リッケン バッカー 325。 リッケンバッカー・325とは

FAQ:リッケンバッカー日本版ウェブサイト:rickenbacker

リッケン バッカー 325

さて、先日遂にブログの引っ越しに成功したワケですが、ふりかえると、4〜5月のPCへの噛り付き具合たるや、日中の業務以上でした 爆。 とはいっても、チャンチャンと完了したわけでは無く、それなりに苦労した事がありまして、思いのほか時間がかかったのですが、振り替えるとまぁ色々な事を記事にしておりました。 その中でもグレッチのギターについて書いているエントリーが目に留まり、フムフムと読み返していると、そういえばまだコイツについて筆を執ってないなぁなんて相棒がいる事が判明。 というワケで、ブログの引っ越しにおける愚痴については改めて筆を執るとして 爆 、今回ご紹介するのは久しぶりの楽器シリーズ。 そしてよもやのギターシリーズ第2弾! 【関連記事】• ロックンロールはリッケンバッカー! さてさて、コレはグレッチの記事でも触れましたが、私奴はロケンロールをこよなく愛するギタリストでして、愛機はグレッチのG6119で出来もしないプレイを誤魔化しゴマカシでやっております。 爆 で、ロケンロールといえば、敬愛するブライアンセッツァー御大の影響もありグレッチを手に入れたワケですが、やはりロケンロールを遡っていくと、やはりビートルズは避けては通れない、、、とこれまたド定番の流れに行き着くのであります 爆 所謂ロカビリーと言われるジャンルでいえば、グレッチに代表されるような箱ギターが定番なワケですが、マージービートと呼ばれるジャンルも聞くようになってくると、欲しくなってくるギターはリッケンバッカーではないでしょうか。 そんなリッケンバッカ—の中でも私奴のハートを撃ち抜いたのは325と言われるショートスケールのギター。 ジョンレノンが愛用した事でも有名ですが、ショートスケール故のチビッこい大きさがグレッチとは正反対で逆にカッコいいなぁと。 もっというと、我が愚息がいつギターに興味を持つの分からないにも関わらず、『子供でも扱いやすいショートスケールのギターが必要なんだ!』というよくわからない理由を炸裂させて、購入に踏み切りました。 ジャパンビンテージという甘美な響き 購入に踏み切るとはいってもリッケンバッカーだって安くは有りません。 新品で20〜30万、中古でも15万程度はしますし、月々の小遣いで買える、、、なんて代物ではないワケですよ。 それもあってうーんどうしようか、、、と悩んでいた際に、グレッチのリペアの為に持ち込んだ県下の某ギター工房に併設された中古ギター売り場に 愛しの325を発見! 当時発見したモデル。 しかも価格が5万円位、、、やけに安い! しかしよく見るとトラスロッドがリッケンバッカーのロゴじゃない。 そう、国産ギターメーカーのフェルナンデスが発売した 当時のコピーモデルだったのだ。 日本でも空前のエレキブームにのっかって 海外のギターモデルを各社がコピーしてはリリースされていたのは有名な話ですが、玉石混交とはいえ、当時の日本の国民性とも言うべき精度の高いギターは今ではジャパンビンテージと言われる程の作りも素材もしっかりしているモノが多いんです。 オービルしかりグレッチしかり、当時の技術力より拠点が日本に移った事例だってあります。 ) で、どうやら、この325モドキも、そういった背景で作られていたっぽいんですが、 本物が買えない言い訳としてもジャパンビンテージという言葉はしても魅力的で 猛爆 、激しく食指が動いたのでした。 リッケンバッカーじゃなくてロックンローラー 上記の通り、ジャパンビンテージという言葉 言い訳 に激しく物欲を刺激されたものの、買うのはもう少し情報収集をしてからにしよう!と帰宅後ネットに張り付くこと数時間、下記の内容が分かりました。 325のコピーモデルは国産ギターメーカーであるグレコ、アリアと、フェルナンデスが発売している。 