オリバー ハザード ペリー 級。 ECナビ

オリバー・ハザード・ペリー

オリバー ハザード ペリー 級

艦歴 発注: 起工: 進水: 就役: 退役: 除籍: その後: にスクラップとして売却 要目 排水量 基準:3,159 満載:4,057t 全長 445 ft 136 m 全幅 45. 4 ft 13. 8 m 吃水 22 ft 6. の23番艦。 艦名は第8代を務めたに因む。 艦歴 [ ] スタークは1978年1月23日にの一部としてのに建造発注され、1979年8月24日に起工する。 1980年5月30日に進水し、1982年10月23日に就役した。 ミサイル攻撃 [ ] スタークは中の1984年と1987年に中東へ展開した。 この2度目の展開において、1987年5月17日、のが発射した2発のの直撃を受けた。 イラク軍は当時タンカーに対する攻撃を行っていたが、ミラージュのパイロットはスタークをタンカーと誤認して攻撃したものとされている。 この事件はペリー級の抗堪性の高さを証明したと同時にシステムの弱さを露呈した事件でもあった。 攻撃までの時系列 [ ]• 20:00 - ミラージュはシャイバを出撃してを南下した。 これはペルシャ湾上空を哨戒中であったの(AWACS)により確認されていた。 20:43 - 僚艦より、ミラージュがスタークの西北西117海里(217 km)にいる旨、であったに報告された。 20:58 - スターク自身のレーダーも、艦の西南西68海里(126 km)にミラージュを捕捉した。 21:00 - クーンツより、ミラージュが東に変針したと報告された。 21:03 - クーンツより、ミラージュがスタークに向かっていると報告された。 ラ・サールはスタークに対して、同機を監視しているか照会し、スタークは肯定した。 21:06 - スタークの V 2 ESM装置により、ミラージュのレーダーが捜索モードで動作している際のレーダー信号が探知された。 21:09 - AWACSは、スタークがミラージュに対して無線の音声チャンネルで警告を発しているのを傍受したが、同機からの応答はなかった。 ほぼ同時に、左舷見張り員がミサイルの接近を報告、艦内は総員戦闘配置に移行した。 21:10 - スタークの射撃指揮レーダーがミラージュを捕捉した。 21:12 - ミサイル被弾。 被弾後 [ ] 船体の破孔と損傷した上構。 21時12分、艦橋張出しの真下、左舷吃水線上8フィートに1発目のAM39が入射角35度で命中した。 ミサイルは消防主管を破壊しつつスタークの第2甲板上の各区画を貫通、先任海曹室の角で止まった。 弾頭は爆発しなかったが、ロケットの残燃料120ポンド(54 kg)は摂氏2,000度に達する高温で燃焼しており、先任海曹室を中心に火災が発生した。 その20秒後、2発目のAM39が入射角30〜35度で、初弾の8フィート(2. 4 m)前方に命中、艦内5フィート(1. 5 m)まで突入したところで弾頭が起爆した。 これによりスタークは兵員居住区を中心に半径10 mの区域が壊滅し、さらに火災が発生した。 スタークは第2弾を被弾した時点で、既に第1弾の被弾に伴うのために当該区画に向かっていた乗員がいた事もあり、スタークの死傷者は兵員の5分の1にも上った。 また被弾箇所が艦橋構造物直下だったために、火炎は(CIC)まで昇っていった。 第1弾が消防主管系を破壊していたこともあり、ダメージコントロールは困難を極めた。 しかし平時からの訓練が幸いし、パニックになるものはいなかった。 第2弾の爆発で垂直防火隔壁が損傷していたため、その前方のミサイル弾庫にも煙が達しており、誘爆・轟沈が憂慮されたが、慎重な注水作業によって、この最悪の事態は免れた。 