小学生 塾 ついていけ ない。 塾ソムリエが伝授!小学生の中学受験【塾選び】のポイントとは? | 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』

小学生のなかでも塾に行かなくてもいい子ってどんな子?

小学生 塾 ついていけ ない

Contents• 小学生に塾が必要なケース 小学生から塾に行く必要はない とはいっても、 必要な場合もあります。 それについて、 まずはお伝えしておきます。 中学受験する 中学受験する場合は、 塾に行っておいた方がいい場合もあります。 とくに算数の内容は、 中学レベルの内容を小学校までの知識で解く問題とか、 たくさんの特殊算があるので、 学校じゃ対応できないし、 親が教えるのもなかなかしんどいかもしれません。 そういう場合は、 塾を使うのも効果的かと思います。 英語に触れさせる目的 小学校の低学年のうちから、 英語に触れさせるという目的で、 塾を利用するのもまぁアリかなと思います。 個人的には塾ではなく、 英語教室的なところのほうが 学校のお勉強の英語ではなく より実践的な英語に触れる機会があると思うので、 利用価値は高いかなと思いますけどね。 ふつーの塾に行かせたら、 学校の授業みたいに 勉強することになるので… まぁアルファベットとか、 簡単な単語を覚えて英語に触れる くらいの目的な どっちでもいいと思いますよ。 小学生から塾に行くメリット ここからは、 小学生が塾に行くメリットについて お伝えします。 小学生から塾に行く必要はないと思うけど、 目的が明確であればメリットはあります。 ようは使い方次第です。 子供本人が勉強で 明確にわからない部分があるときは、 それをカバーすることができます。 ただどこがわからないとか、 学校から出された宿題すらやってないとか、 そういう 最低伝のレベルに達していない場合は、 行くだけムダになってしまいます。 家でまったく勉強しないって言う場合、 塾に行くことで勉強時間を多少確保することはできます。 だけど、 塾で勉強時間を確保したからって、 勉強をやるようになるわけでも、 勉強ができるようになるわけではないので 注意が必要です。 結局本人の意思がついてこないと 何の意味もありません。 小学生から塾に行くデメリット ここからは、 小学生から塾に行くデメリットについて お伝えします。 子供にとってこんなデメリットがある ということを知っておいてください。 塾に行かなければいけないから、 その分 遊ぶ時間をけずることになります。 そうなると、 子供にとってはストレスかもしれません。 ストレスになっていたら、 何百時間塾で勉強しても まったくみにつくことはないので、 お金と時間のムダになります。 だから塾に行かせる必要はないんです。 本来勉強というのは、 机に向かってマジメにやることが すべてではありません。 普段の生活で触れるもの、見るもの、 親との会話、テレビやネットから得る情報 などなど… いろいろなものから、 たくさんのことを知り、学び、 身につけていくのも勉強です。 塾の外では 勉強のスイッチを 完全にオフにしてしまうようになります。 そうなると日常生活の中で、 目に映るもの、耳に聞こえてくるものから 新しい情報を吸収する能力が失われます。 脳みそが活動せず どんどんおバカになっていきます。 だから小学生から塾に行かせる必要はないんです。 家で勉強する習慣付けないとダメ 塾にどれだけ行かせたところで、 家でもしっかり勉強しないと、 なにも見につきません。 すべて忘れていきます。 なので結局、 家でもあたりまえに勉強する習慣を みにつけさせないとダメです。 親子のコミュニケーションを通して、 机に向かってマジメに問題を解くだけが 勉強ではないことをしっかり教えてあげてください。 親が勝手に決めるのは絶対にダメ 子供がどんなに年齢が低かろうが、 親が勝手に決めるのは、 絶対にダメです。 子供に判断できない とか決めつけるようなことはしないでください。 1人の人間として、 しっかり扱ってあげてください。 子供が行きたいというまで待って 子供が行きたくないって言っているのに、 「行きたい」って言ったってウソつかれて 塾にくる羽目になった子をみたことがあります。 そんな子が、 塾にきても、まぁ何もやりませんよね。 どれだけ注意しても、 授業時間内ボーっとして やり過ごそうとするだけ。 あたりまえですよ。 イヤなのに無理やり行かされて、 勉強なんかやるわけないです。 塾は子供のしつけを他人に、 丸投げするところではありません。 塾に行くことを提案してみるのはokですが、 子供が行きたくないと言ったら、 ムリに生かせるようなことはやめてください。 映像教材や通信教材も試してみて! 塾だけでなく、 映像教材や通信教材もいろいろあります。 塾に行かせるまえに、 そっちも試してみてください。 家の中で気軽に取り組める方が、 案外しっかり勉強するかもしれませんからね。 塾でマジメに机に向かわされるより 楽しくできるだろうし。 最後に。 以上、 小学生を塾に行かせる必要はない。 というか行かせない方が良いその理由について でした。 小学生から塾に行かない方がいい理由は、 勉強=学校や塾で机に向かってするもの になってしまうからです。 勉強というのは、 日常生活で出会う新しいものすべてです。 それらを 自然に吸収できるような 環境を用意してあげてください。 塾に丸投げする前に、 できることはたくさんあるはずです。 一番大切なのは親子のコミュニケーションです。 子供扱いして見下さないで、 1人の人間として、 接してあげてください。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 しょうり.

