ひとつ づつ と ひとつ ずつ。 「ずつ」「づつ」正しいのはどっち?文部科学省推奨内容も解説

「ずつ」と「づつ」の違いと正しい使い分け方を一瞬に区別!

ひとつ づつ と ひとつ ずつ

「ずつ」とは 「ずつ」とは「同じ量を割り当てること」という意味 「ずつ」の意味は「ある数量を均等に割り当てること」です。 文法的には副助詞になり、必ず分量を表す語の後に付けて使います。 例文: 「一本ずつ鉛筆を配る」 「半分ずつに分ける」 「1チーム10人ずつに分ける」 「ずつ」は「ある事柄を繰り返す」という意味 また「ずつ」には「ある事柄を同じ分量だけ繰り返して行う」という意味もあります。 例文は次のようになります。 「本を1ページずつめくる」 「少しずつ読み進める」 「全員が一度に選ぶことはできない。 ひとりずつ選ぶことにしよう」 「ずつ」を漢字でどう書くの? 「ずつ」は漢字で「宛」 「ずつ」は漢字で「宛」と書きます。 「宛」という漢字は、たとえば手紙の受取人の氏名を指す「宛名」(あてな)に使われますが、この「宛名」の意味を詳細に言うと「ある特定の名前に割り当てること」です。 「ずつ」に「宛」という字があてられる場合も、同じ意味になります。 「宛」の使い方と例文 「ずつ」はひらがなで「ずつ」としたほうが一般的ですが、法的書類などには漢字の「宛」(ずつ)が使われています。 例えば、契約書類、合意書などが一例です。 また金融関係の書類にも「ずつ」に「宛」をあてているのがよく見られます。 例えば「ひとり100円ずつ」という意味なら「100 yen each」のように使います。 「少しずつ」何かをしたり、「少しずつ」何かの量を増やしたり減らしたりするときなどに使えます。 「緩やかに」• 「徐々に」 「ひとりずつ」の類語は「各人」や「順番に」 「一人ずつ順番に」という意味で使われる「ひとりずつ」には、次のような類語があります。 「一人ずつ」• 「一人一人」(ひとりひとり)• 「各人」(かくじん)• 「順番に」 例文: 「一人ずつ飴を配る」 「一人一人に名前を聞いた」 「帰路は各人の責任でそれぞれ帰ってほしい」 「順番に用紙を配っていった」 「ずつ」と「づつ」の違いと使い分け 内閣告知によれば「ずつ」と「づつ」のどちらも正しい 「ひとつずつ」なのか「ひとつづつ」なのかと迷ってしまう「ずつ」と「づつ」の使い分けですが、昭和61年の内閣告知によればどちらも正しいということになっています。 「ず」を使うことが本則だが「づ」を使うこともできるという主旨のもので、「ずつ」と「づつ」の両方を使えると定義しています。 小学校やNHKでは「ずつ」を使う しかし小学校では「ずつ」を使うように指導していますし、NHKでも「ずつ」が使われていて、「づつ」は使われていません。 つまり内閣告知による「本則では「ず」である」という点が重視されています。 迷った時は「ずつ」を使おう このように見てくるとわかってくることは、「づつ」でも間違いではないものの、「ずつ」を使った方が無難だということです。 また一つの文面では「ずつ」を使い始めたら、最後まで「ずつ」だけを使うように統一するのがいいでしょう。 数少ない現代まで生き残った歴史的仮名遣い「づつ」 ではなぜ「ずつ」を使うことが本則だとしつつも、「づつ」も使えるという曖昧な定義づけなのかというと、歴史的仮名遣いだった「づつ」が現代でも定着しているからです。 昭和21年に、歴史的仮名遣いである「づつ」は現代仮名遣いとして「ずつ」に変更することになりました。 ところで歴史的仮名遣いとは「蝶」のことを「てふてふ」と書くなど、現代仮名遣い以前の表記法です。 「てふてふ」のように歴史的仮名遣いは使われなくなったはずなのですが、「づつ」は現代になっても使われていて、国もそれを認めたというのが昭和61年の内閣告知の見解です。 「づつ」を誤りとしないといった国の見解は、それほどに「づつ」という表現を違和感なく私たちが使っていたという証でしょう。 まとめ 「ずつ」とはある同じ量を割り当てたり、同じことを繰り返すときに使われる副助詞です。 直接、名詞や代名詞の後に続けます。 「づつ」と表記するのも間違いでないのですが、現代語仮名遣いは「ずつ」なので「ずつ」を使った方が無難です。