またこれら消火活動に伴う散水と、第1弾に破壊された消防主管系からの漏水によって船体は左舷に16度も傾斜したため、隔壁に破孔をあけて水没区画からの排水を行った。 午前1時15分には、応急班が装用する酸素吸入装置()のキャニスターが底をついてしまったが、これは20分後、旗艦ラサールより空輸補給された。 最終的に、5月18日17時に火災は鎮火した。 第1弾の被弾から20時間後であった。 この攻撃によって37名の兵士が死亡し、21名が負傷した。 事後検証 [ ] この働きは英雄的な活躍と賞賛され、アメリカ海軍の練度の高さを知らしめた。 しかし同時にアメリカ海軍の弱点も露呈した。 スタークは事件の4時間前には僚艦のからペルシャ湾の哨戒任務を引き継いでおり、決して戦闘が不可能な状態ではなかった。 また上記の通り、ミラージュF1はAWACSやクーンツ、さらにはスターク自身のレーダーでも捕捉しており、のにもその旨が報告されていた。 にもかかわらず、によるハードキルも、によるソフトキルも試みないままに、スタークは被弾した。 これは当時、アメリカはイラクを支援しており、イラク軍からの攻撃は想定していなかったのが原因であった。 このため、アメリカ海軍は就役済及び建造中であったオリバー・ハザード・ペリー級各艦に、波浪による電波の乱反射(シークラッター)への対策をはじめとする改修をおこなうことになる。 アメリカとは当時交戦状態になかったため、イラク機への攻撃は認められなかった。 イラク政府関係者によれば、スタークを攻撃したパイロットは処罰されなかった。 アメリカ政府関係者はパイロットが処刑されたものと考えていたが、のの著書『 The Great War For Civilisation』によると、イラク空軍指揮官がパイロットはまだ生きていると語ったという。 スタークはに到着した後、 ()(USS Acadia, AD-42)による応急修理を受け、その後自力で母港のに帰還した。 その後、のにおいて1億4,200万ドルを費やした修理が行われ、1988年9月に艦隊に復帰した。 この事故は(USS Iowa, BB-61)の砲塔爆発事故が発生するまで、アメリカ海軍における最も致命的な平時災害とされた。 この事件を受けアメリカ海軍はペルシャ湾におけるROE()を、必要に応じて先制攻撃も可能なよう改訂したが、この改訂は翌年のによるの原因の一つとなった。 1990年代 [ ] スタークは1990年に大西洋艦隊の一部として活動し、1991年には中東軍に配属された。 1993年にはUNITASに加わり、1994年にはオペレーション・サポート・デモクラシーおよびオペレーション・エイブル・ヴァージルに参加した。 1995年には再び中東軍に戻り、その後1997年に再び大西洋艦隊に配属された。 スタークは1999年5月7日に退役し、の予備役艦艇保管施設で保管された後、2005年10月7日にフィラデルフィアのメトロ・マシン社にスクラップとして売却された。 関連書籍 [ ]• ペリー級の抗堪性」『』第526号、、1997年7月、 82-85頁、 1105603071002。 Levinson, Jeffrey L. and Randy L. Edwards 1997. Missile Inbound. Annapolis: Naval Institute Press. Wise, Harold Lee 2007. Inside the Danger Zone: The U. Military in the Persian Gulf 1987-88. USA: Naval Institute Press 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 Host page for PDF version of report:• page on the USS Stark•

