チェンジ ドット オーグ 赤木。 森友事件 「再調査で真相解明を」 妻ネットで呼掛け

stwww.surfermag.com : 米ディズニー、スプラッシュ・マウンテンの題材変更 人種描写に批判

チェンジ ドット オーグ 赤木

Change. org URL タイプ 運営者 Change. org, Inc. 設立者 設立日 Change. org(読み: チェンジ・ドット・オーグ )は、様々なへのオンライン収集および届け出を業務とする、およびそのである。 やを変えるためのものが多く含まれると主張する。 「」()として認証された としてにて登記されている Change. org, Inc. が運営する。 や ()といった団体が活動を主催するためのサイトを置いている。 「社会を変えるためのキャンペーンに参加しやり遂げるためにすべての人に権利を与え、どこからでも始められるようにする。 」ことや 、加えて「月1000件もの各問題において100万もの人々がChange. orgで署名することで地域的に世界的に変えるために毎日キャンペーンをやり遂げる。 」ことを目的としている。 主に扱う問題は経済、刑事司法、人権、教育、環境、動物、健康、持続可能食品である。 概要・歴史 [ ] Change. orgは2月7日に 現CEOの ()によって現CTOのマーク・ダイマスと ()の支援のもと設立された。 2012年2月時点で四大陸で100人の従業員がいて、ラトレイは2012年終わりには20カ国に事務所を構えアラビア語や中国語を含めたもっと多くの言語にサイトを対応させる計画があると述べていた。 、大統領に就任するが実行することのためにされたアイデアのインデックスを製作し ()と同じアプローチとの比較を描くためにと提携した。 、Change. orgは ()に協賛した。 2011年、「中国のハッカー」にを受けたと主張した。 この攻撃疑惑はの釈放を中国政府に求める請願活動に起因していると言われている。 2012年、アリゾナ州立大学は学生のエリック・ヘイウッドが始めた授業料値上げ反対運動に対してChange. orgへのアクセスをブロックした。 大学側は「Change. orgはスパムサイトである」と主張し、このブロックは正規の学問、研究、管理のための有限的で価値あるネットワークリソースの使用を守るために実施したとしている。 これに対し、フリープレスのインターネットキャンペーンディレクターであるジョシュ・レヴィは「合法的なサイトのアクセス不可にすることはネットの中立性の精神や原理を侵すものであり、さらに学問の自由を萎縮させており、憲法修正第一条に違反する可能性がある」と主張した。 同年4月5日にはChange. orgの会員が1000万人に達したとされ、現在ネット上で最も急成長しているソーシャルアクションプラットフォームとなっている。 そして1日500もの新たな請願が出てきているともされている。 同年5月13日、ガーディアン 、BBCニュース 他がChange. orgはに対抗してイギリス向けの請願プラットフォームを立ち上げることを報じた。 日本へも2012年に事業展開を開始した。 日本では、一般的な営利企業に分類されるが、請願は請願法に規定されており、請願者の住所・氏名さえ記載されていれば捺印も不要で、請願書として扱われる。 著名な請願 [ ] 2012年3月8日、Change. orgに「を殺した犯人の起訴」という請願が投稿された。 この請願に前代未聞である220万以上の署名が集まり、Change. orgでの活動史上最多で現在も最多の署名数だという。 この請願は同年2月26日にフロリダ州オーランド郊外にあるの地区でトレイボン・マーティンを射殺した自警団の男を起訴するためのものだった。 犯人は9mm銃を携帯していて丸腰の若者に対して自己防衛のために射殺したとされるが、サンフォード警察署は殺人の起きた当日の夜のうちに犯人を釈放した。 しかし、この釈放はアメリカ合衆国中を含む世界中で100万人による抗議の嵐を巻き起こしソーシャルメディアサイト(Change. orgでの請願活動を含む)はこの殺人や警察署への抗議拡大に重要な役割を果たした。 同年4月11日、犯人は逮捕、投獄され ()特別検察官によって第二級殺人容疑で起訴された。 2011年10月1日、ワシントンD. 在住でベビーシッターの22歳女性であるモリー・キャッチポールが投稿したのブライアン・モイニハンにデビットカード使用者に新たに月5ドルの手数料を課すことの中止を求める請願では一ヶ月足らずで30万もの署名が集まり、結果バンク・オブ・アメリカは新たな手数料の導入を中止を正式に発表した。 バラク・オバマ大統領もこの請願に署名した。 イリノイ州選出のディック・ダービン上院議員もバンク・オブ・アメリカに反応する形で上で署名した。 同年12月、マサチューセッツ州ブルックラインの4年生クラスが「ロラックス請願プロジェクト」をChange. orgにて立ちあげ、に上映予定の映画「ロラックスおじさんの秘密の種」(の子供時代を描いた映画)の公式サイトや予告編に環境メッセージをもっと掲載することを求めた。 そのウェブサイトや予告編では書籍からの、環境を守るための重要なメッセージの掲載が減らされていた。 署名は57,000以上(含む)集まり、2012年1月26日にユニバーサルはウェブサイトを更新し子どもたちの要望に応じた環境メッセージを掲載した。 2012年2月2日、ニューヨークの学生23歳であるステフ・グレイが投稿した請願は約110,000もの署名を集めた。 これは米国最大の学生ローン会社である ()に対するもので結果、支払猶予手数料の規定が改定された。 2014年2月のの女子シングルでが金メダル、が銀メダルとなったことについて、採点見直しと判定の調査を求める署名が、主に韓国人ユーザーから150万人以上集まった。 