厄年 2020 男性。 2020年の男性の厄年!これはやって良い?悪い?贈り物は何がいい? | 厄年

厄年2020年男性の生年月日と年齢は。厄払い時期といつ行くのが良いのか調べてみた

厄年 2020 男性

2020年(令和2年)の八方塞がり はっぽうふさがり 【八方塞がり】 陰陽道 おんようどう で、どの方向に向かってもすべて不吉の結果を招くこと。 転じて、どの方法もふさがれてしまって、どうにもならないこと。 この記事を読み進めるとこんなことがわかります• 厄年は【前厄・本厄・後厄】がある 厄年は本厄の年齢の前後にそれぞれ前厄・後厄があります。 そのほかにも男女の厄年には年齢に合わせて呼び方が違いがあります。 神社によって厄年が違うことがありますが 下記のもので計算されています• 旧暦の1月1日に(旧暦の年始)に歳をとる• 立春に歳をとる• 新暦の1月1日に(新暦の年始)に歳をとる 厄年は数え年で数えます そこでこの数え年について説明していきたいと思います。 古くから日本では年齢の計算をこの数え年で行ってきました。 これは母親の体内にいる時から生きていたものとする計算法で、生まれた時点で1歳と計算します。 歳を加えるのはそれぞれの誕生日ではなく1月1日に全ての人が1つ歳を取るのが数え年です。 例えば12月31日生まれの赤ちゃんは生まれた当日は1歳ですが、翌1月1日には生まれて2日目にもかかわらず2歳になってしまうのです。 数え年の年の取り方には3つの種類がある この数え年も歳を取る日をいつにするかでいくつかの種類があります。 現在の日本で取られているグレゴリオ暦1月1日に一つ歳を取る方法のほかに旧暦の1月1日に歳を取る方法。 さらには立春(節分の翌日)に歳を取る方法です。 厄払いを行う神社やお寺の中には数え年の方法が違う 神奈川県川崎市にある川崎大師は厄除けで有名なお寺ですが、こちらでは満年齢で厄年を定めていますので、数え年で厄払いの祈祷を受けようとすると受付であなたは厄年ではありません、と言われることになってしまうのです。 お正月は現在では西暦に合わせた1月1日の頃を指します。 お正月の頃にすることや歴史がわかります。 厄払いを考えている人にとっては死活問題、ということでなぜ節分までに厄払いを行ったほうがいいのかというのには理由があります。 節分の日は立春の日に当たります。 旧暦の暦の上では現在の節分の日がお正月ということになり新年の始まりを意味します。 そのため厄払いは節分までに行ったほうが良いとされています。 新年を新たな気持ちで迎えるためにも「今年厄年だ」とおもったら、心を清め、新しい一年を迎える準備をする機関ととらえて、厄払いをしてもらうことでリフレッシュしてみましょう。 厄払いに関しては別のページで準備しています。 そちらでは 日本最強の厄払いの神社や厄払いをしてもらうときに役立つ情報をまとめています。 近年では様々なものが統計されており厄年というのも、科学的とまではいえませんが、健康を損なう年齢などから「新厄年」なる考え方も現れています。 統計学では人間の健康を害する7疾患などにかかる年齢などに着目しており男性、女性ともに63歳の頃を「大厄」という結果になっているようです。 厄明けはいつ? 厄開け祝いにお返しやお参りをしよう 厄年をすぎて最初の年は厄明けといって無事に過ごしたことへの感謝をこめて厄開け祝いや、お世話になった神社へのお参りや、贈り物を頂いた方へお返しをするというのがマナーになっています。 そこで、ここでは厄明けにすることについて紹介していきます。 厄明けはいつ? 厄明けはいつなのか?という答えはインタネット等で調べられても複数の答えが存在していますが、その多くは 厄明けは節分までという考えが多いように感じます。 ただ、地域によっては厄年の数え方に違いがあり、満年齢で数える場合と数え年で数える場合があります。 そのため、そもそもの後厄になる年齢をきちんと把握しておくことが大事かと思います。 厄明けにお宮参りをしよう 厄年のときに厄払いをしてもらった神社やお寺に厄年を明けたことや無事に明けることが出来たことの報告もかねてお参りをするというのがあります。 簡易的に神社に行ってお参りをするだけの所から、厳格にお祓いをして厄明けをするとこと賀ありますが、ほとんどの場合は簡単にお参りだけで住ませる方が多いようです。 地域や宗教によっては、その厄明けのときのしきたり等も違いがあることから、ご自身による確認が必要になってきます。 厄年の時にお世話になった人へのお返し 厄年の時に長いものを贈っていただいくなど、厄除けのために知人や家族などから贈り物をしてもらったら、そのお返しをしたいところです。 お返しはあくまでも無事に乗り切ることが出来たよというお知らせを込める意味でお菓子などをお返しにすることがあったり、食事会などをする方も多いようです。 厄年のことを心配してくれた方々へのお返しとして、その気持ちへのお返しをしたいところですね。 厄明けについてのまとめ ・厄明けは節分までが多い ・厄払いを受けた神社やお寺にはお参りに行く ・厄年に贈り物を頂いた方へはお返しをする 厄払いに関係する行事 現在ではひな祭りは生まれてきた女の子の健康や幸せを願う行事としてだれもが知っている行事ですが、もともとは病気や厄災などから守るために人形に代わりになってもらい、希望や願いをこめその人形を川や海に流すという中国から伝わったとされる行事でした。 雛人形として飾られるようになったのは江戸時代の頃からのようです。

