パッサカリア ヘンデル。 メサイア (ヘンデル)

パッサカリアの意味とは?特徴や曲について紹介!

パッサカリア ヘンデル

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の

パッサカリア ハ短調

パッサカリア ヘンデル

は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年6月) パッサカリア(: passacaglia, : pasacalle, : passacaille, : passacalia)は、主にからにかけて用いられた音楽形式の1つ。 パッサカリアはに起源を持ち、の pasear (歩く)と calle (通り)に由来している。 パッサカリアは17世紀初期にはで和音を奏するリトルネッロ(歌の前奏・間奏などの器楽演奏部分)を意味していた。 パッサカリアに対する言及は1605年頃のスペインの文献に初めて現れる。 ()によるギターのための Nuova inventione d'intavolatura per sonare li balletti sopra la chitarra spagniuola (1606年)に収録されているパッサカリアは I-IV-V-I という和音連続である。 通常の記譜法で書かれたパッサカリアの最初の例はの『トッカータ集第2巻』(1627年)の Partite sopra passacagli である。 パッサカリア及びチャッコーナ()は芸術音楽の領域に取り込まれるようになって、共にに基づく3拍子のとなり、関係が深くなっていった。 主にパッサカリアは短調、チャッコーナは長調の定型が用いられた。 フレスコバルディの Cento partite sopra passacagli (1637年)ではパッサカリアとチャッコーナが交互に現れる箇所がある。 ではパッサカリア(パッサカーユ)は荘重な3拍子の器楽として扱われるようになった。 しばしばをとり、シャコンヌとの区別は曖昧となった。 のパッサカリアはフランスとイタリア両国から影響を受けている。 シャコンヌとの関係はより複雑化し、、、といったドイツの理論家は、パッサカリアとシャコンヌの違いを明らかにしようとしたが、徒労に終わっている。 主な作品 [ ]• :パッサカリアによる100のパルティータ Cento Partite sopra Passacagli (1637年)• :『アルミード』のパッサカリア(によるのための編曲版も有名)• : ハ短調 BWV 582 脚注 [ ]• 住川鞆子「バロック初期および中期イタリアにおけるパッサカリアとチャコンナ」『音楽学』、23巻2号、p. 116-133、日本音楽学会、1977年。 リチャード・ハドソン「パッサカリア」『ニューグローヴ世界音楽大事典』講談社、1994年。 参考文献 [ ]• Silbiger, Alexander. " Journal of Seventeenth-Century Music 2, no. 1, 1996. Silbiger, Alexander. "Passacaglia. " The New Grove Dictionary of Music and Musicians. 2nd ed. London: Macmillan Publishers, 2001. Silbiger, Alexander. "On Frescobaldi's Recreation of the Chaconne and the Passacaglia. " The Keyboard in Baroque Europe. Christopher Hogwood. Cambridge: Cambridge University Press, 2003.

次の

「ヘンデルのパッサカリア」〜組曲第7番ト短調より ギター三重奏/ギター合奏(佐藤弘和編)

パッサカリア ヘンデル

は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年6月) パッサカリア(: passacaglia, : pasacalle, : passacaille, : passacalia)は、主にからにかけて用いられた音楽形式の1つ。 パッサカリアはに起源を持ち、の pasear (歩く)と calle (通り)に由来している。 パッサカリアは17世紀初期にはで和音を奏するリトルネッロ(歌の前奏・間奏などの器楽演奏部分)を意味していた。 パッサカリアに対する言及は1605年頃のスペインの文献に初めて現れる。 ()によるギターのための Nuova inventione d'intavolatura per sonare li balletti sopra la chitarra spagniuola (1606年)に収録されているパッサカリアは I-IV-V-I という和音連続である。 通常の記譜法で書かれたパッサカリアの最初の例はの『トッカータ集第2巻』(1627年)の Partite sopra passacagli である。 パッサカリア及びチャッコーナ()は芸術音楽の領域に取り込まれるようになって、共にに基づく3拍子のとなり、関係が深くなっていった。 主にパッサカリアは短調、チャッコーナは長調の定型が用いられた。 フレスコバルディの Cento partite sopra passacagli (1637年)ではパッサカリアとチャッコーナが交互に現れる箇所がある。 ではパッサカリア(パッサカーユ)は荘重な3拍子の器楽として扱われるようになった。 しばしばをとり、シャコンヌとの区別は曖昧となった。 のパッサカリアはフランスとイタリア両国から影響を受けている。 シャコンヌとの関係はより複雑化し、、、といったドイツの理論家は、パッサカリアとシャコンヌの違いを明らかにしようとしたが、徒労に終わっている。 主な作品 [ ]• :パッサカリアによる100のパルティータ Cento Partite sopra Passacagli (1637年)• :『アルミード』のパッサカリア(によるのための編曲版も有名)• : ハ短調 BWV 582 脚注 [ ]• 住川鞆子「バロック初期および中期イタリアにおけるパッサカリアとチャコンナ」『音楽学』、23巻2号、p. 116-133、日本音楽学会、1977年。 リチャード・ハドソン「パッサカリア」『ニューグローヴ世界音楽大事典』講談社、1994年。 参考文献 [ ]• Silbiger, Alexander. " Journal of Seventeenth-Century Music 2, no. 1, 1996. Silbiger, Alexander. "Passacaglia. " The New Grove Dictionary of Music and Musicians. 2nd ed. London: Macmillan Publishers, 2001. Silbiger, Alexander. "On Frescobaldi's Recreation of the Chaconne and the Passacaglia. " The Keyboard in Baroque Europe. Christopher Hogwood. Cambridge: Cambridge University Press, 2003.

次の