夏目 アラタ の 結婚 あらすじ。 夏目アラタの結婚 5~8巻 ~別れ話をしようとしたアラタに死体を埋めた場所を話始める真珠 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

夏目アラタの結婚ネタバレ23話!あらすじ感想!真珠の急ぐ理由

夏目 アラタ の 結婚 あらすじ

夏目アラタの結婚23話のあらすじネタバレ 夏目アラタの結婚第23話のあらすじをお伝えします。 カミングアウト 裁判が終わった後、夏目は藤田にどこかでお茶でもしないかと誘われました。 藤田は夏目が品川ピエロの夫だと疑っているのです。 ねちねちとまとわりついてきてうざいと夏目は思っています。 しかし夏目は何かを思いついたようで、急に態度を変えてみることにしました。 自分が真珠の夫だとカミングアウトしたのです。 二人でお茶を飲みながら、夏目は最近傍聴にはまっていて、真珠に手紙を書いたらたまたま会ってくれて。 案外かわいい人で口説いてみたら,成り行きで籍を入れることになってしまった。 すると藤田は期待に満ちた目で夏目を見て・・・夏目に協力すれば品川ピエログッズをわけていただけるんですよねと言います。 夏目もコレクター仲間に差をつけられるチャンスだと。 藤田はシリアルキラーの絵とか手紙とか・・・まさか使い古しの靴下とか?妄想をしています。 夏目はあきれたようにそうだねと言うと、小さめのサイズ3足で千円をどこかでかっておくかと思いつきました。 マスコミには絶対に内緒なと念を押します。 でも藤田を味方につけておくと、確率は2倍になりました。 傍聴券の譲渡が禁止であった場合でも、少なくとも藤田から裁判の情報は聞くことができるのです。 藤田に今日の裁判をどう思ったのか聞いてみることにしました。 真珠の今日のワンピース姿を思い出して、頬を赤らめています。 びっくりした・・・あの汚いのが・・・なんだか痛い毛で清楚な少女みたいになっていたので、少しときめいてしまったという藤田。 もしも事件の報道を詳しく見ていない人だったら騙されていたでしょうなといいます。 夏目は煙草を吸いながら、やっぱりあいつは有罪だと?と聞くとご存じで書と薄笑いをして夏目に聞き返しました。 看護学生だった理由 品川ピエロが以前看護学校に通っていて、殺人に使われた毒物は実習先の病院から盗み出されたものだったというのです。 夏目は本当は知らなかったのかぼんやりした顔で・・・そういえばそうだったと・・・。 前にニュースで見たことがある、看護学生だったなんてイメージが違いすぎだといいます。 すると藤田は同じ成分の薬品が、彼女の部屋から見つかっていますからと伝えました。 夏目も驚き、まあ・・・真っ黒だわなと口には出さないけれど思っていました。 薬物の知識を得るためと同時に、死体をスムーズに解体するための解剖学的知識も得るために入学したのだと思うと話し、藤田は大声をあげて笑います。 そのくらいのモンスターの方が面白いと。 映画に出てくるシリアルキラーのようで最高だ!グッズの価値も出ると断言します。 冷酷で道徳心にかけていて、頭がよくて魅力的!と話す藤田に、俺の女房だということを忘れてない会と怖い顔をして夏目は尋ねました。 忘れるわけないでしょ!あなたは最高の女房を釣りあげましたよ!! その頃真珠は見張られながら、シャワーを浴びていました。 鏡を見ながらいろいろな表情をしてみています。 