うい らぶ 映画 キャスト。 ういらぶ。 | 無料映画倶楽部

「ういらぶ。」のキャストや人物相関図とロケ地は?平野紫耀や伊藤健太郎がイケメンすぎる!

うい らぶ 映画 キャスト

SHARE• 2018. 08 ティーンの女性をターゲットとした、少女漫画が原作の恋愛映画は、いまや王道のジャンル。 「隙のないキャスティングで作るラブストーリー」という明確なコンセプトをもとに、映画『ういらぶ。 』の企画を打って出たのが、アスミック・エースのプロデューサー田辺圭吾だ。 『坂道のアポロン』に続き少女漫画原作モノを手がけることになったが、「世間から需要のあるものを作りたいだけ」と語る。 そんな映画プロデューサーの人物像に迫った。 5月のCDデビュー後、人気も絶大で見事なタイミングですね。 田辺 これまでアスミック・エースでは、女性ターゲットのいわゆる胸キュンラブストーリーってあまりなかったんです。 今はいろいろな配給会社が作るようになっていて、ヒットしたものもあればそうでないものもある。 こういう映画って莫大な製作費が掛かるというわけではないので、アスミックでもやればいいのになと思っていたのが一番の発端です。 特にこういったジャンルの映画作るなら、主演がだれかがとても重要。 当時はまだMr. KINGというジャニーズJr. のグループに所属していた平野紫耀くんが、2年後ぐらいには人気が高まっているんじゃないかなっていう目算の元に、彼をキャスティングしました。 二人を取り巻く友人も、玉城ティナさん、磯村勇斗さん、桜田ひよりさん、伊藤健太郎さんと、それぞれが主役を張れるような俳優ばかりです。 田辺 キャスティングはこだわりました。 こういう映画って、主役とヒロイン以外はそこまで知名度がない方をキャスティングされる場合もあるかと思うんですけど、今回はその他のキャストに関しても人気・実力があるキャストを意識しました。 6人という少数キャストだからできることではありますけどね。 田辺 そうですね。 少女漫画原作というとしっとりした映画が多い中で、『ういらぶ。 』は原作が結構コミカルなこともあり、映画自体もコミカルでポップなものにしたかった。 佐藤監督の映画『キサラギ』のようなテンポの良さで少女漫画原作モノをやってくれたら面白くなるんじゃないかなと思いました。 そして平野紫耀くんを預けられる監督の実績という観点でも、佐藤監督がやってくれたらいいなと打診をしました。 でも佐藤監督はこういうジャンルの映画はやらないかもしれない・・・と思っていたら、「やったことないけどなんか面白そうだからやるよ」と受けてくれました。 田辺 あれもコミカルなものでしたしね。 そのほかにも『ストロベリーナイト』や、最新作の『累-かさね-』など、人間の本質というか、内面、ダークサイドをしっかり描く作風という印象がありました。 田辺 脚本作りは佐藤監督と、脚本家の高橋ナツコさんと、そしてプロデューサーの僕と、共同テレビジョンに所属されている女性プロデューサーの4人でやっていました。 プロデューサーに女性を入れたのは、女性の観点があったほうがいいだろうという佐藤監督の意見ですね。 実際に作って感じたのは、現場でも女性スタッフの意見を尊重すべきということ。 監督と僕が悩んだときは、女性の意見で決めていました。 記録スタッフの女性やその女性プロデューサー、若いアシスタントの子にまで聞いていましたね。 映画って余程のことがない限り、女性客をしっかりと意識する必要がある。 僕が関わった前作『坂道のアポロン』でもそうでしたが、悩んだら女性が選ぶ方にしていました。 「自分はこうがいいと思っても女性は違うかもしれない」というのは常に思っているところです。 田辺 全部はチェックできないですが、人気のドラマや映画は見るようにしています。 ネットやCMで見るようになってきたら、演技力はどうだろうとか、映画で起用してもお客さんに興味を持ってもらえるかなとか。 立体的に情報を見るようにしていますね。 僕はいつも映画を作る上でキャスティングを最重視していると言ってもいいかもしれません。 田辺 世の中で需要がないものを、お金をかけて作ってもしょうがないですからね。 もちろんプロデューサーとして責任を感じる分、世の中に求められてるものを作ろうということなんです。 僕の独りよがりにお金を出させることはしたくない。 そういう意味で、最初からしっかりと需要がありそうな企画を選んでいるのかもしれないですね。 その時のターゲットに喜んでもらえるものとして考えた映画なので、今後も通用するかはわからない。 次に作る作品は全然違うものになると思いますよ。 』製作委員会 制作プロダクション:アスミック・エース 共同テレビジョン 配給:アスミック・エース (C)2018 『ういらぶ。 』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館 「もう幼なじみのままじゃいられない!」 仲良しいつメンと最強ライバル兄妹。 どうなる?!6人の恋と友情。 同じマンションに住む幼なじみ4人組。 ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と4人の友情は、思わぬ方向へ動きはじめて!? 映画公式サイト: インタビュー・文:大曲智子 写真:秋元俊一.

