ボラ 出世魚。 ボラ

ボラは出世魚?呼び名や順番やサイズ、トド・イナ・オボコとの関係や生態も

ボラ 出世魚

ボラとは 全長80cm以上に達するが、沿岸でよく見られるのは数cmから50cmくらいまでである。 体は前後に細長く、断面は前半部で背中側が平たい逆三角形、後半部では紡錘形である。 背びれは2基で、前の第一背びれには棘条が発達する。 尾びれは中央が湾入する。 上下各ひれは体に対して小さく、遊泳力が高い。 体色は背中側が青灰色-緑褐色、体側から腹側は銀白色で、体側には不明瞭な細い縦しまが数本入る。 ボラ科魚類には側線が無い。 鼻先は平たく、口はそれほど大きくない。 唇は細くて柔らかく歯も小さいが、上顎がバクの鼻のように伸縮する。 目とその周辺は脂瞼(しけん)と呼ばれるコンタクトレンズ状の器官で覆われる。 ボラ科の近縁種で、同じく大型魚となるメナダとの区別点の一つはこの脂瞼の有無である。 引用:Wikipedia 釣り人にとってはなじみの深い魚であるボラ。 静岡県では港や河川で大量に群れている姿を見ることのできる魚で、ときおり大きくジャンプする姿を見ることができます。 あえて専門で狙う釣り人は数少ないかもしれませんが、遠州灘では秋から冬にかけて風船釣りという独特の仕掛けでボラを釣る釣り方があり、ハリスにシモリ玉をセットすることで中層を風船のように漂うのが特徴の仕掛け。 外洋を回遊しているボラは臭みがなくとてもおいしい白身で、卵は高級珍味のカラスミに加工されます。 ちなみにボラを漢字で書くと 「鯔」と書くようですよ! 出世魚ボラの呼び方 なんとボラはブリやスズキと同じ出世魚だったのです。 段階も4~6段階と細かく呼び名が変わることも驚きですね! ボラが言葉の語源になっている? 調べてみるとそれぞれの呼び方にエピソードがあることがわかりました。 オボコ オボコは子供などの幼い様子や、可愛いことを表す「おぼこい」の語源となっており、「未通女」と書いてオボコと読んで処女を意味していた。 イナ イナは若い衆の月代の青々とした剃り跡をイナの青灰色でざらついた背中に見たてたことから、「いなせ」の語源とも言われる。 「若い衆が粋さを見せるために跳ね上げた髷の形をイナの背びれの形にたとえた」との説もある。 トド トドは、「これ以上大きくならない」ことから「結局」「行きつくところ」などを意味する「とどのつまり」の語源となった。 今では食卓に並ぶことはほとんどないボラですが、昔は日本人になじみの深い魚であることが伺えますね! シーバスフィッシングの世界でよく言われるハクパターンやイナッコパターン。 なぜそのような呼び方をするのか今まで疑問でしたが、今回その疑問が解消されました! 大きさによる呼名の変化 出世魚と言ってもどの大きさから呼び名が変わるのでしょうか? 調べてみてもあまり情報が出てきませんでしたが、関東と関西だけ見つけることができました。 関東 オボコ ~10㎝ イナッコ ~?㎝ スバシリ ~15㎝ イナ ~30㎝ ボラ ~50㎝ トド 50㎝~ 関西 ハク ~3㎝ オボコ 3~6㎝ スバシリ 10㎝前後 イナ ?~30㎝ ボラ 30~50㎝ トド 50㎝~ この情報が確かなものかわかりませんが、50㎝以上をトドと呼ぶのは間違いないようです。 ボラが大きく跳ねる理由 釣りをしている人は見たことがあると思いますが、ボラは頻繁に水面からジャンプします。 時には2m以上ジャンプすることもあり、サーファーやカヤックフィッシングをしている人に激突することもあるのだとか・・・。 実はボラが跳ねる理由はいまだに解明されていないようで、いくつかの説があるので少しご紹介します。 寄生虫を落としている 体に付いた寄生虫を落とすために大きく跳ね、自らの魚体を水面にたたきつけているという説。 確かにボラが跳ねるときはいつも「ドッパーン」と派手に着水しています。 水面のエサを食べている 水面の小魚や虫を食べるときに勢い余って水面から飛び出してしまうという説。 確かに水面のエサを追って跳ねてしまうこともあるかもしれませんね! それにしては派手すぎる気もしますが 笑 実際のところはボラに聞いてみないとわからないようです。 まとめ ボラは言葉の語源になるほど、古くから日本人に馴染みが深く愛されてきた魚のようです。 身近な魚ですが、少し調べてみると面白いことがわかりますね! 最後までお付き合いありがとうございました。