次の

オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート : definition of オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート and synonyms of オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート (Japanese)

オリバー ハザード ペリー 級

ヴェルニー公園から見ることのできる潜水艦です。 アメリカ海軍第七艦隊に所属するミサイルフリゲート艦です。 第七艦隊はハワイのホノルルに司令部を置く太平洋艦隊の指揮下にあり、ブルーリッジを旗艦としています。 通常型空母キティーホークも所属しています。 おそらくは、オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート艦のゲアリーだと思います。 『51』番と書かれてあるので・・・ コスト削減を目的として建造された船です。 小型で対潜ヘリや対空ミサイルを搭載可能なことなどから、多くの国でライセンス生産されています。 1977年に建造された艦船なので、現在では旧式艦になっています。 代わって、イージス艦がその任務に当たるようになりつつあります。 写真撮影:2006年07月25日 ミサイルフリゲート艦ゲイリー 京急汐入駅下車 徒歩5分 ミサイルフリゲート艦ゲイリー 今更ですが、正式な艦名が判明しました。 やっぱり「ゲアリー」で正解でした。 艦尾に「GARY」と書かれていました。 オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート艦です。 1年前に見たときと、艦の向きが変わっていますねー。 いつの間に!! 上部構造物は従来までの艦船のように艦橋や煙突などがそれぞれ独立しておらず、艦橋から煙突、後部ヘリ甲板まで艦の前後にわたって平坦に続いています。 艦首は甲板が波をかぶらないよう長く前に伸び、さらに波よけのブルワークも装備されています。 推進はスプルーアンス級と同じLM2500ガスタービンエンジンを使用しています。 スプルーアンス級がLM2500を4基搭載し2軸推進を行うのに対し、ペリー級では2基1軸で使用されています。 写真撮影:2007年05月21日 ミサイルフリゲート艦ゲイリー 京急汐入駅下車 徒歩5分 ミサイルフリゲート艦ゲイリー ペリー級が装備するミサイルは艦隊防空ミサイルのスタンダードミサイル(SM-1)と艦対艦ミサイルであるハープーンの2種類です。 どちらも艦前部に装備されているMk 13Mod4から発射されます。 Mk 13の装弾数は40発、最大約8秒おきの発射が可能で、通常スタンダードミサイル36発、ハープーン4発が装備されています。 対潜ロケットのアスロックは装備せず、対潜攻撃は搭載する2機の対潜ヘリコプターと3連装魚雷発射管からの対潜短魚雷によって行います。 主砲はOTOメララ社製の76mm単装砲をアメリカでライセンス生産したMk 75を装備しています。 通常艦砲は射界を広くとるため艦首か艦尾に装備されますが、スペース上の問題から船体の中央部・艦上構造物の上に装備しています。 写真撮影:2007年05月21日 ミサイルフリゲート艦ゲイリー 京急汐入駅下車 徒歩5分 ミサイルフリゲート艦ゲイリー ペリー級は2機の対潜ヘリを搭載しています。 初期型ではLAMPS SH-2Fを搭載していましたが、後にSH-2Fよりやや大型のLAMPS III SH-60Bが採用されたため、27番艦のFFG-36以降ではそれにあわせヘリ甲板の拡張とヘリコプター運用支援設備 RAST の装備がなされました。 27番艦以前の一部の艦も改修が行われている。 甲板の拡張が行われた型でも水線長は変わっていないためSH-60Bを装備する艦は艦尾が大きくオーバーハングしています。 写真撮影:2007年05月21日 ミサイルフリゲート艦ゲイリー 京急汐入駅下車 徒歩5分 ミサイルフリゲート艦ゲイリー 艦尾に「GARY」と書かれています。 「ゲアリー」と読むべきか、「ゲイリー」と読むべきか、新聞や書籍によってまちまちです。 艦名はドナルド・A・ゲイリー中佐(1901年〜1977年)から。 この名前持つ艦艇としては3隻目になります。 ゲイリーはカリフォルニア州サンペドロのトッド・パシフィック造船所で1982年12月18日に起工しました。 1983年11月19日に進水し、1984年11月17日に就役しました。 2007年1月、横須賀を母港として、第15駆逐戦隊に所属しています。 ですが、2007年度内にゲイリーはマクキャンベルと交代して母港をサンディエゴへ変更する予定になっています。 排水量 4,100t 全長 453ft 138. 1m 全幅 45ft 13. 7m 吃水 22ft 6.

次の

ボロロン速報 : 台湾、2015年に2隻のオリバー・ハザード・ペリー級フリゲートを配備へ…米国から購入 2ch「オリバーくんか懐かしいな」「もしかしてターターが復活するのか?」

