バルーン カテーテル 看護。 介護施設における看護業務~留置バルーンの洗浄、交換~

膀胱留置カテーテルの看護について知りたいです|ハテナース

バルーン カテーテル 看護

現在、留置バルーンはできるだけ抜けるように考えることが主流です。 尿道からの感染はかなり根強く、拘束感も強いので抜ければ抜いた方が良いとされています。 しかし前立腺肥大や膀胱の問題で抜くことが困難な人もいます。 では、介護施設内ではどのようなことに注意して管理していけばよいでしょうか。 それでもバルーン留置せざるを得ない疾患とは、• 前立腺肥大や何らかの原因で(腫瘍など)尿道狭窄していて慢性的に尿閉状態の方• 脊髄疾患や脳梗塞などの後遺症で神経因性膀胱となり排尿が自立できない方• 仙骨部などに褥瘡があってその処置が優先される方(褥瘡部の清潔保持のため) などです。 単に尿失禁が頻回であるなど、基本的に自尿がある人は入れておくべきではありません。 医師の指示でバルーン留置はしますが、日ごろ観察する看護師は、安全な管理と共に 「もしかしたらバルーンを抜くことはできないか」という目線を持って介助に携わることが必要です。 また、バルーンバック内に尿が溜まっていて、何かの拍子で逆流してもやはり感染源となります。 感染防止のためには、• バルーンバック、特に排出口を床など不潔な場所に触れさせない• 逆流を防ぐためバルーンバックは膀胱より下に常に置いておく(特に移乗時は注意)• バルーンチューブの屈曲や、挟まれることでの圧迫や破損に注意 などが必要となりますが、尿を破棄するごとにアルコール綿で拭くなどは不要です。 私たちが排泄する時に行う清潔動作と同様に、基本的な保清行動がとれていれば大丈夫です。 挿入部の発赤や腫脹が無いかどうか、尿漏れが頻繁では無いかを確認します。 尿道口は感染を起こしている場合以外、消毒などをして常在菌を無くしてしまうような行動をしないことです。 シャワーなどで保清を保ち、皮膚トラブルを起こさないようにします。 そしてとくに男性の場合、バルーンチューブはお腹側に固定するようにしましょう。 歩行する人などは足側でも良いですが、しっかり固定しておかないと引っ張られて尿道損傷の危険があります。 尿量が少ないと感じたら、すぐに医師報告だけでなく水分補給は足りているかなど日常生活を見直し、必要時水分補給を足すなどの処置をします。 また、浮遊物は無いか、血尿は無いか、色は正常かなどを日常的に見るようにします。 看護師が行うことも可能ですが、施設医やかかりつけ医に受診して行うことも多いでしょう。 バルーンの詰まりが考えられる場合は、看護師が交換することを推奨されますが、洗浄は医師の指示の下に行います。 必要外の洗浄は膀胱内の逆流によりやはり感染の危険もあります。 バルーンを交換した際は、その後しばらくスムーズな尿の流出を確認します。 また、交換時の出血が無いかも確認が必要です。 バルーン交換の注意点は、• 交換時は尿道口を消毒する• 女性はバルーンチューブから確実に尿の流出を確認するまで(膣に入ってしまうことも多い)、男性は尿の流出が見られてもチューブの根元まで(前立腺肥大などでチューブが途中でたぐまってしまうこともあり、そうなると出血の危険)必ずチューブを挿入する• 固定水の注入時に抵抗が無いか確認する• 固定される位置まで引き抜き、尿道口に負担のかからない位置に固定する などになります。 設備や物品が揃っていませんから、家族にも協力を得てみていかなくてはいけません。 特に自己抜去の危険がある人などは、抑制も必要ですが、長い生活にあまり不自由があってもいけないですし、留置バルーンに対しては悩ましいものでしょう。 できるだけ 利用者のADLやQOLが下がらないような工夫をしていきましょう。