次の

厄年とは?2020年男女の厄年早見表と厄除けの神社お寺20選

厄年 2020 男性

概要 [ ] 厄年一覧(日本国内の一般例) 前厄 本厄 後厄 男 性 24歳 25歳 26歳 41歳 42歳 43歳 60歳 61歳 62歳 女 性 18歳 19歳 20歳 32歳 33歳 34歳 36歳 37歳 38歳 一般的に男性と女性の厄年は異なり、本厄はの場合は、で25歳、42歳、61歳、の場合は19歳、33歳、37歳とされている。 特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされている。 「四十二の二つ子」といって、数えで父親が42歳のときに2歳の男児は、四二に二を加えると「四四(死死)」になることから忌み嫌われ、親を食い殺すという迷信があり、仮に一度捨てて人に拾わせて育てるなどの風習があった。 いずれの厄年にもその前後1年間に前厄(厄の前兆が現れるとされる年)・後厄(厄のおそれが薄らいでいくとされる年)の期間があり、本厄と同様に注意すべきとされる。 本厄の年に「」・「」を行い、神仏の加護を受けて凶事や災難を未然に防ぐ慣習がある。 厄年の数え方や行事については、地域や寺社ごとの差異も大きい。 通常は厄年の年齢にはを用いるが、は数え年ではなくで厄年を計算する。 地域や宗派などによっては61歳の還暦を男女共通で厄年とする場合もある。 神社によっては、大厄のみに前厄、後厄を設け、小厄(大厄以外の本厄)には設けない場合がある。 また、地方に幅広く根付く風習でもあるため、単純に厄除け参りを行うだけではなく、地域を挙げての行事として祭りのように祝う事もある。 広義の厄年に、を含める地方もある。 この場合、男性女性ともに厄年の最少年齢は3歳()になる。 その他、厄年の数え方も25歳を「五五の厄年」など掛け算にするなどの風習もある。 数え年について [ ] なお「数え年」の加算日は神社によって異なり、グレゴリオ暦(新暦)1月1日とするもの、の日(通常は2月4日 )とするものがある。 数え年の加算日を立春の日とする場合 誕生日が元日から立春の日前日までの人の場合については、立春の日から大晦日までの期間は、前述による数え年 に1を加える。 誕生日が立春の日から大晦日までの人の場合については、元日から立春の日前日までの期間は、前述による数え年から1を減じる。 前2者に該当しない場合は、前述による数え年と同じ。 なお、数え年の加算日を旧正月とする場合もあるが、煩雑となるためあまり用いられない(そもそも立春を加算日とするのも、旧正月による加算が煩雑となるため簡便化とした方法である) 厄年の説明 [ ] 厄年は根拠が無い事からともされているが、それを踏まえた上で厄年の説明なども行われている。 しかし、それを証明する統計などはない。 者のは、「平安時代は貴族は毎年厄払いをしていた。 江戸時代に入って暦の普及とともに厄年も普及し神社仏閣での厄除けが流行した。 現代は成人儀礼として行われている」と述べている。 学者のは、経験則的にこの時期に人生の節目になるとされている年だと述べている。 は生理上身体の一変する時期を経験的に測ったものだったのが、を担いだや言葉遊び 19は「重苦」に通じ、49は「始終苦」に通じ、42は「死に」に通じ、33は「惨々」 が流入したと推測する。 由来 [ ] に起源があると考えられているが出典は定かではない。 何歳が厄年であるか、またその年齢が厄年とされる理由はさまざまである。 たとえば、平安時代の『』では「厄 ヤク 十三 廿五 卅七 (四十)九 六十一 七十三 八十五 九十七 謂元事 」、に成立した『』下末八卦では清原枝賢等筆7年(1510年)写本では「厄年 十三 廿五 卅七 四十九 六十一 七十三 九十九 」、9年(1632年)の刊本では「厄年 十三 二十五 三十七 四十九 六十一 八十五 九十九 」とある。 『宇津保物語』楼上巻上に「左大臣どのの厄年におはするとて大饗せられぬは」とあるのが文献上、厄年の初見とされる。 37歳の厄年は『源氏物語』薄雲巻に「三十七にぞおはしける[中略]つつしませたまふべき御年なるに」、また若菜巻に見え、33歳の厄年は『水鏡』序に見える。 