次の

「少しずつ」と「少しづつ」ではどちらの書き方が正解で誤りか ~「ずつ」と「づつ」の違い

ひとつ づつ と ひとつ ずつ

「づつ」は歴史的仮名遣いで、現代でも使うことが許容されています。 一方、「ずつ」は現代仮名遣いで、一般的には正しいのはこちらだとされています。 「づつ」と「ずつ」 「づつ」と「ずつ」の違いを解説するためにはその歴史的背景を見ていく必要があります。 まず、そもそも づつはすごい昔から使われていました。 いわゆる歴史的仮名遣いです。 ちなみに、づつの語源には2つの説があります。 まず1つめは「一つ」、「二つ」、「三つ」の「つ」が重なって「つつ」となり、これが変化して「づつ」になったという説です。 そして、2つめは「筒」という漢字がもとになっているという説ですが、なぜこの漢字が数を表す表現になったのかはよくわかっていません。 さて、そんな語源を持つ「づつ」は長い間正式な使い方でしたが、その状況は戦後の昭和21年に大きく変わります。 この年、 「現代かなづかい」が制定され、それと同時に歴史的仮名遣いは間違ったものであるとされてしまったのです。 つまり、この時、「づつ」は誤った表現だとされてしまいました。 一方、新しく現代仮名遣いとして登場した「ずつ」は正しい表現として生まれました。 では、「づつ」は誤りなのかと言われると、それは違います。 誤りとされてきた「づつ」は、昭和61年に制定された「現代仮名遣い」で許容されるようになったのです。 これには、歴史的仮名遣いを否定してしまうと、高齢者が使う表現や、文化的価値が高い文章などに対して、「これは間違いだ」というゆがんだ認識が生まれていしまうからです。 これと同時に「現代かなづかい」も無効になったので、「づつ」は復権を果たします。 しかし、 「現代仮名遣い」で「ずつ」は本則とされました。 本則とは、教科書、公文書、新聞などで用いることができる表現のことです。 つまり、 教科書などでは「ずつ」は使うことができますが、「づつ」を使うことはできないのです。 例えば、学校のテストなどで「づつ」と書いてしまうとバツをつけられてしまいます。 しかし、手紙など、私的な場面では「づつ」でもいい、ということになっています。 ちなみに、「づつ」に限らず 「づ」というひらがなは基本的には歴史的仮名遣いでしか用いられませんが、それには2つほど例外が存在します。 まず1つめは同じ音が続くときです。 例えば、「つづく」は「つ」が重なっているので、「づ」を使うのが正解です。 逆に、この場合「ず」を用いてはいけません。 次に、2つめはもとの単語が「つ」である時です。 例えば、「手作り」という言葉をひらがなで表記する場合には「てづくり」となります。 「作る」の読み方は「つくり」ですからね。 このような場合には「ず」ではなく「づ」が正解です。

次の

「ずつ」と「づつ」の違いと正しい使い分け方を一瞬に区別!

