マイ ホーム ブルー。 マイホームブルーを抜け出したきっかけは?マイホーム購入する適正価格も|ホテルライク|積水ハウス里楽で平屋30坪

マイホームブルーになってない?新築購入で陥るノイローゼの克服方法

マイ ホーム ブルー

「夢のマイホーム」とはよく言いますが、実際は思い描いていた通りの住まいを手に入れるのはなかなか難しいものです。 理想と現実のギャップや、先の長い住宅ローンを抱えた重圧が原因で、購入の前後に 「マイホームブルー」と呼ばれる状況に陥るケースもあります。 なかには食事がのどを通らなくなったり、うつ病になったりする人も。 せっかく購入するのだからこそ、できるだけ憂うつにならずに満足のいく生活を送りたいですよね。 マイホームブルーの原因や回避方法、気持ちを切り替えるコツを考えていきましょう。 失敗や後悔のないマイホーム購入は? マイホームの購入は、一生のうちに何度も経験することではありません。 大きな買い物ゆえに、できるだけ失敗したくないですよね。 マイホームブルーにつながる要因はさまざまです。 どんな事柄がマイホームブルーを引き起こしているのでしょうか。 住宅ローンの重圧 ローンの返済期間は、長期にわたる場合があります。 ローンの金額と返済への不安がプレッシャーとなって、気分が落ち込むことがあります。 自由に使えるお金が減り、普段の生活に余裕がなくなったり、友人や同僚と疎遠になったりと、世界が狭くなったような気持ちになったという人も。 理想の住まいとのギャップ 予算が無限ではないかぎり、場所にしても、住宅の設備にしても、すべての希望を叶える住まいを手に入れることはほぼ不可能といえます。 後から出てきた物件の方がよかったと思ったり、注文住宅ならば設計の段階で希望がきちんと反映されないと感じたり、後悔の気持ちが生まれることも。 また、インテリアを重視しすぎて、空調の効率など機能性に欠けたという例もあります。 土地や場所に縛られる感覚 マイホームは一生の買い物。 生涯を過ごすことを前提に購入する場合がほとんどかもしれません。 しかし、近所付き合いや周辺の環境など、住んでみてから初めてわかる問題もあります。 前の家から離れた場所に家を持ったことがマイホームブルーの原因になる場合も。 そのほか、引っ越しによる環境変化や肉体的な疲れ、連続して大小さまざまな決断を行なうことによるストレス、自分の意見が十分に組み入れられなかったことに対する不満など、別の問題がマイホームブルーの影に隠れていることもあります。 「念願のマイホームを手に入れて幸せなはずなのに、どうして深刻な顔をしているんだろう」と周囲から理解されないことも、当事者にとってはつらいところでしょう。 マイホームブルーに陥らないために マイホームブルー回避には、資金のシミュレーションも欠かせません つらい気持ちになって、家族との関係にも影を落としかねないマイホームブルー。 納得した住宅を購入するためには、決断する前にさまざまな観点からリサーチを行うことが重要です。 まずは、 理想のマイホーム像をより具体的にすること。 家族でよく話し合うだけでなく、単身者でも自分の希望を明らかにするために、住宅を購入したい理由や求めているライフスタイル、間取りや収納、家の雰囲気など希望の条件などを書き出して、優先順位をつけてみましょう。 住まいや暮らしに求めることがわかり、納得できる選択につながります。 周辺環境は自力では解決するのが難しい要素なので、購入前に周辺を入念に観察することが重要です。 たとえば、学校や幼稚園などへの道を歩いたり、通勤時間に合わせて電車に乗ってみたり、近隣のスーパーやコンビニの品揃えを確認しておくと入居後の生活が想像しやすくなります。 また、 資金計画も慎重に行いましょう。 家族構成の変化や子どもの進学などライフイベントに伴って発生する出費も考慮することがベター。 購入後、無理なくローンを支払っていけるペースを考えることも重要です。 深刻化を防ぐには? 深刻化する前に、できるだけ不安要素をなくしましょう マイホームブルーの兆候があったら、深刻な事態になる前にどのような対処をするとよいのでしょうか? たとえば、マイホームブルーの最大の原因が間取りや設備にあるならば、DIYを検討するのもひとつかもしれません。 退去時の原状回復が基本となる賃貸住宅は、釘を1本打つことも気軽にはできません。 しかしマイホームならば、好みに合わせて手を加えることは難しくないでしょう。 日当たりの悪い部屋が気になるなら、壁の色を1面だけ変えて明るい雰囲気をつくったり、デッドスペースが不満ならば小さな棚を作りつけたり、簡単にできるDIYについて調べたりするのもおすすめです。 すぐに設備を変えることが難しければ、家族それぞれのお気に入りを飾るスペースを作ってはいかがでしょうか。 趣味の道具や本を飾ったり、植物を育てる場所を確保したりするだけでも、住まいへの愛着が持てるかもしれません。 もしも、家族がマイホームに対して不安や不満に思っているならば、たとえ今から変更できないことだとしても真摯に話し合ってみましょう。 話すことで、気持ち的にラクになる部分もあるはずですよ。 まとめ マイホーム購入時期は、変化のあるタイミング マイホームを手に入れた後は、家族の暮らしが別のステージに入ったといえるかもしれません。 つまり、購入前後は新しい生活を組み立てる時期でもあります。 変化のあるタイミングであることをあらかじめ認識しておくだけでも、憂うつな気持ちも少しは変わってくるはず。

