ペアーズ 足跡だけ。 ペアーズでみてねを送るとどうなる?実験して分かった3つの事実

ペアーズ(Pairs)の足跡からのマッチング率は2倍!100人の足跡を調査

ペアーズ 足跡だけ

いいね数がやたら多い ペアーズでは『いいね』の数で異性からの評価がどうなっているか測ることができる。 なぜなら 『いいね』=マッチングしたい異性の数ってことだからだ。 『いいね』の数は男女によって凄くバラツキがあり、地域にもよるけど 女性の平均は100前後、男性の平均は30前後と見られている。 ところがたまに 『1000とか2000とか桁違いのいいね』を稼いでいる女性がいる。 実際にこういう女性の写真を見てみると、綺麗な女性も多くいるが少し気を付けたがいい。 よく業者とかサクラで多いと言われているのが、こういう 『いいねの数が桁違いに多い女性』。 人間の心理的にも周囲の評判が良いと実際の評価以上に対象の人や物を良く見る傾向があり、例えば全く同じような容姿orプロフィールの女性でも500と1000だと数が多い方に『いいね』をしてしまう。 この心理を「社会的証明の原理」と言うよ 1000以上の『いいね』がついている全ての女性全員が怪しい業者のわけはないが、仮に『いいね』をする場合やその後マッチングして連絡先を交換したり、直接会うという流れになった場合は少しは警戒心を持っておいたがいい。 業者やサクラがよくやってくる手口として、 『マッチング後や連絡先交換後に外部サイトへ誘導』または 『直接会った時に商品の販売や投資、怪しい団体への勧誘』を行ってくることがある。 こういうことがあったら 完全に黒なので、その時は関係をさっさと切ることをおすすめするよ。 500だとちょっと可愛い子でもすぐ達成するから、いいねの数で怪しい女性を見極めるのは難しいね。 ただ、こういう大量に『いいね』をされている女性が、男性に対して自ら『いいね』を送ってくるというのは、そうあることじゃない。 500いいね以上の女性から『いいね』が送られることがあったら少し警戒しておくのがいいかも。 相手が退会している• 相手にブロックされている 業者やサクラの手口で多いのが後者のパターン。 なぜブロックしてくるかというと、ペアーズでは業者やサクラのユーザーを発見した場合、利用者から運営に『通報』することができるのだが、このブロックをされたユーザーに対してはその『通報』ができなくなるからだ。 つまり、連絡先交換後に『ブロック』をしてきたユーザーはあなたから『通報』されるのを恐れている可能性があると受け取ることも出来る。 もしくはあなたと関係を続けていながら、引き続きペアーズを利用していることを知られたくないということで『ブロック』をやっている可能性も否定はできないが「それはそれでどうなの?」と思うので、連絡先交換後に『退会済み』と表示される女性は注意しておいたがいい。 あわせて読みたい 足跡をやたら残してくる 女性から何回も足跡があると「俺に興味あるのかな?」と思ったあなた。 俺もまったく同じ思いをしてる。 その後、マッチングしたかな? 俺は今のところそういう足跡を乱発してきた女性に『いいね』を送っても絶賛スルーされてる…。 「あれ、おかしいな。 もっとオプション使って何かやっとこか。 」と思ってるあなた。 やめておいたがいい。 そういう女性を深追いするのはやめておこう。 あと似たようなので、マッチングだけしてメッセージをスルー女性。 これも同様、深追いするのはやめてさっさと次の女性を探しに行こう。 そういう女性は無視するのが一番。 ペアーズには非表示機能もあるから、そういう女性は非表示にするのをおすすめする。 あわせて読みたい すぐ連絡先を交換してくる マッチング後メッセージができるようになったあなた。 この時大したやり取りもしていないのに、連絡先をすぐ聞かれた場合はメチャクチャ警戒しよう。 勘違いして、自分自身がモテてると思ってはダメ。 自分から連絡先を聞くならまだしも、相手から即連絡先を聞かれた場合は大抵が業者かサクラの場合が多い。 どうしても連絡先を交換したいとなったらLINEなどではなく、一旦GmailやYahooメールのようなフリーのメールアドレスを教えてそちらでしばらくやり取りを続けてみるのもいいかもしれない。 間違ってもいきなり電話番号とかの個人情報を教えるのはかなり危険度が高いので注意をしよう。 要注意の女性6つのポイント• 500以上の『いいね』がついてる女性と接触する時は警戒レベルを少し上げよう• 『退会済み』と表示されてる女性とやり取りを続ける場合は気を付けておこう• 顔が分かる写真を掲載していない女性は基本避ける• 足跡をやたら残してくる女性は深追いしないほうがいい• プロフィールの空欄が多く自己紹介文がない女性は避けた方がいい• マッチング後、即連絡先を聞いてくる女性は要警戒 冒頭でも言ったけど俺自身ペアーズで業者やサクラなど具体的な被害に合ったことはない。 だから、普段利用してる分にはそんなに警戒を強くする必要はないんだけど、ここで挙げた6つのポイントにひっかかる女性に出くわした時くらいは多少警戒を強くするようにしよう。 「何かいい感じでいけそうじゃん」と思った時ほど、こういうポイントにひっかかる女性ではないか?と思い返してみるといいよ。 しかし! 上のポイントで注意してても実際にデートまで行ったときにダメ女だと分かる時もある。 それについての記事はこちらに書いたのでご参考に。

