マコプロダクション。 なつぞらマコさん再登場に歓喜!実在モデルは手塚治虫と関係が!|朝ドラマイスター

なつぞらマコさん再登場に歓喜!実在モデルは手塚治虫と関係が!|朝ドラマイスター

マコプロダクション

2019年9月9日(月)第24週「なつよ、この十勝をアニメに」 あらすじ 昭和49年(1974年)3月。 なつが東洋動画をやめる日を迎えました。 仲、井戸原たち、なつが東洋動画に入社して以来、先輩としてなつのアニメーターとしての成長を導いた面々はじめ、東洋動画の同僚たちに挨拶。 面々に別れを告げながら思い出すのは、アニメーションの新しい表現を見つけることに挑み続ける日々でした。 そしてなつは、東洋動画の面々に見送られながら、18年間働き思い出の詰まった職場を去って行きました。 東洋動画をやめると、なつはすぐにマコプロダクションに入社しました。 なつの入社を待っていた麻子、坂場、そして神地たちに迎えられ、なつはマコプロダクションが手がけるテレビ漫画の新作に挑みました。 新作のタイトルは『大草原の少女ソラ』。 大正から昭和にかけての北海道が舞台の物語です。 半年後の放送開始に向けて、坂場は制作の方針とスタッフそれぞれの役割も決定。 制作チームには陽平も参加。 そしてなつたちは取材のために十勝を訪れるのでした。 Sponsored Link 予習レビュー なっちゃんが東洋動画を去って行く日。 そして、マコプロダクションに入社する日をついに迎えました。 ところで今週のサプタイトルは当初「なつよ、未来をこの手に」として発表されました。 新しい職場に移ったなっちゃんが、それまでの仕事と育児の両立や、職場環境での種々の葛藤を乗り越え、ふたたびアニメーションの未来の開拓に挑む。 そんななっちゃんのこれからを感じさせるサブタイトルでした。 そのサブタイトルが「なつよ、未来をこの手に」から「なつよ、この十勝をアニメに」に変更されました。 新しいサブタイトルが示す通り、今週の物語の舞台の大半は北海道十勝。 マコプロダクションが手がける新作のテレビ漫画の舞台となる北海道を、作品にかかわる面々が実際に自分の目で見るために十勝を訪問。 久しぶりの北海道編です。 そして、東洋動画の激務の中で見失っていたことを、なっちゃんは北海道の大自然や、柴田家の人たちと触れ合う中で取り戻して行く姿が、今週、描かれるようです。 今週はまた、なつかしい登場人物がドラマの中に戻ってきますが、今のところここでは伏せておきます。 感想 思い出の詰まった東洋動画 思い出の詰まった東洋動画を去り、マコプロダクションへ。 ついにこの日を迎えました。 しかし、マコプロダクションには、今では東洋動画以上になっちゃんにとって身近な人たちがいっぱい。 一方で、東洋動画は、なっちゃんが入社したころと比べて人も環境もずいぶん変わりました。 なっちゃんは東洋動画を去り際、東洋動画で過ごした日々のことを思い出していましたが、その思い出が、マコプロダクションでまたたく間に思い出ではなくなりました。 新しい職場に移ったというよりは、もとの居場所に戻った。 思い出の日々が復活した。 そんな感じがするマコプロダクションでした。 思い出の詰まった東洋動画を去り、思い出の詰まっているマコプロダクションへ、とでも言ったらいいのでしょうか。 ところで、ある時期から出番が急減した陽平くん。 天陽くんが亡くなる前後から出番がにわかに増えはじめ、彼までもがマコプロダクションにまさかの移籍。 最後の二週間、これから出番が増えるのでしょうか。 コメントへの返信 by 朝蔵 プロの流儀のナレーションコンビ(アーモンドさん:138話) プロの流儀=『プロフェッショナル 仕事の流儀』。 こんな接点があったんですね。 同番組は観ていなかったので、そこにはまったく気がつきませんでした。 