オリバー ハザード ペリー 級

インディペンデンス級沿海域戦闘艦 基本情報 艦種 LCS 運用者 就役期間 - 現在 前級 (LCS) 次級 要目 2,307 3,104トン 127. 4 m 最大幅 31. 7 m 4. 3 m 機関方式 方式 主機• ES-3601電波探知装置• アメリカ海軍の関連団体である()では 、ではとして種別している。 によって損傷した「」。 沿海域戦闘艦のコンセプトは、1998年、当時()の校長であった提督が提唱した ストリート・ファイター・コンセプトに由来する。 これは、同提督が提唱し、アメリカ海軍の新たな指導原理として採用された の概念に基づき、アメリカ海軍が採るべき方針について洞察するなかで見出されたもので、従来の ハイ-ロー-ミックスの概念に起源を有しつつも、これを根本から覆している、きわめて大胆なコンセプトであった。 とに見られるような従来のハイ-ロー-ミックス・コンセプトにおいては、高戦闘力・高コストのユニットが前線に配置され、低戦闘力・低コストのユニットは後方など脅威レベルの低い区域に配置される。 これに対し、ストリート・ファイター・コンセプトで建造される艦は、低コストではあるが、NCWを活用して強力な戦闘力の発揮を導き、かつ、その名のとおりに沿海域の前線で攻撃的に活用されるのである。 当時、アメリカ海軍は既に、新世代の水上戦闘艦のあるべき姿としてSC-21コンセプトを採択し、これに基づいて級のCG-21、級の DD-21の整備計画を策定中であったが、SC-21計画は2001年に突如中止され、ストリート・ファイター・コンセプトを導入しての再計画が行なわれた。 これは、下記の2点について、従来のSC-21計画には重大な問題が内包されていることが判明したことによるものである。 多様化する任務に単一の設計で対処するには限界がある(当該任務に不要な兵器群を全て船に携行すると費用も整備要員も膨張する。 CG-21とDD-21は同一の設計に基づくこととなっていたが、計画開始後に次々と追加される任務に対応するため、先行して計画されたDD-21は既に巡洋艦級と評されるまでに肥大化しており、なおも装備不足が指摘されており、その一方で肥大化によって沿海域での戦闘には不適となりつつあった。 2000年に発生したで確認されたとおり、 沿海域戦闘においては、安価な武器でも、高価格・高性能な艦に近寄り、大きな損害を与えうる Cheap Killの危険性。 従って、少数の高価格・高性能な艦に頼り、これを不用意に前線に展開することは極めて危険である。 自爆ボートなどの民間擬装船は、優れたレーダーを持つ大型艦にも接近攻撃が可能で(魚雷艇の魚雷に対するジャミングもリアクションタイムが必要な事もあり)、回避力に優れた高速小型艦を量産して前方展開することが望ましい。 また終結後より、は(MOOTW)のニーズ増大に直面していた。 では、密輸阻止を目的としたが行われていたが、だけでは戦力が不足しており、アメリカ海軍も支援にあたっていた。 海軍は、主として、、を充当していたが、スプルーアンス級およびアーレイ・バーク級では重厚長大に過ぎ、一方で小型のオリバー・ハザード・ペリー級では、密輸業者が使用するを追蹤するには速力不足であった。 また、スプルーアンス級は2000年頃、オリバー・ハザード・ペリー級も2010年頃の退役が見込まれていたことから、代替艦の建造が必要になっていた。 このことから、SC-21計画中止後の再編成において、『』、『』との組み合わせのもと、MOOTW任務に適合する新型水上艦として、ストリート・ファイター・コンセプトをより具体化して計画されたのが、沿海域戦闘艦LCSである。 設計 [ ] 没水部船体の様相 本級は、LCS計画に対して(GD)社が提出した設計にもとづいており、特徴的な(トリマラン)型を採用している。 これは、GD社と米海軍研究所(ONR)の研究や、の国防評価研究庁()の実験船「」の運用実績を踏まえた決定であった。 社が社向けに建造したを参考に、防水区画数の増加や溶接技術の管理などとして設計されている。 船質としてはを採用したが 、このためもあり、就役後には深刻な電解の問題が発生した。 主機関は方式を採用しており、巡航機としての 20V8000 M90、加速機としてをそれぞれ2基ずつ搭載する。 それぞれのエンジンに社製の器を1基ずつ備えることから、4軸推進艦となっている。 なお、三胴船型の採用によって、排水量のわりに船幅を広げることができたため、甲板面積の拡大に益した一方で、旋回性能の低下が懸念されたことから、これを補うために船首には隠顕式の1基を搭載している。 2016年8月には、ハワイ出港後の「コロナド」で軸系に問題が生じ、帰港するというトラブルが報告された。 なお、対抗馬にあたるでも、アメリカ海軍で採用実績がない社製のを採用したこともあって機関部のトラブルが散発しており、信頼性に疑義が呈されたことがあった。 「」搭載のMk. 110 57ミリ単装速射砲 アメリカ軍の新しい戦闘指導原理であるコンセプトに準拠して開発された本艦にとって、最重要の装備といえるのがC4ISRシステムである。 としては新開発のICMS( Integrated Combat Management System)が搭載された。 これはの社のを元にした派生型である。 主センサーとしては、比較的簡素な が搭載されている。 としては、船首甲板にユナイテッド・ディフェンス社のを装備する。 