次 亜 塩素 酸 ハイター 違い。 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは別物です。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い

次 亜 塩素 酸 ハイター 違い

次亜塩素酸ナトリウム まず【次亜塩素酸ナトリウム】ですが、これは哺乳瓶の洗浄で非常に有名な ミルトンを例に挙げて説明していきます。 ミルトンは第2類医薬品であり、主に哺乳瓶等の洗浄に使用されている製品です。 この中で覚えておいて欲しいのはpHなのですが、ミルトンのpHは約11ですね。 医薬品だけあって資料の中でしっかりと基本的注意や処置方法にも記載してありました。 文章を読むと飲んではいけない、皮膚につかないように、吸入しないようにと、かなり厳重に注意しているのがよく分かります。 知恵袋の投稿にあった手指の消毒についても調べてみると、製品のQ&Aにきちんと記載してありました。 調べるのに全く時間がかかりませんでした。 ミルトンの効能・効果にはたしかに手指、皮ふの消毒・殺菌とありました(約20倍希釈)が、手荒れの問題であまり推奨はされていませんでした。 ところで皆さんはキッチンハイターが手についてしまった事はありますか?その時、手がぬるぬるした記憶があると思いますが、あれはミルトンやハイターの主成分である【次亜塩素酸ナトリウム】が手の皮膚のタンパク質を溶かしているからなんですよ。 ここで豆知識ですが、ハイターとミルトンの違いについてです。 鹿児島大学医学部の資料に「ミルトンと病院用ハイターの一番の違いは、医薬品か雑貨品かの違いです。 医薬品は純度、添加物が厳しく設定されており、ミルトンは医薬品であり、添加物としてはpH調整剤だけで、生体には無害であり、使用後は洗わずに使用して良いとなっております。 逆に病院用ハイターは雑貨品であり、品質、添加物ともに適当であり、消毒後は一度水洗いしてから使用すべきとなっております。 」とありました。 ミルトンは医薬品ですのでしっかりと管理されており、添加物についてもハイターとは違いpH調整剤だけという事なのでミルトン=【次亜塩素酸ナトリウム】の説明でOKかと思います。 上記のことから次亜塩素酸ナトリウムは医薬品のものに関しては人体にも使用できるが、注意点も多くあまり体に良いものでは無いという事が分かると思います。

