浜松 医科 大学 付属 病院。 静岡県摂食障害治療支援センター

浜松医科大学医学部附属病院

浜松 医科 大学 付属 病院

沿革 [ ]• 静岡大学国立医科大学創設準備室を設置。 浜松医科大学発足。 医学科を設置。 を設置。 医学部を設置。 第93回において、全国トップの合格率を記録(98. に「メディカルフォトニクス」が採択される。 化により浜松医科大学となる。 附属病院が新病棟へ移転。 医学部附属病院再整備事業が完了。 静岡大学との関係 [ ] 本来は医学部としてに建設される計画であり、でも可決された事項であったが、当時の県が県議会決定を無視し、独断で浜松市への設置手続きを行い、浜松医科大学として発足することになった。 この一件が発端で県中部、県東部の県会議員が竹山知事および浜松医大設置を承認した国に反発し、集団離党するという事態に発展した。 大学同士は、光学技術を使った検査機器の研究開発などに取り組む光医工学(メディカルフォトニクス)でを共同設置するといった協力関係にある。 また、学校法人が静岡大学と統合された上で静岡大学浜松キャンパスと統合する動きがある。 名称はまだ決定しておらず、浜松国立大学などの案も示されている が、現時点では浜松医科工科大学が有力である。 大学の構成 [ ] 学部 [ ]• 基礎講座 総合人間科学講座(倫理学、心理学、法学、数学、物理学、化学、生物学、英語、情報医学)、講座(神経機能学分野、細胞生物学分野)、神経生理学講座、講座、講座、講座、講座、再生・講座、講座、講座(感染制御学分野、学・学分野)、健康社会医学講座、講座• 臨床講座 第一講座(消化器・腎臓・神経内科学分野)、内科学第二講座(内分泌・呼吸・肝臓内科学分野)、内科学第三講座(循環器・血液・免疫リウマチ内科学分野)、講座、第一講座(心臓血管・呼吸器・一般[内視鏡]・乳腺外科学分野)、外科学第二講座(消化器・血管外科学分野)、講座、講座、講座、講座、講座、・頭頚部外科学講座、講座、・学講座、講座、講座、講座、医学講座、薬理学講座、救急災害医学講座、臨床腫瘍学講座• 基礎看護学講座 、臨床看護学講座 、地域看護学講座• 寄付講座 地域医療学講座、児童青年期精神医学講座、臨床医学教育学講座、地域医療学講座、産婦人科家庭医療学講座、地域家庭医療学講座• と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる。 大学院 [ ]• 博士課程(4年制)• 医学専攻(研究者コース、臨床研究者コース)• 研究分野 :光先端医学(光薬理部門、光治療環境部門、光機能イメージング部門)、高次機能医学(脳機能解析部門、感覚運動調節部門)、病態医学(分子腫瘍部門、組織再生部門、器官病態部門)、予防・防御医学(感染・免疫部門、予防医学部門、危機管理情報医学部門)• 修士課程• 看護学専攻(修士論文コース、高度看護実践コース ) 専門分野 :基礎看護学 、成人・老人看護学 、母子看護学 、地域・精神看護学分野• 浜松校(、、、との連合大学院、博士後期課程3年のみ)• 小児発達学専攻• こころの発達健康科学講座 研究領域:画像生物学、社会支援学、疫学統計学、触法行為関連学 専攻科 [ ]• 専攻科(修業年限は1年が標準となっている) 附属機関等 [ ]• 附属図書館• 保健管理センター• メディカルフォトニクス研究センター• 基盤光医学研究部門• 応用光医学研究部門• 生体光医学研究部門• 実験実習機器センター• 安全衛生管理センター• 処理センター• 情報基盤センター• 子どものこころ発達研究センター• がん教育研究センター• 産学官共同研究センター• 医学教育推進センター• 事務局• 技術部• 交通アクセス [ ]• 13番のりばから「 医科大学行き」に乗車し「医科大学」下車(所要時間約35分)• から車で約20分、から車で約5分、から車で約10分• から車で約25分、から車で約25分 関連項目 [ ]• (とという名や設立時期の類似、同じ国立単科医大であるなどの関連性により、大学間の交流会が設立時より毎年行われている。 脚注 [ ]• 『日本経済新聞』ニュースサイト(2017年9月6日)2018年5月16日閲覧。 S[アットエス]. 2020年5月25日閲覧。 講座、分野は、2014年度版の大学概要による。 大学ホームページの「看護学科講座等紹介」によると、、という分野がある。 大学ホームページの「看護学科講座等紹介」によると、、、、、という分野がある。 大学ホームページの「看護学科講座等紹介」によると、、という分野がある。 博士課程の大学院要覧(2014年度入学者対象)• 教育課程。 クリティカルケア看護(急性・重症患者看護)に関する授業科目を設けている。 修士課程の大学院要覧(2014年度入学者対象)• ホームページにある修士課程の「専門分野の研究指導内容」によると、基礎看護学領域、健康科学領域(医療薬理学部門、病理部門、感染免疫学部門)がある。 ホームページの「専門分野の研究指導内容」によると、成人看護学領域、老人看護学領域がある。 ホームページにある修士課程の「専門分野の研究指導内容」によると、母性看護学領域、小児看護学領域がある。 ホームページにある修士課程の「専門分野の研究指導内容」によると、精神看護学領域、地域看護学領域がある。 講座、研究領域は、2015年入学生用の学生募集要項による。 講座は、浜松校の分のみ記載。 外部リンク [ ]• (ウィキブックス)• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。

