特 化 しない ヒーラー 仲間 と 別れ て 旅 に 出る。 電子書籍の司書さん

新時代の小説投稿サイトの提案~トークンコミュニティ型小説投稿サイトの素案~|刻一|note

特 化 しない ヒーラー 仲間 と 別れ て 旅 に 出る

一口にオススメと言っても、プレイする人の難易度設定や、ロールにもよるので難しいものがあります。 例えばベリーハードだと、防御力とHPが十分に高くないと中盤までは正面切って戦った場合、割と死にやすいですが、それを予防して鍛冶、重装、防御などを重点的に育成していると、そこまで難しくありません。 また、正面切らずに、隠密、弓、召喚、幻惑などを駆使して戦っても効果的な場面が多々あります。 そういった様々な戦い方がある中で、従者にどういう役割を与えているかは人それぞれです。 ですので、ここでは一般的に使い易い従者を挙げていくことにします。 また、紹介順がオススメ順ということではありませんので、自分のプレイスタイルと相談して決めて下さい。 今回紹介する内容は、をある程度やった人にとっては既に折り込み済みの内容です。 各従者キャラには最高到達レベルが設定されています。 wikiを参考にしました 従者のレベルは基本的にPCと同期していますが、ほとんどの従者キャラは20〜30がMAXレベルで、傭兵や強めのキャラが40、デイドラクエストや、派閥クエストに大きく関連するキャラが一部のを除いて50となっているらしいです。 またごく少数ですが、ジェイザルゴのようにPCと同じMAXレベル81まで到達するキャラも存在します。 キャラ個別の攻撃力の高さは、力、素早さのようなパラメーターの概念の無い本作では、スキルレベルと取得しているパークに依存します。 魔術師であれば、使用する魔法の種類にもよります。 物理攻撃系ロールのキャラの場合は武器を自由に変更できますので、キャラに適した攻撃力が高い武器を渡してあげれば容易に底上げ可能です。 全ての魔術師系従者について調べた訳ではありませんのでもあるかも知れません。 接近戦をさせて、盾役に使うのであれば、持たせるダガーの攻撃力をなるべく上げておきましょう。 しかし基本的にそんなに強いキャラではありません。 一応盾も装備してくれます。 二刀流は持たせる武器によっては出来るらしいのですが、自分は二刀流に出来たことがありません。 最高到達レベルは、義理で仲間になる従者キャラと同じく中程度です。 2 雌ライオンのムジョル/重装・両手武器どれでも・弓/不死 仲間にするには、ファルメルが巣食うの遺跡 ムジンチャレフト を踏破し、・系のボスも倒す必要があります。 少々、語りかけてくる頻度が高くてうるさいという欠点はありますが、ボチボチな強さです。 得意武器が両手剣ということで、使わせる武器によっては攻撃力があるのですが、その特性上、攻撃成功確率が低いです。 盾役としては十分な能力ですので、いっそ盾と片手剣を持たせてそれに専念させるのも手です。 このキャラも弓を使わせたくなかったら、鍛造などをして十分に威力の高い武器を持たせておきましょう。 最高到達レベルは500Gで雇える傭兵と同じくらいでやや高めです。 3 シセロ/軽装・短剣/不死 闇の一党のクエストラインを、彼が死なないようにしてクリアすると、後で仲間に加えることができます。 弓は渡さなければ使いません。 通常はダガーでアグレッシブに攻撃を加えてくれます。 攻撃頻度が高いせいで、DPS自体は高いはずです。 最大レベルも傭兵よりも高いので、PCが高レベルになってもそこそこ役立ちます。 一番の難点はベラベラうるさいことと、密着してきてPCの位置をずらされることがある所でしょうか。 確認していませんが、同じような性能の従者キャラ、闇の一党の新人 男女とも は最高到達レベルがシセロより高く、PCのMAXレベルと同様です。 所持スキルなどの差は知りませんが、行動パターンは密着してうるさいところまで似ています。 ただしイベント中にPCと会話対象の間を横切ったり、ウロウロとその辺のオブジェクトを利用する行動をとるのが気になる人は、気になるでしょう。 