食品軽減税率 いつまで。 セブンイレブン(コンビニ)での軽減税率対象商品は?また、購入する際の注意点は?|毎日セブン店長

セブンイレブン(コンビニ)での軽減税率対象商品は?また、購入する際の注意点は?|毎日セブン店長

食品軽減税率 いつまで

軽減税率制度って何のこと? 軽減税率制度とはどんな制度のことなのでしょうか? この制度は、特定の消費税率を一般的な消費税率よりも低く設定する制度のことです。 複数税率とも呼ばれていますが、それは一時的に消費税が2種類存在するようになるからなんですね。 なぜこのような制度ができたかというと、低所得者などへ経済的な配慮をすることが目的とされています。 軽減税率が導入されると、もちろん私たち消費者や小売店に影響が出てきます。 消費税率が一定でないために、買い物をしながら計算していくのも大変になりますよね。 お店側としても、予算が立てづらいですし、スタッフの教育も必要になってきます。 レジなどの設定も細かく必要になりますし、多少ならずとも混乱が生じてきそうですね。 具体的に何が軽減税率対象商品となるのか、詳しく見ていきましょう。 軽減税率対象商品は?オムツや医薬品などの日用品は? 国税庁はすでに 軽減税率対象商品を発表しています。 具体的にはどんなものが軽減税率対象商品となるのでしょうか?普段、買い物をすることが多いオムツや医薬品などの日用品は対象なのか気になるところです。 結論から言うと、オムツや医薬品などの日用品は軽減税率の対象とはなりません。 消費税増税が導入された後は、 【標準の税率10%で販売】されるということですね。 オムツや医薬品だけでなく、洗剤や化粧品、歯ブラシや歯磨き粉などのオーラルケア商品、ボディソープや石鹸などの日用品も軽減税率対象外となります。 intage. スポンサーリンク 軽減税率対象商品は?お菓子などの食品は? 原則として、 軽減税率対象商品は「食品」と「新聞」の2種類となっています。 もちろんお菓子も対象となるようですよ。 新聞については、定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞が対象となっています。 新聞が軽減税率の対象になるのは、減税することで国民がニュースや知識を得る機会を減らさないようにするという目的があります。 基本的には全国民が購入する「食品」が対象なのですが、生きるために必要な情報を入手する手段ということで新聞も対象となるようですね。 新聞の定義は分かりやすいのですが、難しいのは食品ですよね。 医薬品や医薬部外品に該当する栄養ドリンク、また酒類は軽減税率対象外となっています。 思わず迷ってしまいそうな食品のケースをチェックしてみましょう。 おまけ付きお菓子:金額とおもちゃ割合によって対象外 10% 例えばおまけの付いたお菓子はどうなのでしょうか?子供なら誰でも一度は憧れるおまけ付きお菓子。 お菓子を買えばミニカーやキャラクターグッズが付いてくるものは対象となるのでしょうか? もしおもちゃをおもちゃ屋さんで買う場合には、軽減税率対象外となりますが、 おまけ付きお菓子はあくまでもお菓子におまけのおもちゃが付いてきただけですので、軽減税率対象商品となります。 目的はお菓子ではなくおもちゃ!という子供がほとんどかもしれませんが、それでも軽減税率の対象にはなるようですよ。 ただしこの 「おまけ付きお菓子」が食品扱いになるには条件があります。 【おまけ付きお菓子が食品扱い(8%)になる条件】• 税抜1万円未満• そのため、 お菓子ではなくおもちゃが価格の大半を占めている場合など、一部のお菓子は10%に増税される商品も出てきます。 駄菓子屋さんや子供たちも混乱しそうですね。 【これはひどい】軽減税率の線引き。 ステッキ型チョコはお菓子とみなされ8%になるのに、パイプ型チョコは容器が笛になって、「お菓子とそれ以外」とみなされるため10%。 製菓会社は頭を抱えています。 なぜこのようなことになったのでしょうか。 今回の軽減税率ですが、外食は対象外となっています。 最近ではテイクアウトができるお店も増えてきていますよね。 ラーメン屋さんや牛丼屋さんでも、お店で食べる人と持ち帰って食べる人がいます。 またフードコートでハンバーガーを買って店内で食べる予定が、満席だったため仕方なくテイクアウトして家で食べる、というケースもあるでしょう。 そういった場合には「外食」扱いになるのか、「食品」扱いになるのかという問題が出てきます。 スーパーマーケットなどで売られているお弁当は食品扱いなので、それと同じように考える人もいますよね。 結論としては、店内で食べる場合やケータリングについては「外食」、 テイクアウトして食べる場合や蕎麦屋の出前に関しては「食品」ということで軽減税率の対象(8%)となります。 