夏目は川べりで、うちの女房殿は、いろいろな表情を持っていて・・・魅力的に相手に取り入る達人だけれど・・・俺だけは知っている。 はじめて会った時に、待ちかねたー手紙の主が来たと思ってドアを開けた真珠。 あれこそが、本当の真珠の顔。 鏡の中の真珠の笑顔が無になりました。 ひとりぼっちで、夏目ではない誰かを待っていたのです。 真珠は映画の悪役なんかではない・・・真珠は、誰を・・・何を待っていたのだろう。 死刑になってもいい 弁護士が日が代わる前にもう一度真珠に訪ねたいことがあると訪れていました。 いきなり打ち合わせにないことを話し始めるので、本当に驚いたと伝えます。 どうしても自分の気持ちを話しておきたかったという真珠。 一審の時は途中から加入したので、逮捕直後に何故黙秘するのか知らなかったので、団長だった竹中弁護士に会いに行ったといいました。 確かに竹中が黙秘を勧めましたが、自分の本意ではなかった。 真珠がすぐにでも起訴されたいと言い出したから。 そのためにはどうしたらいいですかと聞いてきたのです。 妙な話だと竹中も思いました。 それならば正直にありのままに話しなさい。 嘘をつくと、裏撮りに時間がかかるからと竹中がいうと、真珠は黙ってしまって・・・ありのままに話せないなら完黙するしかないと勧めたのです。 その結果別に死刑になってもいいと言ったそうですね・・・何をそんなに急いでいたんですか? 弁護士が必死に尋ねても、真珠は眠そうにしているだけです。 君は一体何がそんなに待てなかったんです!? 真珠は俯いて弁護士の方を見ようともせず・・・何も話しません。 夏目アラタの結婚第23話のあらすじをネタバレでお伝えしました。 真珠の発言に齟齬が出てきました。 真珠が待てなかったのは何だったのでしょう。 ポイントをためて 明日私は誰かの彼女【最新刊】が60円で読めます。 30日間無料+600円分のトライアルポイントで夏目アラタの結婚がいますぐ無料で読めます。 藤田に話したことは、正解だったのでしょうか。 コレクターなので、夏目の話は独占しておきたいはず。 だから誰にも話さずに、夏目にだけ情報を流してくれると読んだのでしょう。 看護学校に入ったのも、人を殺すためだったとすれば、命を奪うのは誰でもよかったというのもわかります。 奪った後は誰にも見つからないように、最期まで自分で処理してしまいたかったのかもしれませんね。 薬を実習先から盗んだのも、きっと計画通りだったのでしょう。 今回の裁判だけ見ていると、とてもそんなことを考えたりしているように見えません。 でも真珠は本当にシリアルキラーなのでしょうか? シリアルキラーには魅力的で、頭のいい人が多いと聞いたことがあります。 その点はあてはまると思いますが・・・。 夏目だけが知っていると話した、手紙の主を待っていた時の真珠の顔。 誰からの手紙だと思っていたのでしょうか。 また真珠には誰かから手紙が来ると思っていたのでしょうか。 すぐにでも起訴されたいと思っていて、死刑になってもいいと思うくらいの出来事が真珠にはあったのでしょうか? シャワーを浴びながら、くるくる変わる表情を鏡に映していたのは、何をするためなのでしょう。 真珠の過去がほとんどわかっていないので、これから少しずつ明らかにされていくのでしょうか。 まだまだ目が離せません。 全話一覧 次話> 夏目アラタの結婚が無料&お得に読める!.