アイススパイクと死霊術をメインに戦います。 戦闘態勢に入るとその辺の死体を蘇らせて利用するので、死体コレクターの人は注意しましょう。 PCが魔法使いの場合、セラーナも魔法使いのため、FF フレンドリファイア をしてしまう心配は薄いですが、氷の精霊やドレモラのような別の盾役が欲しいところです。 ただし、別の近接攻撃系の従者などとはFFによってケンカになりやすいです。 これはセラーナに限らず、魔法使い系の従者はどうしてもFFする場合が出るので仕方ないです。 彼女自身のタフさはそれほどでもないので、彼女を盾役にすると意外と持ちませんので注意。 :ドーンガードで仲間にできます。 また、イベントで彼女を復活させてから、目的地に着くまでは追従しますので連れ回し要員することも可能です。 最高到達レベルは高めです。 バグにより、所持品欄上に見えないフードが増殖して彼女の運搬可能重量を圧迫するらしいです。 5 フリア/軽装・二刀流 片手斧 /不死 :ドラゴンボーンで加入させることができるノルド系美女です。 個人的には一番オススメです。 特定のイベント以外ではほとんどしゃべりませんが、うるさいのが気になる人にはもってこいです。 軽装系スキルを習得しているようですが、最初から重厚なノルド装備をしていることから、イメージで重装を着せても良いでしょう。 最初から2本の片手斧を所持しており、それを二刀流で振り回します。 いかにもノルドっぽくていいですね。 スカイリムのノルドとは文化と伝統が違う一族ですが。 片手斧をそれぞれ鍛冶で鍛えておくと、驚くほどのダメージソースとなってくれます。 従者の中では所持スキルが充実しているせいでしょう。 変成魔法で防御力を上げたり、回復もしたりして盾役もこなしますし、言う事無しな活躍ぶりを発揮してくれるでしょう。 最高到達レベルもMAXとなっているようです。 ただしドラゴンとの対空戦では弓を使わせないと無能ですので注意。 また、ダンジョンなどで罠などにかかって大ダメージを受けた際にも、その時死亡しなくても 超錬金による超体力回復力があると、その場では死ななくなる 、マップ切り換え時に居なくなり、以前のMAPで死亡しているというような現象も見られます。 振り子の斧などの罠でも、食らった拍子に地形オブジェクト外へ突き抜けてしまうことがありますが、不死身ではない場合、MAP切り換え後に確実に戻ってくるのか不明です。 に慣れていないうちは、死ぬ可能性がある従者キャラが死んでも、本来そういうものなので割り切りましょう。 6 ジェナッサ/軽装・弓・二刀流/ 死亡する可能性あり ホワイトランの「酔どれハンツマン」という武器屋のテーブルで飲んでいる女性の。 偉そうですが、二刀流を使わせ易くする為に武器の攻撃力を上げておくと、非常に頼もしくなります。 ジェナッサに限らず、各要塞で500Gで雇える傭兵は最高到達レベルが高めで、その辺の義理で従者になってくるNPCより強いです。 最初から二刀流をメインとして戦う従者キャラは少ないので、最序盤から使える割に貴重な存在です。 初期から雇いやすく、終盤まで使い易いキャラでしょう。 7 各要塞の従士になった時に配属される私兵/重装・片手/ 死亡する可能性あり 傭兵よりも最高到達レベルが高く、重装と片手武器に適正が高いので割と使い易いです。 盾や魔法耐性のアクセサリも持たせてガチガチにしてやると立派な盾役となります。 一部両手武器や二刀流に適正があるキャラがいます。 8 狩猟の女神アエラ/軽装・弓/ 正式雇用可能後、死亡する可能性あり 正式に従者とするには同胞団のクエストラインをクリアする必要があります。 しかしそうすると不死属性が消え、普通に死ぬようになりますから注意。 ただし、私兵と同じく最高到達レベルが高めなうえ、得意武器が弓ですので死ぬ可能性は低いでしょう。 ムジョルやデルキーサスにも言えることですが、アエラも剥がせない弓 荷物に確認できない を所持しています。 こういうキャラは高性能な弓を持たせても普通は使ってくれませんが、その替わり所持している矢が減少しないという特徴もあります。 