ロマンスカー サルーン。 ロマンスカーの種類 GSEや展望席・サルーン席で行く箱根旅行 【小田急トラベル】

【小田急ロマンスカー】人気の展望席を裏技購入!?徹底攻略ガイド2020

ロマンスカー サルーン

日本において、サルーンは、通常のセダンよりも高級でステータスのある車、という意味合いで使用されることが多いようです。 ホンダが1978年に発売した「アコード サルーン」は、先に発売されていたハッチバックと差別化を図るため、アコード サルーンと呼ばれました。 内装には重厚感があるインストルメントパネルを採用、迫力あるステレオ音楽が楽しめるカーステレオ、好みの温度に設定しておけば気候条件の変化に応じて自動的に温度と風量を調整してくれるオートエアコンを装備するなど、当時の最高級機能車でした。 また日産は、1994年にクルー サルーンを発売。 クルーは、後部左側のドアが右側よりも大きいなど、タクシー用として設計された車で、パトカー、教習車としても使われていました。 クルーをグレードアップして一般用に発売されたモデルが、クルー サルーンです。 価格帯は、高級車よりもかなり安く、業務用車と同じ頑丈さを備え、内装などで居住性がアップした車でした。 トヨタは、グレード名にサルーンを使っています。 なかでもクラウンは1971年発売の4代目から14代目 2018年販売終了 まで、歴代サルーンというグレードが用意されてきました。 なかでも、最高級車の代名詞とも言われているモデルがファントムです。 1929年にロールス・ロイスの旗艦車として初代が発表されました。 そして2018年には、8代目となる新型が発表。 8代目は、7代目よりも車体剛性が30%高くなり、乗り心地、振動騒音、居住快適性等の面から、他車の追随を許さないスペックを備えています。 なんと130kgもの遮音材を搭載した、世界でもっとも静かな車でもあります。 ロールス・ロイス ファントムの価格は5,460万円〜と、価格の面でもかなりのハイクラスです。 サルーンのイメージにぴったりといえますね。

次の

ロマンスカー後展望席の眺望と座席選びの参考に(箱根から新宿方向)