スポンサーリンク 学校給食 8% 学校や老人ホームで提供される 「給食」はどうなるのでしょうか? この「給食」に関しては、軽減税率対象商品となり、消費税は8%据え置きとなることが決定しています。 ただし学生食堂など、生徒が利用するかどうかを選択できる場合には、軽減税率対象外となります。 こちらも老人ホームの価格設定によって、対象か対象外かが異なってくる可能性はありそうですね。 酒類 基本的に10%,ノンアルは8% 酒類は基本的には 軽減税率対象外となるのですが、ノンアルコールビールやみりんはどうなるのでしょうか? この「酒」にあたるかどうかは酒税法に基づき、アルコール分一度以上であるかどうかでの判断となるようです。 酒類 みりん,料理酒,料理用ワイン含む):基本的に10%• ノンアルコールビールだけでなく、甘酒などもアルコール度数が1度未満であれば、軽減税率が適用されます。 ただし「みりん風調味料」はアルコール度数が1度未満のものが多いので、軽減税率対象となる可能性は高いようです。 みりんを購入する際は、アルコール度数をチェックしてから買うといいかもしれません。 jiji. ネットで調べてみても、10%となっているところと8%となっているところがあり…やはり混乱している方は多いのかもしれません。 「消費税軽減税率電話相談センター」によると、 ミルクや離乳食は 軽減税率対象商品(8%)となるそうです。 つまり8%のまま、据え置きになるということですね。 子育て世代にとっては一安心ですね!母乳で頑張っているお母さんたちや、離乳食はすべて手作り!というお母さんたちは恩恵を受けられませんが、母乳をあげたくてもあげられない事情やどうしても離乳食を買わなければならないシーンなどに遭遇することはありますから、やはり8%のままというのは助かります。 ちなみにこの「消費税軽減税率電話相談センター」というのはフリーダイヤルで誰でも電話することができます。 ネットでも情報が錯綜していますし、もし分からないことがあれば気軽に電話で相談してみてもいいかもしれませんよ。 軽減税率対象商品以外で増税による負担増への対策はあるの? 軽減税率対象商品を設ける以外にも、増税に向けて消費の落ち込みを和らげるためにいくつかの対策が発表されています。 その対策を簡単にご紹介します。 プレミアム付き商品券 最大25,000円分の商品券を20,000円で買うことができる権利がもらえます。 つまり5,000円分もお得になるということですね。 住民税が非課税の世帯や2歳以下の子供がいる世帯が対象となります。 ただしこの商品券は税率引き上げ後の 6ヶ月間に使う必要がありますよ。 新築の場合は35万円分、リフォームの場合は30万円分のポイントをもらうことができ、家電やグルメなどの商品と引き換えることができます。 すまい給付金 現在、年収510万円以下の人が住宅を購入すると、上限30万円分までの現金が給付されていました。 この年収が775万円以下の人にまで給付されることになり、対象が拡大されます。 マイナンバーカード活用ポイント制度 マイナンバーカードを持っている人に、買い物に使える全国共通ポイントが加算されます。 この機会にマイナンバーカードも普及しそうですね!マイナンバーカードを取得するには郵便やパソコン・スマホなどで申請する必要がありますよ。 スポンサーリンク 軽減税率対象商品はいつまでの制度なの? 軽減税率対象商品は いつからいつまでの制度なのでしょうか?軽減税率制度の期間について、詳しく見ていきましょう。 まず 軽減税率制度の開始ですが、2019年10月1日の消費税増税とともにスタートすることが決まっています。 intage. ただし、今のところ消費税増税はほぼ最終決定している事案ですので、このままいくと軽減税率制度も予定通り導入されることになります。 しかしながら、 この制度がいつまでなのかについては現在のところまだ発表されていません。 今後の景気や経済状況、国民の反応などを見ながら、いつまでの制度にするかを決定していくのではないかと思われます。 今後の発表にも注意を払っていきたいですね。 そのため、オムツや医薬品などの日用品は対象外となりますよ。 難しいのはお菓子などの食品でも、一部は対象外となる商品もあるということです。 購入するシーンや商品によって、軽減税率対象商品となったり、対象外となったりする場合があるので、最初のうちは消費者やお店側も混乱する可能性はありそうですね。 いつまでの制度なのかという点についても、現在のところは発表されていません。 レジの設定や買い物の計算など、考えられる大変さはたくさんありますが、今のうちから細かく調べて対応していきたいですね。 スポンサーリンク.

