飛騨 からくり 屋敷 殺人 事件。 飛騨高山からくり人形殺人事件 / 和久 峻三【著】

金田一少年の事件簿 飛騨からくり屋敷殺人事件

飛騨 からくり 屋敷 殺人 事件

久々にサスペンス物でも読んでみるか・・・と思い手に取った一冊は、和久峻三「赤かぶ検事シリーズ」のひとつ。 赤かぶ検事(柊茂)といえば高山だと思っていたけど、転勤を繰り返して最近は京都にいるらしい。 この「飛騨高山からくり人形殺人事件」は、松本勤務時代の話だ。 1995年作品だけあって「松本から高山まで、中央道を経由すれば、四時間もあれば充分だ。 」という記述に時代を感じる(当時は安房トンネル未開通)が、後はそれほど気にならない。 まずは苦笑もののタイトル。 飛騨高山といえば高山祭、高山祭といえばからくり人形。 そんな図式が浮かび上がってくる。 そういえば「金田一少年の事件簿」にも「飛騨からくり屋敷殺人事件」というのがあった。 飛騨といえばからくりですか、そうですか。 内容に関しては、タイトルと帯に書かれた「美しい人形から飛び出す殺人針!」という文章だけで想像できるだろう。 その後次々と殺人事件が起きるが、死体発見場所は宇津江四十八滝、瀬戸川、中橋となかなか派手だ。 地方ニュースどころか、全国ニュースのトップで扱われそうである。 当時の柊検事は松本在住という設定なためか、捜査の進捗状況を電話で聞いているだけというシーンがやたらと多い。 つまり赤かぶ検事は、ほとんど何もしていないのだ。 報告を聞いて感想を述べるだけ。 赤かぶ検事といえば法廷ミステリーだと思っていたが、今作は何と言えばいいやら。 安楽椅子系か。 耳慣れた地名が次々に出てくるので親近感はあるけど、作品としてはあんまり面白くなかった。 ごくたまにしか日本のミステリー小説は読まないのだけど、その度に軽いがっかり感がある。 一体俺はミステリー小説に何を求めているんだろう。 トリックの推理ではなく、動機の推理に重点が置かれている所が物足りないのかもしれない。

