フカボリ。 フカボリ!ドーソーケン 北海道立総合研究機構 RECRUIT

穂高岳と「絶対禁足地」という仮説

フカボリ

ハマってるんです、「なすそうめん」! こちら、 県の郷土料理。 なすを軽く炒めて、油揚げと一緒に煮て、そのおつゆでそうめんをいただくというもの。 「ピリ辛のあったかいおつゆ+そうめん」、これが新鮮でした。 つめたーいそうめんも当然いいけれど、逆に食欲を刺激されたんですよねえ。 まずはレシピをご紹介します。 なすそうめん(2~3人前) 【材料】• なす 3本• 油揚げ 2枚• めんつゆ 300ml(ストレートタイプ。 濃縮タイプなら希釈して使用してください)• ゴマ油 大さじ1• そうめん 200g前後 1:なすはヘタを落とし、タテ半分に切って、 ナナメに軽く切り込みを入れます。 切り込みの間隔はだいたい1㎝ぐらい。 こうすることで 味がよく染みて、火の通りも早くなるんだそうですよ。 あと、トップ画像のなすはタテ4つに切ってますが、これだと崩れやすいので半分にしました。 2:フライパンにゴマ油をひき、なすの皮を下にして入れます。 中火で3分熱してください。 3:3分経ったら、 ひっくり返して、フタしてさらに3分。 その場合、あとで煮るとき1~2分プラスして、加熱してください。 あと、ひっくり返すのはトングがあると楽。 私もそうなんですが、菜箸などでエッチラやってるとドンドン火が通っちゃって、失敗のもとですな。 ちなみにトング、私は100均で買ったのを活用してます。 これで十分。 4:油揚げは三角に切っておきます。 油揚げ、油でべとべとの場合は熱湯をかけてざるにあげて、冷めてから切ってください。 サラッとしている場合は、そのまま使っちゃいましょう。 1枚をまず半分にして、それぞれを三角に。 ただこれ、県人にたずねると 「厳密じゃないから、好きな大きさに切ればいいよ」という声もありました。 なのでアバウトでもOK! フタして3分熱して、こんな感じ。 5:フライパンに油揚げも入れて、めんつゆ、唐辛子を入れて煮ます。 中火で5分ほど煮てください。 6:さあ、そうめんの準備です。 手でグッと握るようにしぼってOKです。 これをやらないと、 つゆが薄まってうまくないっす(涙)! さあ、盛りつけましょう。 お皿にそれぞれを盛って、煮汁をかけていただきます。 そうめんをすすって、油揚げやなすを一緒に口に含むと、おつゆがジュワッ。 これがいいんだなあ。 好みで、 おろしショウガ、刻みネギ、ミョウガなどをご一緒にどうぞ。 ちょっとアレンジ。 豚ひき肉をショウガたっぷりで炒めて、輪切りのなすとめんつゆで煮たバージョン。 これもスイスイ入っちゃいましたねえ……。 ゴマ油で野菜・肉などを炒める• めんつゆで煮る• そうめんにぶっかけで食べる この方法論、いろいろと応用できそう。 しかしやっぱり……「 なすと油揚げ」という「口の中でジュワッ」という食材がポイントですな。 これがないと寂しくなりがち。 なすもそうめんもの特産物 「県=うどん」のイメージが強いでしょうが、 そうめんも特産物なんですね。 小豆島(しょうどしま)というところで、約400年前から作られてきたそう。 ちなみにこの小豆島、オリーブの産地としても有名。 また、かつての大ヒット作『二十四の瞳』という映画の舞台にもなりました。 そして なすも県三豊市の特産物。 三豊なすという、大きななすが有名なんです。 昔は、なすと油揚げを煮た鍋に直接そうめんも入れて、一緒にゆでてたね。 夏の農作業のいそがしい昼間に、パッと作れる手軽な料理だったよ。 と、ある年輩の県人さんが教えてくれました。 一緒の鍋でそうめんを煮ると簡単だけど、そうめんの塩分も一緒に食べてしまうので、現在では健康を意識してやられなくなったとか。 郷土レシピも時代に即して変わりますな。 県、栗林公園(りつりんこうえん・上の写真)や「こんぴらさん」で名高い金刀比羅宮(ことひらぐう)など、観光も実に楽しいところですよ。 魚もうまいし。 気になったかたはぜひ、足を運んでみてください。 またどこかで「これは全国でマネすべし」な美味を見つけたら、ご紹介します!.