砲射撃指揮装置(GFCS)としては、電子光学式のシースター社製サファイアIIIを用いている。 また・システムとして、後部上部構造物上にの11連装発射機であるSeaRAMを搭載する。 ミッション・パッケージ [ ] 詳細は「」を参照 沿海域戦闘艦のコンセプトにもとづき、本級は装備のモジュール化を進めている。 ミッション・パッケージはフリーダム級と共用化されており、これを収容するスペースとして、第2甲板の後半部がミッション・ベイとされており、面積は実に15,200 1,410 に及ぶ。 この広大なスペースは車両甲板としても活用でき、右舷側のサイドランプを用いて機能を発揮することもできる。 また艦尾側にも門扉があり、を迅速に発進・回収可能な、オフボード・ランチ・アンド・リカバリー・システムが設置されているが、これは、対用の無人艇にも対応している。 ミッション・パッケージは、代表的なものとして下記のようなものがある。 対機雷戦(MCM) 30フィートまでの浅深度のに対してはMH-60S搭載のALMDS機雷探知機およびAMNS機雷処分具、30フィート以深の機雷に対してはを用いた遠隔機雷捜索システム(RMS)を用いる構成とされている。 対水上戦(SuW) 艦固有の57ミリ単装速射砲に加えて、2基と(SSM)、MH-60Rから構成される。 としては、当初はの一環としてが開発していたを採用する予定であったが、FCS計画自体の中止に伴って、2010年にNLOS-LSの開発も中止されてしまったことから、海軍は、暫定策として対地・対舟艇ミサイルを搭載して、2019年までにより長射程のミサイルによって更新する計画としている。 2014年7月後半には、2番艦「」の飛行甲板の片隅にの発射筒を仮設して、搭載試験が行われた。 また2016年のでは、同艦の艦首甲板に2連装発射筒2基を仮設して、実射試験が行われた。 「コロナド」飛行甲板の発射筒から発射されたNSM (ASW) 当初は、遠隔機雷捜索システム(RMS)のROV(RMMS)が対潜捜索用ソナーを兼用する計画であったが、この場合、対潜戦の際に母艦の速力・運動性が大幅に制限されることから断念され、タレス社のをセンサーとして、発見した敵に対してMH-60Rを指向する方式とされている。 同型艦 [ ] 全艦、ジェネラル・ダイナミクス社製。 艦名 起工 進水 就役 母港 LCS-2 2006年 1月19日 2008年 4月26日 2010年 1月16日 LCS-4 2009年 12月17日 2012年 1月14日 2014年 4月5日 LCS-6 2011年 8月1日 2013年 12月14日 2015年 12月5日 LCS-8 2013年 6月25日 2014年 8月6日 2016年 9月10日 LCS-10 2014年 4月16日 2015年 2月25日 2017年 6月10日 LCS-12 2015年 2月18日 2015年 11月20日 2018年 2月3日 LCS-14 2015年 6月29日 2016年 5月12日 2018年 5月26日 LCS-16 2016年 1月11日 2017年 3月16日 2019年 2月16日 LCS-18 2016年 6月28日 2017年 9月14日 2019年 3月2日 LCS-20 2017年 4月10日 2018年 5月22日 2019年 10月5日 LCS-22 2017年 11月15日 2018年 10月19日 2020年 6月20日 LCS-24 2018年 7月20日 2019年 7月21日 LCS-26 2018年 12月14日 2020年 1月11日 LCS-28 2019年 9月20日 LCS-30 2020年 3月10日 LCS-32 LCS-34 LCS-36 LCS-38 登場作品 [ ] 映画 [ ] 『』 多数の同型艦が登場。 などと共に、上を移動するを追跡する。 『』 ペッパー・ファミリーの一員として2隻登場。 内1隻の名前は「トニー・トライフル」だが、もう1隻は不明。 『』 ブルーマーメイドの作戦艦艇として「べんてん」が登場。 学生艦隊と協力し、海賊に奪われた洋上プラントの奪還作戦を行う。 アニメ [ ] 『』 ブルーマーメイドの主力艦として架空の派生型である「改インディペンデンス型」が登場。 凌波性と航続距離が強化されており、作中では、「さるしま」「べんてん」「てんじん」などが登場している。 『』 第1話では作中の冒頭に流れる紹介PVに、第26話では作中後半に登場する。 『』 第2期最終話に登場。 ヨナがココのを離脱し、キャスパーの下に身を寄せた際に乗艦する。 ゲーム [ ] 『』 キャンペーン「Suez」の終盤に何故かの軍艦として登場。 チャン将軍が乗艦しており、主人公が所属するトゥームストーン部隊の母艦であるに対して、主砲による攻撃を敢行する。 脚注 [ ] []• 857-859. 932. Sam LaGrone 2016年8月30日. 2016年9月24日閲覧。 川村庸也「どうなる!? 米沿海域戦闘艦建造計画」『世界の艦船』第737号、海人社、2011年2月、 108-111頁、。 2011年. 2016年6月19日閲覧。 Sam LaGrone 2014年9月24日. 2016年5月13日閲覧。 Christopher P. Cavas 2016年7月21日. 2016年7月28日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の