次の

マイホームブルーです。

マイ ホーム ブルー

新築を建築中です。 先日足場が外れたのですが、外観が思っていたより微妙でマイホームブルーになってしまいました。 白の壁に黒サッシにしたのですが、白サッシの方がよかったかもとか、壁が白すぎるからベージュぐらいにしとけばよかったとか、壁の色を白とグレーの2色にしたのですが白だけにした方が可愛かったかもとか悩んでかなり落ち込んでいます。 内装は後悔はないのですが、外観がとにかくやり直したいレベルに悲しいです。 図面で見ていた時はなんとも思わなかったのですが、出来上がるとイメージが違いました。 マイホームブルーって乗り越えられますか?サッシの色自分で塗り替えたりとかしたいぐらいです… どうやって気持ちを整理したらいいのか… 全部自分たちで決めたことなので逆に後悔でいっぱいです。 内装に後悔がないなんて素晴らしいと思いました。 我が家は2年前に新築しましたが、内装、外観ともに、ああすれば良かったなあ、と思う点は多々ありますよ。 それでも、たくさんの理想や夢が叶った部分もあるのは確かなので、住めば愛着がわきますよ。 そして10年か20年後くらいを目標にリフォームなどの計画を立てたりしたら良いかと思います。 外観に関してですが、どんなにありふれた外観の家でも、植物や植物の鉢や鉢カバーといったものが素敵だと、グッと魅力が増すと感じています。 素敵な外観なのに安っぽくて汚れたプラスチックのプランターや鉢に手入れされていないような植物が植えてあったりすると、かなり残念な感じがします。 逆に、良い味の出ているテラコッタや天然石などの鉢におしゃれな植物が植えられて飾っあると、古家だって、素敵だなあと思います。 ナイス: 0 回答.

次の

マイホームブルーになってしまった!不安で不安で胃が痛い!