『仏説灌頂菩薩経』では七、十三、三十三、三十七、四十二、四十九、五十二、六十一、七十三、八十五、九十七、百五」とする。 では、『』には、「厄歲 按素問陰陽二十五人篇云 件歳皆人之大忌 不可不自安也 考之初七歳以後皆加九年 今俗別男女厄 男二十五、四十二、六十一、女十九、三十三、三十七男以四十二女三十三為大厄 未知其拠 」と、厄年は『素問』陰陽二十五人篇の大忌で9歳から9年毎にあるとし、いまは俗に男25、42、61、女19、33、37、男は42をもって女は33をもって大厄となす。 其のよってくる所を知らず、男42の前年を前厄、翌年を挑厄(はねやく)といい、前後3年を忌む(今、俗に男の25歳、42歳、61歳、女の19歳、33歳、37歳を厄年だといっており、男の42歳と女の33歳は大厄で、男41歳を前厄、43を挑厄といい、41~43歳の前後3年は注意して過ごさなければならないといっている)とある。 の『素問』に該当はないが、『霊枢』陰陽二十五人第64 に「 黄帝曰 其形色相勝之時 年加可知乎 岐伯曰 凡年忌 下上之人 大忌常加 七歳 十六歳 二十五歳 三十四歳 四十三歳 五十二歳 六十一歳 皆人之太忌 不可不自安也 感則病行 失則憂矣 當此之時 無爲姦事 是謂年忌 」と大忌の記述がある。 の『塩尻』巻12には、「我国男四十二、女三十三、異邦七歳、十六歳、三十四歳、四十三歳、二十五歳、五十二歳、六十一歳」とある。 巻14では「四十二は四二なり。 死に通ず。 四十二の二ツ子は、父子の年にて四十四。 中略して四四なり。 死に通ずること。 まことに愚なること也」とある。 また『』一によれば、男性の25歳、42歳、女性の19歳、33歳が厄年であるという。 その理由は2は陰数であり、5は陽数であり、つまり陰が上に、陽が下にあるから25歳を恐れ、42歳は4も2も陰数であり、読んで「死」、男性は最もこれを恐れる。 19歳は10は陰数であり、9は陽数であり、陰が上に、陽が下にあり、したがって女性はこれを恐れ、33は陽数が重なり、事の敗続するのを「散々」といい、いずれも「サンザン」と同訓であるから最も恐れるとしている。 田宮仲宣の『橘庵漫筆』四でも同じように、「四十二は死と云訓にて三十三は散々と云音なり」という。 林自見の『雑説嚢話』では、「俗の厄年ということ、旧記にこれなきこと也。 また、俗に女は三十三を厄という。 女は産を大厄とすれば、三十三の産の声を重ねるが故、厄年とす」とある。 日本以外の同様の風習 [ ] 厄年のような考え方は、日本だけのものではなく、やといった国、やといった国にも同じような風習があるという。 厄除けで有名な日本の神社仏閣 [ ] 関東地方 [ ] 関東の神社 [ ]• (通称:厄八幡)• (鹿児島神宮)(大社)、。 はで、現在はの。 別名を「大隅正八幡宮」。 厄年をテーマにした作品 [ ] テレビドラマ• (TBS系列、1993年、原案は『課長の厄年』)• (TBS系列、2006年) 絵本• 『42本のローソク』 出典 [ ]• 日本神社暦編纂會編『神社暦』• コトバンク• ただし、年によっては立春の日は2月3日、2月5日の場合もある。 さらに、数え年の加算日を立春とする神社でも、厳密な立春の日を採用しているかどうかは神社により異なる。 期末は満了する午後12時(真夜中(正子))とする。 以下同じ• 数え年の加算日をグレゴリオ暦1月1日とする場合• 色葉字類抄 享保8年日野資時の写本. 早稲田大学 古典籍総合データベース. 2011年2月10日閲覧。 拾芥抄 清原枝賢等筆永正七年1510写. 京都大学附属図書館. 2011年2月9日閲覧。 洞院公賢. 拾芥抄 寛永壬午孟夏吉旦西村氏吉兵衛新刊. 京都大学附属図書館. 2011年2月9日閲覧。 「古今東西数字のジンクス」『歴史と旅』第9巻第14号、秋田書店、1982年12月、 162頁。 和漢三才図会 大阪 中近堂. 1884-1888. 2011年2月9日閲覧。 富士川文庫 『黄帝内経霊枢註証発微』. 京都大学附属図書館. 2011年2月12日閲覧。 、中段参照 関連項目 [ ]• - 「四十二の二つ子」の息子・友次を養子に出した• - 「四十二の二つ子」の息子・倫親を養子に出した.