土曜日BSなつぞらの後、大草原の小さな家(アーモンドさん:138話) たしか『なつぞら』がはじまったばかりの頃にも『大草原の小さな家』の再放送が。 あれはタイアップのフラグだったのかもしれません。 「まんぷくヌードル」と「ヒヨコーラ」(サトミ サトミさん:138話) 登場していたらしいですね。 なつかしのアイテムたちが。 ブログ主はまったく気がつきませんでした。 だからおかげさまでなっちゃんと仲さんの会話に集中することができました。 ぜんぜん冗談になっていない仲さんの冗談に気持ちを奪われ、「まんぷくヌードル」と「ヒヨコーラ」が目に入ってこなかったとも言えます(笑) 「デビルマン」の最終回は本放送では何故かオンエアされてなかった(よるは去ったさん:138話) そんなことがあったんですか!?まったく知りませんでした。 何らかの事件と重なり放送自粛をしたのか。 それとも成績不振によるスポンサーの圧力で強引に打ち切られたのか。 子供の頃には知り得なかった、裏側の大人の事情に興味津々です。 食堂のシーンでカップヌードル(ちいちゃん:138話) 東洋動画の社員が食べていたカップヌードル。 まんぷくヌードルのパッケージだったそうですね。 ブログ主はまったく気がつきませんでした。 東洋動画の休憩室でランチを食べていた人のカップヌードル(キヨコさん:138話) どうやら「まんぷくヌードル」だったようです。 「まんぷくヌードル」が歩行者天国で大ブレークした1〜2年後が舞台だったので、時代もピッタリ一致してますね。 「大草原のソラ」自体、本物を見てみたくなりました(みいちゃん命さん:138話) 『なつぞら』劇中で描かれたアニメーション作品の完全版を、スピンオフドラマとして放送して欲しいですね。 『大草原の少女ソラ』。 1話だけでもいいので完全版を観てみたいです。 柴田家の女の姉妹は秀才の集まりですね(落合明人さん:140話) 柴田家は、姉妹が秀才なのに加えて、やっぱりある程度、裕福なんですね。 大学進学率が今ほど高くなかった時代に、女の子を二人も大学に出すくらいですから。 「ほんものの番長がいるよ!」(はままさん:138話) なっちゃんと優ちゃんの「番長」の会話は、明らかに十勝の番長・門倉くん再登場のフラグですね。 門倉くんを見た優ちゃんが「ほんものの番長がいるよ!」と言い出したら、かなり笑えるかもです。 でも、それをやってしまったら、天陽くんの美しすぎる思い出の場面が台無しになりかねませんね。 「これは経費で落ちません」が断然おすすめ(tontonさん:137話) お知らせくださりありがとうございます! ネットニュースで見かける機会が多いので、かなり評判がいいのかなと、とても気になっていました。 中庭の池が無くなったのはやっぱり咲太郎兄ちゃんのせい(tontonさん:138話) 転落事故が起きて以来、危険だから撤去しようということになったのかもですね(笑) すぐに頭に血が上って前後の見境がつかなくなった咲太郎くん。 今ではすっかり大人になってしまい、あの頃が懐かしいです。 朝ドラ定番の「変なおじさん」であり続けるものとばかり思ってました。 というか、それを期待していました。 雪月さん、時計止まってますよね(はままさん:136話) コメントありがとうございます。 時計が止まっているというのは、小道具の時計が故障しているということでしょうか?だとしたらそこには気がつきませんでした。 なつが天陽の自画像と話していたのは、夢ではなく、なつの頭の中の想像(アーモンドさん:135話) 『あさが来た』の最終回で、ヒロインのあさちゃんが亡きご主人の新次郎さんと再会する場面がありました。 あの名場面と同様、なっちゃんと天陽くんの自画像の会話はファンタジーだったのかなと思っています。 