グレコ、アリアとフェルナンデスの中で、音はフェルナンデスが本家に近い• 細かいディテールとしてはアリア製の方が再現度が高い このあたりの情報収集結果を経た結果、アリアかフェルナンデスにネライを定めたワケですが、更にここから私の心を撃ち抜く強烈な発見をします。 コチラ。 ああ、リッケンバッカーね。。。 ん? あれ、ろ、 ロックンローラー??? そう、このトラスロッドデザインのギターを発見するワケなんです。 ジツはコレは、国産コピー品の中でもアリアが作っていたコピーモデルで、制作時期によってバリエーションがあるみたいです。 同じアリアでも違うデザインのトラスロッドカバーがコチラ。 でも、やっぱりロックンローラーがカッコいい!(爆) パッと見はリッケンバッカーの様で、じっくり見るとロックンローラーというアソビ心が堪らない。 フランク三浦の時計のようなユーモアと、ジャパンビンテージと呼ばれる程のしっかりとした作りこみに、ハートを撃ち抜かれ、リッケン以上にこのロックンローラーにほれ込んだことは言うまでもない。 ロックンローラー欲しさの行動力(爆) という事で、探すのは アリアの325モデルで、トラスロッドカバーはロックンローラーと書かれたモデル! ただ、今更新品は買えない、、、という事でヤフオクに張り付くもののナカナカ出品されない。 半ば諦めかけていた頃に、アリアではないが、フェルナンデス製の325の出品を確認。 更に価格も2万5千円という事で、格安でしたがどうもトラスロッドカバーはフェルナンデスのオリジナルではなく 素人が切り出した様な白いプラ板が貼られていました。 最悪、コイツを落札して、ロックンローラーのロゴを手書きすりゃいいかな、、位の気持ちで保留していたのですが、本命品がナカナカ出てこない事もあって、フェルナンデス製の325モデルを落札する事となりました。 送料や決済手数料で最終的には3万程度まで費用が必要でしたがww とはいえ、ロックンローラーがどうしても欲しかった私奴はネット画像をもとにロックンローラーのロゴを、無地のプラ板に模写(猛爆) ソイツがコチラ。 近接しちゃうとアラが目立つので遠目から。 コピーモデルのフェルナンデスに、アリアのコピーモデルをコピーするという謎現象(猛爆) まぁ遠目ではなかなかソレっぽくなったと思います。 いずれは、アリアのロックンローラーロッドカバーがヤフオクで流れてくるのを今でも狙っていますwww あとがき ちなみに、この325モデル、ネックを上から見た際に3フレット目にポジションマークがありません。 とはいえ、5フレット目にはポジションマークがありますので、コレだけであればプレイへ影響はないのですが、厄介なのは4フレット目に紛らわしい打痕が! 爆) ただ、使い慣れないショートスケールと、グレッチでは3フレット目にもポジションマークがあるクセが相まって、チラッとネックを確認した際に、打痕とポジションマークを間違えちゃって非常に使いにくいwwww 故にポジションマークをポスカで自分で打っている事は内緒にしておいてください。 但し、プレイ中の手汗でそのポスカすら消えちゃう罠www なんて、今回はそんなリッケン325タイプの概要をばご紹介しましたが、また改めてコイツのディテールや音の具合など詳細内容についても筆を執ってみようと思います。 内容に関しては非常に興味深くて、後半にある伝説のシェイ・スタジアムでのライブ映像がデジタル・リマスターされ、且つそれをデカイ映画館のスクリーンと音響で見れるというのが一番感動だったのですが、その中で非常に興味深いカットがありました。 コチラ。 良く見ると、ジョンは325でジョージはグレッチのテネシアン。 という事は、ギターだけで考えると、私奴の スタメンギター2本でビートルズのコピバンが出来るじゃんか!と心躍らせた事ココだけの話。 これで、 ラディックのドラムと、ヘフナーのバイオリンベースを買う口実ができました 猛爆.