次の

「青二才」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

ボラ 出世魚

もくじ• これらはあくまで一般的な話で、 地域によってもその呼び方が変わります。 何か…「ドラゴンボールZ」のフリーザ様みたいですね。 釣りにおいては初心者でもGETしやすい上に、食べても美味しいので、人気の高い魚なんですよ。 また、北海道から鹿児島までの広い範囲の海に生息しているので、旬の時期である6月~8月なら簡単に釣ることができるのも嬉しいですね。 なお、 エラ蓋の所に鋭い棘があるので、触れる際には刺さらないように軍手をするのがベターです。 美味しい 食べ方としては、魚料理の定番とも言えるお刺身はもちろんのこと、塩焼きやムニエルなど様々なものがあるほか、白身魚ですので、すり潰せば何と赤ちゃんの離乳食にも使えます。 まさに「万能魚」ですね。 なお、お刺身で生食する際であっても、 セイゴには「アニキサス」などの寄生虫はほとんどおらず、仮にいたとしても人体に害を与えるほどの症状は出ないので安心して食べてられるのも嬉しいところです。 ですが、身体の表面についている雑菌などで食中毒を起こしてしまう可能性は十分にあるので、 お刺身にする際に使ったまな板などはしっかりと洗い、汚れを落とすようにすることが大切です。 フッコは生息している地方によってその呼び方が変わります。 関西では「ハネ」と呼ばれ、 関東ではフッコまでの大きさのものをまとめて「セイゴ」と呼ばれています。 生息地域は北海道南部から九州沿岸までと幅広く、日本だけでなく朝鮮半島でもその姿が見られるのが特徴です。 また、 季節によって生息場所が微妙に違い、活発に活動する春から秋が終わって冬になると、湾口部や河口といった温かい水が入ってくる場所に移動し、産卵・越冬を行うことで知られています。 旬の時期は夏頃で、美味しい食べ方としては、上でご紹介したセイゴと同じく、 お刺身やムニエル、そしてカルパッチョなどが挙げられます。 なお、 お刺身にする際には、必ず体の色をチェックするようにしましょう。 身体が黄色っぽくなっているものは水質が悪い場所に生息していたという「動かぬ証拠」ですので、食中毒を起こさないようにするためにもこういったものは避け、 水質が良い場所にいたという証拠である艶があって銀色に光っているものを捌くようにして下さいね。 「スズキ」、「タイリクスズキ」、「ヒラスズキ」の3種類が存在しています。 釣り上げる際の「引き」の強さ、獲物を獰猛に追いかけるゲーム性の高さから、釣り人達の間ではかなりの人気を誇っている魚です。 また、高級魚であることから、たいてい どんな料理にも合わせることができ、淡白な白身はとても美味です。 それぞれの生息地域は、 「スズキ」が東北から九州までの沿岸部・そして韓国の一部沿岸、 「ヒラスズキ」は本州沿岸、 「タイリクスズキ」はその名前の通り(?)本州をはじめ韓国や中国の広大な沿岸に生息しています。 特に、このタイリクスズキは昭和の頃に西日本で養殖され始めたことがきっかけで、その後各地で増殖。 現在では、東京湾でもその数を増やしているんだとか。 とても幅広い「勢力分布図」ですよね。 それに対して、ヒラスズキの生息地域は、既述したように本州沿岸のみと非常に範囲が狭いので、もしも見る機会があれば、それは極めてレアなケースと言えるでしょう。 ちなみに、日本で 一般的に「スズキ」と言われているのは、正確には「マルスズキ」と言い、体長は1mを超え、最も大きいもので110cmを超えるものも存在するなど、身体がとても大きいことが特徴です。 だからなのか、スズキには 「フィッシュイーター」というニックネームが付いており、アジやイワシなどの回遊魚や、同じく出世魚として知られているボラのほか、中には自分と大きさが変わらないほどの魚を食べることもあるんだとか…。 やはり1mを超える大きい身体を維持するには、それぐらいの量を食べないといけないということなんでしょうね。 なお、 調理法はこれまでにご紹介したものと同じく、お刺身のほか、薄く切ったお刺身を氷水で急激に冷やすことで身を引き締める「洗い」、切り身のムニエル、カルパッチョなどが一般的です。 instagram. 実は、この名前は関東地方のみの呼び名です。 では、関西などではどうなのかというと…どれだけ大きくてもオオタロウではなく、スズキと呼ぶのが一般的なんですよ。 「変わらんのか~い!」というツッコミが聞こえてきそうです。 それはさておき、オオタロウの漁獲量が最も多いのは千葉県で、オオタロウクラスの大物がたくさん集まるんだとか…。 おそらく、オオタロウを含むスズキ種が好んで食べると言われている小魚や甲殻類などが、ほかの地域に比べて豊富なんでしょうね。 pakutaso. html スズキはよく 「臭いが強い魚だ」と言われますが、これは元来スズキが海や川などの水質汚染に対してとても強いことが理由として挙げられます。 つまり、水質の悪いところでもスズキは生きていくことができるため、水質環境による臭いが付いてしまうということです。 また、スズキは回遊性を持つものと河口付近に生息しているものとに分かれていて、 河口付近の生息するものは様々な不純物を食べて生活しているので、どうしても体内に毒素が溜まりやすいんです。 それに対して、 回遊性を持つものは常に場所移動を繰り返しているので、身体に不純物が付きにくいため、臭いが少なくなっています。 このように、比較的多くのスズキの臭いがキツイ・強いため、スズキは臭いが強い魚と言われるのです。 では、臭いの強弱を見分ける方法はあるのでしょうか? 答えは…あります。 臭いの少ないスズキをGETするポイントはというと…ズバリ「色と場所」です。 臭いが少ないスズキは環境の良いところで生息しているため、身体の色が綺麗で艶のある銀色をしています。 逆に、臭いが強いものは黒っぽく…いかにも「体内に不純物がいっぱい」という色をしているので、すぐに見分ることができます。 次に、 場所に関してですがは「河口から離れた場所にいる物を狙う」こと、そして「何らかの処理場や発電所の近くや排水口の周りなど…不純物が排出されているおそれのある場所付近では釣らない」ことです。 ですので、 少しでも怪しいと感じたものは決して食べずにリリース(海や川に返すこと)しましょう。 特に、免疫力や抵抗力が弱い小さいお子さんやご高齢の方には、食べさせないようにしてください。 どの種類も調理法が豊富で味ももちろん最高ですので、ぜひ食べて下さいね。