ロマンスカー サルーン

・朝の「新宿行き」と、夕方の「小田原、箱根行き」は、太陽が眩しくて・・・ 夕方は、西日を肌で受けると、冷房が利いていますが、やっぱり、暑いといつも感じます。 なお、20000形RSEと30000形EXE、60000形MSEには展望席はありません。 朝ならば、後部展望席。 夕方は、前部展望席をお勧めします。 ・小田急の路線は、東(新宿側):西(小田原側)の位置関係になります。 新宿発、小田原方向の左側(A席B席)座席側に主に太陽光が入ります。 サルーン席は、C席D席の方は日陰側になります。 A ベストアンサー こんにちは、小田急ロマンスカーの展望席は経験が有りませんが、 名鉄の「パノラマスーパー」は時々利用します。 豊橋から岐阜方面に利用すると、階段状の展望席が一番後ろになります。 名鉄の名古屋本線では豊橋方にしか展望席が無いもので。 後ろに広がる展望は、個人的にはなかなか壮観です。 (笑) たとえば、「トワイライトエクスプレス」にしろ、「カシオペア」にしろ、 一番後ろの車両の最後部が個室の展望席になってますね。 いずれも、眺めのよさがウリ、と言ったところでしょうかね。 ただ、お連れのかたが乗り物酔いしやすいのが気がかりですね。 文面からだけではどの程度のものかわかりかねますが、 よく、乗り物酔いしやすいかたには、進行方向に向かってすわるように薦められますね。 車体中央がゆれが少ないこともあるでしょうけども、「鉄則」のような感じですが。 お連れのかたに確認されたらいかがでしょうか。 どうしてもダメなら、この場合は別の席を用意してあげられたら、 よろしいかと思います。 それでも、後席の展望もなかなかすばらしいですよ。 よいご旅行を。 (笑) こんにちは、小田急ロマンスカーの展望席は経験が有りませんが、 名鉄の「パノラマスーパー」は時々利用します。 豊橋から岐阜方面に利用すると、階段状の展望席が一番後ろになります。 名鉄の名古屋本線では豊橋方にしか展望席が無いもので。 後ろに広がる展望は、個人的にはなかなか壮観です。 (笑) たとえば、「トワイライトエクスプレス」にしろ、「カシオペア」にしろ、 一番後ろの車両の最後部が個室の展望席になってますね。 いずれも、眺めのよさがウリ、と言ったところでしょうかね。 A ベストアンサー インターネット予約「ロマンスカー club PC」で検索・予約して購入するのが一番お気楽だと思います。 券売機と同じように、展望席のある車両で運行される列車には席種別に「禁煙席・喫煙席」のほかに「前展望席」「後展望席」が表示されます。 携帯電話をお持ちで、度々小田急を利用されるなら、「ロマンスカー club」 ケータイチケットレスサービス に入会してはどうでしょうか? 「ロマンスカー club PC」で予約 パケット代節約 しておき、いざ本当に乗るとなったら、購入期限までに携帯でチケットレス決済をかければ画面メモがそのまま特急券になります。 乗らなくなれば、決済前にキャンセルすれば手数料はかかりません。 実は、「直前にキャンセル」が出るカラクリはここにあり、PCやケータイで予約し決済していないものは発車15分前に自動キャンセルされます。 それ以前に任意キャンセルされる場合も多く、そのときに空席が生まれるんですね。 会員番号は、携帯版のものをそのままPC版で使えます。 ケータイ版入会には指定の駅で申込書による手続きが必要です。 その場で個人情報を登録しますので、処理時間は5分ぐらいかかります。 +行列時間加算 逆に、HP上で申し込み可能な「ロマンスカー club PC」会員になってから、「ロマンスカー club ケータイ 」会員になることも可能です。 その際、「ロマンスカー club PC」会員であることと、会員番号を告げると、予約済み情報を含めて登録情報がそのまま「ロマンスカー club ケータイ)」に引き継がれます。 駅員さんも、端末に個人情報を登録しなくて済むのでスピーディーに登録できます。 ただ、ホームページの弱点は、「展望席がない車両の最前列の指定はできない」こと。 要するにEXEやあさぎり型車両の最前列は、電話予約か窓口しか手がないです。 競争率高そうですが... web-odakyu. 券売機と同じように、展望席のある車両で運行される列車には席種別に「禁煙席・喫煙席」のほかに「前展望席」「後展望席」が表示されます。 携帯電話をお持ちで、度々小田急を利用されるなら、「ロマンスカー club」 ケータイチケットレスサービス に入会してはどうでしょうか? 