マイ ホーム ブルー

購入者が重視する条件は駅近・周辺環境・広さ・間取り・予算など様々でしたが、マイホーム購入に共通する重要な条件がありました。 それは『 配偶者・パートナーとの協力と同意』です。 突然の告白「住みたくない」(マイホームブルー??) 多くの方にとってマイホームは一世一代の大きな買い物となります。 特に住宅ローンの主契約者の方の緊張感たるや、とてもシラフではいられないほどでしょう。 住宅ローンで最も恐ろしいのは返済不能による金融機関の担保(マイホーム)の回収です。 そうなった際に、住宅ローンが残らないように資産価値を重視したいと考えました。 その反面、物件の広さ・間取りの優先順位を下げました。 物件も決まり契約に向けて住宅ローンの審査や必要書類の取得など準備も着々と進んでいました。 そんなある日の朝、妻から「 ワタシあの家には住みたくない、住むなら一人で住んで欲しい」と告げられてしまいました。 取り付く島もなし。 妻の本音はわからない どうして妻はこのようなことを言い出したのでしょうか? とにかくこの状況を解決するには一にも二にも話し合いです。 しかし、なかなか本心を引き出すことができません。 「あなたの家だから」 「あなたが買うんだから好きにしたらいい」 と取り付く島もありませんでした。 今まで急進的に進めてきてしまったツケでしょう。 妻はマイホームの取得をどうしても自分のこととは思えなかったのです。 マイホーム購入契約は白紙へ。 冷静に意見を聞いた。 しかし、我が家には2件分のマイホームを維持する収入もそのつもりもありません。 こうなってしまってはマイホームの取得どころではなくなってしまいました。 進んでいた契約は全て一旦白紙とし、その後は妻との話し合いでなんとか 妻のマイホームに関する条件を聞き出すことができました。 【痛感】マイホーム購入は家族の意見を優先すべきである 私が資産価値を重視するあまり建物を 二の次にしすぎたのが不満の原因でした。 妻の重視する間取りという条件を満たすには資産価値を犠牲にする必要はありましたが、マイホームは収益不動産と異なり 生活の基盤となるものです。 多少の経済的不利益が懸念されても、 一緒に住む家族の要望・満足を優先すべきという教訓でした。 それまで賃貸で暮らしていたのですが、子供が成長する事を考え、マイホーム購入を考えました。 思った以上の価格帯にビックリした私は購入に踏み切る事ができず、何回も物件見学に訪れる日々でした。 見学を始めて3ヵ月、偶然にも自宅に近い場所で販売されていた物件に惹かれ、購入に踏み切りました。 事前に住宅ローンの説明会に出向き、住宅ローンの組める範囲を把握していたので、 購入に関してはスムーズに完了しました。 住宅ローンの重みを痛感 ですが、そこからがマイホームブルーの始まりでした。 毎月の返済は9万円弱。 毎月の小遣いはかなりカット。 思うような過ごし方は出来ず、 自分で組んだ住宅ローンのことを考え、毎日ブルーになる日が多い生活でした。 納得した上で踏み切ったのですが、 実際に生活してみると後悔の連続でありました。 とにかく一番辛かったのは、会社の後輩たちとの飲み会に参加する事ができず、断る時の言い訳が嫌になり、会話すること自体を苦痛に感じていたことでした。 ですが、いつまでもこの状況ではいかんと、月に数万円ほどの小遣いを夜のアルバイトで賄い始めたのでした。 それから10年。 今はマイホームブルーは卒業しましたが、あの時の辛さは、今なお鮮明に覚えています。 借りた後の不安からマイホームブルーに 長崎県・女性の体験談 12歳年上の今の夫と2年前に結婚し、私達夫婦と姑の3人で今は生活しています。 当時、田舎の家に嫁いで1年経たない内に、その家がシロアリにやられ、柱も梁もボロボロだと判明し、家を取り壊して建て直すことになりました。 とても山奥なので、少しでも開けたところに賃貸で移り住もうかとも相談したのですが、姑がどうしてもそこの思い出の土地を離れたくないと駄々をこね、80歳を過ぎている姑を1人にすることも出来ず、仕方なく山奥での再出発となりました。 共働きですが、お互いの収入合計が低いせいか住宅ローンもなかなか難しい中、ハウスメーカーを通じてやっとローンが通り、今は家の建て直しまで終わり安心しているところです。 不安はすぐにやってきた 今、荷物を頑張って新しいマイホームへ運んでいるところですが、 「 住宅ローンを返していけるのか」私はそれがとても不安です。 夫の年齢が50歳に近いため住宅ローンの年数も普通の人より短く、支払額が多いので夫の給料がほぼほぼなくなります。 なので私の給料から支払いを全て賄わないといけません。 それが不安で不安で・・・。 副職を探したいけど職場では副職が禁止されているし。 考えれば考える程、不安ばかりが募ります。 新しくできた家を見ても、嬉しさより不安。 子供も欲しいと考えていますが、住宅ローンが大きいので難しいんじゃないかと不安に。 家を建てた周りの人達みたいにウキウキが少しくらいあればいいのに。 何年か暮らしてみれば変わるのかもしれないのですが今は本当に不安しかないです。 30歳で結婚し、2年後に子供も生まれトントン拍子にことが進み、あと残るのはマイホームだなとなんとなく意識し始めました。 実際私の周りの知人や同僚もマイホームを買っていたのも意識し始めた原因の一つです。 新築で家を建てた友人の家に遊びに行った際、我が家の賃貸住宅との圧倒的なクオリティ、生活空間の違いに驚かされました。 