次の

【厄年男性】2020年(令和2年)の過ごし方!平成8年・昭和54年・昭和35年生まれは本厄ですぞ

厄年 2020 男性

厄年とは読んで字のごとく災厄に遭いやすいとされる年齢です。 厄年の風習は平安時代の陰陽道にさかのぼるといわれていますが、はっきりした根拠などは不明です。 厄年と言えば、誰もがすぐに男性42歳の「男の大厄」と、女性33歳の「女の大厄」の事を思い浮かべるのではないでしょうか? しかし、厄年は「42(死に)」と「33(散々)」に通じるこのふたつの年齢だけでなく、男性は25歳と61歳、女性は19歳と37歳も同じように厄年に当たっているのをご存知でしょうか? また、厄年とはいっても、その1年だけ注意すればよいというものではなくて、厄年の前年に当たる「前厄」と後の年に当たる「後厄」を合わせた3年間は充分に注意を払わなければならないといわれています。 根拠のない「厄年」ですが、アンケートによると「厄年は迷信だと思いますか?」と言う問いに、約64%の人が「そう思はない」と厄年に肯定的な回答をしています。 また、厄年の人に対するアンケートでは、「あなたは厄年であることが気になりますか?」と言う問いに、約59%の人が「気になる」と答えています。 厄年早見表 2020年男性の厄年一覧 《男性の厄年25歳》 1997年(平成9年)生まれ24歳 前厄 1996年(平成8年)生まれ25歳 本厄 1995年(平成7年)生まれ26歳 後厄 《男性の厄年42歳》 1980年(昭和55年)生まれ41歳 前厄 1979年(昭和54年)生まれ42歳 大厄 1978年(昭和53年)生まれ43歳 後厄 《男性の厄年61歳》 1961年(昭和36年)生まれ60歳 前厄 1960年(昭和35年)生まれ61歳 本厄 1959年(昭和34年)生まれ62歳 後厄 2020年の男性の厄年と厄除け 2020年は、庚子 かのえね 七赤金星の年となります。 庚子 かのえね の年は、新しいスタートに備えて、環境を整えるのによい年です。 しかし、予期せぬ潮流の変化や出来事が起きやすい面もあります。 さて、2020年に数え年25歳の厄年を迎える男性は、1996年丙子(ひのえね)の年の生まれで、頭脳明晰で冷静な判断力の持つタイプです。 しかし、情熱に任せて暴走するような面も持っています。 丙子(ひのえね)の年の生まれの人にとって庚年は、目が廻るくらい忙し年ですが、気力・体力ともに充実しているので乗り越せるでしょう。 今年は、部屋の香りにこだわると厄除けにつながります。 また、お風呂での半身浴も厄除けにつながります。 厄除けに神社に行くなら、南西、東北、南東にある神社に行くとよいでしょう。 2020年に数え年42歳の厄年を迎える男性は、1979年己未(つちのとひつじ)の年の生まれで、様々な才能と燃えるような情熱を持つタイプで、本能で進むべき道を見つけます。 己未(つちのとひつじ)の年の生まれの人にとって庚年は、病気やケガ、不用意な発言に注意が必要な年です。 今年は、食事の時間に会話を楽しむことが厄除けにつながります。 また、歩いて足腰を鍛えることも厄除けにつながります。 厄除けに神社に行くなら、南、西北、東にある神社に行くとよいでしょう。 2020年に数え年61歳の厄年を迎える男性は、1960年庚子(かのえね)の年の生まれで、繊細でプライドが高く、現実から逃避する傾向のあるタイプです。 冒険心を持つことで、内に秘めた豊な才能を生かすことだできます。 庚子(かのえね)の年の生まれの人にとって庚年は、自己成長や新しいことを始めるのに適した年です。 今年は、美しい立ち振る舞いを心がけると厄除けにつながります。 また、水玉や丸いモチーフのものを身に着けることも厄除けにつながります。 厄除けに神社に行くなら、南西、南東、東北にある神社に行くとよいでしょう。 