次の

軽減税率はいつまで続く?ややこしい消費税8%と10%の複数税率|陽だまりのひなた

食品軽減税率 いつまで

【 軽減税率制度とは 】• 10%の税率がかかるものと、8%の税率がかかるものとの2種類。 2種類に分かれた税率のうち、低いほうの税率8%を「軽減税率」と呼ぶ。 これが軽減税率制度の概要です。 注目すべきは、税率が「2種類」になるということ。 これは 日本の消費税の歴史上はじめてのことであり、軽減税率制度が持つ特異性と言うべきものです。 覚えておきましょう。 《補足》消費税の税率のあゆみ 「2種類の税率」という軽減税率制度の特異性を明らかにする目的も含め、これまでの消費税の税率について、その歴史をかんたんに振り返っておきましょう。 そして、平成31年からは軽減税率制度の導入に伴い、 「標準税率10%・軽減税率8%の2段構え」の消費税へと変わろうとしているのです。 スポンサードサーチ 【 軽減税率の対象品目 】• 飲食料品(注・酒類と外食などを除く)• 新聞(注・週2回以上発行) 上記のとおり、標準の10%よりも低い8%の税率が適用されるのは、「飲食料品」と「新聞」の2つです。 どちらも生活必需品につき、税率は大目に見ましょうよ。 という趣旨ではありますが、新聞は生活必需品なのか、ほかにも必需品はあるだろうと物議を醸したところではあります。 ちなみに、上記の「注書き」にもあるように、細かな点で注意を要することがけっこうあります。 あまり深入りはしない程度に、下記でサクッと触れていきます。 軽減税率の対象になる「飲食料品」とは? 飲食料品について、軽減税率の適用か否かのイメージを下図でまとめてみます。 グリーンで塗られたところが、軽減税率の対象範囲です。 酒類 酒税法に規定する酒類(アルコール分1度以上の飲料)については、飲食料品の範囲内ではあるけれど、軽減税率の対象からは除かれています。 お酒は生活必需品ではなく、嗜好品だということですね。 外食とテイクアウト テーブル・椅子など飲食できる設備・スペースがある飲食店における食事は、軽減税率の対象からは除かれています。 いっぽうで、飲食店が提供する食事であっても、テイクアウトについては軽減税率の対象となることに注意が必要です。 たとえば、ファストフード店で食事を購入する際。 店内で食べれば標準税率10%、テイクアウトすれば軽減税率の8%、ということになります。 店内かテイクアウトかの判定方法 店内かテイクアウトかの判定は、顧客に意思確認を行うなどの方法とされています。 レジで店員さんが言う「店内でお召し上がりですか?お持ち帰りですか?」というアレです。 であれば、軽減税率8%を狙い、「じゃあ、持ち帰りで」と言いつつ、実は店内で食べるという光景が展開されるのか否か。 日本人の正直さに注目です。 ケータリングと宅配 客が指定した場所に料理人などが赴き、調理・配膳により食事の提供をおこなうことをケータリングと言います。 たとえば、寿司職人を自宅に呼んでホームパーティ、とか。 セレブで贅沢な行いであり、外食と同様に軽減税率の対象外とされています。 いっぽうで、出前や宅配については軽減税率の対象です。 これは、単に飲食料品を届けるだけだから、という解釈に依るもの。 注意しましょう。 出前・宅配のほうが消費税も安上がり、ということです。 一体資産 「一体資産(いったいしさん)」というのは、このたびの軽減税率制度導入にあたり誕生した新概念です。 具体例は、グ〇コのおまけつきキャラメル(伏字の意味なし)。 食品と食品以外のものがあらかじめ一体となっているものを「一体資産」と呼びます。 売価が税抜価格で 1万円以下• 仕入原価について、食品の占める割合が 全体の3分の2以上 上記の要件を満たさない一体資産については、残念ながら(?)標準税率の10%です。 つまり、 一体資産には軽減税率8%の対象になるものと、標準税率10%の対象になるものとがあるということです。 コーヒー豆 原価 2,000円と、コーヒーミル 原価 2,000円のセット商品。 売価は税抜 5,000円 これは軽減税率の対象か否か?• 医薬品等 念のための補足として。 医薬品や医薬部外品は、飲食料品の範囲内ではなく、軽減税率の対象外とされています。 ひとつは、2種類ある税率を区分して認識すること。 もうひとつは、その区分にしたがって請求書・領収書を整え、帳簿に記載を行うこと。 従来は税率はひとつであったため必要のなかった「区分」という作業が増えることになります。 これが、軽減税率により変わる経理処理の要点です。 このあと、請求書・領収書等と帳簿それぞれの経理処理を具体例で確認していきます。 請求書・領収書・レシート等の記載例 軽減税率制度導入後の請求書等の記載例として、請求書を具体例として説明していきます。 自身が販売者であるときには、例にしたがって請求書を作成する。 購入者であるときには、例にしたがって受領した請求書に誤り・不備がないかを確認する、ということになります。 したがって、自身が販売者である場合に請求書等に誤り・不備があれば、販売先から追及されることが考えられます。 逆に、自身が購入者である場合に、 請求書等に誤り・不備があれば、購入先に内容を確認をし、自ら追記することができるものとされています。 注意しましょう。 《ポイント2》記号が軽減税率対象品目であることを明らかにする 上記のポイントは、領収書やレシートについても同様です。 自身が飲食店や小売店等の販売者側である場合、レジスターの対応も考えなければいけません。 なお、品目については個別具体的な商品名でなくても、 「一般的な総称」の記載でも差し支えないこととされています(軽減税率が適用されるか否かの判別ができる程度の記載は要する)。 この点も含めて、現実的な対応を検討しましょう。 帳簿(総勘定元帳)の記載例 続いて、軽減税率制度導入後の帳簿(総勘定元帳)の記載例を説明していきます。 自身が購入者である場合と、販売者である場合のそれぞれについて見ていきましょう。 