ぶ づき 米 と は。 玄米?それとも3分づき米?栄養面ではどちらを食べるべき?

3分精米(3分づき)・5分精米(5分づき)・7分精米(7分づき)・分つき米について

ぶ づき 米 と は

読み方は、「ぶづきまい」です。 玄米には食物繊維・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンE・鉄・脂肪・カルシウム・フィチン酸などの多くの栄養素が含まれています。 玄米の栄養素については 米ぬかの部分(表皮+胚芽)には、95%の栄養が含まれています。 しかし、白米にすると95%がヌカとして捨てられ、白米時には5%の栄養しか残らないんです。 玄米の精米の仕方で栄養価が変わる みなさんが普段食べている「白米」以外にも、「3分づき米」「5分づき米」「7分づき米」などの分づき米が出来ます。 数字が大きくなるほど「白米」に近くなります。 分づき米を試されるなら、 まず一番おすすめするのが「7分づき米」です! おすすめの理由・・ 見た目・食感が白米に近く、玄米の 50%近くの栄養もしっかり取れるからなんです。 いくら栄養があっても、毎日続かないと意味がありませんよね。 まずは無理のない「7分づき米」から始めるのが一番だと思います。 分づき米が人気の3つの理由 1、普段のおかずから摂りにくい栄養価、鉄・食物繊維も、分づき米には多く含まれています。 お客様のお声・・子どもの健康のことを思って、ぶづき米を始めました。 味もすごく美味しいんです。 いくら栄養価があっても、家族のみなさんが食べてくれないと意味がありません。 7ぶづき米なら白米よりも少し味がしっかりして美味しいと言うお客様がたくさんおられます。 お子様も喜んで食べて、しかも栄養バッチリ! 毎日食べるお米だからこそ栄養価にこだわる方が増えています。 2、お子様の脳の発達には玄米が良いと言われています。 GI値が低い食べ物がおすすめです! お客様のお声・・栄養がしっかり摂れて脳の発達にもいい。 元気に遊んでしっかり勉強させてます。 GI値(グリセミック・インデックス)とは、食べ物が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを計ったものです。 GI値が低いほど血糖値の上昇がゆるやかで、脳への栄養補給が持続します。 GI値の低い食べ物ほど、脳の発達に良いことが明らかになっています。 GI値の比較 食パン(97) > 白米(70) >玄米(50) 3、便秘やダイエット、お肌にも良いんです。 お客様の声・・肌が前よりきれいになったり、便秘が治ったり、痩せたり、良いこといっぱいです。 毎日無理なく続けられることが重要です!7分づきで慣れたら、5分づき・3分づきとチャレンジしてみてください。 体調が良くなりますよ! 分づき米なら、農薬・化学肥料を控えた特別栽培米がおすすめ! 中国米をブレンドしたお米の偽装問題が発生したり、安い国内産100%のお米にはクズ米や古米をブレンドしていたりで・・(国内産=安心ではありません) 当店の特別栽培米は検査を受けて認証されています。 毎日食べるお米だからこそ、当店は安心安全にこだわります。 玄米 精米せずそのままなので、栄養素を豊富に含んでいます。 不消化性繊維が多く消化に悪いので、少量を必ず良く噛んで食べて下さい。 3分づき米 見た目は玄米に近いです。 少し傷を付けて水の吸収をよくしています。 玄米を炊きやすくした感じです。 5分づき米 胚芽・ヌカ共に50%以上栄養が残っています。 玄米の香り・ご飯の甘みが楽しめます。 水加減は少し多めにし、しっかり浸水させて下さい。 (2時間以上) 約80%の栄養分が残ります。 7分づき米 ヌカを7割除去しています。 見た目も白米に近く食べやすい。 炊き方も白米と同じ炊き方で炊けます。 出来れば2時間ほど浸水すると美味しく炊けます。 約50%の栄養分が残ります。 (おすすめ!) 配送・送料について ゆうパック ・午後1時までにご注文の場合は代引きの場合は当日に発送させて頂きます。 ・銀行振込の場合は入金確認後、速やかに発送させて頂きます。 ・荷物一箱の重量の上限は25kgまでです。 商品重量の合計が25kg以上の場合、25kgごとに送料がかかります。 ・配送先が複数ある場合、配送先ごとに送料をご負担下さい。 送料に関しては別途記載しています。 当店より配達 当店配達地区のお客様は、お米のお買い上げ3kg以上で配達無料です。 (3kg未満は200円別途頂戴致します。 ) 配達地区・・・八尾市:久宝寺地区、末広町、本町、北本町、南本町、渋川町、安中町、龍華町、佐堂町、宮町、美園町、高町、栄町、久宝園 東大阪市:大蓮東、南、北、金岡、友井の各地区に限らせていただきます。 ネットでの注文は、翌日以降の配達になります。 即日配達をご希望のお客様はお電話でのご注文をお願いします。