次の

【特集】ビートルズが愛したリッケンバッカーまとめ|GB

リッケン バッカー 325

325C64のローラー式ブリッジは取り寄せ出来ますか? 誠に申し訳ございませんが、325C64に使用されているローラータイプブリッジに関しましては、米国リッケンバッカー社からも純正パーツの供給がございません。 したいがいまして、同パーツの販売・交換などには対応できませんので、ご理解のほど宜しくお願い致します。 なお、同ブリッジに関して機能的な不都合などが生じた場合は、リッケンバッカー取り扱い楽器店にお問合せの上、大変お手数ではございますが、お持ちのブリッジ自体のリペアが可能か否かのご確認を含めて、ヤマノテクニカルサービスにお預けください。 ジャックの差し込みが2つあるのは何ですか? リッケンバッカーの一部のモデルには、アウトプットジャックが2つあります。 "Rick O Sound"と"STANDARD"の表記があるモデルで、通常に使用する場合は"STANDARD"ジャックをご使用ください。 こちらは通常のアウトプットジャックとなっております。 "Rick O Sound"ジャックは、Rick O Sound専用キットを使用し特殊なサウンド効果を出すためのジャックですが、現在では専用キットの生産がすでに終了しております。 したがいまして、このジャックをご使用する場合は、先述のキットをお持ちの方が使用するか、または市販されているステレオケーブルを使用し、フロントとリアのピックアップをセパレートしてアウトプットする事が可能です。 なお、通常のモノラルケーブルで"Rick O Sound"ジャックをご使用されると、回路上の問題で片側のピックアップしか出力されませんので、通常に使用される場合は、"STANDARD"ジャックをご使用ください。 また、"STANDARDジャック"にケーブルを差し込んだ時点で、Rick O Sound回路は出力はされてもステレオ作用ではなくなりますので予めご了解ください。 ギターにあるFifthコントロールは何ですか? 現行のRickenbackerギターに採用されているFifthコントロールは、モデルによって以下の機能を備えております。 <Cシリーズの5コントロール> 予めトレブル(リア)ピックアップには、キャパシターが組み込まれており、そのサウンドが聴感上ではネックピックアップに対して出力が低く聴こえます。 そのため、通常ではミックス時やピックアップを切り替えた際に、2つのピックアップの出力差を感じる場合がございます。 Fifthコントロールは、それに対してネックピックアップの出力のみを調整し、好みのバランスをとるためのコントロールです。 したがいまして、トレブル(リア)ピックアップには作用しておらず、トレブル(リア)ピックアップのみ使用時には、効用はありません。 <その他の5コントロール> レギュラーモデル関しては、上記キャパシターは組み込まれておりませんが、Fifthコントロールの作用は同様で、フロントピックアップのバランスコントロールとしてご使用いただけます。 またコントロールシャフトの可変方向が、通常のコントロールと反対になります。 ネームプレートを交換したいのですが? リッケンバッカーのネームプレートは、商標登録されたブランド名が表記されており、一切の販売をしておりません。 なお、交換をご希望の場合は、下記の条件を満たしている事を前提に取扱い楽器店を通して、交換リペアとして本体をお預けください。 現物を確認させて頂いた後、交換作業の可否をご返答させて頂きます。 ・正規日本代理店発行の製品保証書の提示 ファーストオーナーのみ ・交換が余儀なしと判断できる症状の場合 ・ヤマノテクニカルサービスによる交換作業のため、交換本体のお預かり ・破損した、もしくは交換が必要なネームプレートを保持、もしくは 取り付けられている状態 ・交換後のネームプレートは、当方で回収いたします。 リッケンバッカー社に返却が義務付けられています ・上記の条件を満たし交換が可能となった場合でも、リッケンバッカー社より交換用ネームプレートの供給が可能な場合で、且つ現行モデルの場合に限ります。 リッケンバッカーのパーツを取り寄せできますか? Rickenbacker社より、日本国内での販売許可を得て、かつ供給を受けている現行パーツに関しましては、補修用パーツとして販売を行っております。 しかしながら、本国ウェブサイトで販売されているパーツの中でも、国内での販売・取扱いをお断りしているパーツがございます。 また、販売や取扱いに際して、一定の条件に該当した場合のみ販売を行う場合や、特殊な一部の固有パーツに関しましては、お預かり修理対応のみの扱いで、テクニカルサービスによる交換作業のもと、元のパーツを回収させて頂く場合もございますので予めご了承ください。 なお、一部パーツに関しましては、販売に際して、正規輸入品の証明となる正規保証書のご提示が絶対条件となる場合がございますので、予めご了承ください。 詳しくは、 株 山野楽器 海外事業部 もしくはリッケンバッカー取扱い販売店にお問い合わせください。 Rテールピースが欲しいのですが購入可能ですか? リッケンバッカーのRテールピースは、同社のブランドロゴが表記されており、単体販売をしておりません。 なお、交換をご希望の場合は、下記の条件を満たしている事を前提に取扱い楽器店を通して、交換リペアとして本体をお預けください。 現物を確認させて頂いた後、交換作業の可否をご返答させて頂きます。 ・正規日本代理店発行の製品保証書の提示 ファーストオーナーのみ ・交換が余儀なしと判断できる症状の場合 ・ヤマノテクニカルサービスによる交換作業のため、交換本体のお預かり ・破損した、もしくは交換が必要なRテールピースを保持、もしくは 取り付けられている状態 ・交換後のRテールピースは、当方で回収いたします。 リッケンバッカー社に返却が義務付けられています ・上記の条件を満たし交換が可能となった場合でも、リッケンバッカー社より交換用Rテールピースの供給が可能な場合で、且つ現行モデルの場合に限ります。