「ロマンスカー club PC」で予約 パケット代節約 しておき、いざ本当に乗るとなったら、購入期限までに携帯でチケットレス決... 特に、新松田を過ぎて酒匂川を渡って左カーブ後の右側車窓には(天候がよかったら)富士山が見えますから、ますます期待は高まります。 行楽の帰りは、展望を楽しむよりも余韻に浸るということもあるし、ゆっくり寝ていくこともありますから、展望席のメリットはそんなにないと思います。 >VSEとLSEならどちらがいいですか? 人気が高いのは圧倒的にVSEです。 何と言ってもロマンスカーでは一番新しい車両ですし、展望席の割り当て数が16席と、LSEの12席よりも多いです。 但し、諸氏の方も言っていますが競争倍率は高いです。 例えば土日午前の列車場合、乗車日の2ヶ月前から予約を開始しますが、予約開始日時の午前10時に予約をしても数分で売り切れる場合がほとんどです。 頑張ってください。 A ベストアンサー 今でも窓口で、「前展望の一番前」といえば購入できます。 後ろ展望席でしたら、「後展望の一番後ろ」でオッケーです。 ロマンスカーの座席は、希望がなければ列車の真ん中から端に向かって座席を埋めていきます。 従って、展望席の一番車端の椅子は、指定がなければ一番最後に埋まる席です。 機械だと「展望席」として指定できますが、場所までは出来ません。 車両ですが、「展望車両」と書かれている列車はLSEや、HiSE使用で、展望席があります。 あの、昔のイメージのロマンスカーです。 VSEは時間が時刻表や駅ポスター、旅行雑誌等で書かれています。 上記が展望席あるなしの見極めのポイントです。 あと、「スーパーシート」と書かれている車両は「あさぎり」用のRSE使用列車です。 これは、中間車は2階建て車両を2両連結していますが、先頭展望席のない電車です。 また、「えのしま」+「はこね」といった併合列車はEXEです。 平屋で西武のレッドアローのような特急です。 A ベストアンサー こんばんは 小田急沿線住人です。 質問者の方は、質問文を読む限りでは、新宿から乗車予定ですね。 箱根フリーパスは、そもそも、小田急の最寄り駅から乗車して箱根に向かい、 箱根から、小田急の最寄り駅に戻ってくるまでを1枚の切符で済ませることが出来るチケットです。 そのため、通常は、箱根フリーパスのみを購入して箱根に行くのが普通です。 ただフリーパスには小田急の往復運賃は含まれていますが、ロマンスカーの特急料金は含まれていませんので ロマンスカーの特急券は別売りになります。 この前提で質問者の方の状況です。 まず新宿からの2日間有効の箱根フリーパスは5000円です。 ですが、これにはすでに新宿~小田原間の往復運賃が含まれています。 そのためロマンスカーの特急券を除けば、乗り物については5000円以上取られることはありません。 ですが、すでに新宿~箱根湯本間のロマンスカーの乗車券を購入済とのこと。 ロマンスカーの特急料金はフリーパスには含まれないため、 どちらの場合にも別売りになりますので考えないものとします。 これですと、新宿~箱根湯本間の乗車券が片道1150円で、往復2300円になります。 そして小田急の往復乗車券が付かない小田原発着の箱根フリーパスが3900円になりますので、 合計で6200円となり、お一人につき1200円余分にかかってしまうことになります。 なので可能であれば、すでに購入したロマンスカーの乗車券をキャンセルして 新たに新宿発着の箱根フリーパスを購入することをおすすめします。 ロマンスカーの特急券は指定席券も兼ねているので、 乗車券だけキャンセルできるのであれば、こちらはそのままお使いいただけます。 乗車券だけのキャンセルが出来ないようでしたら、一旦特急券ごとキャンセルして 改めてロマンスカー特急券だけを購入されればいいと思います。 ただ席が一杯で同じ電車が予約できない可能性があるかもしれませんが その場合はご了承下さい。 こんばんは 小田急沿線住人です。 質問者の方は、質問文を読む限りでは、新宿から乗車予定ですね。 箱根フリーパスは、そもそも、小田急の最寄り駅から乗車して箱根に向かい、 箱根から、小田急の最寄り駅に戻ってくるまでを1枚の切符で済ませることが出来るチケットです。 そのため、通常は、箱根フリーパスのみを購入して箱根に行くのが普通です。 ただフリーパスには小田急の往復運賃は含まれていますが、ロマンスカーの特急料金は含まれていませんので ロマンスカーの特急券は別売りになります。 この前...

