トロッコ 問題 答え。 トロッコ問題

「トロッコ問題」(路面電車問題)とは何か?

トロッコ 問題 答え

「有名な思考実験の1つに、トロッコ問題というものがあります。 今日はこのトロッコ問題について考えてみます。 いいですか?」 「はーい」 トロッコ問題A 「スタンダードなトロッコ問題は、こんな内容です」 「線路を走っているトロッコが制御不能になりました。 このままでは前方で作業中の5人がトロッコに轢かれてしまいます」 「えーっ!!」 「このときあなたは、線路の分岐器の近くにいました。 あなたが分岐器のレバーを引き、トロッコの進路を切り替えれば5人は助かります」 「なんだ、やった。 切り替えようよ」 「ところが、 別路線にも1人作業員がいるため、代わりにその人が轢かれてしまいます」 「なんてこった」 「えー、無理だよ! 選べない!!」 「もしかしたらわかり辛いかもしれないので、図にしてみます」 「何か登場人物が全員モンスターに見えるんだけど!?」 「気にしないでください。 ちなみにこの図は私が すごく頑張って作りました。 大変でした」 「あとこのレバーは何?」 「分岐器のフリー素材が見つからないので、代わりに 焼き鳥のレバーを使いました。 許してください」 「ああ、そう…」 「さて、あなたはレバーを引きますか?」 「レバーは引きません!」 「あーっ!!」 「だって モンスターなんだもん…いっぱい倒したほうがいいよね」 「ああ…ちなみにほとんどの人は、レバーを引くそうです」 「それは人間の場合だよね。 わたしも人間相手なら、辛いけどそっちを選ぶかな…」 「…ちなみにこのトロッコ問題について先日、一大センセーションがありました。 以下の動画は、 2歳児に対してこの難問をぶつけた際の回答だそうです。 一体どのような回答だったか? 少し考えてみてください」 「うーん、想像つかないな。 2歳の子にこんな難しい問題理解できるの?」 答え:1人を移動させ、全員轢く 「おーい、なにやってんのこれ!!」 「私も度肝を抜かれました。 答えがわかった人は、連絡ください。 その発想力で私と事業を起こしましょう」 「今書いてるこの記事は、『これからの「正義」の話をしよう』を今更読んで触発されて書いてるんですが、流石のサンデル先生も想定していなかったに違いありません」 トロッコ問題B 「さてトロッコ問題には派生系があります」 「ほう」 「線路を走っているトロッコが制御不能になりました。 このままでは前方で作業中の5人がトロッコに轢かれてしまいます」 「ここまではさっきと同じですね」 「この時あなたは橋の上に立っています。 そして近くには 太った人がいます。 太った人はあなたに気づいていません」 「嫌な予感がしてきました」 「あなたは太った人を突き落とすことで、トロッコを止めることができます。 5人は助かりますが、 当然太った人は命を落とします。 あなたは痩せているので、自分自身が飛び降りてもトロッコは止まりません」 「ぐぬぬ…」 「さてあなたなら、どうしますか? 図を見てみますか?」 「…また図、あるの?」 「あります」 「図はいいです」 「えっ」 「図なしで考えます」 「…そんなこと言わずに、図を見てくださいよぉぉぉっ!!」 「やっぱモンスターじゃん!! だから嫌だったのよ!」 「すんまへん」 「しかもこの図だと太った人が転がっていって被害を与えそうだし…」 「太った人は転がらないです。 無事に止まります」 「あと、 トロッコに何か変なの入ってない? これは!?」 「気にしないでください。 で、どうしますか?」 「うーん…」 「まあ、落とさないよね」 「やっぱそうかー!!」 「何か今回はさっきより凄いことになってたけど!?」 「気のせいです」 「この派生問題は、さっきとは違って、『突き落とさない』を選択する人が多いそうです。 もちろん人間の場合で、です」 「わたしも、人に対し直接手を下すのは嫌だな」 「この派生問題はある種問題が卑怯で、問いかけの前提条件では『太った人の突き落としに失敗することはない』『太った人でトロッコは確実に止まる』『裁判で罪に問われることはない』ってのがあるんだけど、現実にそんなの想像しづらいから、考えにくいですよね」 「確かに、実際だと突き落とそうとして返り討ちにされるのとか、色々想像しちゃうね」 「うん。 これ、少々悪問だと思います。 でも道徳とは何なのかを考えるきっかけにはなりますね。 ちなみにこれ、 答えは出ていません」 「答え出てないの!?」 自動運転車への影響 「ちなみにこの問題、現実にも今話題の自動運転車を作る上で問題になってるんだよね」 「というと?」 「自動運転車が例えばスリップして、子供の集団に突っ込むか、それを回避して自動車自身が崖から落ちるか、という状況になったとします。 すると、人工知能はどちらを選択すべきか、といった問題です」 「なるほど…人間だととっさの判断でどちらに転ぶかわからないけど、人工知能だと事前にどうすべきかプログラミングしておけるからってこと?」 「物分りがよすぎて気味が悪いですが、そういうことです。 これについては色々思うところがあるんですが、それを今から語ると長くなりすぎて、 何より筆者が倒れてしまうので、またの機会にします。 ということで本日は以上!」 「はーい」 おわりに 「今回のお相手は夜中たわしと」 「鬼がお送りしました」 「また見てね!」 おすすめの書籍:『100の思考実験』.