次の

飛騨からくり屋敷殺人事件

飛騨 からくり 屋敷 殺人 事件

この節のが望まれています。 映画 [ ] 乱れからくり 監督 脚本 製作 出演者 音楽 撮影 編集 配給 公開 上映時間 92分 製作国 言語 ストーリー [ ] 勝敏夫()は学生時代にを目指したが、現在は中退しギャンブルで食い繋いでいた。 そんな折、経済関係の、宇内経済研究会の求人を見つけ、翌日の面接で即採用。 所長の宇内舞子()と二人で早速依頼された仕事をすることに。 依頼主はメーカー鶴寿堂の社長で、ねじ屋敷の主である馬割鉄馬()。 二人は製作部長である朋浩()と鉄馬の妻真棹()の乗る車を尾行するが、その途中で突然の事故により朋浩は死亡。 鉄馬の依頼の背景には、大ヒットするはずの玩具に欠陥がみられ、莫大な負債をかかえ倒産寸前のうえ、朋浩と宗児()が責任をなすりつけあっているという問題があった。 やがて、馬割家の人間が次々と謎の死を遂げていく。 勝はへ調査に向かい、銭五遺品館で鈴木九右衛門という人物の存在を突き止める。 九右衛門は鶴寿堂の初代である馬割作蔵と同一人物で、大野弁吉の数少ない弟子であった。 戻った勝は真棹とねじ屋敷の地下の洞窟を探索中に隠し財産を発見。 そこへ死んだはずの朋浩が地下の洞窟に現れ、勝と真棹を殺そうとするが、揉み合いの末に朋浩は井戸へ転落する。 最初は生き残った真棹が犯人として疑われたが、警察はの隠し財産目当てに、馬割家の人間をからくりによって次々に殺した朋浩と断定。 しかし真の犯人は朋浩ではなかった。 勝は真犯人を知りながら宇内経済研究会を辞し、再びギャンブル三昧の生活へ戻っていった。 出演者 [ ] 主なキャスト [ ] 勝敏夫 - 主人公。 生まれ。 群馬県内の小・中・高校を卒業後、城西大学文学部に進学し、推理作家を目指すも、自分に才能が無いことに気づき中退。 体には少々自信はあるし、好奇心もある方だし、に憧れ、宇内経済研究会を志望。 唯一真犯人を知りながら宇内経済研究会を辞め、銭屋五兵衛の隠し財産であるをちゃっかり盗んでいた。 25歳。 宇内舞子 - 宇内経済研究所長で元刑事。 同僚だった奈良木に"バイコー"と呼ばれていた。 馬割鉄馬 - 鶴寿堂の二代目であり、大正末期にねじ屋敷を建てた馬割蓬堂の息子。 現在は鶴寿堂の社長で、ねじ屋敷の主。 青酸性化合物による中毒死と奈良木は推測するが、実は薬ビンのなかのたった一錠のゼラチンのカプセルを運悪く飲み、死亡。 三人目の犠牲者。 馬割宗児 - 鉄馬の息子。 鶴寿堂の営業部長。 真棹を脅し、無理やり関係を持つが、茶運び人形に仕掛けられた毒針により毒殺される。 二人目の犠牲者。 馬割朋浩 - (特別出演) 鉄馬の甥。 鶴寿堂の製作部長。 いとこである宗児とは仲が悪い。 アメリカの国際玩具見本市に作品を出展するため、空港に向かう途中、車が炎上、爆発。 全身にヤケドを負い、病院で息を引き取るが、亡くなったのは替え玉で、朋浩本人は生きていた。 亡くなった替え玉も、死んでも死にきれず、真棹を絞殺しようとした。 しかし真棹を殺せず、それが事件にとって最大の誤算を生み出したため、洞窟で真棹を殺そうとした。 馬割真棹 - 朋浩の妻。 朋浩を空港まで見送る途中、事故にまきこまれ、無事助け出される。 宗児に脅され、無理やり不倫関係を持たされ、朋浩は妻の不貞をおそらく知っていた、香尾里は朋浩に同情していた、と勝に告白する。 最初犯人として疑われたが、死んだはずの朋浩が再び登場したことから、無実が証明され、飛行機で日本をあとにする。 しかし実は殺しのからくりを仕掛けた事件の真犯人。 馬割香尾里 - 宗児の妹。 銃弾が仕込まれたを覗き、弾丸が右目を直撃し、死亡。 死ぬ前に"枯れ井戸"という言葉を残す。 一人目の犠牲者。 奈良木警部 - 西原署の警部。 同僚の刑事だった舞子に"奈良漬け"と呼ばれていた。 京堂刑事 - 西原署の刑事。 香尾里が死亡して、宗児の部屋から香尾里を殺害した証拠物件の凶器だと言い、ライフル銃を奈良木のところに持ってくるが、「何年やってんだ!」と奈良木に怒鳴られる。 宝田老人 - 銭五遺品館で、勝に銭屋五兵衛の生涯、大野弁吉と銭屋五兵衛について説明する。 その他のキャスト [ ]• その他、オープニングで、勝が食事する焼き鳥屋の主人をが演じている。 スタッフ [ ]• 監督 -• 製作 -• 脚本 -• 原作 - 泡坂妻夫• 撮影 -• 美術 -• 録音 -• 照明 -• 編集 -• 擬斗 -• 音楽 -• 音楽編集 -• 整音 -• 音響効果 -• 音響制作 -• 音響制効果作 -• 現像 -• 協力 - 、銭五遺品館• 製作 - 同時上映 [ ] 『』• 東宝映画作品。 監督:。 主演:、。 テレビドラマ [ ] 火曜サスペンス劇場 乱れからくり ねじ屋敷連続殺人事件 ジャンル 企画 小坂敬 山本時雄 脚本 監督 出演者 エンディング 「」と同じ 製作 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 火曜日21:02 - 22:54 放送枠 火曜サスペンス劇場 放送分 112分 回数 1 制作による火曜サスペンス劇場作品の第1弾。 元円谷プロのスクリプターで『』を担当していたとの繋がりにより円谷プロの火サス参加が実現した。 隕石落下や巨大迷路の場面などを特撮で映像化している。 宇内舞子の経歴は元タカラジェンヌという設定に変更された。 当初のプロットでは原作通りであったが、結婚により引退していた元タカラジェンヌのがキャスティングされたことによる。 キャスト [ ]• 宇内舞子 -• 勝敏夫 -• 馬割真棹 -• 馬割宗児 -• 馬割鉄馬 -• 馬割朋浩 -• 馬割香尾里 -• 楢木刑事 -• 角海老 -• キツネ -• 、 スタッフ(テレビドラマ) [ ]• 監督 -• 脚本 -• 企画 - 小坂敬、山本時雄• プロデューサー - 、• 音楽 -• 撮影 -• 照明 - 岸田国夫• 録音 - 青木左吉• 美術 -• 編集 -• 助監督 - 中島俊彦• 効果 - 伊藤克巳• 記録 - 中井妙子• 色彩計測 - 小口章• 装飾 - 松本良二• 操演 - 岸浦秀一• MA - 整音スタジオ• 現像 -• 製作 - 、 脚注 [ ] [].