次の

国立大学法人浜松医科大学浜松医科大学医学部附属病院(静岡県静岡県浜松市東区半田山1丁目20

浜松 医科 大学 付属 病院

沿革 [ ]• 静岡大学国立医科大学創設準備室を設置。 浜松医科大学発足。 医学科を設置。 を設置。 医学部を設置。 第93回において、全国トップの合格率を記録(98. に「メディカルフォトニクス」が採択される。 化により浜松医科大学となる。 附属病院が新病棟へ移転。 医学部附属病院再整備事業が完了。 静岡大学との関係 [ ] 本来は医学部としてに建設される計画であり、でも可決された事項であったが、当時の県が県議会決定を無視し、独断で浜松市への設置手続きを行い、浜松医科大学として発足することになった。 この一件が発端で県中部、県東部の県会議員が竹山知事および浜松医大設置を承認した国に反発し、集団離党するという事態に発展した。 大学同士は、光学技術を使った検査機器の研究開発などに取り組む光医工学(メディカルフォトニクス)でを共同設置するといった協力関係にある。 また、学校法人が静岡大学と統合された上で静岡大学浜松キャンパスと統合する動きがある。 名称はまだ決定しておらず、浜松国立大学などの案も示されている が、現時点では浜松医科工科大学が有力である。 大学の構成 [ ] 学部 [ ]• 基礎講座 総合人間科学講座(倫理学、心理学、法学、数学、物理学、化学、生物学、英語、情報医学)、講座(神経機能学分野、細胞生物学分野)、神経生理学講座、講座、講座、講座、講座、再生・講座、講座、講座(感染制御学分野、学・学分野)、健康社会医学講座、講座• 臨床講座 第一講座(消化器・腎臓・神経内科学分野)、内科学第二講座(内分泌・呼吸・肝臓内科学分野)、内科学第三講座(循環器・血液・免疫リウマチ内科学分野)、講座、第一講座(心臓血管・呼吸器・一般[内視鏡]・乳腺外科学分野)、外科学第二講座(消化器・血管外科学分野)、講座、講座、講座、講座、講座、・頭頚部外科学講座、講座、・学講座、講座、講座、講座、医学講座、薬理学講座、救急災害医学講座、臨床腫瘍学講座• 基礎看護学講座 、臨床看護学講座 、地域看護学講座• 寄付講座 地域医療学講座、児童青年期精神医学講座、臨床医学教育学講座、地域医療学講座、産婦人科家庭医療学講座、地域家庭医療学講座• と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる。 大学院 [ ]• 博士課程(4年制)• 医学専攻(研究者コース、臨床研究者コース)• 研究分野 :光先端医学(光薬理部門、光治療環境部門、光機能イメージング部門)、高次機能医学(脳機能解析部門、感覚運動調節部門)、病態医学(分子腫瘍部門、組織再生部門、器官病態部門)、予防・防御医学(感染・免疫部門、予防医学部門、危機管理情報医学部門)• 修士課程• 看護学専攻(修士論文コース、高度看護実践コース ) 専門分野 :基礎看護学 、成人・老人看護学 、母子看護学 、地域・精神看護学分野• 浜松校(、、、との連合大学院、博士後期課程3年のみ)• 小児発達学専攻• こころの発達健康科学講座 研究領域:画像生物学、社会支援学、疫学統計学、触法行為関連学 専攻科 [ ]• 専攻科(修業年限は1年が標準となっている) 附属機関等 [ ]• 附属図書館• 保健管理センター• メディカルフォトニクス研究センター• 基盤光医学研究部門• 応用光医学研究部門• 生体光医学研究部門• 実験実習機器センター• 安全衛生管理センター• 処理センター• 情報基盤センター• 子どものこころ発達研究センター• がん教育研究センター• 産学官共同研究センター• 医学教育推進センター• 事務局• 技術部• 交通アクセス [ ]• 13番のりばから「 医科大学行き」に乗車し「医科大学」下車(所要時間約35分)• から車で約20分、から車で約5分、から車で約10分• から車で約25分、から車で約25分 関連項目 [ ]• (とという名や設立時期の類似、同じ国立単科医大であるなどの関連性により、大学間の交流会が設立時より毎年行われている。 脚注 [ ]• 『日本経済新聞』ニュースサイト(2017年9月6日)2018年5月16日閲覧。 S[アットエス]. 2020年5月25日閲覧。 講座、分野は、2014年度版の大学概要による。 大学ホームページの「看護学科講座等紹介」によると、、という分野がある。 大学ホームページの「看護学科講座等紹介」によると、、、、、という分野がある。 大学ホームページの「看護学科講座等紹介」によると、、という分野がある。 博士課程の大学院要覧(2014年度入学者対象)• 教育課程。 クリティカルケア看護(急性・重症患者看護)に関する授業科目を設けている。 修士課程の大学院要覧(2014年度入学者対象)• ホームページにある修士課程の「専門分野の研究指導内容」によると、基礎看護学領域、健康科学領域(医療薬理学部門、病理部門、感染免疫学部門)がある。 ホームページの「専門分野の研究指導内容」によると、成人看護学領域、老人看護学領域がある。 ホームページにある修士課程の「専門分野の研究指導内容」によると、母性看護学領域、小児看護学領域がある。 ホームページにある修士課程の「専門分野の研究指導内容」によると、精神看護学領域、地域看護学領域がある。 講座、研究領域は、2015年入学生用の学生募集要項による。 講座は、浜松校の分のみ記載。 外部リンク [ ]• (ウィキブックス)• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。