次の

ういらぶ。

うい らぶ 映画 キャスト

」が2018年11月9日に公開になります。 「ういらぶ。 」は累計発行部数100万部を突破した星森ゆきもの人気コミック「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」を実写映画化した青春ラブストーリーです。 大ヒットマンガに平野紫耀さんが出演するということで、注目度もかなり高いようですね。 そこで今回は、映画「ういらぶ。 」のあらすじやキャスト、原作マンガを無料で読む方法をご紹介します。 マンガ「ういらぶ。 」はフジテレビの動画配信サービス 「FODプレミアム」で読むことができます。 しかも、今なら1ヶ月間無料おためし期間実施中です! ぜひ有効活用してくださいね! 目次• キンプリ平野紫耀主演映画「ういらぶ。 」あらすじ(ネタバレ含む) 同じマンションに住む、凛(平野紫耀)と優羽(桜井日奈子)、暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)の幼なじみ4人組。 誰もが振り返る美男美女の4人は、高校でも最強の幼なじみチームとして憧れの的。 クールで華麗な見た目とは裏腹に、優羽のことが好きすぎていつも優羽にドSな態度で毒舌をふるい冷たくふるまってしまう凛。 実は凛のことが好きな優羽も、そんな凛のせいで自分に自信が持てず、完全にネガティブ思考。 お互い大好きすぎて「好き」って言えない・・・そんなこじらせたふたりを心配し見守る親友の暦と蛍太。 ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と4人の友情は思わぬ方向へ動きはじめて・・・ キンプリ平野紫耀主演映画「ういらぶ。 」キャストまとめ 和泉凛:平野紫耀 毒舌でドSを装うこじらせイケメン役の「凛」役を演じるのは、2018年5月にジャニーズからデビューしたKing&Prince(キンプリ)のメンバー平野紫耀さん。 映画に出演するのは、2014年「忍ジャニ参上! 未来への戦い」、2018年「honey」に続いて3作目になります。 2018年は「花より男子」の続編として話題となったドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」でも主演を努めています。 平野紫耀コメント お話を頂いた時は正直に嬉しかったです。 原作も読ませて頂いたんですが、『ういらぶ。 』は初々しい恋のお話という事で、本当に見ているこちらがもどかしい気持ちになります。 なかなか2人が気持ちを素直に伝えられない感じがもの凄く伝わってくるので、この感じを僕達もうまく出して皆さんにキュンキュンしてもらいたいです。 和泉凛はとりあえずものすごいドSです。 でもその理由は優羽が好き過ぎて、その想いを隠そうとしてついつい乱暴になってしまうというちょっと不器用な男子です。 親友の藤 蛍太の前では優羽のこと大好きなのが丸出しで、このギャップにやられる女の子は沢山いると思うので、この差を演じるのは難しいですが頑張ります。 桜井日奈子さんは、テレビで拝見していて岡山の奇跡だなー 笑 と思いました。 歳も近いので共演させて頂くのが楽しみです。 映画「ママレード・ボーイ」で吉沢亮さんの相手役として見事なヒロイン役を演じました。 今回の「ういらぶ。 」での演技も楽しみですね! 桜井日奈子コメント 『ういらぶ。 』のヒロイン春名優羽を演じさせていただくことになりました。 優羽はゆるふわでキラキラした女の子だけど、ヘタレで自分に自信がない子。 大丈夫だよ!自信もって!とツッコミいれながらも、すごく健気でこんな娘がいたら独り占めしたくなるなぁと思いながら原作を読みました。 だけど、いつもはヘタレなのに、いざって時に強さをみせる、そのギャップや凛くんへのゆるぎない想いにキュンときたり。 一読者として春名優羽というキャラクターが大好きになりました。 優羽が恋する凛くんは独占欲のカタマリで、変わったキャラクターではあるけれど、優羽への気持ちは凛くんに共感する部分がたくさんありました。 お互いを一途に想っているのになぜかうまくいかない、もどかしさ、初々しさを大切に表現できたらいいなと思います。 主演の平野紫耀さんとはまだちゃんとお話ししたことがないのですが、凛と優羽というキャラクターとして、『ういらぶ。 』を作る同志として、一緒に頑張りたいと思います。 佐藤祐市監督とも初めてお仕事させていただきます。 たくさんの作品を手がけていらっしゃる監督にしっかりついていこうと思います。 そしてヒロインを演じるという覚悟を持って、作品に向き合いたいと思います。 