次の

小学生に塾は必要?学習塾デビューの年齢、塾代、選び方

小学生 塾 ついていけ ない

小学生の塾というと、中学受験を目的に通う所と思う方も多いでしょう。 確かに、中学受験のためには、塾に通うことは必須ともいえます。 しかし、中学受験をしない小学生は、みんな塾に行く必要がないかというと、そうではありません。 受験対策以外にも、塾に通うことのメリットはたくさんあります。 そこで、小学生が塾に通うメリットとその効果について考えてみましょう。 塾には進学塾と学習塾(補習塾)の2種類がある 塾のメリットを見ていくまえに、塾の種類について知っておきましょう。 塾は大きく分けて、中学受験を目的とした「進学塾」と、「学習塾」や「補習塾」と呼ばれる学校の授業をサポートするための塾の2種類があります。 中学受験を目指している子どもたちは、講義の難度が高く、受験対策のための学習を進める進学塾に通います。 中学受験は、受験対策のための独自の学習をしなければ、なかなか合格できません。 ですので、中学受験をしない子どもが進学塾に通うことは、確かにあまり意味がないでしょう。 進学塾では講義内容も難しく、学力別にクラス分けがされたり、毎週のようにテストが行われたりするなど、受験を視野に入れていない子どもにとってはきびしい内容になっています。 一方の学習塾や補習塾は、あくまでも学校の授業のサポートが目的ですから、授業内容も学校のテキストに沿って行われます。 内容が難しすぎることもありませんし、学校で習わない内容を詰め込まれることもありません。 つまり、受験を考えていない子どもが塾に入るのであれば、学習塾・補習塾を選ぶべきなのです。 学習塾の5つメリット 次に、学習塾や補習塾に通うメリットについてご紹介します。 学校の授業に遅れがちな子どもであっても、塾に通って勉強する時間を増やすことで、理解度が高まり、学校の授業についていけるようになるでしょう。 自宅では怠けてしまって勉強をしない子どもも、塾という非日常の場に行くことで気持ちが切り替わり、集中して勉強できる可能性があります。 また、塾はある程度強制的に勉強をさせる場ですから、あまり勉強が好きではない子どもにも向いています。 特に小学生のうちは、「わからないからつまらない」という面が多分にあります。 そのため、勉強はつまらないと思っている子どもも、だんだん勉強が身に付いてわかるようになってくれば、自然と「楽しい」と思えるようになるはずです。 また、授業中に手を挙げて、疑問を投げかけるのはとても勇気のいることです。 学習塾であれば、講義が終わったあとでわからなかったところを講師に質問することも気軽にできます。 特に内気な子どもの場合は、少人数制で質問がしやすい塾を選ぶのがいいでしょう。 わからないところがあるまま先に進んでいってしまうと、どんどん苦手意識が高まってしまいます。 授業や講義での疑問点は、その場で解決できる環境を整えることが大切です。 そういう狭い世界で、遊びも勉強も運動も同じように行うことから、クラスの仲間とはなかなか「いっしょに勉強をして高め合う」という意識が生まれづらいものです。 塾という、勉強だけに特化した環境に集まる子どもたちのあいだには、学校のクラスとは違うつながりが生まれます。 勉強を核にした新しいつながりができることで、お互いに学習意欲を高め合っていけるでしょう。 幼い子どもにとっても、学校という世界だけではなく、別の世界にも居場所を作ることは、世界を広げていく一歩になります。 いろいろな人がいて、いろいろな考え方を持って暮らしているのだということを知るためにも、学校から離れたコミュニティに属することは効果的です。 また、多くの人が経験する高校受験においても、「勉強が好き」ということは大きなメリットになります。 塾に行くことで鍛えられるのは、目先の学力だけではありません。 「わからないときにどうすればいいのか」「どのように学習を進めればいいのか」という基本的な部分をしっかり固めることができるため、将来に役立ちます。 塾に行くことで、この時間帯に勉強をする習慣がつけられれば、自然と学校の予習・復習ができる子どもに育ちます。 学校から帰ってきて遊んでいるだけの子どもと、学習習慣がついている子どもとでは、その後の学力や授業の理解度に大きな差がつくでしょう。 宿題を溜め込んだり、試験前に一夜漬けをしたりするような子どもに育てないためにも、早い段階で勉強の習慣を定着させることが大切です。 学習塾で勉強のトラブルを早期ケア 塾に通うことで得られるメリットは、単なる学校の成績アップだけではありません。 苦手分野のカバーや学習意欲の向上、学習の習慣付けなど、その後の学生生活においても役立つことが多くあります。 現在の授業についていけない子どもはもちろん、今のところ問題はない子どもにとっても、学習塾に通うことで、今後の勉強をスムーズに行う力をつけることができます。