友人の家は間取りが4LDK、駐車場は2台分のスペースがあり、おまけにきれいでおしゃれ。 対して我が家の賃貸住宅は2DKで築14年。 北向きに面しているてめ、冬は結露でびしょびしょになりカビが生える有様。 とても「次は家に遊びにおいてよ」とは言えませんでした。 決定的なのが、 マイホーム購入の月々の住宅ローン返済額と家賃支払額がほぼ一緒の金額というところでした。 これを機に、妻との会話でマイホームの話が増え、買わないが内覧にいってみようということになりました。 インターネットで検索し、良さそうな雰囲気の家を選び不動産会社に連絡。 始めての内覧。 どの家も素敵に映り、4件見たうち特に気に入ったデザインの建売住宅がありました。 23区画のうちすでに21区画埋まり残り、あと2棟。 不動産屋さんのゴリ押しに気持ちは完全に買いたい、あそこに住みたい!と高まり、初めての内覧日に申し込み。 まさかの展開でした。 昨日の夜まで買う予定は99パーセントなかったのに、1パーセントに傾くとは。 その後契約から引き渡し、引っ越し、入居と一気に駆け巡り、手に入れた達成感と満足感にしばらく幸せな生活を送っていました。 新築マイホームに住み慣れるにつれ、いろいろな感情や不満が出るようになりました。 スーパーが近くにない、最寄り駅までバスでいく必要があり面倒、ご近所づきあい、治安の問題など。 買う前の段階で想像し、大丈夫だろうと思っていたことでも、 住み始めると毎日続く生活のため、肌身に染みて感じるストレスが多くなりました。 マイホームの立派条件が問題で、妻となんども言い合いになることもあり、買わなければ良かった思ったこともあります。 やはり、マイホームを買うには駅が近いことや、近所にスーパーがあることは特に重要だと思います。 マイホームを買うにあたり、どこか妥協する箇所は一般の家庭では必ず考える必要がある問題だと思います。 妥協できる場所と絶対に譲れない条件をあらかじめ明確に決めておくことが大切だとおもいます。 すると、不審な訪問者を招いてしまうのは仕方のないことかもしれません。 我が家はオートロックの中古マンションを購入しました。 当然、訪問者は1階エントランスで一度確認するのですが、そこで「トイレの施工会社です。 」と言われ、詳細を聞いたりせず、マンション内への侵入を許してしまいました。 」とのことでした。 事前告知のない突然の訪問だったので不審に思い、どういった点検なのかと聞いてみても、「そうゆう決まりなので」と返答するだけで、具体的な内容は教えてくれませんでした。 セールスマンいわく、「書面をポストに入れてお知らせしていましたが、皆さんよく間違って捨ててしまうんですよ。 このマンションの他の世帯も点検していて、残っているのはお宅だけです。 すぐ終わりますから」とのこと。 もちろん、郵便物には夫婦ともに気を付けていましたが、そういった書面は届いた覚えがないので、「告知なしの点検は無理です」と何度もお伝えして、やっとその日はお引き取りいただきました。 後日、マンション購入時の書類を確認しましたが、そういったトイレ工事の記述はありませんでした。 あたかも、以前からこうゆう決まりで訪問していました。 と言われますが、中古マンションへ引っ越したばかりの時期は、そういった業者に狙われやすいと認識して、防犯意識を上げておくに越したことはありません。 正直、面倒くさいです。 マイホーム探しから引っ越しまでの間に増えてきた、いわゆる営業関連の電話・メール・案内・DMなどをご紹介します。 一つはよくありがちなパターンですが、不動産屋さんからの案内ですね。 家探しを始めたところ、ある不動産屋さんでとても気になる物件があったんです。 しかも他の不動産屋さんでは見ない物件。 これはチャンスと喜び、問い合わせたら「すみません、売れてしまったんですが取り下げるのを忘れていました」とのこと。 問い合わせフォームからメールでやり取りをしていたのですが、その後頼んでもいないのに色々な案内が来るようになってしまいました。 しかもどれもが希望に合わない物件ばかり。 今、考えると釣られてしまったのかもしれないと思います。 マイホームの購入が決まり、インテリアを揃えていたところ、途中から訪ねたこともなければサイトを見たことさえない家具屋さんからのDMが急増しました。 DMということは名前と住所が分かっているということ。 その時点でそれらの情報を書いてきたインテリアショップはカーテンをオーダーした二店のみです。 どちらもちゃんとしてそうなイメージがあったのですがどういったことなのか、または他で関連付いているのか、今も原因は分かりません。 最近はテレビ関連の案内も電話でありますね。 これはテレビ回線を引いた会社の関連会社ということで名乗られているので怪しくはないのですが、タイミング的に仕事中に電話がかかってくることが多いんです。 もちろん出ないんですが、バイブレーションがあって着信があるとやっぱり周りが気にしてしまいますよね。 メールでやり取りするなら、新しくアドレスを作り、用が済んだらアドレスを消去してしまうぐらいがいいかもしれません。 または下手にメールで問い合わせるより、直接、電話や来店で用を済ませ、必要以上の情報を渡さないという手もあります。 その際には、相手の勢いに押し切られないように予備知識を持って臨みたいものです。 マイホームに引っ越し後、気持ちの良い生活を送るためにも事前準備が必要です。

次の