次の

ブリ

ボラ 出世魚

スポンサーリンク 江戸時代までは武士は成長するときに名前を変えていました。 有名な徳川家康は小さい時の幼名は「竹千代」といっていました。 その後、元服(いまでいう成人式のこと)したときに「元信」と名前を変えます。 武士のように成長するたびに名前が変わる魚がいます。 通称「 出世魚」です。 武士が元服したり出世したりしたときに名前を変えたように、出世魚も成長とともに名前が変わるんです。 成長するたびに名前が変わる出世魚は縁起がいい魚として祝宴のときの料理に使われます。 今回はこの縁起の良い出世魚の 名前を 一覧表で紹介します。 出世魚として有名な ぶりの 名称の 順番ももちろん紹介します。 一般的に出世魚と言われている スズキや サワラ以外にどんな出世魚がいるんでしょうか。 あなたも人として成長したときのお祝いにこの出世魚でお祝いをしてはいかがでしょうか。 出世魚とは何 出世魚とは 成長するとともに名前が変わる魚のことを言います。 魚は大きくなると食べた味も違いますし、料理の用途も違ってきます。 出世魚と呼ばれる魚の種類は成長すると大きさも格段に違ってきます。 そのため商売するのに便利なように成長するたびに魚の名前を変えて区別してきたんです。 武士の名前が成長や出世するたびに名前がかわること。 そして大きくなるにつけて名前が変わる魚の種類を結びつけて出世魚と呼ぶようになったんです。 出世魚の名称を一覧表で紹介 それでは出世魚とその名前の変化をわかりやすく、一覧表で紹介します。 ふだんよく聞く魚が出世魚だったんだとびっくりするかもしれませんよ。 せっかくですから豆知識として出世魚の名前の変化を覚えて、さりげなく自慢しちゃいませんか。 ぶりの名称の順番 ぶりというのは、 スズキ目アジ科の海水魚こことをいいます。 回遊性の魚で日本では寒い時期に寒ぶりの名前で有名です。 大きさは全長が1mぐらいで体重が8kg程度の魚です。 ぶりは漢字で書くと鰤と書き師+魚となっています。 これは、ぶりが利口な魚なので「 師+魚」になったと言われています。 それではぶりの名前の変化を関東と関西でみてみることにしましょう。 同じぶりでも関東と関西では、まったく呼び名が違うんですよ。 スポンサーリンク 関東でのぶりの名称の順番 名称 魚の大きさ ワカシ 35cm以下 イナダ 35cm~60cm ワラサ 60cm~80cm ぶり 80cm以上 関西でのぶりの名称の順番 名称 魚の大きさ ツバス 35cm以下 ハマチ 35cm~60cm メジロ 60cm~80cm ぶり 80cm以上 スズキの名称の順番 スズキはスズキ目スズキ科に属する魚で、全長が1mを超える大型魚なんです。 それではつぎにスズキの名称の順番をみてみましょう。 スズキも関東と関西では名称の順番がちゃっと違うんですよ。 関東でのスズキの名称の順番 名称 魚の大きさ セイゴ 40cm以下 フッコ 40cm~60cm スズキ 60cm以上 関西でのスズキの名称の順番 名称 魚の大きさ セイゴ 40cm以下 ハネ 40cm~60cm スズキ 60cm以上 サワラの名称の順番 サワラはスズキ目サバ科に属する海水魚で、全長は1m程度の魚です。 西京味噌を使って焼く「西京焼き」や竜田揚げで食べることが多い魚です。 名称 魚の大きさ サゴシ 40cm~50cm ナギ 50cm~60cm サワラ 60cm以上 クロダイの名称の順番 クロダイはスズキ目タイ科の海水魚で、全長は50cm前後が多い魚で警戒心が強く簡単に釣れないため、釣り人に人気の魚なんです。 