次の

ハイターとピューラックスの違い

次 亜 塩素 酸 ハイター 違い

A ベストアンサー 蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。 液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。 物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。 つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。 しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。 たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0. 02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。 また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。 さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0. 2x0. 012気圧ということになります。 蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。 液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。 物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。 つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。 しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。 たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0. 02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま... 結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。 堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^; 確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。 ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて 共有結合の物質というものをつくっているのです。 参考書の表現が少しまずかったのですね。 tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。 下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。 共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、 黒鉛は電気伝導性があります。 (多分この2つは教科書にも載っているでしょう。 共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。 結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。 堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^; 確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。 ですから二酸化ケイ素Si... A ベストアンサー 酸化作用とは、文字通り 相手の物質を「酸化させる」作用 のことです。 つまり、"酸化させる"とはどのようなことを意味するのだったかを再確認すれば良いのです。 1 「相手に酸素Oを無理矢理でも与えること」を"酸化させる"の意味とするなら 相手に酸素を与える作用を、酸化作用という、ということになります。 たとえば、酸化銅CuOを炭素と共に熱してやると、CuOがOを炭素Cに与えて、自身は銅の単体になり、相手 炭素)はCO2となりますから、「CuOはCに対して酸化作用を及ぼした」、と言えます。 2 「相手から水素Hを奪い取ること」を"酸化させる"の意味とするなら 相手から水素を奪う作用を、酸化作用という、ということになります。 たとえば、エタノールC2H5OH の適当な温度の蒸気にして酸化銅CuOに触れさせると、エタノールは一部の水素原子を失ってアセトアルデヒドになりCuOは、CuとH2Oとに変化します。 このときは、「CuOはエタノールに対して酸化作用を及ぼした」、と言えます。 3 「相手物質から電子を奪い取ること」を"酸化させる"の意味とするなら 相手物質から電子を奪う作用を、酸化作用という、ということになります。 このとき、「CuOの銅Cuは、H2に対して酸化作用を及ぼした」と言えます。 "酸化"には、上記のように、多様な見方(説明)があります。 1 , 2 は、酸素や水素が関与している反応の場合に限定的ですが、 3 は、そのような限定から解放されている、より"本質的"な定義と言えます。 もちろん、 3 の見方をするなら、酸素を与えること,水素を奪うことも含めて、統一的に説明できます。 ですから、何も限定していない状況下なら、「相手物質から電子を奪い取る作用」を"酸化作用"と呼ぶのが良いでしょう。 酸化作用の強弱。 これも文字通り、酸化作用が強いか弱いかのことです。 たとえば、過マンガン酸カリウム KMnO4 は、多くの物質に対して酸化作用を及ぼすことができる、かなり酸化作用の強い酸化剤です。 一方、過酸化水素 H2O2 は、相手によっては酸化作用を及ぼすことができるのですが、過マンガン酸カリウムと反応するときには、むしろ酸化される側になります。 つまり、KMnO4はH2O2より酸化作用が強い、と言えるわけです。 酸化作用の強さは、相手物質が何かによって、変わるということは知っておきましょう。 酸化作用の強弱が生じる理由。 或る物質が、他の物質と電子の遣り取りをする反応をする際に、電子を奪う側になるか失う側になるかは、物質の性質によります。 電子を奪う側になりやすい物質は、酸化作用の強い物質といえますし、相手によっては電子を奪うこともあるが、別の物質相手だとその作用を発揮できないなら、酸化作用はそれなりの強さということになるでしょう。 酸化作用を示す物質を、酸化剤と言います。 或る物質Aが、他の或る物質Bに対して酸化作用を示すなら、AはBに対して酸化剤として働いた、と言います。 もちろん、酸化作用が強い物質は、強い酸化剤です。 酸化作用をしている物質に対して、還元剤という呼称は使いません。 還元作用(酸化作用の逆です)をする物質を還元剤と言い、その作用が強ければ強い還元剤ということになります。 ただし、先に書きましたように、H2O2のように、相手物質が何であるかによって、酸化作用を示す場合と還元作用を示す場合があるように、酸化剤・還元剤という呼称も、相手物質を指定して初めて意味が有る言葉となります。 酸化作用とは、文字通り 相手の物質を「酸化させる」作用 のことです。 つまり、"酸化させる"とはどのようなことを意味するのだったかを再確認すれば良いのです。 1 「相手に酸素Oを無理矢理でも与えること」を"酸化させる"の意味とするなら 相手に酸素を与える作用を、酸化作用という、ということになります。 たとえば、酸化銅CuOを炭素と共に熱してやると、CuOがOを炭素Cに与えて、自身は銅の単体になり、相手 炭素)はCO2となりますから、「CuOはCに対して酸化作用を及ぼした」、と言えま... Q イオンに価数の違うものがあるという現象が理解できません・・・。 電子を一つ外に出した方が安定だから。 変です。 安定状態は一つじゃないんですか。 あの最外核電子が希ガスと同じになると安定。 これはイオン化エネルギーの大きさだけでは判断できない事です。 CaOとNaClは結晶構造が同じです。 融点を比べると結合の強さの違いが分かります。 結合が強いというのを安定な構造ができていると考えてもいいはずです。 NaClは + 、 - の間の引力です。 CaOは 2+ 、 2- の間の引力です。 これで4倍の違いが出てきます。 イオン間距離も問題になります。 荷電数が大きくてサイズの小さいイオンができる方が静電エネルギーでの安定化には有利なのです。 Fe OH 2よりもFe OH 3の方が溶解度が格段に小さいというのも2+、3+という電荷の大きさの違いが効いてきています。 サイズも小さくなっています。 イオンは単独では存在しません。 必ず対のイオンと共に存在しています。 水和されていると書いておられる回答もありますが対のイオンの存在によって安定化されるというのが先です。 水溶液の中であっても正イオンだけとか負イオンだけとかでは存在できません。 水和された正イオンと水和された陰イオンとが同数あります。 