坂下暦:玉城ティナ 優羽の親友である「暦」役を演じるのは、モデルとしてだけでなく、数々の映画やドラマで活躍している玉城ティナさん。 アメリカ人の父と日本人の母をもつハーフ美女です。 これまでに「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」「PとJK」「暗黒女子」などの映画に出演してきました。 玉城ティナコメント 坂下暦役を演じさせて頂きます、玉城ティナです。 原作を読ませて頂いたときに、ふと『優羽ちゃん本当にかわいいなあ、、』と呟いてしまっている自分に気付き、暦の独特の優羽ラブ感を私なりに表現できたらなあと思います。 実際には全く高嶺の花キャラではない私ですが、暦の強めなところ、くすっと笑ってしまうようなところを汲み取って演じていきたいです。 はじめから凛と優羽の掛け合いにはキュンキュンしっぱなしでした。 『ういらぶ。 』の世界観に入れることをとても楽しみに光栄に思っています! 藤蛍太:磯村勇斗 凛の親友である「蛍太」役を演じるのは、ドラマや映画で活躍し、2015年オリジナルビデオ「仮面ライダーゴースト アラン英雄伝」で初主演を務めた磯村勇斗さん。 2017年には連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロイン・みね子に思いを寄せた後に結婚相手となるヒデ役を演じて話題となりました。 磯村勇斗コメント この度、映画『ういらぶ。 』にて、藤蛍太役を演じさせて頂きます。 磯村勇斗です。 原作を読ませて頂いた時、拗れている恋心が自分の中で、凄くムズキュンすぎて、いつの間にか、『ういらぶ。 』の世界に惹き込まれていました。 その中で藤蛍太を演じさせて頂く事を嬉しく思います。 今回、キャストの中では年長者になりますが、蛍太として、親友の凛をしっかり支え、共演者皆さんの若さを感じながら、一つ一つ丁寧に、フレッシュに演じていきたいと思っています。 よろしくお願い致します。 実花:桜田ひより 和真の妹である「実花」役を演じるのは、小さい頃からモデルとして活躍し、2014年 ドラマ「明日、ママがいない」に出演した桜田ひよりさん。 2014年放送のドラマ『明日、ママがいない』に出演。 児童養護施設に暮らす子どもたちの一人を演じ、この作品が彼女の出世作となりました。 2018年にも玉木宏さん主演のドラマ「あなたには帰る家がある」にも出演し、演技力の高さが評判になっています。 佐伯和真:健太郎 凛の恋のライバルである「和真」役を演じるのは、2014年 ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で本格的に俳優デビューした健太郎さん。 2014年放送のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で本格的に役者デビューし、『学校のカイダン』、『俺物語!! 』、『TRANSIT GIRLS — トランジットガールズ』などの話題作に次々に出演してきました 現在は、本名の伊藤健太郎として活動しています。 健太郎コメント 和真は、ものすごくストレートに人の事を好きになり表現できる人です。 時には相手やその周りから嫌がられる事もありますが、僕はそんな和真が意外と好きなので演じるのがとても楽しみです。 この物語にも凛やその仲間たちにも、和真が異分子の様な存在になれたらいいなと思います。 映画「ういらぶ。 」の主題歌はキンプリの新曲『High On Love! 』 11月9日(金)公開となる今回の映画『ういらぶ。 「High On Love! 」この『ういらぶ。 』の幼なじみグループ恋愛を楽しく盛り上げます!! ぜひチェックしてみてください。 主題歌についての平野紫耀コメント 今回初めて主演映画で主題歌をやらせて頂き、とても嬉しく思っています。 とても明るい歌で、歌詞の中に「WE LOVE」とありますが、それが「ういらぶ。 」に聞こえて、とても盛り上がる楽曲となっています! 是非、皆さんにもたくさん聞いて頂いて一緒に盛り上がって頂けたらと思います。 よろしくお願いします! 「ういらぶ。 」は漫画が原作 2018年大注目の映画「ういらぶ。 」ですが、原作は星森ゆきもさんが書いた大ヒットマンガです。 累計100万部を突破している人気作品ですので、まずはこの原作漫画を読んでから映画をみるのも良いかも知れませんね。 「キンプリの平野紫耀くん主演の映画なら絶対見に行かなきゃ!」というあなたはぜひチェックして見くださいね! 最後に原作となった漫画「ういらぶ。 」を無料でためし読みする方法をご紹介しますね。 原作漫画「ういらぶ。 」を無料で読む方法 マンガ「ういらぶ。