ひとつ づつ と ひとつ ずつ

「ずつ」「づつ」の違い 基本的には「ずつ」を使う 「ずつ」「づつ」書き方が違うだけで、音や意味は同じ言葉です。 状況や対象となるものなどによって使い分けるのかと考えがちですが、実は「ずつ」が基本的な仮名遣いとされています。 対象となっているものや状況によって「ずつ」「づつ」と使い分ける必要はありません。 「1人ずつ」「少しずつ」などそれぞれが均等であることはすべて「ずつ」で表します。 辞書では「宛(ずつ)」と記載 国語辞典や広辞苑などでは「ずつ」と引くと「宛」が出てきます。 これは「ずつ」の漢字表記が「宛」であるためです。 「1人宛」は「1人ずつ」と読みます。 多くの国語辞典などでは「づつ」については記載がなく、「ずつ」を「宛」の意味で使う場合の読みとしては「ずつ」しか記載されていません。 文部科学省(文化庁)発表の現代仮名遣いに関する内閣告知でも「ずつ」 言葉の使い方を司る内閣告知を見ても「ずつ」が推奨されています。 この部分から「づ」よりも「ず」、「ぢ」よりも「じ」を主に使うことを推奨されていることがわかります。 NHKも「ずつ」を使用 内閣訓令に沿った言葉使いをすることで知られているNHKでも「ずつ」が使われています。 ニュース番組のテロップや文字放送などでは「ずつ」が多く使われてるため、「づつ」よりも「ずつ」と表記されている方が読みやすく、理解がしやすいという方も多いようです。 「ずつ」「づつ」の意味と使い分け 「1つずつ」「1個ずつ」は均等を表す 「3人ずつ」「5つずつ」など「ずつ(づつ)」は「同じ数量のものを均等に振り分ける」という意味を持っています。 日常生活でも使われることが多く、ほとんどの人がこれまでに何度も使って来た言葉でしょう。 「ずつ(づつ)」に他の意味はなく、均等を表す場合以外で使われることはありません。 そのため「みんなに3個ずつ」などというだけで状況と照らし合わせ「配るのだな」「渡すのだな」と後に続く言葉を予測することができます。 「づつ」は自分の基準で使える 「ずつ」と「づつ」は内閣訓令や辞書などで、主に「ずつ」とされてはいます。 しかし、だからと言って「づつ」を使ってはいけないということではありません。 個人の好みや思い入れによっては「づつ」と書くこともあるでしょう。 私的な文章や、仲間内でのやり取りなどであれば「づつ」を使っても意味は通じますし、特に失礼になることもありません。 ただし、公的な書類やビジネス上での書面などでは「ずつ」を使った方が無難です。 読む人が読みやすく、違和感を持たない文章を書く上では「ずつ」の方が良いと言われています。 「ず」と「づ」の使い分けポイント 連続する音はそのまま濁点を付ける 「ず」と「づ」を含む言葉は「ずつ」「づつ」以外にもたくさんあります。 内閣訓令では「づ」よりも「ず」を主に使うとされていますが、例外もあります。 たとえば「続く」などは「つずく」ではなく「つづく」です。 これは「前と同じ音が連続する場合はそのまま濁点を付ける」と内閣訓令の例外として定められているためです。 他にも「縮む」は「ちぢむ」、「綴る」は「つづる」と書きます。 2つの言葉が繋がって濁る場合は元の音に濁点 「近々」「小遣い」など、2つ以上の言葉が繋がって一つの言葉になっているものがあります。 この場合は「元々の言葉に濁点を付ける」とされています。 「近々」は元の言葉が「近い」で、「近い」が2つ繋がってできているので「ちかぢか」です。 「小遣い」は「小さな(些細な)遣い」なので「つかい」に濁点で「こづかい」となります。 「ず」か「つ」かに迷った場合は、その言葉の原型を意識してみると判断しやすくなります。 単語は基本的に「ず」を使う 「稲妻」や「融通」など、漢字を分けようと思えば分けることができる言葉はありますが、言葉を分けると意味が全く異なる言葉は「ず」を使います。 「稲妻」は「稲」と「妻」に分けることはできますが、それでは「稲妻」という意味からは遠くなります。 そのため「いなずま」です。 「融通」も同様で「融」と「通」が一つの言葉になって初めて「融通」という言葉の意味となるので「ゆうずう」が正しい書き方です。 まとめ 「ずつ」と「づつ」は読み方も意味も同じで、いざ文字にしようとすると迷ってしまうものです。 基本的には「ずつ」と書き、自分にとって何か「づ」を使う意味があり、公的な書面ではないときにだけ「づつ」を使うと考えておくと良いかもしれません。 しかし「ず」と「づ」はどちらでも良さそうで、いざ文字にすると違和感があることもあります。 書面などに書くときはその点も考慮しておきましょう。

次の