ver1. 8現在 もし、「矢が減ってもいいから高性能な弓を使わせたい」というのであれば、フォースウォーンの弓であれば使ってくれます。 この場合、放ったぶんだけは減少しますので注意。 ですが所持している矢が全て無くなっても鉄の矢 攻撃力8 を無限に使ってくれます。 こういった剥がせない弓を持っているキャラは、必ず弓を持っているという特徴上、矢の攻撃力が高いとそれを優先的に使う、敵との距離によって優先的に弓を使う、という行動パターンがあるので、近接武器を使わせたい場合は、十分に武器の攻撃力を上げておきましょう。 また、こういったキャラは雇用する度にこの剥がせない弓の重量分所持重量が増える 見えない 現象があるらしいので、何度も再雇用していると荷物重量枠が減っていきますので気になる人は気をつけて下さい。 バージョンアップで初期弓が増殖するバグは解消されました。 シセロなどに代表されるように、見えない弓を持っていないキャラクターもいます。 この場合は弓を渡さなければ当然ですが使うことはありません。 9 ヴィルカス/重装・両手武器/ 正式雇用可能後、死亡する可能性あり 仲間にする手順はアエラと同じくです。 性能はムジョルに近いですが、こちらは最高到達レベルが高めです。 両手武器を基本的に扱うので攻撃成功確率が低いのも同じです。 10 マーキュリオ/ローブ・魔法/ 死亡する可能性あり リフテンのキーラバがやっている酒場で、ベンチに腰掛けて飲んでる傭兵です。 傭兵ですので最高到達レベルも高めで、なおかつ雷系呪文が得意ということで攻撃成功率が高く序盤は非常に役に立ちます。 デルキーサスを解放しに行くお供としては最高でしょう。 ファルメルやシャウラスの攻撃は食らわないことが重要ですので、雷系の魔法使いは安定して役にたちます。 またPCが破壊魔法を仕様する場合、魔術師系NPCは敵と距離をとる傾向がありますので誤爆しづらく、とても戦いやすいでしょう。 11 ジェイ・ザルゴ/ローブ・魔法/ 死亡する可能性あり ウィンターホールド大学のクエスト序盤をクリアすると個人クエストが受注可能になり、クリアすれば従者になってくれるようになります。 最高到達レベルがMAXと極端ですが、使用する魔法は進化しないので性能としては微妙です。 ただし、打たれ強さは魔術師としては高いと言えるでしょう。 使用魔法のショボさが気になるなら高性能な魔法の杖を持たせましょう。 これは他の従者にも言えますが、破壊魔法や召喚魔法の杖を持たせると、キャラによって違いますがある程度優先して使ってくれます。 基本的には高レベルに到達するカジート従者、という癒し系マスコットとして人気のキャラです。 12 イリア/ローブ・魔法/ 死亡する可能性あり 従者にするチャンスが個人クエストクリア時の一度きりで、その時雇用しても別れると行方不明で再雇用不可という仕様で有名な従者キャラです。 最高到達レベルは傭兵と同じです。 氷系の魔法を使うので割と使い易い魔術師系キャラと言えるでしょう。 氷系の中位魔法は爆散したり連鎖したりしないので直撃しなければFFにならず、またヒットすると行動スピード低下とスタミナ減少効果があるので、PCの近接攻撃をフォローする側面があります。 彼女はブレイズにも所属不可で、のハースファイアで建設した家の執政に任命しても就任すると従者にする選択肢が消えるという、何が何でも従者にさせたくないのか?という非常に珍しいキャラと言えます。 フード付きローブを外すとスカイリムでは美人な方の若いインペリアル女性なのですが、それもあってかそのレア性で人気があります。 特にドーンガードの連中は新人さんを除いてMAXまで到達しますので強めと言えるでしょう。 以上ですが、実用的には遺跡や古代ノルド遺跡のような、落下の危険性があり罠も多い場所では不死キャラを使うのが楽でしょう。 そのぶん難易度は低下しますので、刺激を求めるプレイスタイルの人はPCのロールを考慮して、自分にあった従者を求めると良いのではないでしょうか。 neofoe.