次の

バルーンカテーテル

バルーン カテーテル 看護

1、膀胱留置カテーテルとは 膀胱留置カテーテルとは、膀胱にカテーテルを入れて、そのカテーテルを留置することで、尿を持続的に排出するためのものです。 出典:( 株式会社メディコン) 膀胱留置カテーテルは、カテーテルの先端についているバルーンを膨らませることで、膀胱にカテーテルを留置します。 膀胱留置カテーテルは、バルーンカテーテルと呼ばれることもあります。 自力で排尿することができない患者に使用されることが多く、間欠的導尿を何度も行う場合に比べて、苦痛が少なく、尿量を正確に把握できるなどのメリットがあります。 2、膀胱留置カテーテルの目的 膀胱留置カテーテルは、膀胱内に24時間カテーテルを挿入しておくことで、持続的かつ安全に尿を排出する目的で用いられます。 導尿には間欠的導尿と持続的導尿の2種類があり、どちらも自力で排尿できない患者に用いられます。 詳しくは「」を参照してください。 膀胱留置カテーテルは、間欠的導尿とは異なり、持続的に尿を排出できるという特徴があります。 そのため、次のような患者に適応となります。 1.萎縮性膀胱で膀胱容量が50ml以下の患者 2.膀胱機能不全が原因で残尿がある患者 3.長時間の手術を行う患者 4.泌尿器科の手術を受ける患者 5.術中に大量の輸液や利尿剤を使用する患者 6.重症で尿量の正確な計測が必要な患者 7.尿失禁があり会陰部や仙骨部に開放創がある患者 8.骨盤骨折など長期的に体動制限を強いられる患者 9.尿道の閉鎖を解除する必要がある場合 10.ターミナル期の快適さの改善 尿失禁がある患者はオムツで対応すれば良いですし、排尿障害がある患者は間欠的導尿で対応可能です。 膀胱留置カテーテルはこの10個の適応に当てはまるような患者に用いられるものになります。 3、膀胱留置カテーテルの種類 膀胱留置カテーテルは、いろいろな種類があり、患者の状態によって使い分ける必要があります。 それぞれの特徴を確認しておきましょう。 一般的には10mlのものを用いますが、止血目的の場合には30mlのものを用います。 通常は、感染予防の観点から外界とつながる部分が少ない2wayのものを用います。 ただ、カテーテル留置中に結石や凝血塊結成の予防目的などで膀胱洗浄を行う可能性がある時には、3wayのカテーテルを用います。 チーマン型は先端部が少し曲がっていて、尿道が狭窄していても無理なく挿入できるように作られています。 先端開口型はガイドワイヤーを使って挿入することができますので、尿道が狭窄していて、カテーテルの挿入が困難な患者でも、膀胱留置カテーテルの挿入・交換をすることができます。 どのような合併症のリスクがあるのかを説明していきます。 その状態が長期間続くと、膀胱の廃用性症候群が起こり、膀胱の機能が低下して、萎縮が起こります。 5、膀胱留置カテーテルの看護技術 膀胱留置カテーテルの挿入方法を確認していきましょう。 5-1、必要物品 ・バルンカテーテル ・畜尿バッグ ・ガーゼ ・イソジン綿球 ・攝子 ・キシロカインゼリー ・蒸留水 ・10mlシリンジ ・固定用テープ ・ディスポの手袋 ・防水シーツ ・陰部洗浄に必要な物品 膀胱留置カテーテル挿入セットが全部入ったキットが用意されていることもあります。 確認後、蒸留水は吸い取っておく 5.防水シーツを患者の臀部に敷く 6.陰部を消毒する 7.患者に口で呼吸してもらいながら、キシロカインゼリーをつけたカテーテルを尿道口から挿入する 8.男性は20cm、女性は5~6cm程度すすめ、尿の流出があったら、そこからさらに2~3cm進めて、蒸留水を注入して、バルーンを膨らませる 9.カテーテルを軽く引っ張って、抜けないことを確認したら、バルーンを固定する 6、膀胱留置カテーテルの看護計画 膀胱留置カテーテルを挿入している患者の看護計画を留置中の観察項目とケアのポイント、抜去後の観察の注意点の3つに分けて説明していきます。 6-1、観察項目 膀胱留置カテーテルを挿入している患者の観察項目を確認していきましょう。 尿量は患者の疾患や使用している薬剤によって増減がありますが、インアウトバランスを計算して、異常かどうかを判断する必要があります。 尿量が少なくなれば、脱水のリスクがあり、尿路感染を起こすリスクが上がります。 また、突然尿が出なくなった場合は、カテーテルの閉塞のリスクがあります。 そのため、尿量のチェックは数時間に1回は行うようにしましょう。 尿の色調や浮遊物の有無などを観察していきましょう。 また、蒸留水が抜けて、バルーンが縮小していたり、カテーテルが閉塞していて、膀胱内に尿が溜まりすぎた場合も、尿漏れを起こすことがあります。 WBCやCRP、体温などを観察しましょう。 6-2、膀胱留置カテーテルのケアのポイント(固定・管理・陰部洗浄) 膀胱留置カテーテルを挿入している時のケアのポイントを説明していきます。 この時、テープかぶれを起こさないように、テープを貼りかえる時には、少しずつずらして固定するようにしましょう。 また、しっかり固定しようとして、カテーテルを皮膚に押し付けた状態で固定すると、そこに潰瘍を起こす可能性がありますので注意してください。 6-3、膀胱留置カテーテルの抜去後の観察 膀胱留置カテーテルを抜去した後は、次のことを観察しましょう。 ・排尿時痛 ・尿量・尿意の有無・陰部の違和感・排尿回数・残尿感 膀胱留置カテーテルを長期間挿入していると、膀胱の萎縮などから尿意がなかったり、頻尿になったり、残尿が残ることがあります。 患者さんの状態によっては、抜去前にカテーテルをクランプして膀胱訓練をすることもありますが、クランプをすると尿路感染を起こすリスクが高くなりますので、基本的には行わないことが多いです。 まとめ 膀胱留置カテーテルをの基礎知識や目的、種類、感染・合併症、看護技術、看護計画をまとめました。 膀胱留置カテーテルは持続的に尿を流出できるというメリットはあるものの、尿路感染のリスクが非常に高いですので、陰部洗浄をしっかり行い、感染予防に努めるようにしましょう。 参考文献 (一般社団法人 日本感染症学会) (公益社団法人北海道勤労医療協会 勤医協中央病|2012年) (公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団|2005年7月) jdepo.