次の

塾についていけない(ID:3330073)

小学生 塾 ついていけ ない

学習塾には中学一年の一年間通いました。 理由はお決まりの「 家で勉強しないから」です。 仲良しのお友達も通っていました。 入塾時の説明で「うちは復習中心の塾ですから」 と言われていたので安心していました。 実際に復習中心は嘘ではなかったと思います。 今、学校で習っている内容の復習はしていたのでしょう。 でもそれ以前の内容でつまづいている子に救いの手はありませんでした。 結局、 わからないまま塾に通い、わからないまま座っているだけの状態だったと思います。 家だと勉強しないから… そんな安易な理由で塾にいれたことを今でも後悔しています。 もっと早く、「 家庭学習の習慣」と「 やり直す学習」に出会っていたらと思うと 解らないまま塾に通っていた一年間という時間が惜しくてなりません。 学習塾で更に勉強が嫌いになる 中一の三学期。 学校の授業にも学習塾でもついていけていない状態でした。 塾の指導はこれまでと変わらず• 塾で使っている問題集をやりなさい。 解らないことは質問に来なさい この二点だけでした。 学校で言われているアドバイスとほとんど同じ指導です。 塾の問題集は応用問題が多く、授業についていく事が出来ない娘はほぼ解けません。 質問というものはある程度理解していて初めて出来るものです。 質問も出来ないほど解らない場合はどうすればいいのでしょうか? 結局、救済措置もないまま学年末試験を終え、 予想通り、最下位クラスの成績で中学一年を終えました。 当時、娘は勉強に対してすっかり諦め切っていました。 この状態で何をしても身に付くはずがありません。 中学一年生の三学期終了と同時に退塾することにしました。 全国公立中学の教科書に対応.

次の