女性の厄年は 前厄 本厄 後厄 18歳 19歳 20歳 32歳 33歳 34歳 36歳 37歳 38歳 60歳 61歳 62歳 女性の本厄は、数え年の19歳・33歳・37歳・61歳で、今年(2020年)の本厄は、 平成14年(2002年)生まれ、昭和63年(1988年)生まれ、昭和59年(1984年)生まれ、昭和35年(1960年)生まれの方となります。 厄年早見表 2020年女性の厄年一覧 《女性の厄年19歳》 2003年(平成15年)生まれ18歳 前厄 2002年(平成14年)生まれ19歳 本厄 2001年(平成13年)生まれ20歳 後厄 《女性の厄年33歳》 1989年(平成 2年)生まれ32歳 前厄 1988年(平成 1年)生まれ33歳 大厄 1987年(昭和62年)生まれ34歳 後厄 《女性の厄年37歳》 1985年(昭和60年)生まれ36歳 前厄 1984年(昭和59年)生まれ37歳 本厄 1983年(昭和58年)生まれ38歳 後厄 《女性の厄年61歳》 1961年(昭和36年)生まれ60歳 前厄 1960年(昭和35年)生まれ61歳 本厄 1959年(昭和34年)生まれ62歳 後厄 2020年の女性の厄年と厄除け 2020年は、庚子 かのえね 七赤金星の年となります。 庚子 かのえね の年は、新しいスタートに備えて、環境を整えるのによい年です。 しかし、予期せぬ潮流の変化や出来事が起きやすい面もあります。 さて、2020年に数え年19歳の厄年を迎える女性は、2002年壬午(みずのえうま)の年の生まれで、若くして頭角を現す、バイタリティーあふれるタイプです。 衝動的を避け感情をコントロールすれば、何事でもよい結果を得られるでしょう。 壬午(みずのえうま)の年の生まれの人にとって庚の年は、運気が停滞して、集中力、判断力が停滞する年でトラブルも多くなります。 今年は、インテリアに観葉植物を取り入れ、植物に触れることで厄をよけとなり健康運をアップできます。 また、文字を丁寧に書くことを心がけることで、人間関係の厄除けとなります。 厄除けに神社に行くなら、南西、西北、東北にある神社に行くとよいでしょう。 2020年に数え年33歳の厄年を迎える女性は、1988年戊辰(つちのえたつ)の年の生まれで、人に頼らず自らの力で問題を解決してゆく行動力溢れるタイプです。 戊辰(つちのえたつ)の年の生まれの人にとって庚の年は、緊張感から解放されリラックスできる年です。 半面、集中力にかけやる気に欠ける年となりがちです。 今年は、早朝の読書や運動が厄除けにつながります。 また、食生活を和食中心にすることも厄除けにつながります。 厄除けに神社に行くなら、西、南西、北にある神社に行くとよいでしょう。 2020年に数え年37歳の厄年を迎える女性は、1984年甲子(きのえね)の年の生まれで、正直で性格がよく、忍耐強い努力かです。 スポットライトを浴びることは少ないですが、裏方として力を発揮するタイプです。 甲子(きのえね)の年の生まれの人にとって庚の年は、行動的になる年です。 チャンスには、思い切って挑戦し見るとよいでしょう。 今年は、森林浴など緑の多いところでリラックスすると厄除けにつながります。 また、人に謙虚に接することは、人間関係の厄除けとなります。 厄除けに神社に行くなら、南西、東北、南東にある神社に行くとよいでしょう。 2020年に数え年61歳の厄年を迎える女性は、1960年庚子(かのえね)の年の生まれで、繊細でプライドが高いタイプです。 困難から逃げずに思い切ってぶつかれば、豊かな潜在能力を生かして大成します。 庚子(かのえね)の年の生まれの人にとって庚の年は、新しいことをスタートするには良い年となります。 積極的に物事に取り組めば、実力を発揮できます。 今年は、インテリアや身の回りに丸いものや水玉模様の物を取り入れると厄除けにつながります。 