次の

ういらぶ。

うい らぶ 映画 キャスト

」が2018年11月9日に公開になります。 「ういらぶ。 」は累計発行部数100万部を突破した星森ゆきもの人気コミック「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」を実写映画化した青春ラブストーリーです。 大ヒットマンガに平野紫耀さんが出演するということで、注目度もかなり高いようですね。 そこで今回は、映画「ういらぶ。 」のあらすじやキャスト、原作マンガを無料で読む方法をご紹介します。 マンガ「ういらぶ。 」はフジテレビの動画配信サービス 「FODプレミアム」で読むことができます。 しかも、今なら1ヶ月間無料おためし期間実施中です! ぜひ有効活用してくださいね! 目次• キンプリ平野紫耀主演映画「ういらぶ。 」あらすじ(ネタバレ含む) 同じマンションに住む、凛(平野紫耀)と優羽(桜井日奈子)、暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)の幼なじみ4人組。 誰もが振り返る美男美女の4人は、高校でも最強の幼なじみチームとして憧れの的。 クールで華麗な見た目とは裏腹に、優羽のことが好きすぎていつも優羽にドSな態度で毒舌をふるい冷たくふるまってしまう凛。 実は凛のことが好きな優羽も、そんな凛のせいで自分に自信が持てず、完全にネガティブ思考。 お互い大好きすぎて「好き」って言えない・・・そんなこじらせたふたりを心配し見守る親友の暦と蛍太。 ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と4人の友情は思わぬ方向へ動きはじめて・・・ キンプリ平野紫耀主演映画「ういらぶ。 」キャストまとめ 和泉凛:平野紫耀 毒舌でドSを装うこじらせイケメン役の「凛」役を演じるのは、2018年5月にジャニーズからデビューしたKing&Prince(キンプリ)のメンバー平野紫耀さん。 映画に出演するのは、2014年「忍ジャニ参上! 未来への戦い」、2018年「honey」に続いて3作目になります。 2018年は「花より男子」の続編として話題となったドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」でも主演を努めています。 平野紫耀コメント お話を頂いた時は正直に嬉しかったです。 原作も読ませて頂いたんですが、『ういらぶ。 』は初々しい恋のお話という事で、本当に見ているこちらがもどかしい気持ちになります。 なかなか2人が気持ちを素直に伝えられない感じがもの凄く伝わってくるので、この感じを僕達もうまく出して皆さんにキュンキュンしてもらいたいです。 和泉凛はとりあえずものすごいドSです。 でもその理由は優羽が好き過ぎて、その想いを隠そうとしてついつい乱暴になってしまうというちょっと不器用な男子です。 親友の藤 蛍太の前では優羽のこと大好きなのが丸出しで、このギャップにやられる女の子は沢山いると思うので、この差を演じるのは難しいですが頑張ります。 桜井日奈子さんは、テレビで拝見していて岡山の奇跡だなー 笑 と思いました。 歳も近いので共演させて頂くのが楽しみです。 映画「ママレード・ボーイ」で吉沢亮さんの相手役として見事なヒロイン役を演じました。 今回の「ういらぶ。 」での演技も楽しみですね! 桜井日奈子コメント 『ういらぶ。 』のヒロイン春名優羽を演じさせていただくことになりました。 優羽はゆるふわでキラキラした女の子だけど、ヘタレで自分に自信がない子。 大丈夫だよ!自信もって!とツッコミいれながらも、すごく健気でこんな娘がいたら独り占めしたくなるなぁと思いながら原作を読みました。 だけど、いつもはヘタレなのに、いざって時に強さをみせる、そのギャップや凛くんへのゆるぎない想いにキュンときたり。 一読者として春名優羽というキャラクターが大好きになりました。 優羽が恋する凛くんは独占欲のカタマリで、変わったキャラクターではあるけれど、優羽への気持ちは凛くんに共感する部分がたくさんありました。 お互いを一途に想っているのになぜかうまくいかない、もどかしさ、初々しさを大切に表現できたらいいなと思います。 主演の平野紫耀さんとはまだちゃんとお話ししたことがないのですが、凛と優羽というキャラクターとして、『ういらぶ。 』を作る同志として、一緒に頑張りたいと思います。 佐藤祐市監督とも初めてお仕事させていただきます。 たくさんの作品を手がけていらっしゃる監督にしっかりついていこうと思います。 そしてヒロインを演じるという覚悟を持って、作品に向き合いたいと思います。 