次の

浜松医科大学医学部附属病院

浜松 医科 大学 付属 病院

沿革 [ ]• (49年) - 浜松医科大学発足• (昭和52年)• 4月 - 浜松医科大学医学部附属病院設置• 11月 - 外来診療開始• 12月 - 附属病院竣工• (2年)3月 - MRI-CT装置棟竣工• (平成7年)3月 - の承認を受ける• (平成16年) - 化により、開設者が国立大学法人浜松医科大学となる• (平成19年)1月 - 再整備事業に伴い、旧病棟(現在の外来棟)南側に新病棟着工• (平成21年) - 病棟を新病棟へ移転。 旧病棟は外来棟として使用• (平成23年)3月 - 外来棟改修工事着工。 10階建ての旧病棟の6階以上を取り壊して5階建てに減築した。 (平成25年)7月 - 再整備事業が完了• (平成27年)10月 - 手術ロボットを導入(国内導入2台目)• (平成28年)3月 - ハイブリッド手術室完成。 4月より運用開始• (平成29年)1月 - 浜松医科大学病院店が営業開始 診療科 [ ]• 内科系• 消化器内科• 腎臓内科• 神経内科• 内分泌・代謝内科• 呼吸器内科• 肝臓内科• 循環器内科• 血液内科• 免疫・リウマチ内科• 心療内科• 臨床薬理内科• 精神科• 神経科• 小児科• 外科系• 心臓血管外科• 呼吸器外科• 小児外科• 乳腺外科• 一般外科• 上部消化管外科• 下部消化管外科• 肝・胆・膵外科• 血管外科• 脳神経外科• 整形外科• 泌尿器科• 皮膚科• 耳鼻咽喉科• 産科婦人科• 放射線科• 麻酔科蘇生科• 歯科口腔外科• 形成外科• 中央診療施設等• 検査部• 病理部• 手術部• 救急部• 光学医療診療部• 臨床研究管理センター• 放射線部• 集中治療部• 血液浄化療法部• 周産母子センター• 材料部• 輸血部• リハビリテーション部• 看護部• 薬剤部• 化学療法部• 医療情報部• 医療福祉支援センター• 腫瘍センター 機関指定 [ ]• 特定機能病院• 保険医療機関• 地域がん診療連携拠点病院• 地域肝疾患診療連携拠点病院• 難病医療拠点病院• エイズ治療拠点病院• 養育医療指定病院• 労災保険指定病院• 厚生医療指定病院• 生活保護指定病院• 育成医療指定病院• 原子爆弾被爆者医療指定病院• 外国医師臨床修練指定病院• 結核予防法指定病院• 日本医療機能評価機構認定病院 交通アクセス [ ]• 北口バスターミナル13番のりばから50系統山の手医大線「市役所 山の手 医大」、57系統医大じゅんかん「市役所 中央署 医大 三方原営業所」、もしくは15番のりばから47系統医大じゅんかん「市役所 葵町 医大」に乗車し「医科大学」下車(所要時間30~40分)。 浜松西ICより約15分。 外部リンク [ ]•

次の