次の

バルーン留置訪問看護導入について|ケアマネジャーの悩み相談・質問・雑談掲示板|ケアマネドットコム

バルーン カテーテル 看護

こんにちは。 脳神経外科病棟で勤務する看護師です。 脳神経外科病棟では、脳血管障害によって長期的に膀胱留置カテーテルを留置する患者さんがいます。 その患者さんの中にも、尿が混濁してカテーテルが閉塞することがあります。 一度や二度であれば、膀胱留置カテーテルを入れ替えたらいいですが、頻回に閉塞する場合は、膀胱洗浄を実施しなければなりません。 その方法を記載していきます。 膀胱留置カテーテルを挿入中に膀胱洗浄する方法 現在の膀胱留置カテーテルはキット化されており、膀胱留置カテーテルとインレットチューブの接続部分にはシールが貼られています。 従来はシールを剥がして、膀胱留置カテーテルのフォーレン部分からカテーテルチップを使用した膀胱洗浄を実施していました。 しかし、現在この方法はあまり行われていません。 頻繁に接続部分をはずすことで、逆行的に感染を起こす可能性があるからです。 では、どのように膀胱洗浄を実施していけばいいのでしょうか?一緒に確認していきましょう。 1.サンプルポートより排液バッグ側をクランプし、アルコール綿やイソジン綿球を使用してサンプルポートを消毒します。 2.洗浄水として、生理食塩水もしくは滅菌蒸留水を滅菌カップへ出します。 3.50mlのロック付きシリンジを用い、滅菌カップから洗浄水を吸引しサンプルポートから注入します。 4.膀胱内に洗浄液を流入させた後、クランプを解除。 5.排液バッグ内へ、尿と洗浄液、膀胱留置カテーテルを閉塞していた分泌物が排出していることを確認します。 膀胱留置カテーテルを閉塞させないためには? 一番は、患者さんに水分摂取を促すことです。 膀胱内の浮遊物が多くても、水分摂取量が増えれば尿量が多くなるため閉塞するリスクは下がります。 可能であれば、水分摂取を促すようにしましょう。 また、膀胱留置カテーテルのサイズを上げることも一つの手段だと考えます。 細いものは詰まりやすいですが、太いもののだと詰まりにくいです。 もし患者さんの苦痛が少ないようであれば、1サイズ太い膀胱留置カテーテルを選択してもいいのではないでしょうか? 膀胱留置カテーテルの閉塞が頻繁であれば泌尿器科へ相談 膀胱留置カテーテルが何度も閉塞するようであれば、泌尿器科へ相談することが必要でしょう。 膀胱や腎臓といった上部尿路が、なんらかの疾患にかかっている可能性が考えられるからです。 閉塞時の対応だけではなく、根本的な原因を探ることも大切だといえます。 おわりに.

次の