次の

七分づき米ご飯の栄養と効能=食べて健康、免疫力up!

ぶ づき 米 と は

精米とは? 精米とは分かりやすく言えば「玄米を白米にする作業」のこと。 もみから取り出した状態の玄米はぬかが付いたままで茶色です。 これから茶色いぬかの部分を削って白米にする作業のことを精米と呼びます。 玄米はビタミンやミネラルなどの栄養素が多く含まれていますが、残念ながらあまり美味しくはありません。 健康によくてもそのまま食べるには不向きです。 それを美味しく食べれるように精米します。 ちなみに玄米の周りを7~10%ほど削り落とすため、精米後の白米は元の大きさの90~93%になります。 またよく耳にする白米、精米、精白米は実は微妙な違いがあるんです。 精米とは玄米からぬかを取り除く作業のことです。 完全な白米にしなくても精米したことになります。 精白米とは、精米で完全な白米にしたお米のことを表します。 白米とは精白米の作業が済んだお米のことです。 精米方法としては玄米を精米し、さらに精白米にしたのもが白米と呼ばれるものになるというわけです。 健康に良い精米方法「分づき米」について? 分づき米とは玄米と白米の中間のお米のこと。 玄米の栄養素と白米の美味しさのいいとこ取りをした分づき米が今大きな注目を集めています。 玄米は精米しないので、胚芽部分はそのまま付いていてビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養分を豊富に含んでいます。 ですがぬか層が残っているので硬くて調理がしにくく、消化吸収が悪いので胃腸の弱い人には不向きです。 しかしせっかくの高い栄養素を捨てるのはもったいということで、分づき米が注目されているのです。 分づき米も精米方法によって細かく分かれています。 まず一分づき米は玄米の表皮に少し傷をつけて吸水をよくし、炊きやすくしたものになります。 三分づき米は、玄米の表皮を3割ほど削りますがぬか層はほぼ残るので、胚芽の栄養素はそのままになります。 また玄米よりは柔らかく食べやすくなっています。 五分づき米はダイエットに効果的だと言われています。 玄米のぬか層を半分削ったお米で、胚芽もぬかも半分残っています。 胚芽の栄養素は玄米と白米の中間なので、玄米の香りと白米の甘味の両方が楽しめます。 七分づき米は分づき米初心者に最適です。 ぬか層と胚芽を7割ほど削ったお米で、お米に白さがあり胚芽の栄養素が一部残っています。 これは通常の炊飯と同じ方法で炊くことが出来るので、初めての人にも食べやすく白米とほとんど変わりません。 それぞれの精米方法によるメリットについて 玄米や白米、分づき米にはそれぞれの精米方法によるメリットがあります。 まず玄米はビタミンB群やE群、ミネラル、食物繊維を豊富に含んでいるので健康にいいです。 プチっとした食感が楽しめたり、歯ごたえがあったりします。 また高血圧や動脈硬化、貧血や糖尿病の予防が期待できたり、便秘が解消されると言われています。 次に五分づき米はある程度のビタミンやミネラル、食物繊維を摂ることができます。 また、カリウムやリノール酸も多く含んでいます。 玄米に比べると消化もいいです。 七分づき米は分づき米初心者でも白米感覚で食べられるお米になっています。 表面に粘りけが少ないので、ピラフや炊き込みご飯にピッタリです。 家庭でよく食べている白米は消化吸収率が98%と、食品の中で最高値が出ています。 精米したてのふっくらとしたご飯は玄米では味わえない格別な美味しさが楽しめます。 またぴかぴかに磨かれた白米は、炊き上がった瞬間に甘い香りが漂い食欲をそそります。 分づき米を炊くときのポイント! 分づき米を炊くときにはポイントがあります。 まず栄養の元である胚芽やぬか部分をわざと残してあるので、力をいれずに優しく洗ってください。 ザルや穴の開いたステンレスのボウルなどは、胚芽部分が取れてしまう可能性があるので極力使わないでください。 