クロダイは2~3歳まではオスなのに、4~5歳になると 多くがメスになる珍しい魚なんです。 関東でのクロダイの名称の順番 名称 魚の大きさ チンチン 20cm以下 カイズ 25cm~30cm クロダイ 30cm以上 関西でのクロダイの名称の順番 名称 魚の大きさ ババタレ 20cm以下 チヌ 25cm~30cm オオスケ 30cm以上 マイワシの名称の順番 マイワシはニシン目ニシン科の属する海水魚で全長は30cm前後の魚。 過去、肥料になるほど漁獲量が多かったが一時期は漁獲量が激減。 高級魚になるんじゃないかと言われた時期もありましたが現在は漁獲量は安定しています。 しかし肥料にしていた時ほど下魚ではなく、価格は高値安定といったところです。 ところでイワシは青魚と言われている魚でDHAもEPAも豊富な魚です。 くわしくは「」でくわしく書いています。 名称 魚の大きさ シラス 1cm未満 タツクチ 5cm~8cm コバ 8cm~12cm コチュウバ 12cm~15cm チュウバ 15cm~18cm ニタリ 18cm~20cm オオバ 20cm以上 コノシロの名称の順番 コノシロとはニシン目ニシン科に属する海水魚で、全長25cm前後。 全長5cmぐらいまでを「シンコ」と呼び握りずしの材料として人気の魚です。 名称 魚の大きさ シンコ 5cmぐらいまで コハダ 7cm~10cm ナカズミ 13cmぐらい コノシロ 15cm以上 カンパチの名称の順番 カンパチとはスズキ目アジ科に属する海水魚で、全長1m前後の大型魚です。 魚の中では高級魚として刺身や寿司に使われています。 名称 魚の大きさ ショッコ 35cmぐらいまで シオゴ 35cm~60cm アカハナ 60cm~80cm カンパチ 80cm以上 ボラの名前の名称 ボラとはボラ目ボラ科に属する魚で全長は50cmぐらいが多く見られます。 九州は長崎で販売されている高級珍味の「 カラスミ」はこのボラの卵巣を塩漬けし乾燥させたものなんです。 加工に手間ひまがかかり、 50g前後で 3. 000円前後で販売されている高級珍味です。 お土産屋に安い「カラスミ」と称して売られているものがありますが、手間をはぶいたりして加工したものもあるかもしれませんからご注意を。 そしてボラは関東と関西では名称が違います。 関東でボラの名称の順番 名称 オボコ イナッコ スバシリ イナ ボラ トド 関西でボラの名称の順番 名称 ハク オボコ スバシリ イナ ボラ トド 成長とともに名前が変わる出世魚。 いまは江戸時代以前のように簡単に名前を変えることはできません。 自分が成長したと思ったら、自称で名前を変えるのもカッコイイかもしれませんね。 スポンサーリンク まとめ 今回紹介した出世魚は江戸時代までの武士が成長や出世したときに名を改めることから、縁起の良い魚として祝い事などにはかかせない魚です。 なんと弱+魚と書く鰯(いわし)も出世魚だったんです。 いわしに負けてはいられませんよ! いわしは下魚として扱われていた時代もありましたが、いまではそこそこいい値段で販売されています。 このごろは社会人になっても、責任が重たくなる管理職になるのを避けたがる人が多くなっているそうです。 でも会社で出世するだけが、出世ではありません。 人として社会人として成長することも出世だと私は思うんです。 自称でも自分が成長したと感じたら名前を変えてみるのもいいかもしれませんよ。

次の