ? 新型セレナのインテリアに満足した人は• シートアレンジが豊富• 全体的に高級感が感じられる• 視界が広い• どの座席でも開放感がある 主にこの4点に満足しているようです。 特に、レザーやステッチを所々に使って高級感を演出しているところと、 シートアレンジが豊富な為多くのユーザーの要望に応えられているところに満足しています。 一方で、残り2割の人は「悪い」評価をしています。 具体的にどのようなところに満足していないのでしょうか。 価格の割には安っぽさがある 出典: 新型セレナのインテリアを「悪い」評価した人の中にこんな声がありました。 「シートレバー等、所々に安っぽさがある」 「値段の割に高級感が足りない」 「内装は6年前から進化がない」 このように、内装は旧型セレナの時から進化が感じられません。 価格に対して内装の進化が追いついていない為、不満があるようです。 新形セレナの価格を約4割が満足。 欠点はオプション価格 価格は約4割の人が満足しています。 新型セレナの価格に満足した人は• 性能と装備を考えると安い• ミニバンとして唯一自動運転技術を搭載 主に、この2点に満足しているようです。 今時のミニバンは高いですが、セレナの価格は 装備や性能を含めると割安感があるので、満足度が高いです。 しかし、残り6割の人は満足していません。 具体的にどのようなところに不満を持っているのかチェックしてみました。 新型セレナe-POWERは乗り出し370万円以上。 オプションで高くなる セレナ マイルドハイブリッド とセレナe-POWERの車両本体価格です。 セレナは標準で必須装備品があまりついていない為、 オプションで高くなるようです。 価格を「悪い」評価した約6割の人たちは 「オプションを付けると割高感がある」 「色々つけると400万になってしまう」 「エルグランドに届きそうな値段」 このように評価しています。 オプションを含めると、400万円近くなるという声が多く、アルファードやエルグランド等の ワンランク上の車が買えてしまう価格に不満があるようです。 新型セレナの燃費を5割が「良い」と評価。 欠点は燃費達成率 セレナの燃費を「良い」評価した人は、実燃費でこのぐらいは走ると言っています。 道路環境 セレナ マイルドハイブリッド e-POWER 市街地 6. では、実際の燃費とカタログ燃費はどのくらい違いがあるのか調べてみました。 セレナの実燃費とカタログ燃費の差はどれくらい? 実際の燃費がこちらです。 e燃費などのサイトから毎月のデータを集計して、季節ごとの燃費を整理してみました。 セレナ 項目 セレナ マイルドハイブリッド e-POWER カタログ燃費 17. 燃費達成率も悪くありません。 しかし、残り5割の人は満足していません。 具体的にどんな点に満足していないのでしょうか。 カタログ値との差に不満 「悪い」評価をつけている人は、カタログ値との差があることに不満を持っているようです。 ミニバンなので燃費に期待していないが、 カタログ値との差があることに不満があるようです。 新型セレナのエンジン性能を約4割が「良い」と評価。 欠点は走り出しの加速 エンジン性能は4割の人が「良い」評価しています。 セレナのエンジン性能に満足した人は、• 高速追い越し時等でもストレスがない• 大人6人乗っていてもパワー十分• エンジン始動時の音が静か 主に、この3点に満足しています。 加速が優れており、坂道や高速道路でもパワーは十分だと感じているようです。 特に、 大人が多く乗ってもパワー不足がないところが高く評価されています。 しかし、6割の人は「悪い」評価をしています。 具体的にどこが「悪い」のかチェックしてみました。 もっさりとした加速に不満 出典: エンジン性能の「悪い」評価では 「お世辞にもパワフルとは言えません」 「街乗りでの領域でトルクがスカスカ」 「アクセルを結構踏んでも出足が遅い」 このような意見が多いです。 「悪い」評価の人は、 もっさりとした走り出しの加速に満足していないようです。 ステップワゴンを見習って欲しいという声もありました。 エンジン音がうるさくなる その他の「悪い」評価の理由として、走り出しが遅いので、その分アクセルを踏んでしまうようです。 その為、 回転数を上げてしまうのでエンジン音が大きくなる点に不満があるようです。 遮音性が今一つな点も関係しています。 約6割が新型セレナの走行性能を「良い」と評価。 欠点はハンドルの軽さ? 走行性能は約4割の人が「良い」評価しています。 セレナの走行性能に満足した人は、• 左右の揺れもなく安定• 運転しやすい素直なハンドリング• 剛性が有るので長距離でも楽 特に、この3点に満足しています。 旧型に比べて、走行が安定したおかげで 運転が苦手な人でも運転がしやすいと高く評価されています。 しかし、残り4割の人は満足していません。 どのような点が「悪い」のかチェックしてみました。 ハンドルが軽い 出典: 「悪い」評価をしている人はハンドルが軽いことに不満を感じているようです。 「中間でハンドル位置が決まらない」 「常に低速や高速域でフラフラする」 「ハンドルの手応えが無く、軽い」 実際の口コミを見てみると、このように評価されています。 セレナのハンドルは 軽すぎて車がフラフラしやすいようです。 なので乗員が不安を感じやすく、「悪い」評価に繋がっています。 新型セレナの乗り心地は7割が「良い」と評価。 欠点はフワフワした足回り 乗り心地は7割の人が「良い」評価しています。 セレナの乗り心地に満足した人は、• シートの座り心地• 室内の静粛性 特に、この2点に満足しているようです。 適度なホールド感と厚みがあるシートが疲れにくいと、高く評価されています。 また、静粛性もこのクラスのミニバンの中では セレナが1番静かと評価されており、旧型と比べても大分向上しているようです。 しかし、残り3割の人は満足していません。 具体的にどのような点に不満があるのでしょうか。 全体的にフワフワした乗り心地 出典: 乗り心地の「悪い」評価では、フワフワした乗り心地に対して不満を持っているようです。 「全体的にフワフワした乗り心地」 「柔らかく、同乗者は酔いそう」 「腰高感が気持ち悪い」 実際にこんな口コミがありました。 「悪い」評価をした人は、フワフワしていると表現する人が多く、不満があるようです。 その原因として、 シートと足回りが柔らかいことが関係しているようです。 また、酔いやすい人が乗車する場合は慎重に運転するべき、という口コミもありました。 総合評価は約7割の人が「良い」と評価。 特に、エクステリアとインテリアが魅力的 総合評価の評価は高く、7割の人は「良い」評価していて、「悪い」評価した人は2割でした。 細かい欠点はありますが、 総合的に見ると多くの人が満足しています。 セレナは自動運転技術を搭載したミニバンなので、走行性能に注目がいきますが、• エクステリア• インテリア• 乗り心地 この3つが高く評価されています。 新型セレナを安く買うには? 新型セレナを安く購入するには値引きが重要になってきます。 ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。 それは… 値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い ということです。 この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、 実際にセレナを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

次の