昭和の時代は、第一線で活躍するアイドル達もコントに出演して鍛えられていた筈(ひるたまさん:135話) 『八時だよ全員集合』では、当時、アイドルとして人気の絶頂期にあったキャンディーズが全力でハッチャケてましたね。 今朝、「日曜美術館」で高畑勲監督の特集(ゆうせいくのおかあさん:138話) そんな素敵な放送があったなんて知りませんでした。 高畑勲監督の『平成狸合戦ぽんぽこ』がブログ主は大好きなんです。 私の望みだった、ハイジは出てきませんでした(tonkoさん:138話) ハイジといえば、スイス国立博物館で「Heidi in Japan(日本のハイジ)」という展覧会が開催されているのだとか。 こんな記事を見つけました。 学生時代のある夏、某コーラ会社でアルバイト(ぱぽりんさん:138話) なかなか過酷なアルバイトの経験をされてますね! 「ス〇ライトの瓶が爆発」・・・『マッサン』を思い出します。 似たような場面がありましたね。 あの時は炭酸ではなく、瓶の中の発酵が進んで爆発したと記憶しています。 天陽君の再来年大河主演にはびっくりしました。 実はいっきゅうさん役の中川大志くんが5~6年後に、松坂桃李くんや窪田正孝くんみたいに 2度目は主人公かヒロインと対等の2番手クレジットで朝ドラカムバックすると踏んでいて、 そっちが先だと思ってたので。 ただいくら天陽くんにキャーキャー言っていた私でも、もう少し場数を踏んでから 主演をやって欲しかった思うのですが大丈夫かしら? 一方で注目したのが脚本が「あさが来た」の大森美香さんで、彼女の作品は故 山崎豊子さんに 迫る勢いで語彙のレベルが高くて、メリハリのある脚本が書けるので信頼しています。 最近のTBSの幾つかの平日ドラマに見受けられる、キャストのギャラ抑制のために 実力派やベテランキャストの採用を控えて、若手が上から学ぶ機会を奪っていってる状態は さすがに無いでしょうから、脇のキャストはドラマの土台や屋台骨となるような人材は揃えてくると 信じてます。 それにしても朝ドラや大河に於いてのアミューズとスターダストによるパイの奪い合いが凄まじいですね ついに「大草原の少女ソラ」製作開始ですが,スポンサー社長が北海道出身とか・・ ここらで大泉洋の登場でしょうか? しかし,マコプロダクション,陽平兄ちゃんまで引き抜くんですか・・ まあ,退職の様子をみると,日本流の「のれん分け」とみると,次々と移って行ってもかまわないのかもしれませんが。 だから,社長あいさつもしたんでしょうか? PS:台本に一言いうと,退職のあいさつの順番は違和感ありです。 最後まで社長を待たせるとは。 本来は,最優先となる社長に挨拶が先,少なくとも社長室に入ってとき,最初に社長に挨拶でしょう。 よっぽど,なつが会社の女王様でない限り,いつまでかかるかわからない,同僚や上司との懇談のあとまで社長を待たせておきませんよ,いくら社長となつが親しいとしても・・ うちの会社だと,同室の同僚や上司を除いて,挨拶は前の日までに済ましておきますけどね 東洋動画で18年! 泰樹さんの弟子だった期間よりも、仲さんの弟子だった期間が倍になるんですね もちろん、幼少期の方が密度は濃いですが ピクニックメンバーのうち1人だけマコプロに行かない堀内さんが、ちょっと不憫 笑 なっちゃんの退職理由を育児の為と誤解したくらいですから、マコプロのことをあまり知らないのかしら? でも、作画監督に出世できそうだし、仲さん達の元で頑張って欲しいですね。 それにしても、陽平さんまで引き抜くとは、マコさん、アニメーターより経営者かプロデューサーとしての才能の方があり過ぎです! 笑 でも、陽平さんの絵は本当に美しいです。 天陽くんと2人の天才画家を生んだ山田正治・タミ夫妻、全く絵を描く機会はありませんが、実はウッチャンパパ以上に絵心があるのでしょうか!?