ビジネスモデル [ ] 運営資金は、ユーザーからの寄付と資金調達でまかなっている。 寄付には、会員プログラムに申し込んだ会員からの月額の「会員費」と、ユーザーがChange. org上で自分の賛同する署名キャンペーンを他のユーザーに知らせる「キャンペーン広告」の二種類がある。 また、ビル・ゲイツ(Microsoft共同創業者)、リチャード・ブランソン(ヴァージン・グループ創設者)、アリアナ・ハフィントン(ハフィントン・ポスト創業者)、リード・ホフマン(Linkedin創業者)アシュトン・カッチャー(俳優、投資家)などからの資金調達も行っている。 批判 [ ] 特定・限定された条件の下においては 、サインやメール・アドレスを含む他の私的な情報が検索エンジンに拾われることがある。 Change. org は、Change. org にアカウントを有する利用者のサインを秘匿するシステムを運用しているが 、そのシステムは、サインが偽造された場合や、Change. org が運営する別のサイトである PetitionOnline にサインが表記された場合には、機能しない。 Change. org はドメインの末尾に、営利のための企業でありながら、商用を意味する「コマーシャル」の略である「. com」でなく、「. org」を使用しているという批判がある。 サイトが「人々を請願へサインさせることについて経済的な動機を有する営利の存在」である、という事実を隠して利用者を騙している、として非難があった。 また Change. org は、利用者から提供された一部の個人データをサイトのへ販売して利用者と引き換えに金儲けしている、という意見がある。 利用者がキャンペーンを作成しても、Change. orgは場所を提供する以外には基本的には何もせず、利用者は自らのキャンペーンを自分で宣伝するに任せていると主張しており、利用者による自律的な活動を促す立場を守るという点で、のスタイルに類似する部分があると言っているが、Wikipediaは非営利団体によるweb百科事典であり、運営形態は大きく異なる。 日本の行政府への請願はに規定されており、請願者の住所・氏名さえ記載されていれば捺印も不要で、請願書として扱われる。 一方、立法府(国会)への請願は衆参両によって、による紹介を必要としており 、change. orgの電子的なインターネット署名は、国会議員による紹介を得るまでは法律上の効力を持たない。 また、コメントのみをしたい場合やキャンペーンそのものに反対したい場合でも、反論や発言をしたい場合にコメントのみの発言ができないシステムになっている。 対処法としては、新しいキャンペーンを作成するか、Change. org以外での発言を行うしか手段がない。 ただ、あまりにも理不尽な主張には、署名人数が集まらないか、仮に署名人数が集まっても当局が行動に至らない。 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]• 2016年12月17日 19時00分 公開[黒木 貴啓,ねとらぼ]• 英語版 10:06, 24 August 2013 版の冒頭文における「 certified」に該当。 アメリカ法の区分における ()に該当。 Alter, Jonthan, , Blomberg ,• , Change. org ,• Nick Gonzalez February 7, 2007 , , ,• Veneziani, Vince 2007年2月7日. 2011年12月10日閲覧。 Nicholas Kristof February 4, 2012 , , ,• Sarah Lai Stirland November 25, 2008 , , Wired ,• Branigan, Tania 2011年4月20日. Guardian. Joffe-Walt, Benjamin, , Change. org ,• Lardinois, Frederic. April 5th, 2012. "Change. Alexandra Topping Sunday 13 May 2012 , , The Guardian ,• Leo Kelion 14 May 2012 , , BBC News ,• 堀義人、G1政策研究所『日本を動かす「100の行動」』PHP研究所、2016年。 , Change. org ,• , Change. org ,• , Change. org ,• Nicholas Kristof February 4, 2012 , , ,• Tamar Lewin 2012年2月2日. NY Times. 2014年2月21日. 2014年2月22日閲覧。 , Change. org , 2012年3月19日閲覧。 , Change. org , 2012年3月19日閲覧。 Wade Rathke 20 June 2012 , , Chief Organizer Blog , 2012年7月10日閲覧。 柴田睦夫、「国民の請願権問題に関する質問主意書」、『第101回国会 質問の一覧』、質問第一〇号、衆議院、昭和59年3月31日、(平成28年11月27日取得、 )。 中曽根康弘、「衆議院議員柴田睦夫君提出国民の請願権問題に関する質問に対する答弁書」、『第101回国会 質問の一覧』、答弁第一〇号(内閣衆質一〇一第一〇号)、衆議院、昭和59年5月8日、(平成28年11月27日取得、 )。 衆議院、「第十一章 請願」、『衆議院規則』、昭和22年6月28日議決、平成25年12月6日改正、(平成28年11月27日取得、 )。 参議院、「第11章 請願」、『参議院規則』、昭和22年6月28日議決、平成26年6月20日改正、(平成28年11月27日取得、 )。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (日本語)• (日本語).