次の

トップで肘が下がるピッチングフォームを改善する方法

フカボリ

この節のが望まれています。 世の中の流行について、映像やクイズで「フカボリ」する番組。 MCは基本的にスタジオ不在で、アシスタントが進行を務める。 出演者 [ ] MC [ ]• () アシスタント [ ]• パネラー [ ]• ナレーション [ ]• (テレビ東京アナウンサー) ネット局と放送時間 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ 土曜 24:25 - 24:50 制作局 同時ネット スタッフ [ ]• 構成:、堀江B面、、山本有宇介、飯村泉、坂田景子• カメラ:五十嵐陽• 音声:目野智子• 編集:尾崎博樹• MA:吉田達矢• 音効:遠藤治朗• 美術プロデューサー:吉田敬• デザイン:今長和宏• 美術協力:• 技術協力:、、• コンテンツ:家永洋、青山貴幸• 宣伝:岡仁(テレビ東京)• デスク:鈴木あゆみ(テレビ東京)• AP:泉亜希子• AD:伊藤和、原卓史• ディレクター:鈴木圭介、田川裕也、森俊平、畑中真治、中野伸郎• 演出:• プロデューサー:小高亮(テレビ東京)、城下拓也()、宗田昭彦(電通)、• 協力:• 制作協力:、• 製作著作:テレビ東京 脚注 [ ] [].