次の

生産完了モデル(ギター) モノフォニックス | ギター・ベース専門店 取扱ブランド:Monogram(モノグラム)/ BOSSA 他

リッケン バッカー 325

1931年に設立されて以来、今なお世界中のプレイヤーに愛される楽器メーカー、リッケンバッカー。 そこから販売されている楽器のひとつに、リッケンバッカーベースというものがあります。 変形ベースの代表格であるその独特なルックス、そして芯の図太い音は、リッケンならではの特徴であると言えます。 とはいえ、リッケンバッカーユーザーに対して「変わり者」という印象を持たれる人も多いことでしょう。 根強い人気の割に使用者が少なかったり、手放してしまう人が多かったりするのは、このベースが非常に厄介な欠点を抱えているからなのです。 当記事では、私が実際に所有し発見したリッケンバッカーベースの魅力と欠点をご紹介します。 リッケンバッカーの歴史 アメリカの老舗楽器メーカー、リッケンバッカー。 まずは、簡単にリッケンバッカーの歴史をご紹介します。 1931年に設立されたリッケンバッカーは、1932年に世界初のエレクトリックギター「フライングパン」を発表しました。 有名な大手楽器メーカーのフェンダーやギブソンと同時期から楽器製作をしていた老舗です。 1960年代にポールマッカートニーが使用 1960年代にビートルズのポールが使用したことで、リッケンバッカーベースは一躍有名になります。 ・リッケンバッカーベースを演奏するポールマッカートニー ホワイトカラーのリッケンバッカーと、コーラスエフェクターをかけた音が印象的です。 邪魔なピックアップカバーを外していないところもグッド。 女性が持つと、また雰囲気が変わりますね。 激しさと優しさを併せ持つ魅惑の低音 以前私は、フェンダージャパンのジャズベースを使用していました。 その後、2011年製リッケンバッカー4003を中古で購入し、現在半年ほど使用したところです。 長らくジャズベースを弾いてきた私がリッケンバッカーを弾いたときの第一印象は「極端だな」というものでした。 各ピックアップの個性が、ジャズベースよりはるかに強い。 ゴリゴリとしたリア(ブリッジ側)と甘く優しいフロント(ネック側)を切り替える、また同時に鳴らす、この3通りを選ぶだけで音作りの方向が定まります。 加えて、トーンコントロールがピックアップごとに付いているので、音作りの幅はジャズベース以上です。 ジャズベースはアンプで作り、リッケンはベース本体で作る、といったところでしょうか。 とてつもない低音が出ます。 初めてバンドの練習で使用したときは、メンバー全員が気分を悪くしていました(笑) 今は4,3弦にスタンダードより細いものを使用しているので、締まった音が出るようになりました。 他には、「1弦の音が小さい」という意見もよく聞かれます。 確かに、他のベースと比べると1弦の音は小さく感じますね。 しかし、このおかげで和音がとてもきれいに鳴ります。 あえて和音を使いたくなってしまうほどです! 昔から変わらない不可解な構造 昔から造りが変わらないので、現在製造されている他のベースと比べると、不可解な構造をしています。 通常のベースではトラスロッド(ネックの中の歪みを調整する部分)は1本ですが、リッケンバッカーには2本あります。 1本であれば素人でも自宅で調整できますが、2本はリペアマンに頼む他ありません。 ネックが曲がったら即楽器屋行きですので、それが嫌な場合は毎回弦を緩める必要があります。 