次の

JYP練習生で日本人はミイヒ、リマ、マコ!プロフィール&歌ダンス動画まとめ【虹プロ】|Media Sunshine

マコプロダクション

NHK連続テレビ小説「なつぞら」に登場する架空のアニメ製作会社「マコプロダクション」についてまとめます。 また、「マコプロダクション」にモデルとなる会社があるのかについても予想します。 イタリアから帰国したマコ 「マコプロ」設立 坂場渾身の一作「神がつかんだ少年クリフ」に感動を覚えたマコこと大沢麻子(貫地谷しほり)は、アニメーション業界に復帰する決意を固め、 東京・吉祥寺に自ら製作会社を立ち上げていました。 マコが設立したアニメ製作会社「マコプロダクション」には、真っ先に参加を表明した下山をはじめ坂場、モモッチ、神地、そして最終的にはなつ、洋平と、東洋動画の精鋭たちが次々に集うことになります。 女性のアニメーターが母親になっても安心して働ける少数精鋭の会社づくりを目指し、マコは新しい挑戦を始めます。 「三代目カポネ」「大草原の小さな家」をアニメ化 この「マコプロダクション」ではまず、先に移籍していた下山がキャラクターデザインを手掛けるアニメ 「三代目カポネ」の製作が行われます。 「三代目カポネ」は日本で馴染みがない大人向けのアニメーション。 あの「ルパン三世」がモデルと考えられます。 以下のリンク先の記事に詳しくまとめましたが、史実では「大草原の小さな家」は1975年に 「草原の少女ローラ」という題名で、 「日本アニメーション」という会社の製作によりテレビアニメ化されています(TBS系)。 「ソラ」は「アルプスの少女ハイジ」もモチーフとなっていそうです。 ・ マコプロダクション=Aプロ、ズイヨー映像・日本アニメーション? マコプロダクションのモデルですが、「ルパン三世 (TV第1シリーズ)」を作り上げた 「Aプロダクション」、ならびに「大草原の小さな家」「アルプスの少女ハイジ」をアニメ化した 「日本アニメーション(旧・ズイヨー映像)」ではないかと予想します。 「太陽の王子 ホルスの大冒険」の不振などもあり東映動画を去った高畑勲氏(坂場モデル)は、盟友の宮崎駿氏(神地モデル)、小田部羊一氏(なつモデル・奥山玲子氏の夫。 洋平モデル?)とともに 「Aプロダクション(後のシンエイ動画)」に移籍。 そこで「 ルパン三世 ・TV第1シリーズ(下山のモデル・大塚康生氏がキャラクターデザインを担当)」、「パンダコパンダ」などを手掛けた後、再び宮崎、小田部両氏とともに 「ズイヨー映像」に移籍しています。 このズイヨー映像では三人による強力タッグが組まれ(演出高畑、作画監督小田部、レイアウト宮崎)テレビアニメ 「アルプスの少女ハイジ」が製作されたほか、日本アニメーションに改組された後には「大草原の小さな家」をアニメ化した 「草原の少女ローラ」も製作されています(仲のモデル・森康二氏がキャラクターデザイン、作画監督として参加)。 また、なつのモデルとされる奥山玲子氏も、東映動画を退職後に各氏から遅れて日本アニメーションに移籍し 「母をたずねて三千里」に作画監督補佐として参加しています(1976年)。 東映動画の精鋭が続々と集っていく展開、そして「ルパン三世」「大草原の小さな家」「アルプスの少女ハイジ」がAプロ、日本アニメーションでそれぞれアニメ化されたという史実が、劇中の「マコプロダクション」と重なります。 ・ 「虫プロダクション」「ジブリ」要素も? なお、 マコのモデルとされる中村和子氏は結婚して東映動画を退職した後に、手塚治虫や夫からの要請を受けて 「虫プロダクション」に入り、アニメーターとして復帰しています。 つまり、「結婚後にマコが仕事復帰し自ら製作会社を立ち上げる」という流れは、ドラマのオリジナルストーリーということになりますね。 また、マコプロダクションのスタジオが置かれた吉祥寺は、あのスタジオジブリが最初に誕生した地でもあります(現在の社屋は東小金井駅近く)。 高畑勲、宮崎駿、保田道世各氏は 「スタジオジブリ」の名作を作り上げる戦友となるわけであり、若き坂場、神地、モモッチらが吉祥寺のマコプロで奮闘していく姿は、やがて彼らが「スタジオジブリ的な偉業」を成し遂げる未来を予感させます。 ・ ・ 関連記事 ・ ・ ・ 朝ドラの見逃しは 無料トライアル利用がお得!「白蛇伝」も! 朝ドラを見逃した場合は、(有料)での動画視聴が可能です。 また、日本最大級の動画配信サービス がNHKオンデマンドとも提携しています。 から 31日間無料トライアルに申し込むと、特典として無償でもらえる U-NEXTポイント(1,000円分)を利用して、 NHKオンデマンド・見放題パック(990円相当)を最大一ヶ月間、お試し体験できます。 2019年8月現在、U-NEXTでは 「白蛇伝」「フランダースの犬(全52話)」「母をたずねて三千里 (全52話)」など、高畑勲、宮崎駿、奥山玲子ら「なつぞら」ゆかりのアニメーターが関わった作品も見られます。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