次の

『夏目アラタの結婚』第2話あらすじネタバレ!衝撃の告白からのマウントの取り合い

夏目 アラタ の 結婚 あらすじ

4話の主な登場人物• 夏目アラタ(なつめ あらた)…30代独身、児童相談所勤務、自身も児相保護の経験があり結婚に夢を抱けない• 品川真珠(しながわ しんじゅ)…21歳、 通称「品川ピエロ」、 連続殺人犯として一審で死刑判決を受けている• 宮前光一(みやまえ こういち)…真珠の私選弁護人、幼少期の真珠と会話した過去がある - 一番悪い事 - 宮前に見せるしおらしい顔と、自分に見せるあばずれの顔のどちらが本当なのか。 アラタは真珠に揺さぶりをかけるため、次回の面会に宮前を誘います。 そこには、真珠の本性がわかれば宮前を味方にできるかもしれないという思惑もありました。 しかし、アラタに見せたままの調子で応じる真珠。 いつもと異なる真珠の姿に宮前は呆然とします。 宮前の前でまったく取り繕う気配のない真珠に、アラタは混乱するばかりでした。 そこでいきなり婚姻届を書いてきたかと問う真珠。 展開の早さに驚いたアラタはまだと答えます。 すると真珠は仕切り版に額を打ち付けてひと睨みしたのち、騙したのかと涙を流すのでした。 本気になっている真珠に引きながら、周囲の反対に遭っているとごまかすアラタ。 父親に反対されているのかと問う真珠に、父親は既に亡くなったと返します。 そこから反対者は母だと踏み、名を教えろと執拗に迫る真珠。 しかし家族への危害を恐れるアラタは口をつぐみます。 答えに窮するアラタをみて、真珠はもう会わないと言い放つのでした。 アラタは渋々綾子だと伝えます。 真珠は眼球を指でつり上げながらその名を復唱し、覚えたと不気味な笑みを浮かべました。 夏目は父親の姓、母親は再婚して現在は寺井綾子。 あやこという平凡な名前からも、特定はできないとアラタは考えます。 もっとアラタのことを知りたいとせがむ真珠。 過去にした一番の悪事を教えたら、再びアラタを信じられると続けます。 同席者は刑務官と弁護士、しかも相手は死刑囚。 話題の選定に苦しむアラタは、児相で保護した子を取り戻しにきた親とのエピソードを話しました。 そこに幼少期の真珠の姿をさりげなく入れて。 保護されたのは、親のために太ろうと米とツナ缶で無理やり腹をパンパンにした少女。 迎えにきた父親が突然傘を武器に攻撃したため、自分は相手の顔面を一発殴った。 そこで止めたのは、殴られる父親を見ている子供に気づいたから。 防衛を理由に示談となったが、本当は殺めるつもりだった。 一つ違えば自分もそちら側にいたかもしれない。 憂いを帯びた表情で語るアラタ。 聞き終えた真珠は、お返しに自分もとっておきの秘密を話すと告げました。 特典などの詳しい説明はこちらです• 夏目アラタの結婚(4話)感想・考察 真珠の二面性は使い分けなのか自然なのか、4話からはわかりませんでした。 アラタの前で見せるあばずれモードを貫いたため、宮前先生はびっくり。 しかし、これもすべて真珠の計画に入っているような気がします。 宮前先生がお人好しだと見抜いている真珠。 別の顔を知られても宮前先生が弁護を降りないことまで読んでいると思います。 怯えて何も話さなかったこれまでの弱々しい真珠は、心に闇をもっていたから。 その闇がアラタによって薄れ始めている。 こうしたストーリーに仕立てれば筋が通り、宮前先生の正義感に刺激も与えられるでしょう。 宮前先生の思考回路はアラタよりもシンプル。 信じさせるのはお手の物だと思います。 真珠には人間の裏の裏まで読める力があるようですね。 婚姻届を書いていないと知ったときの表情や、母親の名前を訊くときの粘着した態度。 4話ではこの2か所で真珠の異常性を垣間見た気がしました。 騙したのかと涙を見せますが、プロポーズがアラタの真意ではないことは気づいていると思います。 それに、ところどころで答えに窮するアラタをみれば、鋭い真珠ならわかるはず。 配役:愛を信じて更生しようとする悲しい過去をもつ女性 主演:品川真珠 脚本・演出:品川ピエロ 以前、宮前先生にみせた姿も今回も、出所ゲームに組み込まれたシナリオではないでしょうか。