次に玄米モードがある炊飯器では浸水の必要はありませんが、ない場合は白米より長めに浸水しておきます。 三分づき米だと5時間程度、五分づき米だと3時間程度、七分づき米だと2時間程度が目安となります。 ただし長すぎると水の中に雑菌が繁殖してしまうことがあるので、長くても9時間以内にしておいてください。 最後に炊くときも若干水を多めにします。 また、白米に似た粘り気が欲しい場合には、もち麦やもちあわ、もちきび、古代米などの副雑穀を一緒に炊くことによって美味しく食べられるでしょう。 分づき米の精米方法で精米したお米は、炊くとき以外に保存方法にもポイントがあります。 分づき米は鮮度が悪くなると胚芽部分が取れやすくなったりビタミンなどが壊れてしまったりします。 またぬか臭さも出て極端に味が落ちてしまいます。 そのため冷蔵庫の野菜室で保管しておくことをオススメします。 精米方法で玄米に近いほうが良い理由は玄米の栄養の豊富さ? 玄米とは収穫したお米からもみがらだけを除いたものになります。 その玄米を精白して、ぬかや胚芽を削り中の胚乳だけにしたものが普段食べている白米です。 玄米と白米の主要な栄養素は、玄米には白米に比べると約4倍多く含まれています。 これは玄米を一杯食べただけで、白米を1日分食べたのと同じくらいの栄養素を得ることができると言えます。 食物繊維ですと玄米には白米の約6倍も含まれています。 食物繊維は便秘解消だけでなく、糖尿病やがん、動脈硬化から引き起こしやすい脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病も防ぐことができます。 日本人の食物繊維の1日あたりの目標摂取量は、20~25gとされていますが、ほとんどの人は不足していると言われています。 ですが毎日のご飯を白米から玄米に替えるだけでも不足分を補うことができる計算になりますね。 またビタミンEも含まれており、これは若返りのビタミンとも言われています。 理由としてこの栄養素には、ホルモンの分泌を促して更年期症状を予防したり、抗酸化作用によって血管の老化を防いだり血行をよくする働きがあるからです。 ビタミンB1も含まれていて、この栄養素は体内の糖質をエネルギーに変えるのに不可欠な成分です。 これが足りないとイライラしたり疲れやすくなったりしてしまいます。 精米方法で玄米に近いほうが、食物繊維やビタミンを多く摂取できるので今注目されています。 分づき米に慣れたら玄米に挑戦!玄米の美味しい炊き方! 分づき米の精米方法で精米したお米に慣れたら玄米に挑戦してみるのもいいですね。 そこで玄米の美味しい炊き方を紹介します。 まずは洗う作業です。 白米のように研ぐ必要はありません。 ボウルにお米を入れて、水を流し込みくるくると回します。 そうするとチリやホコリが上がってくるので、それらを取り除きます。 この作業を2~3回繰り返してください。 次に両手でお米をすくい上げて手のひらで擦り合わせるようにもみ洗いをします。 お米の表面に傷をつけるとよく吸水するようになり、柔らかく炊き上がります。 もみ洗いが終わったら、炊飯器の内釜に移します。 玄米モードで炊く場合は、玄米2合に対して水約600mlを入れてしっかりと浸水させます。 約6時間が目安ですが、冬場はとくに時間をかけてください。 十分な浸水が終わったら、玄米モードで炊き始めます。 炊き上がったらすぐに蓋を開けずに10分くらい蒸らしてください。 そうすることで蒸気が少しずつご飯の表面になじんで美味しくなります。 玄米を始める前に分づき米から始めてみましょう 玄米の栄養の豊富さはとても魅力的ですよね。 健康や美容を意識している方は、是非とも食生活の中に取り入れたいですよね。 白米を急に玄米に変えてしまうと続かなくなってしまうこともあるので、まずは好みの分づき米から挑戦してみましょう。 分づき米を玄米に近づけて慣れてきたら玄米生活を始めてみてはいかがでしょうか。