水和された負イオンの周りは水和された正イオンが取り囲んでいます。 液体の中にありますからかなり乱れた構造になっていますが正負のイオンが同数あって互いに反対符号のイオンの周りに分布しているという特徴は維持されています。 3.d軌道に電子が不完全に入っている元素を遷移元素と呼んでいます。 「遷移」というのは性質がダラダラと変わるということから来た言葉です。 普通は族番号が変われば性質が大きく変わります。 周期表で横にある元素とは性質が異なるが縦に並んでいる元素とは性質が似ているというのが元素を「周期表の形にまとめてみよう」という考えの出発点でした。 だから3属から11族を1つにまとめて考えるという事も出てくるのです。 性質が似ているというのは電子の配置に理由があるはずです。 電子は最外殻のsに先に入って後からdに入ります。 エネルギーの逆転が起こっていますが違いは小さいものです。 まず外の枠組み(s軌道)が決まっている、違いは内部(d軌道)の電子の入り方だけだというところからダラダラ性質が変わるというのが出てきます。 11族の元素に1+が出てくるのは内部のd軌道を満杯にしてs軌道電子が1つになるというからのことでしょう。 これは#7に書かれています。 でもそれがなぜ言えるのかはさらに別の理由が必要でしょう。 s軌道の電子が飛び出してイオンができたとすると残るのはd軌道の電子です。 イオンのサイズがあまり変わらないというのはここから出てきます。 イオンの価数の種類が1つではないというのも遷移元素の特徴です。 エネルギーにあまり大きな違いのないところでの電子の出入りだという捉え方でもかまわないと思います。 イオン単独で考えているのではなくてイオンが置かれている環境の中で考えています。 イオン化エネルギーの大小だけではありません。 色が付いている化合物が多いというのもエネルギー的にあまり大きな違いのない電子配置がいくつか存在する、そのエネルギー状態は周囲の環境によって割合と簡単に変化するという事を表しています。 普通なら電子遷移は紫外線の領域です。 可視光の領域に吸収が出るのですから差の小さいエネルギー準位があるという事です。 この色が周りに何があるかによって変化するというのも、変動しやすいエネルギー順位があるという証拠になるのではないでしょうか。 酸化銅、硫酸銅、塩化銅、硝酸銅、結晶の色は異なります。 水和された銅イオン、アンモニアが配意した銅イオンもはっきりとした色の違いがあります。 4.今考えているイオンの電荷は実電荷です。 酸化数は実電荷に対応しているとは限りません。 単原子イオンの酸化数はイオンの価数そのままですが、単原子イオンではない、分子中の原子、または多原子イオンの中の原子の酸化数は形式的に電荷を割り振ったものです。 イオンでないものであってもイオンであるかのように見なしているのです。 「硫酸の中の硫黄の原子価は6+である」と書いてある危険物のテキストもあります。 酸化数と原子価の混同はかなり広く見られることのようです。 イオン化エネルギー(単位はkJ/mol) H 1312 Na 495 4562 6911 Mg 737 1476 7732 K 419 3051 4410 Ca 589 1145 4910 He 2373 5259 Ne 2080 3952 Ar 1520 2665 1.不活性元素(希ガス)の電子配置から先に行くのは難しいのが分かります。 A ベストアンサー 酸素の数の過剰を意味します。 通常のより多い酸素を含む場合に「過」がつく、といっていいのではないでしょうか。 例 H H2O 酸化水素 H2O2 過酸化水素 例 Cl HClO3 塩素酸 HClO4 過塩素酸 ちなみに、酸素が標準より少ない場合は「亜」がつきます。 HClO2 亜塩素酸 H2SO3 亜硫酸(H2SO4 が硫酸) まだ少ない場合は「次亜」となります。 HClO 次亜塩素酸 「過」のつく場合は、酸素の酸化数を -2 としたとき、相手の原子の酸化数が大きくなっている、ともいえます。 塩素酸のClの酸化数 5 過塩素酸のClの酸化数 7 (「亜」や「次亜」は酸化数が少なくなっている) 「過マンガン酸」の場合は、酸素の数というより酸化数で考えた方がいいようです。 マンガン酸イオン MnO4 2- Mnの酸化数 6 過マンガン酸イオン MnO4 - Mnの酸化数 7 Q 酸の強さと酸化力について 塩酸は強酸だが酸化力はないと書いてありました。 つまり、酸の強さと酸化力は関係がないということですよね。 「酸の強さ」とは何によって定まるのかと思い調べたら 「pKaの値が・・・」と出てきましたが、化学Iの理論化学と無機化学が終わった段階なので これはたぶん習っていません。 何によって酸の強さは決まるのですか? また、これを習っていない場合、酸の強さは覚えるしかないのでしょうか? 出てくる酸は「塩酸」「硫酸」「硝酸」くらいですが。 酸化力について これも何によって定まるのかが分かりません。 覚えるものなんでしょうか? 最後に・・・ 酸の強さと酸化力について、違いを教えてください。 A ベストアンサー 酸の強さは、水素イオンの濃度の濃さです。 pHなどでこれをあらわします。 酸化力とは反応物を酸化させる(電子を奪う)力があるものを表します。 酸化力のある酸というのは、水素イオンと対になっている部分のイオンに酸化力があるものを示します。 たとえば、塩酸であれば塩化物イオンCl-がそれに該当しますが、これは酸化反応を起こしません。 (反応時に反応物から電子を奪わない。 )なので、塩酸は酸ではある(水に溶かすと水素イオンを出す)が、酸化力はありません。 しかし、硝酸や熱濃硫酸の場合は、硝酸イオンなどが反応物を酸化させる(反応物から電子を奪う)い、なおかつ水溶液中で水素イオンを出すので、酸化力がある酸という表現を使います。 A ベストアンサー 【原核生物】 核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。 【真核生物】 核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。 細菌類・藍藻類以外の全ての生物。 【ウイルス】 濾過性病原体の総称。 独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。 要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。 ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。 こんなんで良かったでしょうか? A ベストアンサー こんにちは。 無機化学は確かに暗記が必要ですが、理解を伴った効率的な暗記が必要です。 「フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体」と唱えてもいざ問題を解くときには忘れてしまいます。 無機化学は極めようと思っても、学生には無理があります、ごくまれに難関大学でマイナーな元素の性質を問う問題もありますが、無機で出る問題はほとんど決まっています。 あなたはおそらく無機化学初心者でしょうから、頻出事項とマイナーな事項の区別がつかないと思いますので、参考書を使うことをお勧めします。 現在あなたが持っている参考書が何なのかわかりませんが、多くの参考書には「重要!」「ここがポイント!」などの重要箇所があると思います。 まずはそこを覚えましょう。 もしあなたの参考書が使いにくいのならば、別の参考書にしましょう。 あまりマニアックなのは避けて、シンプルで基礎的な参考書にしましょう。 東進ブックスの「岡野の化学をはじめからていねいに(無機・有機化学編)」などがお勧めです。 さて暗記するコツを教えましょう。 無機化学で暗記する物は大きく分けて2つです。 1つは物質の性質。 もう一つは化学反応式です。 物質の性質はほとんど丸暗記です。 ですが性質が似ている元素のグループを知っていると覚えることが少し減ります。 アルカリ金属・アルカリ土類金属・遷移元素・ハロゲン・希ガスや両性元素・酸性酸化物・塩基性酸化物などのグループは押さえましょう。 またゴロで覚えるのも効果的です。 私が使っているのは、両性元素は「ああすんなり(Zn Al Sn Pb)」。 「ひ さん に働く」で「非」金属の酸化物は「酸」性酸化物。 「禁 煙」したい「金」属の酸化物の「塩」基性酸化物。 などなど。 化学反応式についてはほとんど暗記の必要はありません。 反応の原理だけ知っていれば知らない化学反応式でも書けます。 そのために必要な知識を書きます。 こんにちは。 無機化学は確かに暗記が必要ですが、理解を伴った効率的な暗記が必要です。 「フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体、フッ素は刺激臭がある淡黄色の気体」と唱えてもいざ問題を解くときには忘れてしまいます。 無機化学は極めようと思っても、学生には無理があります、ごくまれに難関大学でマイナーな元素の性質を問う問題もありますが、無機で出る問題はほとんど決まっています。 あなたはおそらく無機化学初心者でしょうから、頻出事項とマイナーな事項の区別が...