記号が軽減税率対象品目であることを明らかにする 上記のとおり、押さえるべきポイントは「請求書等」のところで見たものとまったく同じです。 要は、帳簿にも軽減税率対象品目を明示するということ。 なお、請求書等から帳簿に記載する際には、品目は個別具体的な商品名でなくても、「一般的な総称」の記載でも差し支えないこととされています。 自身が販売者側である場合の帳簿 続いて、自身が販売者側である場合。 中小事業者の税額計算の特例• 平成35年10月以降のインボイス制度導入 それぞれの問題点について見ていきましょう。 《問題点1》中小事業者の税額計算の特例 少し「予習」にお付き合い願います。 売上に含まれる消費税額-仕入・経費に含まれる消費税額=税務署に納付する消費税額 たとえば、売上が税込 10,800円、仕入・経費が税込 5,400円であれば。 売上に含まれる消費税額 (10%分+8%分)-仕入・経費に含まれる消費税額 (10%分+8%分)=税務署に納付する消費税額 たとえば、売上がさきほどと同じ10,800円だとして。 仕入・経費についても同様です。 したがって、そのために帳簿を記載するという経理処理にあたり、軽減税率対象品目と対象外品目とを区別して明示する必要があったのです。 「予習」はこれでおしまい。 ここからが「本題」です。 この「税率を区分する」という経理処理の過程で、その 「区分をすることが困難」な中小事業者(平たく言うと、年商 5,000万円以下の事業者)については特例が設けられています。 事情はさまざまあるにせよ、「区分なんてできません!」という場合。 区分をせずに済む、簡便・合理的な計算方法が定められているのです。 これが「中小事業者の税額計算の特例」。 ところが、「それはイイことを聞いた。 メンドーな区分はしなくていいじゃん。 心配して損したよ」なんて言っては困る、というのが「中小事業者の税額計算の特例」における問題点です。 きちんと区分して計算した方が納税額が少なくて有利である場合、消費税をムダに多く納付することになりかねない• もしも特例計算の方がきちんと区分するよりも納税額が有利であるとしても、「きちんと区分した計算」ができなければ有利不利の判定ができない というわけで。 ハナから特例計算をアテにするのはやめにして。 軽減税率制度の趣旨をよく理解し、原則的な対応を身につけましょう。 というお話です。 《問題点2》平成35年10月以降のインボイス制度導入 平成31年10月以降、軽減税率制度の導入にはじまり。 平成35年10月からは適格請求書等保存方式、いわゆる「インボイス制度」の導入が予定されています。 【 インボイス制度とは 】 税務署長の登録を受けた課税事業者(適格請求書発行事業者)が発行する請求書 (適格請求書)の保存がなければ「仕入税額控除」ができない ようわからん、というところかもしれませんが。 ひとまず受け止めてください。 ポイントは上記の文章の後半です。 「適格請求書」と呼ばれる請求書でなければ、仕入税額控除とやらができない、と。 売上に含まれる消費税額 -仕入・経費に含まれる消費税額=税務署に納付する消費税額 上記算式の「-仕入・経費に含まれる消費税額」これが仕入税額控除です。 これのおかげで、事業者は納付する消費税を減らすことができるわけですから、仕入税額控除ができないのは困ります。 話を【 インボイス制度とは 】に戻すと、仕入税額控除ができないのは「適格請求書」の保存がないときだ、と。 つまり、自身の仕入・経費について、適格請求書がないと仕入税額控除ができなくなるよ。 というのが、平成35年10月からのインボイス制度です。 ではでは、さらに話を進めて「適格請求書」とは? これも、【 インボイス制度とは 】に記載してあります。 確認してみましょう。 税務署長の登録を受けた課税事業者(適格請求書発行事業者)が発行する請求書、それが適格請求書だと書いてありました。 ここでのポイントは「課税事業者」にあります。 「課税事業者」とは「(平たく言うと)年商1,000万円超の事業者」であり、年商1,000万円以下の免税事業者は適格請求書が発行できないということです。 得意先が仕入税額控除できずに損をするであろう金額分だけ、値引き販売をして得意先をつなぎとめる• あえて課税事業者を選択(税務署に届け出ることで可能)して、適格請求書発行事業者の登録も受ける。 ただし、消費税を計算して納付しなければならなくなる いずれにしても完全な対応策ではなく、制度変更を求める声もあがっているところではあります。 この先、インボイス制度についての変更可能性はゼロではありませんが。 年商1,000万円以下の事業者は心しておくべき問題点と言えるでしょう。 今後の動向にも注目です。 まとめ いま絶対に押さえておくべき『消費税 軽減税率』4つのポイントについてお話をしてきました。 まだまだ先、ということではなく。 制度導入後の自身の姿をイメージしながら、できることを少しづつ準備しておきましょう。 土壇場で対応するほど簡単ではない大きな制度変更だ、という理解がたいせつです。 ************ きょうの執筆後記 ************ ブログには書けない・書きにくいことその他。 きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。 よろしければメルマガ(無料)をご登録ください!• 【最新のランニング記録】 2020. 16 ペース走 5. 10km 2020. 15 ビルドアップ走 5. 04km 2020. 14 ビルドアップ走 5. 15km 2020. 13 ビルドアップ走 5. 05km 2020. 12 ジョギング 3. 73km 2020. 11 ビルドアップ走 5. 05km 2020. 10 ジョギング 5. 21km 2020. 09 ジョギング 5. 07km 2020. 08 ペース走 5. 27km 2020. 07 ペース走 5. 97km 2020. 06 ペース走 5. 35km 直前1ヶ月 128. 11km(目標 120km).