次の

お米の栄養価を残した「分づき米」とは、炊き方は?|お米ん屋

ぶ づき 米 と は

普段みなさんが食べているお米は白米です。 玄米のぬか層を削って白くしたものです。 玄米にはたくさんの栄養があるのですが、白米にすることで栄養をほとんど削ってしまっているんです。 白米を食べる理由は、やはり美味しいからでしょう。 食べ盛りの子や、お腹が空いているときなんか、ご飯をバクバク食べてしまいますよね。 逆に玄米を食べる人は、健康に気を使って栄養を沢山とれる玄米を食べているか、ダイエットのために食べているかが多いです。 玄米は、少量をよく噛んで食べないといけません。 続けるから意味があるのですが、中々続かない方もたくさんおられます。 分づき米は栄養も残って食べやすい 分づき米についてもう少し詳しく説明していきます。 精米をしていない状態(玄米を0)として、完全に精米した状態(白米を10)とします。 この0~10の間で精米歩合を変えて、栄養価や味を変えていくことが出来るのが分づき米です。 三分づき・二分づき・一分づきと数字が小さくなるほど玄米に近づき、見た目・食感・栄養価が玄米に近づいていきます。 逆に五分づき・七分づき・九分づきと数字が大きくなるほど、白米に近づいていきます。 炊いたご飯100gに含まれる分づき米の栄養価を表にしました。 食品成分 玄米 五分づき米 七分づき米 精白米 主な働き カルシウム 7mg 4mg 4mg 3mg 骨や歯を丈夫にする 鉄 0.6mg 0.2mg 0.2mg 0.1mg 貧血防止 食物繊維総量 1.4g 0.8g 0.5g 0.3g 便秘を防ぐ・・生活習慣病予防 ナイアシン 2.9mg 1.6mg 0.8mg 0.2mg 皮膚や粘膜の健康維持を助ける ビタミンB1 0.16mg 0.08mg 0.06mg 0.02mg 疲労回復・各種神経機能の正常化・心臓機能保護 ビタミンE 0.5mg 0.2mg 0.1ml 微量 生活習慣病・老化予防 玄米の栄養価が高いのはもちろんですが 、五分づき・七分づきでもしっかりと栄養価が残っているのが分かって頂けるかと思います。 自分に合った分づき米を選ぼう 分づき米を食べたことのない方や白米しか食べたことのない方は、どのあたりの分づき米を食べたらいいか悩みますよね。 やはり白米しか食べたことのない 分づき米初心者さんには七分づきが一番食べやすく栄養価も残っていておすすめです。 まずはここから初めて見て下さい。 分づき米が初めての方 九分づき 胚芽・・若干残る ぬか層・・約90%除去 白米と見た目もほとんど遜色がありません。 ぬかの層が薄く残っていて、白米よりも美味しさを引き出してくれます。 白米を食べるよりも、こちらの方が断然おすすめです。 七分づき 胚芽・・一部残る ぬか層・・約70%除去 見た目も白米とそれほど変わらず、栄養価もしっかり残っている七分づき。 小さいお子様のいるご家庭でも、分づき米を始めたいという方にまずおすすめです。 甘みもあり食べ慣れると白米が物足りなく感じます。 七分づき米に慣れてきたらレベルアップ 五分づき 胚芽・・ほぼ残る ぬか層・・約50%除去 玄米と白米の中間です。 胚芽はしっかり残り、食物繊維も十分残ります。 一番人気の高い分づき米です。 玄米の香ばしい香りと、ご飯の甘みの両方を楽しむことが出来ます。 三分づき 胚芽・・ほぼ残る ぬか層・・約30%除去 三分づきになると、見た目も玄米に近くなります。 その分栄養価や食物繊維はしっかりと残ります。 炊飯器でも炊くことが出来ます。 玄米に近いのでしっかり噛んで食べるようにしましょう。 