そして一番の問題は、何と言ってもテールピースです。 上部のスポンジミュートを調節する左右の大きなネジが、ピック弾きの際にかなり邪魔です。 よって私は、右側をとってしまっています。 (見た目は悪いですが。。。 ) このネジは一度外してしまうと付け直すためにはテールピースごと外す必要がありかなり面倒です。 そして、ブリッジにも爆弾を抱えています。 支えているのは左右のか細いイモネジだけ、弦高調整もこのイモネジだけですので、細かい調整はできません。 おまけに、オクターブ調整は弦を外さないとできません。 う〜ん、ワイルドです。 「細かい調整なんかするな!」と言われている気がします。 また、見た目の割にテールピースの部品の裏は意外とスカスカで軽い。 こんなにゴツくて強そうなのに、中身は弱々しいという……。 どうしてあんなに太い音がでるのか、もはや超常現象です。 最初はとにかく弾きづらい ジャズベース経験者である私でさえ、とにかく最初は弾きづらかったです。 ゴッついピックアップカバーが邪魔なのですが……それでもやはりカッコいいんですよね。。。 だから私は外していません。 おかげで、指弾きの際はネックの付け根に近い高いところを弾かなくてはならず、これがジャズベースを弾くときとかなり感覚が違ってきます。 最初に紹介したWarpaintのジェニーリーも指弾きしていますね。 彼女はピックを使用する際もこの位置をピッキングしていますが、私の場合はピックアップカバーとテールピースの間を弾いています。 狭い!狭い狭い狭すぎるよ! それでも、ここを弾くと硬くてカッコいい音が鳴ります。 慣れればしっかりと弾けるようになりますよ。 なんだか初心者に戻った気分でした。 それと、若干のヘッド落ちがあります。 ギブソンのSGやフライングVほどではないですが、滑りやすい服やストラップだと地面と平行になってしまいます。 やっぱり見た目と音が大事 いろいろと問題点を指摘してきましたが、最終的には見た目と音に満足できるかどうかが楽器において重要な点だと考えます。 見た目と音が最高なら、それは最高のベースなのです! 例えるなら、「ヤンキー映画の主人公」。 強くて凛々しくてカッコいい、でも繊細で脆く危うい。 手がかかる子ほど可愛いとも言いますよね。 だからこそ、他の楽器にはない愛着がわきますし、整備の苦労も嫌になりません。 これからも私の内臓を震わせるのは、このリッケンバッカーだけです!気になる方は一度手にとってみてはいかがでしょうか。 人気記事ランキング• 5次元舞台」の人気により、特に若い女性たちも舞台に触れる機会が多くなってきていますね。 しかし、舞台という... 2016年8月31日 58455 views• 1931年に設立されて以来、今なお世界中のプレイヤーに愛される楽器メーカー、リッケンバッカー。 そこから販売され... 2016年11月28日 55540 views• 2016年は、国産着せ替え人形界におけるメモリアルイヤー。 なぜなら、タカラトミーの着せ替え人形「ジェニー」のデ... 2016年5月12日 42255 views• 「毎日温泉に入りたい」というのは、日本人なら多くの人が憧れる夢だろう。 その夢が叶い、我が家にはかけ流しの温泉が... 2018年3月13日 37578 views• 和歌における修辞法のひとつ、枕詞。 「直接的な意味が無い言葉」として知られています。 修辞する言葉も固定されている... 2016年6月16日 37374 views.

次の