ディスク アップ 異色 ビック。 ディスクアップ|異色BIGのDT当選率という表記に騙されるな!

【 ディスクアップ 異色 ダンスタイム 】 異色ビック当選時のDT突入抽選の詳細

ディスク アップ 異色 ビック

目次 通常時のボーナス当選時の抽選 ダンスタイム当選率 通常時のボーナス当選時に、抽選によりダンスタイムの抽選が行われる。 同色ボーナスは終了時の「ジャッジルーレット」当否が告知され、異色ボーナスは入賞時に「feat. DT」と表示されればダンスタイム当選となる。 (異色からの非当選が続いた場合、高設定の期待度がUPする。 ) なお、REGからはダンスタイムへは突入しない。 設定 同色BIG 異色BIG 1 50. 薄いながらもいきなり1500Gの振り分けも存在する。 100Gを突破したら大量G数に期待しよう! なお異色BIGから突入した場合、必ず40G以上となる。 G数 同色BIG 異色BIG 20G 38. 7G 74. 4G ART中のボーナス当選時の抽選 ダンスタイム上乗せG数 ART中のボーナス当選時は、ダンスタイムG数の上乗せ確定。 (REGでも上乗せとなる。 ) G数 同色BIG 異色BIG REG 20G 87. 9G 22. 1G DT当選時100G以上の振り分け詳細 DT当選時に 100G以上の振分けが選択されると、そこからは ループ率による加算抽選を行い結果を反映する仕様になっている。 ループ率は通常時からの当選・ART中の当選・設定を問わず一定で、下記のように振り分けられる。 上乗せのループ率 振り分け 0.

次の

ディスクアップ ボーナス(BIG/REG)解析【スロット・パチスロ】

ディスク アップ 異色 ビック

この時に実は他のリールでも特定箇所をビタ押しすることで 上乗せが可能だ。 ・右リール「スイカ・リプ・星」(枠下青7) ・左リール「星・リプ・星」 ただし左・右リールのビタ押し箇所を狙った場合 ビタ押し成功時に効果音(ジュワン)が発生しないため 成功したのか失敗したのか見抜きにくくなる可能性もある。 そのため設定差特大のビタ成功+上乗せ無しに気付かない 可能性もあるため、あまり意味はない。 【第一リールでビタに失敗しても他リールでビタ成功すれば上乗せ?】 第一リールでビタ押しに失敗しても左右リールにもビタ押し箇所があるということは ビタ押しチャンスが1度に3回あるのでは? と考えられたが、残念ながらこれはNGだ。 第一リールでビタ押しに失敗した時点で他リールでの ビタ押しは無効となる。 尚、中右リールどちらかでのビタ押し失敗時は 9枚役の取りこぼしを防ぐため、必ず左リールを第二停止としよう。 今回は新たなビタ押しポイントについて。 個人的な話をすると新台当初、「READY」発生時に 間違えて予告音非発生時の打ち方をしてしまい、偶然にも 右リール枠下に青7をビタ押ししてしまったが その時に上乗せが発生したため、疑問を感じていた。 新台初日だったため、こういうこともあるのかと 自分で納得していたが、真相はこういうことだった。 ビタ押しは3箇所あるが、自分の見やすいところを狙うといいだろう。 ただし前述した通り、左右リールのビタ押しは「ジュワン」効果音が 発生しないので、ビタ上乗せ無しに気付かない可能性もある。

次の

『パチスロディスクアップ』単独異色ビッグと1枚役A異色ビッグを簡単に見抜く方法。

ディスク アップ 異色 ビック

詳細確率について 異色ビッグ時のDT突入確率は 設定1で約50% 設定6で約19% となっています。 が!!! 結構大きな差なので、ここだけ見るとかなり設定判別に使えそうな要素に思えますよね。 ですが、これ正直当てになりません。 もちろん、全く使えないというわけではないのですが、 大半の方は、この差について【見る角度】が違っています。 高設定は【異色ビッグからDTに入りにくい】という考え方はちょっと間違い 異色ビッグを引いたときにDTに入りにくいのが高設定というのがどのサイトでも書かれているのですが、 この書き方自体が結構問題があるのではないかと私は思っています。 というのも、この『入りにくい』という書き方だとダメな要素に聞こえます。 でも実は、そんなことは全くありません。 高設定も低設定もDTに突入する異色ビッグ確率は同じです。 じゃあなぜ高設定はDTに入りにくいと書かれているのか。 それは、DTに突入しない異色ビッグ確率に大きな設定差があるためです。 高設定ほどDTの付いていない異色ビッグを引きやすい 【引きやすい】というのが正確な書き方やと思うんですよね。 高設定ほどDTが付いていない異色ビッグを引きやすいから、 結果的に異色ビッグからのDT突入率が悪くなる。 正確にはDT突入比率が悪くなるですね。 『どっちでも一緒じゃないか』と言われてしまえばそれまでなんですが。 異色ビッグを引いたときにDTに突入しないからってマイナス要素ではない 先ほども書きましたがDTに突入する異色ビッグ確率は全設定共通です。 DT突入比率だけ見て、 異色ビッグからDTに突入してしまったから高設定の可能性が薄れてしまったと考える方が結構多いのですが、 全く違います。 設定差の無いDT付き異色ビッグを引いたというだけです。 なのでDTの付いていない異色ビッグにだけ着目して設定看破してください。 DTの付いていない異色ビッグを引けたから高設定に期待! というのが正しい見方だと思います。 もちろん、1回程度では設定看破では出来ませんし、 運よく設定1でも複数回引くこともあるでしょうから、 過度に期待はできませんが。 というよりもディスクアップに高設定を使うメリットがホールに無いような。 なんで私は、常にベタピン設定と見越して打っていますので、 異色ビッグとかチェレグとか一切気にしてません。 ディスクアップに設定は無いものと思っています。 超偏った考え方です。 参考になれば幸いです。

次の