分づきじゃ物足りなくなったら、上級者コースへ 玄米 胚芽・・そのまま ぬか層・・100%残る 食物繊維もたっぷり!ミネラルもたっぷり!栄養たっぷり! 良く噛んで食べるとお通じにもよく、健康的な体になります。 ダイエットにも効果的! 三分づき米・五分づき米などの分づき米ダイエットを始めよう 毎日ご飯を食べる量は同じでも、 白米を分づき米にすることで健康的にダイエットをすることが出来た!という方がたくさんいます。 なぜ分づき米にするとダイエットになるんでしょう。 主に3つの理由があります。 分づき米に含まれている食物繊維がダイエットに効果的• 分づき米だとよく噛んで食べるようになる。 =満腹感に繋がり、食べすぎない。 分づき米だと、おかずが自然と和食系になるのでダイエットが出来た。 上記をもう少し詳しく説明していきます。 まずダイエットに重要なのはご飯とおかずの栄養バランスです。 ・肉、魚、卵、大豆などのおかずと合わせやすい。 ・汁物などで食物繊維が取りやすく、糖や脂質の吸収が穏やかなので満足感が持続する。 ・エネルギー源として脳や体で使われて体脂肪として蓄積されにくい。 ・お通じにもよい ・パンや麺類よりも食べすぎない。 などがあげられます。 次に分づき米は玄米に近づくほど良く噛んで食べないといけません。 粒状の米は噛む回数が自然に増えます。 ということは、脳が刺激されて、満腹感を早く得られます。 また、体内で穏やかに消化吸収されるので腹持ちが良く、余計な間食を防ぐ効果もあります。 次に、ご飯で健康的にダイエットするには、1日の食事のバランスが重要です。 ごはん6:おかず4 この食事のバランスを覚えておいてください。 ダイエットの黄金比です。 1日で食べるご飯とおかずのバランス!お昼におかずを食べすぎたら、夕方はおかずを減らす。 といった感じで1日の中で調整しましょう。 みなさんも分づき米のダイエットに取り組みましょう! 分づき米の炊き方 三分づき米と五分づき米の美味しい炊き方をご紹介します。 七分づき米の炊き方は基本白米と同じで大丈夫です。 玄米の炊き方に関しては別のブログにまとめましたのでそちらをご覧ください。 分づき米保存方法 分づき米は炊いた後の保存方法も重要です。 白米と同じような保温保存は向きません。 色がどんどん変わり、ジャーがぬか臭くなる可能性もあります。 その日に食べる分以外は、 少し冷ましたら温かいうちに全てラップに包んで冷凍保存しましょう。 (その日に食べるなら冷蔵保存でもかまいません) ポイント:炊き立てを冷凍保存することで解凍時炊き立てより粘りのある美味しい分づき米になります。 分づき米には減農薬米・無農薬米がおすすめ 分づき米は、出来るだけ 農薬や化学肥料を控えた安心安全なお米を購入するようにしましょう。 白米と違い、ぬか層が残るのが分づき米です。 特にお子さまには、安心出来るご飯を食べさせてあげたいというお母さまが沢山おられます。 『お米ん屋』さんという玄米通販サイトでは、分づき米も一分から九分まで9段階選べ、しかも1kg単位で全てのお米が購入できるので、ぜひそちらでのご購入をおすすめします。 公式サイト まとめ 玄米や白米にはメリット・デメリットがあります。 玄米のデメリットは『硬くてしっかり噛まないと消化に悪い』『浸水時間が長い』白米のデメリットは『栄養価が低い』『血糖値が上がりやすい』などあります。 逆に、玄米のメリットである『栄養価の高さ』や白米の最大のメリット『味のおいしさ』、それらを、すべて丁度いい感じにしたのが分づき米です。 分づき米で、毎日健康!楽しいお米LIFEを送りましょう!.

次の