次の

e

ロマンスカー サルーン

箱根から新宿方向ロマンスカー後展望席眺望と座席選びの参考 みんがです。 2020年の2月に箱根に行く用事があり、帰りは 箱根から新宿に移動だったので、 人生初のロマンスカーに乗ることにしました。 生まれて初めてロマンスカーに乗車するので、 せっかくなら 展望席に座ってみたいと思いました。 そこで、ロマンスカーの 展望席を予約するという段階になって、 座席によって 眺望や 雰囲気が違う事がわかり、 席の選択について 迷ってしまいました。 旅は、事前の準備をする事もまた楽しみなものですが、 私のような、ロマンスカー初心者は座席選びひとつにも迷ってしまうかと思います。 そこで、今回の私の経験が、何か参考になる事もあるかも知れないと思い、 今回の ロマンスカー初体験を記事にしました。 この記事では、 箱根発新宿行きの ロマンスカーの 予約から 乗り場の様子、 後展望席の 眺望と座席位置による 雰囲気の違い、 私の考えるロマンスカーの おすすめの座席について書いています。 2020年2月の段階の情報の為、現在は変わっている事もあるかも知れませんので、 最新の 情報や 運行状況は、 小田急電鉄の公式ページなどでご確認をお願いいたします。 ロマンスカーについて 鉄道関連には全く知識のなかった私は、 この時までロマンスカーというものがある事も知りませんでした。 小田急ロマンスカーとは、小田急電鉄が運行する特急列車の総称です。 昭和25年(1950年)頃に登場したようです。 当時、 映画館で横並びの 二人で座る座席が流行っていて、 それが 「ロマンスシート」と呼ばれていたことから、 ロマンスシートに近い座席の配置である事にちなみ 「ロマンスカー」と 命名されたということです。 展望席とは ロマンスカーには、 一般の座席のほかに、 「前展望席」「後展望席」「サルーン席」という座席があります。 初めて小田急ロマンスカーに展望席が設置されたのは1963年だそうです。 サルーン席とは、半個室に区切られた座席で、座席表のオレンジ色の部分です。 ロマンスカーの予約方法 ロマンスカーの座席は 全席指定席になっています。 展望席は特別料金なしの一般料金(運賃+特急料金)で乗車できます。 サルーン席はサルーン料金がかかります。 ロマンスカーの特急券の予約はインターネット、電話、窓口にて予約することができます。 乗車券の購入はインターネットか窓口で出来ます。 特急券の予約・発売は、乗車日の1ヶ月前の10時から取り扱いしています。 私は、今回はインターネットから予約のみを行い、 予約の際に電子特急券情報を自宅で印刷して、当日窓口で乗車券を購入する形にしました。 新宿行きの進行方向に対して左側となる、 C,D側の座席に座りました。 後展望席とは、名前の通り進行方向に対しての後部にあたります。 下の列車の写真で見ると、これが後部です。 写真に向かって右側がA,B席、向かって左側がC,D席になります。 4列目以外は反転できるタイプもあるようですが、 反転しては展望席の意味があまりなくなってしまうので、 後展望席の場合には、基本的には進行方向に対して 後ろ向きに座る事になります。 後展望席について調べている途中で、進行方向に対して後ろ向きに座席に座った時、 後ろに進む感覚が気持ち悪くならないのか心配だったのですが、 実際に列車が走り始めてみると、動き始めは新鮮な感じで面白かったですし、 最前列は眺望が開けているので圧迫感もなく、すぐに慣れました。 近い感覚は、ジェットコースターが登る前に後ろ向きに進行する感じかも知れませんが、 後ろ向きに進む事については、私はすぐに気にならなくなりました。 景色の上での大きなイベントとしては、 箱根から新宿方向であれば 富士山はC,D席側に見えて来ますが、 1列目の場合は、A,B席側に座っていても全体的に見渡すことが出来るので 富士山の眺望にはあまり影響がありませんでした。 もし、富士山が見たいと思っていて、展望席の1列目が取れなかった場合は、 座席の左右によって見え方が変わってくると思いますので、予約の際は注意が必要です。 主に、自分の席の横の景色が見えています。 私の印象としては、「 展望席の 1列目以外の 眺望は、 一般車両とあまり違いがない」 ように感じました。 ロマンスカーのおすすめの座席 ロマンスカーの 醍醐味を味わうには、 展望席の 1列目が最も良いと思います。 ですが、前展望席は人気が高く、すぐに売り切れてしまうそうです。 後展望席は、わりと1列目も空いていたりすることがあります。 例えば、前展望席の1列目がすべて売り切れていて、2列目が空いてる場合、 もしも後展望席の1列目がまだ残っていれば、個人的には後展望席の1列目をおすすめします。 また、展望席の次の車両の一般席の最前列も良いと思います。 写真は後展望席方向からの撮影なので、一般席は進行方向に向けて反転されていますが、 もし、2号車の1列目を反転させて座ると、 展望席と2号車の間にスペースがあり視界が開けています。 おそらく、展望席の2列目以降よりも前の席による圧迫感は少ないと思います。 また、同じように、前展望席と次の車両の境目も広くなっています。 前展望席の1列目が取れなかった場合は、前展望席の次の車両の1列目に座るのも、 視界が広いという点ではポイントになると思います。 お弁当 ロマンスカー車内では、季節にあわせたお弁当、軽食、飲み物を販売しています。 予約の際は、乗車する列車の日時と席番号を聞かれます。 お弁当は、あっさりとした味付けで美味しく頂きました。 それから、食事をしたり飲み物を置いたりするテーブルは、 座席のひじ掛けの左側に納められていました。 私は、本当にロマンスカー初心者で、お弁当の置き場所に困っていたところ、 反対側の席に座っていた親切な方が教えて下さり、とても助かりました。 恥ずかしくて動揺してしまい、テーブルの写真を撮るのは忘れてしまいまいた… 今は、新型コロナウィルスの蔓延防止対策で、 ロマンスカーも本数を減らすなどの対策が取られているようです。 外出を控えている時期ですし、まだ気軽には出かける事はできませんが、 感染が終息して、早くまた安心して旅が出来るようになったらいいと思います。

次の