次の

なつぞら夏空ネタバレ☆マコプロダクションのモデルは実在?大沢麻子の今後も

マコプロダクション

なつと一久さんの将来に関わる話が、今日から具体的に始まったよね。 あのマコさん 自分で会社を立ち上げたとのこと。 マコプロダクション。 テレビアニメの制作会社で今始まったばかりらしい。 一久さん 是非にと誘われてみて、行きたい気持ちは満々なんだけど、なつと生まれてくる子供のことを考えると、即答で返事をできない気持ちがあった。 今日はそんな一久さんの心優しさと、マコさんのアニメにかける情熱についての物語。 貫地谷しほりさんとモデルの中村和子さん なつぞらでは描かれないが、手塚治虫の虫プロと深い関係が 中村和子さん大工原章さん 中村和子さんと一緒に写っているのはなつぞらで井戸原さんのモデルとされる大工原さん。 彼は伝説のアニメーターと呼ばれていた。 東映動画時代、作画や作画監督を務めた凄腕のアニメーターとされている。 実は、東映動画からは大勢のアニメーターが飛び出して新たな活動を始めた経緯があるのだが、大工原さんは最後まで東映動画に残ったメンバーと言われている。 ちなみにマコさんのモデル中村和子さんは一旦は結婚して仕事をリタイアしたのだが、ご主人が手塚治虫のところで働いていた関係で、人手不足を補う意味で虫プロに参加したと聞いている。 彼女は、鉄腕アトムの制作に深く関わっている。 今日のドラマの中でも一久さんを誘うときのセリフで、 「最近のテレビアニメは、絵が動かないのが新しいやり方なのよ」 実は、中村和子さんの有名なセリフらしい。 テレビアニメでは映画を作るような凝った作業は不向き。 どうしても締め切りと予算の枠の中でしっかりと作っていかなければならない。 ひとつひとつにこだわっていたら、放送に間に合わなくなってしまう。 しかし、マコさん曰く 「一久さんらしさはそのままでいて欲しい」 なつと暮らす一久さんはカドが取れて、すっかり物わかりが良くなったように映ったから。 手塚治虫が気にいっていて、中村和子さんをとにかくよく使ったようなのだ。 中村さんは現在もご存命なので、できれば最近のインタビューなども聞ければと思うことしきり。 一久さんの優しさ マコさんの誘いに即答しない一久さん 一久さんはなつと生まれてくる子供のことを考えると、自分が仕事をして家庭を開けることをよしとしなかったのだ。 とにかく今もそうだが、生まれたすぐの赤ちゃんを預かってくれるような保育所は聞いたことがない。 やはり、1年ぐらい経たなければ、保育所としても受け入れにくいのが実情。 そして今日のドラマの中で明らかにされたこと。 一久さんは茜ちゃんのところに時々やってきて、子育てについてのレクチャーを受けているとの事。 その事実を知ってしみじみ喜びをかみしめるなつ。 生まれてくる子供のことを考えると、やはり誰かが世話をしてあげないといけないわけで、夫婦2人が働いてしまえばどうしても問題が。 今のように産休制度がしっかりしていなかった時代。 夫婦が共稼ぎで仕事をする事は本当に大変だったようだ。 今でも、結婚をして子供ができてさらに働くとなると同様の苦労を強いられる。 制度があったとしても、利用できるかどうかは民間会社では、難しいかも。 普通で言えば、1年以上現場から遠ざかることになると思うので、会社としても二つ返事で穴埋めができるわけではないだろう。 マコさんの新しいプロダクションでは、子育てするお母さんにとっても働きやすい仕事場を提供するとの話だった。 マコさんにしてみれば、一久さんもなつも 2人揃って引き抜きたかったのだ。 それだけこの2人の実力と情熱を評価していた。 下山さんも参加しているマコプロダクション 始まったばかりマコプロダクション この物置のような場所が、新しく始まるマコプロダクション。 まだ作画の作業には入っていないが、どうやら具体的なプランも決まっているようで、何よりも下山さんが既に参加を決めている。 茜ちゃんは子育て中なので、旦那さんがこちらで働く格好に。 どうしてもアニメをやりたい一久さん。 この作業場を見るにつけ、1年後の約束で就職を決めるのだ。 やはり最初の1年は、どうしても子育てが大変なので自分が生まれてくる子供の世話をするとの決意で。 なつとの会話の中で、それぞれが協力しあって子育てとお互いの仕事をやっていくことが改めて確認されたのだ。 なつぞらでは実際のモデルがあちこちに存在するので、一体どれなんだろうと思いを巡らせつつ、毎朝見るのがルーティーン。 しかし、オリジナルのドラマなので、そこは脚色されたり、新たに付け加えられたり削除されたりすることも多いと言える。 まとめ マコさんの名刺と新しい企画書 モデルとなった中村和子さんが会社を立ち上げた事実は無いのだが、このマコプロダクションにモデルがあるはずとの意見は多い。 いろいろ調べてみたが、どうやら1965年立ち上げのAプロダクションではないかとの事。 ここはその後シンエイプロダクションに名前を変えて現在も続いている。 実際のモデルもそのような流れで来ているので、そこはその通りに踏襲しているような気がする。 後は、1年後に一久さんが参加するのでは、やはり遅さを感じるので、物語はもう少し端折っていくはず。 茜ちゃんが助け船を出して、子育てを応援してくれると、ネタバレではなっていたが、明日以降の物語でどのように語られるのだろう。 kuwa3972.

次の