また、美しい所作を心がけることも厄除けにつながります。 厄除けに神社に行くなら、南西、南東、東北にある神社に行くとよいでしょう。 厄年に神社仏閣巡り 厄年というのは、その年だけでなく前厄と本厄と後厄があります。 意外にも前厄は色んなことがあり、様々な事でも上手くいかない物でした。 特に自分自身では子宮筋腫になり、翌年には手術をしました。 それまでは、色んなことがありましたが、 これは最高潮でないかというくらい次から次へとのしかかってきます。 なので、厄年をどうにか上手に乗り切る事をしたいと思い、 まずは厄払いをしようかと思いましたが、それより神社やお寺を巡るようにしました。 その際につけていたのが、ご朱印です。 ご朱印は神社や寺院を回った記念にもなりますが、 それだけでなくお守りとしても効果があります。 効果は自分自身があっただけですが、 文字の中に入ったその場所のパワーが自分を守ってくれていると感じたからです。 もともと神社仏閣めぐりは好きでしたが、 厄年に限って3年間はより多く巡っていました。 また、近くの神社へ参詣をする事、 そうすると神様から守ってもらっている感があるのです。 これで私は、辛い時も乗り越えられました。 人気の厄除け神社仏閣3(中部・近畿) 中部・近畿で厄除けの御利益があるととして人気の神社仏閣を紹介します。 厄年に出産すると厄が流れると聞いていたのであまりネガティブには捉えず、 初詣の時に祈願し、厄除けお守り・安産お守りを購入しただけでした。 出産までは特に厄と感じるトラブルもなく平穏な日々を過ごしていました。 しかし、出産をした途端に、家族にトラブルが立て続けに起こりました。 1つは弟が交通事故にあいました。 大事には至りませんでしたが大きな事故でした。 もう1つは祖母が転倒、骨折、入院、施設入所となりました。 里帰り中で新生児を抱えながら母と私で看病、 諸々の対応と気持ちの休まる時がありませんでした。 自身への直接的な事柄があったわけではありませんが 家族や生活に変化をもたらすものでした。 厄年は年齢を重ねて自身の健康の変化が起きたり、自身が年を重ねた分、 家族も年を重ね健康に変化がでてくるので、 特に注意をしなければいけない年なのだと実感しました。 厄年は誰にでもいつか訪れるものです。 厄年をネガティブに捉えがちですが、 自身や家族の健康や生活を見直し注意をする機会と捉えて過ごせば 厄という気持ちは軽減されます。 厄年の体験談 厄年は医学的にも病気をしたり、社会的にも環境の変化がある歳と言われています。 今年本厄の私は、初詣には厄払いをしました。 結婚、引越し、家の建て替え、起業などを避けた方が良いと言われていますが、 それは今の私には当てはまらないので大丈夫かなと思ってました。 でも、厄年は婦人系の病気にかかる人が多いとも言われているので、 なかなか行けていなかった婦人科検診をしっかりと受けることにしました。 幸い結果は大丈夫でしたが、暴飲暴食など体に悪いようなことはしないよう心掛けています。 あまり厄年ということばかりを気にし過ぎてしまうのもストレスになるので、 不摂生はしないくらいであとは平和に暮らそうと思っています。 でも、先日自転車で転んだことがありました。 自転車で転ぶなんて、小学生以来だったので自分自身でびっくりしました。 膝と肘を擦りむいたくらいで済みましたが、 これも厄年だからかとちょっと怖くなったりもしました。 厄年は体力面でも精神面でも今までと同じようにいかなくなる年齢に 差し掛かったということなのかなとも思ってます。 自分自身を過信せずに、年齢をしっかり感じながら生きていこうと思います。 スポンサードリンク 九星気学と厄年・厄除け入門 九星・開運御神籤• お役立ちリンク• スポンサードリンク• Copyright C All Rights Reserved.

次の