次の

Pairs(ペアーズ)で足跡を何度も付ける理由とは?足あとだけ残す男(女)の心理を探る!

ペアーズ 足跡だけ

この記事の案内人 地方出身、モテそうとお世辞でも言われたことがないフツメン。 マッチングアプリを使って彼女探し中。 最近は婚活も視野に入れ始め、結婚相談所や婚活サイトを調べている。 ペアーズで恋活をしている皆さん、こんにちは! ペアーズの機能の一つに「足跡」がありますが、それを十分に活用できてますか? ペアーズの「足跡機能」はマッチング率をUPするために、とても使えるツールなんです。 なぜなら、足跡機能をうまく使うことで、相手の心理をとらえ自分へも関心を持ってもらえるようになるからです。 そして、そこからマッチングへと繋がっていきます。 けれど「足跡」については、わからないことも多くありますよね。 「足跡」ってどうしたら増えるのか、また「足跡」をつけたくない、消したい、といった疑問。 高橋はペアーズで「いいね」数が600オーバーの人気会員です! その高橋の足跡の数は下記のようになりました。 2019年6月24日 月 ~2019年6月31日 日 の1週間調査。 2019年6月24日 月 足跡数:72 2019年6月25日 火 足跡数:63 2019年6月26日 水 足跡数:47 2019年6月27日 木 足跡数:57 2019年6月28日 金 足跡数:39 2019年6月29日 土 足跡数:45 2019年6月30日 日 足跡数:64 日によってバラつきはありますが、 1日の平均「足跡数」は55でした。 毎日約50人が足跡をつけてくれると人気会員といえますね。 女性の人気会員の場合 女性の人気会員の調査対象がいなかったのですが、女性はだいたい男性の5倍といわれています。 そうすると、「いいね」数を踏まえて考えると、女子人気会員の 足跡数は、1日あたり約300と予想できます。