次の

夏目アラタの結婚|ネタバレ2話!考えは全てお見通し?真珠の思惑とは…

夏目 アラタ の 結婚 あらすじ

『夏目アラタの結婚』 前話 23 話のあらすじは・・・ アラタは藤田に全て明かし、品川ピエログッズと引き換えに情報収集などに協力して貰う事に。 その頃宮前は真珠に面会し問い正していた。 タヒ刑になるリスクを負ってでも起訴される事を希望していたのは何を待っていたからなのかと...。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 アラタは桃山に昨日の真珠の法廷のニュースを見たと聞く。 随分清楚そうな感じだったのだろうが、いくらいたいけに装っても状況証拠が真珠を真犯人だと指し示している。 問題は動機。 なぜ凶行に走ったのかを解明できない限り、一歩も前に進めないだろう。 仕方なく、藤田に電話して真珠が入っていた養護施設を聞き出す。 そこで園長である女性・平井に挨拶。 平井には真珠と結婚した事はあらかじめ電話で話していた。 あくまでタヒ刑囚支援の活動の園長で形だけの結婚だと偽っておく。 ここにいた頃の真珠の話を伺ってみる。 どうやら真珠は誰とも打ち解けない子だったらしい。 その上マメに母親が会いに来るものだから、嫉妬した園の子に虐められる事もあった。 母親は若く美しく、真珠にこっそりお金を渡していく。 歯の治療すらさせなかったのに栄養状態だけは心配していたのだ。 だが同じ境遇のアラタにはその気持ちは分かる。 食わせさえすれば立派な親面が出来るからだ。 ……真珠は学校に通ってなかったため、字も言葉も覚えが遅く、太っていた容姿もあいまって虐めの対象だった。 真珠と同じように太っていた女子だった。 アラタは平気で虐めをするような連中をダサいと思っていたが、闘わないその子も見下していたのだ。 虐めをするような連中なんて全員コンパスか何かで刺してしまえと思っていた。 怖がられさえすれば誰も手出ししてこないと…。 アラタは同級生を脅したり威圧感を与えてそうやってきた。 ……今思えばなんて馬鹿な事を思っていたのだろう。 あまりに無理解過ぎた。 闘えない子もいるだなんて、当時は微塵も考えなかったのだ。 いっそ、そんな事を思っている自分が闘ってあげればよかったんだ。 なぁ、真珠……アラタは真珠に思いを馳せる。 もし真珠なりに闘った結果があの事件なのだとしたら、うっかりお前の事を許してしまうかもしれないよ…。 さらに、アラタは真珠は歌が上手かったと聞く。 誰にも明かさなかったのだが、彼女が病気で寝ている時に、とても上手な『赤とんぼ』を歌ったのだ。 その後真珠は中学で母を亡くし、園長が資格を取った方がいいとアドバイスした結果勉強を始めた。 不愛想だが、人ごろしをするような人間ではないように見えていたそうだ…。 なお、母親以外に面会に来た人間について聞いてみると、母親が亡くなってからはずっと一人で誰も面会に来なかったと言う。 桃山は彼の口から、真珠がタヒ刑になってでも早く起訴をされたがっていたと聞く。 宮前の推測に過ぎないが、真珠が庇いたがっていたのは彼女の父親。 真珠のストーカーが発した『俺の真珠を出せ』……父親のセリフと考えられないか? 少なくとも、真珠は犯人を父親と思い込んだなら庇うのも不思議ではない。 そして後になって父ではないと気づき、無罪を主張。 宮前はもう既にアラタを信用できない状態だ。 頼りになるのは桃山だけ…。 宮前は桃山に、もう一度真珠に合って真相を聞き出して欲しいと言った…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 その時のアラタは自身を冷たい人間だったと思い返していますが、小学校の時に『闘えない子もいる』だなんて考えられる人はあまりいないでしょう。 アラタは児相担当になってから色んな子供達を救うという当時出来なかった事をやれているのだから、そこは誇りに思うべきではないでしょうか…。 そして、真珠が庇う人物について知るため、再び桃山が真珠と面会する事になりそうです。 果たして桃山は真珠からその人物を聞き出す事が出来るのでしょうか…!? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の