次の

フカボリマガジン

フカボリ

ん?ブレーキ?それなら鍛えたら球が遅くなるんじゃないの? と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。 トップを作ってからリリースに向かうとき、投げ手側の肩は投げる方向にスライドします。 リリースの直前になると肩は少しの間スライドをやめて止まるんです。 youtube. 何度も見てみると• リリース直前に肩のスライドが止まっていること• 肩が止まる代わりに腕から先が加速すること がわかりますよね? 広背筋は肩のスライドを遅くする役割(ブレーキング)をもっています。 広背筋でしっかりブレーキングできないと肩肘の怪我の原因にもなるので、広背筋はピッチャーにとってとても大切です。 ピッチングにおける肩甲骨の役割• トップの位置を高くする• 腕の振りがスムーズになる 肩まわりの動きをほぼすべて担っているのが肩甲骨です。 ピッチャーをしていて菱形筋や前鋸筋は聞いたことがない人もいますよね。 どちらかと言うとポピュラーな筋肉ではありません。 ですが僕もこの筋肉の機能を高めるとびっくりするくらい腕の振りがスムーズになりました。 詳しいことは別の記事でまとめてありますのでぜひ読んでみてください。 ローテーターカフ ローテーターカフは肩甲骨と上腕骨(腕)を繋ぐ筋肉の集合のことです。 肩のインナーマッスルとも言われ、棘上筋(きょくじょうきん)棘下筋(きょくかきん)小円筋(しょうえんきん)肩甲下筋(けんこうかきん)で構成されます。 ピッチングにおける腹圧の役割 体重移動から回転にロスなくつなげられる 腹腔は下半身と肩関節の間にあるので腹圧を高められると下半身の動きがそのまま肩の動きにつながります。 ピッチャーに必要な理由はもう1つあります。 それはトレーニングの効果が高まるからです。 臀筋、広背筋、肩甲骨周り、ローテーターカフを鍛えるとき、腹圧を高めたままトレーニングすると鍛えたい部位のみに効かせられるのでトレーニング効率があがります。 詳しくは別記事でまとめていますので読んでみてください。 ピッチャーにあまり必要のない筋肉 ピッチャーに必要な筋肉を書いてきましたが、反対にあまり必要ない筋肉もあります。 大胸筋• 僧帽筋上部 1つずつ見ていきましょう。 大胸筋 よくピッチャーは胸に筋肉をつけたらダメだと言われます。 胸に筋肉がつくと腕がうまく振れないからだと聞いてきました。 ですがピッチャーを20年以上やってきて、それは少し違うのかなって感じです。 僕は大胸筋がピッチングで使われると腕の振りのスピードが遅くなるからだと思っています。 広背筋のところでも書きましたが 肩を止めることで腕が振られる形でスピードを生みます。 大胸筋で引き寄せたら力は出てもスピードが出ません。 投げたあとに胸が張っているなら要注意です。 肩を止めることで投げられず大胸筋や小胸筋を使って無理やり腕を振っているからです。 力みが原因なことが多いです。 少し話がそれましたが大胸筋がピッチャーには必要ないと思います。 大胸筋を使いがちなピッチャーは肩を止めて腕を走らせられない!投げたあとに大胸筋が強く張っているピッチャーは要注意! 僧帽筋上部 僧帽筋(そうぼうきん)は首から背中にかけてついている筋肉で上部と下部にわかれています。 そのなかでも僧帽筋上部は肩をすくめる動きがほとんどです。 肩をすくめる動きと肩甲骨を上方回旋する動きは似てるようで違います。 肩をすくめてしまうと肩甲骨の動きを悪くしてしまい、結果的に腕を上がりにくくしてしまいます。 僧帽筋上部をねらって鍛える人は少ないですが、みなさん注意してください。 他のトレーニングをするときや普段の生活でも僧帽筋上部を使ってしまうことがあるからです。 僧帽筋上部を使って肩をすくめる動きは肩や首の力みから出てしまうことが多いので気を付けましょう。 筋肉を鍛えるときに注意するポイント• 可動域を広げることを優先する• 鍛えたい部位だけに集中する• トレーニングは重さよりフォーム トレーニングは重さより可動域 筋肉を鍛えるときはどうしても太い腕や足に憧れて重い重りをもってトレーニングしがちです。 プロ野球選手が200キロ以上のスクワットをしている姿を見たことがあるかもしれません。 ですがピッチャーが筋肉を鍛えるときには重さよりも可動域を優先すべきです。 特に広背筋、肩甲骨周りの筋肉、ローテーターカフは可動域を広げる目的をもってトレーニングしてください。 腹圧を高めた状態で肩や肘をしっかり伸ばしてトレーニングするのがオススメです。 エキセントリック収縮(伸張性収縮)という筋肉の動きを利用しましょう。 エキセントリック収縮は速筋繊維が先に使われるからです。 わかりやすく書いてある記事があるのでわからない方はこちらを読んでみてください。 ピッチャーが速い球を投げるには速筋繊維の働きが必要不可欠です。 トレーニングで速い球を投げる身体に変えましょう! 鍛えたい部位だけに集中する トレーニングで鍛えたい部位がはっきりしているなら、その部位に集中して鍛えるべきです。 例えば臀筋を鍛えようとスクワットをしたときに近い筋肉であるハムストリングや腰の筋肉を使わないようにフォームを意識して行います。 トレーニングを鏡で見ながらしたり、カメラで撮影してフォームを確認しましょう。 よくあるミスがローテーターカフのトレーニングで起こります。 ローテーターカフは肩のインナーマッスルなのでとても小さく弱い筋肉です。 ついついアウターマッスルである三角筋や大胸筋などを使ってトレーニングをしてしまうんですよね。 肩のインナーマッスルはトレーニングが地味できついですからね。 ローテーターカフなら1キロ以下の軽い重りでフォームを意識しながら回数を多くこなせるようにトレーニングしてください。 ピッチャーに必要な筋肉のまとめ ピッチャーに必要な筋肉は• 広背筋• 肩甲骨を動かす筋肉• ローテータカフ• 腹圧を高める筋肉 5つの筋肉です。 トレーニングをするときは次のことに気を付けてください。 可動域を広げることを優先する• 鍛えたい部位だけに集中する• トレーニングは重さよりフォーム ピッチャーに必要な筋肉は強さと同じくらい柔らかさも大切です。 鍛えたい筋肉と鍛える目的をはっきりさせてトレーニングをすると効果がバツグンにあがります。 1日にどれだけトレーニングしても効果に即効性はありません。 コツコツ積み上げて良いピッチャーになっていきましょう!.

次の