次の

金田一少年の事件簿 「飛騨からくり屋敷殺人事件」

飛騨 からくり 屋敷 殺人 事件

金田一少年の事件簿 犯人たちの事件簿 5巻のあらすじ 黒死蝶殺人事件…金田一は斑目紫紋の邸の「蝶屋敷」で、かつて悲恋湖の底へ消えた遠野英治にそっくりの深山日影に会う。 深山は遠野なのか?滞在している最中に紫紋の三女斑目るりが遺体で発見されてしまう。 飛騨からくり屋敷殺人事件…旧家の巽家に嫁いだ幼馴染の巽紫乃が脅迫され助けを求められた剣持警部は、金田一と美雪と共にくちなし村へ。 屋敷の中で脅迫者の赤沼の遺体、洞窟の中でと謎の首狩り武者が巽征丸の首を金田一と美雪にさらす…! 怪盗紳士の殺人…怪盗紳士は絵とモチーフを盗む世間を騒がす怪盗。 予告状が届いた蒲生邸へ行く剣持警部と金田一達。 そこで金田一のクラスメイトで蒲生の娘のさくらと会う。 長年の復讐とはいえ婚約者になる為にモテを勉強して自分磨きをしなくてはいけないんですから(笑) なんて難易度高いんだ。 コノハチョウに思いを託すものの数えきれない殺人事件をくぐり抜けてきた金田一君の幼馴染の美雪ちゃんに蝶を見られたのは痛かったですね~。 大量の毒蜘蛛にうえぇっっ…。 好きとはいえ素足で飛び込み助けた深山さん本当に凄い。 小野寺さん、揚羽さんに突然の告白…! いや、当時も思ったけどこの状況で告白ってどんな神経と意味が!? 自分で突っ込むほど相当テンパってます小野寺さん。 そしてとうとう金田一君に暴かれますが、 コノハチョウを当時と同じく実写収録はささやかに感動しましたv懐かしい~。 紫紋はともかく巻き込まれた被害者、特に少女るりちゃんを殺した事もありあまり好きではない小野寺さんでしたが、やっぱり裏の切なさと努力を見ると許せてしまいますね~。 飛騨からくり殺人事件 仲の悪いコンビは目的達成が難しい 実の息子龍之介に家督を継がせるために、征丸さんを殺す事を決意した紫乃さん。 う~ん、当時も思ったけど憎き綾子の息子とはいえ育ててきた、正直龍之介よりよほど 性格が良くて懐いていた息子をあれだけあっさり殺せるとは…征丸さん可哀想。 共犯トリックの為に自分を捨てた クズ男猿彦。 龍之介も父親のクズっぷりを立派に受け継いでますね~紫乃さん自ら言ってるし。 けど安心もつかの間。 タイミング見計らったかのように追い出しても帰ってくる名探偵金田一君。 さすがの強気の紫乃さんもトリック再現や移動中の気まずさはきつい。 猿彦!と脳内で連続ダメ押しする紫乃さんが笑えました。 どんでん返しは紫乃さんも猿彦もキラ~ンとドヤ顔で楽しそうですね~。 怪盗紳士の殺人 ほのかな恋心も抱いてたけど名探偵は正直怖い! さくらは金田一君にちょっと恋してたんですよね、でも金田一君は容赦なく犯人を追い詰めます。 まず警部の助っ人の為どこでもついてきますからね(笑) 確かに怪盗紳士と聞いたら男性と思うし、折角嘘八百のストーリーを並べたり偽装したりハイになっていたのに全てが水の泡に。 それにしても目を適度に潰す為の絶妙な包丁さばきの為に魚を沢山さばく苦労が…。 それにしても 金田一君どこまで最強なのか。 そうですよね、剣持警部をはじめとする警察関係者以外にルポライターいつきさんまで味方だし。 一度帰ってまた戻ってくるこのメンタルへの残酷なまでの大きさに、 本当同情します。 なんて極悪Sっぷり。 本編で描かれていた恋心が外伝では全く描写されていないのがわざとなのか分かりませんが、少し残念ですね。 でも描くとまた大変だから外伝では割り切った方がいいのかな。 同じ基盤で描き続けるのは本当に大変ですが、これだけの数の犯人が被らないのも本家含めて改めて凄いです。 そして犯人たちを絶句させる金田一君の意地の悪さがどんどん増しているのが! 思わずやっぱり犯人を応援してしまう外伝、次巻も楽しみです。

次の