次の

ペアーズの足あと機能をフル活用してマッチング率を上げる方法まとめ

ペアーズ 足跡だけ

Pairs ペアーズ の足跡機能と確認方法 ペアーズの足あととは、閲覧履歴のことです。 足あとリストのページで、自分のプロフィールを見てくれた相手を確認することができます。 また、自分が相手のプロフィールを見たときも同じように、自分の足あとが相手の足あと一覧に残ります。 マイページから「 足あと」を選択して確認できます。 同じ人が一日に何度も閲覧した場合は、 最新の足あとのみ表示されます。 足あとは 1週間分の記録が残されます。 ただし、女性は無制限で見られますが、男性は プレミアム会員にならないと6人以上見ることができません。 女性がより利用しやすいようにするため、女性会員向けのサービスと男性会員向けのサービスに違いがあるのです。 「 設定」から「 足あと設定」を選び、「 足あとを残す」のツマミを左に動かせば、足あとを残さない設定にできます。 過去に付けた足跡は消せない 足あとの設定をオフにしても、 それまで相手に付けた足あとは消えません。 足あとオフの設定が反映されるのは、設定した後だけなので注意しましょう。 Pairs ペアーズ で相手が付けた足跡を消す 次に 相手が付けてきた足あとを消す方法をご紹介します。 興味のない相手が何度も足あとを付けてきたら目ざわりですよね。 このような時は 非表示機能が便利です。 ペアーズの非表示機能とは、目にしたくない相手を検索結果やメッセージ一覧に表示させない機能です。 これを使えば嫌な相手を避けることができるのでおすすめです。 ブロック後にもう一度連絡を取ろうとしたができず、後悔したという話はよく聞きますので、よほどのことがないかぎりブロックは使わないようにしましょう。 同じ人から何度も足あとを付けられると嫌な思いをする人もいます。 「 なんで『いいね!』もしないで足あとばかり付けるんだろう」と相手を怖がらせてしまうと、最悪の場合ブロックされてしまいます。 それを避けるために、気になる相手のプロフィールを確認する場合は、足あとの設定をオフにしておきましょう。 ちなみに、相手のプロフィールを何度も確認したい場合、 お気に入り機能を使うと便利です。 相手をお気に入りに追加し、さらに足あとをオフにした上でプロフィールをチェックすれば、怖がられる心配もありませんし、効率が良いですね。 自分のプロフィールに付いた足あとは誰でも気になりますよね。 足あと一覧から相手の年齢や職業、メイン写真の雰囲気など、簡単な情報は確認できるので、自分が希望する条件に合う人なら「 もう少し詳しいプロフィールを見てみたい」と思うはずです。 しかし、足あとを残さない設定にしてしまうと、相手が自分に興味を持ってくれる機会を失ってしまうので、結果的にマッチングのチャンスの少なくなってしまうのです。 つまり、足あとは「あなたに興味があります」と相手にアピールする働きもあるので、マッチングの機会を増やしたい時は足あとを付ける設定にしておきましょう。 メイン写真の評価がわからない 足あと一覧から、足あとを残した人の簡単なプロフィールを確認できますが、その中で最も目を引くのが メイン写真です。 足あとをたどってプロフィールを見に来てもらえるかどうか、それはメイン写真の良し悪しに左右されると言っても過言ではありません。 写真が魅力的であれば、相手の注目を集めることができ、「もう少し詳しいプロフィールを見てみたい」と思ってもらえる可能性が増します。 その反対に、清潔感が欠けていたり、笑顔がなかったりして、写真が魅力的でないと、プロフィールを見てもらえるチャンスが減ってしまいます。 写真を設定したばかりの時は、実際に何人かの相手に足あとを付けて、プロフィールを見てもらえるかどうか、マッチングが成立するかどうかなど、 相手の反応を試してみましょう。 反応が薄い場合は、良い写真を設定できていないと考えられるので、撮影しなおしてみるなど、少しずつ改善していくのが効果的です。 「いいね!」の消耗を抑えて、効率よくマッチングにつなげることが期待できますよ。 効果的な足あとの残し方• 足あと設定オンの状態で、検索画面から相手のプロフィールを一人ずつ表示し、ひたすら横スクロールして たくさんの相手に足あとを付ける。 足あと一覧を開いて、訪問者を待つ。 足あとを付けてくれた相手に「いいね!」する。 やみくもに「いいね!」を送ってマッチングしても、後で「 どうしてこんな人に『いいね!』したのだろう」と自分の希望する条件に合わない相手とマッチングしてしまうことがあります。 そのような相手とメッセージのやり取りをしても長続きしません。 また、「いいね!」を浪費してしまうと、「この人とメッセージの交換をしたい!」という本命の相手を見つけた時に、肝心の「いいね!」が足りなくて困ってしまうこともあります。 これらの問題を防ぐには、上記のような足あとの付け方が効果的です。 この方法なら、 自分に興味を持ってくれた相手だけに「いいね!」を送れるので、「いいね!」をムダ使いする心配がありません。 一度プロフィールを見てくれた相手なので、 マッチング率も高い傾向にあります。 Pairs ペアーズ で足あとを付ける時の注意点 足跡を付け終えたら設定をオフにしておく 上記の方法で足あとを付けたら、 設定をオフにしておくのがおすすめです。 何度も足あとを付けられると不安に感じる相手もいます。 最悪の場合、ブロックされて二度と連絡を取れなくなってしまうので、普段は足あとを残さない設定にしておくのが良いです。 1週間に1回 短い期間に足あとを何度もつけると「しつこい」と思われてしまう恐れがあるので、上記の方法で足あとを付けたら 1週間ほど時間を空けるようにしましょう。 足あとの履歴が残るのは1週間分なので、それくらいの間隔を空けて足あとを付けるのが良いでしょう。 ブロックされたら潔くあきらめる 足あとを付けたら必ずプロフィールを見てもらえるというわけではありません。 何度も同じ相手に足あとを付けるうち、ブロックされてしまうこともあるかもしれません。 その時は残念ですがあきらめて、次の相手を探すようにしましょう。 ペアーズではたくさんの相手にアプローチすることが重要なので、自分に合った相手が見つかるまであきらめずに続けることが大切です。 しかし、 プロフィールをのぞいてみたら肝心の自己紹介文がスカスカだった、となると相手もガッカリしてしまいますし、マッチングにはつながりません。 どんな相手にもアピールできるように自己紹介文はしっかり作り込みましょう。 足あとを残す設定にしていると、何度もプロフィールを見ているうちに足あとが残り、それが原因で相手を不快にさせてしまって、最悪の場合、ブロックされてしまう危険があるからです。 そこで、 足あとを残すのは相手にアピールしたい時だけにしましょう。 足あと経由でプロフィールを見に来てくれた相手に「いいね!」すれば、効率よくマッチングにつなげられるはずです。 足あと機能はオンとオフを上手に切り替えて使えば、マッチング率を大幅に上げることができるのです。

次の