次の

花王株式会社 製品Q&A 「キッチンハイター」と「ハイター」の違いは?代わりに使えるの?

次 亜 塩素 酸 ハイター 違い

次亜塩素酸ナトリウム まず【次亜塩素酸ナトリウム】ですが、これは哺乳瓶の洗浄で非常に有名な ミルトンを例に挙げて説明していきます。 ミルトンは第2類医薬品であり、主に哺乳瓶等の洗浄に使用されている製品です。 この中で覚えておいて欲しいのはpHなのですが、ミルトンのpHは約11ですね。 医薬品だけあって資料の中でしっかりと基本的注意や処置方法にも記載してありました。 文章を読むと飲んではいけない、皮膚につかないように、吸入しないようにと、かなり厳重に注意しているのがよく分かります。 知恵袋の投稿にあった手指の消毒についても調べてみると、製品のQ&Aにきちんと記載してありました。 調べるのに全く時間がかかりませんでした。 ミルトンの効能・効果にはたしかに手指、皮ふの消毒・殺菌とありました(約20倍希釈)が、手荒れの問題であまり推奨はされていませんでした。 ところで皆さんはキッチンハイターが手についてしまった事はありますか?その時、手がぬるぬるした記憶があると思いますが、あれはミルトンやハイターの主成分である【次亜塩素酸ナトリウム】が手の皮膚のタンパク質を溶かしているからなんですよ。 ここで豆知識ですが、ハイターとミルトンの違いについてです。 鹿児島大学医学部の資料に「ミルトンと病院用ハイターの一番の違いは、医薬品か雑貨品かの違いです。 医薬品は純度、添加物が厳しく設定されており、ミルトンは医薬品であり、添加物としてはpH調整剤だけで、生体には無害であり、使用後は洗わずに使用して良いとなっております。 逆に病院用ハイターは雑貨品であり、品質、添加物ともに適当であり、消毒後は一度水洗いしてから使用すべきとなっております。 」とありました。 ミルトンは医薬品ですのでしっかりと管理されており、添加物についてもハイターとは違いpH調整剤だけという事なのでミルトン=【次亜塩素酸ナトリウム】の説明でOKかと思います。 上記のことから次亜塩素酸ナトリウムは医薬品のものに関しては人体にも使用できるが、注意点も多くあまり体に良いものでは無いという事が分かると思います。

次の