坂下暦:玉城ティナ 優羽の親友である「暦」役を演じるのは、モデルとしてだけでなく、数々の映画やドラマで活躍している玉城ティナさん。 アメリカ人の父と日本人の母をもつハーフ美女です。 これまでに「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」「PとJK」「暗黒女子」などの映画に出演してきました。 玉城ティナコメント 坂下暦役を演じさせて頂きます、玉城ティナです。 原作を読ませて頂いたときに、ふと『優羽ちゃん本当にかわいいなあ、、』と呟いてしまっている自分に気付き、暦の独特の優羽ラブ感を私なりに表現できたらなあと思います。 実際には全く高嶺の花キャラではない私ですが、暦の強めなところ、くすっと笑ってしまうようなところを汲み取って演じていきたいです。 はじめから凛と優羽の掛け合いにはキュンキュンしっぱなしでした。 『ういらぶ。 』の世界観に入れることをとても楽しみに光栄に思っています! 藤蛍太:磯村勇斗 凛の親友である「蛍太」役を演じるのは、ドラマや映画で活躍し、2015年オリジナルビデオ「仮面ライダーゴースト アラン英雄伝」で初主演を務めた磯村勇斗さん。 2017年には連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロイン・みね子に思いを寄せた後に結婚相手となるヒデ役を演じて話題となりました。 磯村勇斗コメント この度、映画『ういらぶ。 』にて、藤蛍太役を演じさせて頂きます。 磯村勇斗です。 原作を読ませて頂いた時、拗れている恋心が自分の中で、凄くムズキュンすぎて、いつの間にか、『ういらぶ。 』の世界に惹き込まれていました。 その中で藤蛍太を演じさせて頂く事を嬉しく思います。 今回、キャストの中では年長者になりますが、蛍太として、親友の凛をしっかり支え、共演者皆さんの若さを感じながら、一つ一つ丁寧に、フレッシュに演じていきたいと思っています。 よろしくお願い致します。 実花:桜田ひより 和真の妹である「実花」役を演じるのは、小さい頃からモデルとして活躍し、2014年 ドラマ「明日、ママがいない」に出演した桜田ひよりさん。 2014年放送のドラマ『明日、ママがいない』に出演。 児童養護施設に暮らす子どもたちの一人を演じ、この作品が彼女の出世作となりました。 2018年にも玉木宏さん主演のドラマ「あなたには帰る家がある」にも出演し、演技力の高さが評判になっています。 佐伯和真:健太郎 凛の恋のライバルである「和真」役を演じるのは、2014年 ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で本格的に俳優デビューした健太郎さん。 2014年放送のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で本格的に役者デビューし、『学校のカイダン』、『俺物語!! 』、『TRANSIT GIRLS — トランジットガールズ』などの話題作に次々に出演してきました 現在は、本名の伊藤健太郎として活動しています。 健太郎コメント 和真は、ものすごくストレートに人の事を好きになり表現できる人です。 時には相手やその周りから嫌がられる事もありますが、僕はそんな和真が意外と好きなので演じるのがとても楽しみです。 この物語にも凛やその仲間たちにも、和真が異分子の様な存在になれたらいいなと思います。 映画「ういらぶ。 」の主題歌はキンプリの新曲『High On Love! 』 11月9日(金)公開となる今回の映画『ういらぶ。 「High On Love! 」この『ういらぶ。 』の幼なじみグループ恋愛を楽しく盛り上げます!! ぜひチェックしてみてください。 主題歌についての平野紫耀コメント 今回初めて主演映画で主題歌をやらせて頂き、とても嬉しく思っています。 とても明るい歌で、歌詞の中に「WE LOVE」とありますが、それが「ういらぶ。 」に聞こえて、とても盛り上がる楽曲となっています! 是非、皆さんにもたくさん聞いて頂いて一緒に盛り上がって頂けたらと思います。 よろしくお願いします! 「ういらぶ。 」は漫画が原作 2018年大注目の映画「ういらぶ。 」ですが、原作は星森ゆきもさんが書いた大ヒットマンガです。 累計100万部を突破している人気作品ですので、まずはこの原作漫画を読んでから映画をみるのも良いかも知れませんね。 「キンプリの平野紫耀くん主演の映画なら絶対見に行かなきゃ!」というあなたはぜひチェックして見くださいね! 最後に原作となった漫画「ういらぶ。 」を無料でためし読みする方法をご紹介しますね。 原作漫画「ういらぶ。 」を無料で読む方法 マンガ「ういらぶ。

次の