次の

[TV

特 化 しない ヒーラー 仲間 と 別れ て 旅 に 出る

数年前にWEB小説が流行ってからその需要は増え続け、いくつもの小説投稿サイトが誕生してWEB小説業界は混沌としているところですが、どの小説投稿サイトも大体似たような問題を抱えている気がします。 それが 『トークンコミュニティ型、小説投稿サイト』 です。 それでは説明していきます。 従来の小説投稿サイトでは、一つのアカウントで一つの作品に誰でも同じポイント数を入れることが出来ました。 例えば、なろうなら評価10とブックマーク2の12ポイント。 カクヨムなら評価3とフォロー1の4ポイントです。 これはどのアカウントでも変わりなく、差はありませんでした。 しかし『トークンエコノミー型小説投稿サイト』ではそこに差を付けます。 どの基準で差を付けるかと言うと、主に 『トークンの保有量』です。 ざっくり言うと、100トークンを保有しているユーザーの評価と、1000トークン保有しているユーザーでは評価ポイントに10倍の差が出る、という感じです。 では、トークンとはなにか? というと、サイト内で使える仮想通貨みたいなものだと考えてください。 トークンは『作品の投稿と、作品の評価』によって増やすことが出来ます。 具体的にその流れを説明すると。 まず、作者がサイトに作品を投稿し。 読者はそれを読んで良い作品だと思った場合 『自身が保有するトークンの一部を作品に投票』します。 そのトークンはそのまま作品の評価ポイントとなり、作者が獲得し、当然ながら読者の保有トークンは減ります。 そして、その作品が他のユーザーにも評価され、作品の総合評価が増えることで評価したユーザーにトークンが還元されていく仕組みです。 例えばですが、100トークンを持つユーザーがとある作品に10トークンを投票出来た場合。 そのユーザーが投票した後に作品の評価トークン数が1000増えるごとに10トークン還元され。 1000トークン持つユーザーが100トークンを投票した場合。 作品評価が1000トークン増えるごとに100トークン還元される感じです。 そして仮に投票した作品が自分以外の人には評価されず、トークンが増えなかった場合、当然還元はナシです。 さて、このシステムでどう変わるかですが。 アカウントの影響力を増やすにはトークンの運用が必須になることで、複垢の影響力を下げ、大量の複垢の運用を困難にする。 評価する動機づけ。 新作発掘の動機づけ。 こんな感じです。 面白い作品を人より早く見付け、評価する方向へと読者を誘導する流れ。 現時点での素案では完璧とはいえませんが、実はこのシステムはSteemitという海外の投稿サイトで採用されているものを小説投稿サイト用にちょっといじっただけなので、既に形としては存在しています。 日本ではALISとかも似た感じっぽいですね。 自分の中でもまだ完全にまとめられていないし、細かい部分の数字とかは適当ですが。 まぁこういうのもあるんだぜ!ってな感じで素案を出してみたので、偉い人がちょっと検討してみてくれたら嬉しいです。

次の

電子書籍の司書さん

特 化 しない ヒーラー 仲間 と 別れ て 旅 に 出る

最近、トークンエコノミーについて調べる中で仮想通貨についても色々と調べていて。 その中で「このコイン面白いな」と思ったのが『 デフレ型仮想通貨』というコイン。 通貨が移動する度に、その移動量の一定量がBurrnされ消え去り、市場から取り除かれていく仕組み。 経済学の理論上、通貨の流通量が増えると通貨価値が下がり、通貨の流通量が減ると通貨価値が上がるわけで。 そのコインの人気が上がり保有者が増えて取引量が増えるほどに通貨の流通量が減って理論上は価値が上がる仕組み。 理論は理論だし、経済の1つの理論で全ての事象が説明付くわけではないので、理論通りには価格は上がっていかないと思うけど、こういう実験は本当に面白い。 で、そういう面白い仮想通貨について一人で色々と考えていた。 デフレ型仮想通貨でバーンされるコインをバーンせず貯めておいたら? その貯めたコインをコミュニティに還元したらどうだろう? そして思いついてしまったのだ。 この 『JACKPOT COIN(仮)』を。 多くの仮想通貨では、仮想通貨がやり取りされると移動させるための実質的な手数料として所謂『ガス代』がかかる。 そして送金時、一定確率でJACKPOT。 送金者に送金額のx倍がpoolから支払われる。 当然ながらJACKPOT率が高すぎると自分のアドレス間で送金しあう事で稼げてしまうので、そこのバランス調整は必要。 今までの仮想通貨の仕組みでは送金する事にデメリットがあり、コインの送金がただの支払いであってネガティブなモノだった。 なのでこのJACKPOT COINの仕組みではデメリットをメリットに変え、送金をポジティブなモノにすることでコインによる送金を増やし、コミュニティを拡大、コインの価格上昇が狙えるのでは?と考えた。 が、まぁ……賢明なる皆様なら既にお気づきだと思う。 これ、作ったらヤバいよね? 軽く調べてみた感じ賭博罪にはならない気がするが、新しい議論が生まれそうな予感がする。 なんというか、ブロックチェーンを実用化して真面目に社会で活かそうと頑張っている人が望む方向とは別の方向に進みそうな気がするし、これで出来上がるコミュニティも、どうなんだろうね…… しかしこれと似た内容の仮想通貨はそのうち誰かが作る気がする。 というかもうあるのだろうか? 色々と調べているけどまだ引っかからない。 まぁとにかく。 筆者の職業を見たらご理解いただけると思いますが、プログラムのプの字も分からないガッチガチの文系なので、これが実現可能かどうかは実際のところよく分かっていません。 自分で作る事もない(出来ない)ので、そこんところよろしくお願いします!.

次の