次の

トロッコ問題で娘の回答が酷く、学校の先生方で問題になったら...

トロッコ 問題 答え

この問題には正しい答えはありません。 もともと、人間の命について考えさせる命題ですので、 もし不正解があるとすれば、それはこの問題について考えないことです。 考えてみれば、助けられるのは5人か1人かどっちかだけ。 トロッコの暴走に他のみんなは気付かない。 トロッコの暴走から他のみんなは逃げられない。 自分にできるのは、ポイントの切り替えだけ。 こんな無茶な状況が起こりうるでしょうか。 実際には、暴走トロッコの振動で5人の作業員も、1人の作業員も気づくでしょうし、 ポイントを切り換える暇があるなら、大声をあげて注意を喚起することだってできるはずです。 そういった諸状件を無視して、無理のある状況を押し付けているのは、 この問題によって、命の重みについて考えさせるためです。 そもそも、何かしても誰かは必ず死ぬのです。 しかし、何もしなくても、誰かは必ず助かるのです。 絶望と救いが同時に存在しているこの問題においては、 どちらを選んでも救われないのです。 しかし、どちらを選んでも救いが残るのです。 ただ、私はあまりにも要素が不確定なこの手の問題は、非常にアンフェアだと思います。 簡単に言ってしまえば、手を叩いて、 「右手と左手のどっちの手が鳴ったか?」と問いかける禅問答に同じです。

次の

トロッコ問題で娘の回答が酷く、学校の先生方で問題になったら...

トロッコ 問題 答え

そもそもトロッコ問題とは? そもそもトロッコ問題は何でしょうか? まずは下の絵を見てください。 トロッコ問題 次にこの文章を読んでみましょう。 線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。 このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。 この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。 A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。 しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。 A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか? wikipedia 「トロッコ問題」 あなたならどうしますか? トロッコ問題におけるジレンマ(dilenma あなたは「レバーを引かずに5人が死んでしまう」のか「レバーを引いて1人だけが死んでしまう」のかを選ぶ必要があります。 レバーを引けば「4人を助ける」あるいは「1人を殺す」ことになります。 一方でレバーを引かなければ「5人を見殺しにする」あるいは「関係ない別路線の作業員を助ける」ことができます。 どちらの行動も正しいですし、どちらの行動も間違っているといえます。 これをジレンマといいます。 功利主義(utilitarianism)におけるトロッコ問題 功利主義とは全体の幸福を最大化させることを目的とする考え方です。 多数決や選挙はそのうちの1つです。 例えば多数決では、過半数の人が賛成しているか反対しているかを知ることで、全員の幸福を最大に近づけています。 功利主義の考え方を使うと、1人よりも5人が助かるほうが幸福が大きいですので、 より多くの命を救うことが正しいです。 定言命法(Categorical imperative)におけるトロッコ問題 ドイツの有名な哲学者であるカントが考えた定言命法を使ってトロッコ問題を考えてみましょう。 定言命法とは主に2つの大事な考え方があります。 「汝の意志の格律が常に同時に普遍的な立法の原理として妥当しうるように行為せよ」• 汝自身の人格ならびに他のすべての人の人格に例外なく存するところの人間性を、常にいかなる場合にも目的として使用し、決して単なる手段としてのみ使用してはならない これだと何を言っているのかわかりませんよね。 カンタンに説明すると、• アナタの行動が自己中心的ではなく、他の人も賛成したくなるようなものじゃないといけない。 人間と手段としてつかってはいけない。 1番目のルールについては、レバーを引いたら「多くの人を助けるためだった」といえますし、レバーを引かなかったら「自分の意志で人を殺したくなかった」という他の人も賛成したくなる理由があります。 2番目はまだ分かりづらいので、トロッコ問題に当てはめてみましょう。 レバーを引くという行動(手段)をして、より多くの人を助ける(目的)という行動は、ルール違反になります。 反対に、レバーを引かないで1人を助ける(目的)という選択肢には行動が伴いません。 そのためカントの定言命法においては 1人を助けるほうが正しいんですね。 どちらを選ぶかはアナタしだい! トロッコ問題には答えがありません。 算数や数学のように答えが1つではないんですね。 倫理や哲学という分野はとても難しいです。 もし分かりづらい部分があったらツイッターで質問してください! それでは杖氏()でした。 ごきげんよう〜.

次の