次の

”赤木効果”で最多最速!森友事件で自死「再調査を」に賛同15万人の衝撃(相澤冬樹)

チェンジ ドット オーグ 赤木

公文書の改ざんを上司に強要されて心身を病んだ末、2年前の3月に自ら命を絶った財務省近畿財務局の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)。 妻の昌子さん(仮名)が、相澤冬樹氏(大阪日日新聞)の取材に応じ、現在の心境を語った。 昌子さんは、夫の死の真相を知りたいと、国と佐川宣寿元財務省理財局長を相手取り、3月18日に損害賠償請求訴訟を提起した。 しかし、安倍晋三首相や麻生太郎財務大臣は再調査しないと国会で答弁。 そこで、昌子さんは3月27日から、キャンペーンサイト「Change. org(チェンジ・ドット・オーグ)」で、「再調査」を求める賛同者を募った。 4日後の3月31日には、賛同者は25万人を超えた。 運営側によると、これは同サイト史上最速、最多の数字だという。 昌子さんは、どれだけの人が賛同してくれるか、最初はドキドキだったという。 この反響の大きさには、「(赤木さんが自殺した)あの日以来、初めて幸せを感じました。 署名のニュースを見ると血液が沸き立つような感覚がします」。 さらに、「20万の人が応援してくれる日がくることを、あの時(葬儀の時)の夫に教えてあげたい」とも明かした。 旧国鉄の分割民営化を受けて、国鉄マンから大蔵省(現・財務省)職員となった赤木さん。 「公務員に誇りを持っていました。 普段から『ぼくの契約相手は国民です』と言っていましたし、同じマンションの方には『私の雇用主は日本国民なんですよ。 日本国民のために仕事ができる国家公務員に、誇りを持っています』と話していたと、亡くなった後に聞きました」(昌子さん) 4月2日(木)発売の「週刊文春」では、赤木さんがどんな人だったのか、どのようにして昌子さんと出会い、どんな夫婦だったのか、かつて自民党支持者だった昌子さんはなぜ告発を決意したかなど、昌子さんの「全告白」を掲載する。 また、幸せな夫婦の暮らしを物語る赤木さんの写真や、池上彰氏、後藤謙次氏などジャーナリストがこの問題について語ったインタビューを含め、12ページにわたって伝えている。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月9日号).

次の

森友事件で自死 財務局職員の妻がネットで再調査求める署名活動開始(相澤冬樹)

チェンジ ドット オーグ 赤木

公文書の改ざんを上司に強要されて心身を病んだ末、2年前の3月に自ら命を絶った財務省近畿財務局の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)。 妻の昌子さん(仮名)が、相澤冬樹氏(大阪日日新聞)の取材に応じ、現在の心境を語った。 昌子さんは、夫の死の真相を知りたいと、国と佐川宣寿元財務省理財局長を相手取り、3月18日に損害賠償請求訴訟を提起した。 しかし、首相や財務大臣は再調査しないと国会で答弁。 そこで、昌子さんは3月27日から、キャンペーンサイト「Change. org(チェンジ・ドット・オーグ)」で、「再調査」を求める賛同者を募った。 4日後の3月31日には、賛同者は25万人を超えた。 運営側によると、これは同サイト史上最速、最多の数字だという。 昌子さんは、どれだけの人が賛同してくれるか、最初はドキドキだったという。 この反響の大きさには、「(赤木さんが自殺した)あの日以来、初めて幸せを感じました。 署名のニュースを見ると血液が沸き立つような感覚がします」。 さらに、「20万の人が応援してくれる日がくることを、あの時(葬儀の時)の夫に教えてあげたい」とも明かした。 旧国鉄の分割民営化を受けて、国鉄マンから大蔵省(現・財務省)職員となった赤木さん。 「公務員に誇りを持っていました。 普段から『ぼくの契約相手は国民です』と言っていましたし、同じマンションの方には『私の雇用主は日本国民なんですよ。 日本国民のために仕事ができる国家公務員に、誇りを持っています』と話していたと、亡くなった後に聞きました」(昌子さん) 4月2日(木)発売の「週刊文春」では、赤木さんがどんな人だったのか、どのようにして昌子さんと出会い、どんな夫婦だったのか、かつて自民党支持者だった昌子さんはなぜ告発を決意したかなど、昌子さんの「全告白」を掲載する。 また、幸せな夫婦の暮らしを物語る赤木さんの写真や、氏、後藤謙次氏などジャーナリストがこの問題について語ったインタビューを含め、12ページにわたって伝えている。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月9日号).

次の