次の

軽減税率はいつまで?対象と対象外商品や外食は?NHK受信料や病院食はどうなる?

食品軽減税率 いつまで

こんにちは。 2019年10月から予定している消費税増税。 どんな人にも影響があるので気になる人も多いはずです。 増税でほどんどの人が気にするのは価格の高い、 住宅、車、家電などですよね。 価格の高いものは買い控えする流れが強くなりそうですが購入する頻度が高い「 食品、 日用品」はどうでしょうか? 現在の消費税率8%から10%に変動して場合、生活費20万円で暮らしている家庭には月4000円、年間5万円ほどの出費増になります。 しかしながら良く調べてみると「 食品」に限っては 軽減税率といって消費税8%のまま据え置きで購入できる制度がありました。 対象となる食品を購入した場合のみ適用され8%のまま購入できます。 今回は「10月から予定している増税で食品価格はどうなる?」をテーマに解説していきます。 スポンサーリンク 食品の税率はどうなる?10%なの? 先ほど少し説明しましたが食品には「軽減税率」といった増税前の据え置き税率が適用される場合があるので消費税が10%にならないケースがあります。 「軽減税率」の対象になるのは「 飲食料品(酒類、外食、ケータリング・出張料理などを除く)、定期購読契約し週2回以上発行されている 新聞」の2つです。 より引用 つまりスーパーなどで買い物をする際、一般的な飲食料品は8%ままですがビールなどアルコール類は10%になるということです。 また少しややこしいですがファーストフート店などイートインができる場所での飲食も注意が必要です。 テイクアウトなら税率は8%ですが店内で飲食する際は10%になるからです。 出前や宅配の場合も税率8%のままです。 「 持って帰る、家に届く飲食料品(アルコール以外)は税率8%のまま」と覚えておくといいでしょう。 普段から酒をあまり買わず、外食をあまりしない人のとっては食費への影響は少なそうです。 飲食料品(アルコール以外)を1,000円分購入して場合 軽減税率により税率8%のままで1,080円 キャッシュレス決済をして5%還元された場合 1026円 こちらのように今までよりも安く買うことができます。 利用しない手はないですよね。 コンビニや大手チェーンレストランは2%のポイント還元を予定していて、ポイント還元という意味では同じですがどちらかというと小さい規模のお店での消費を促そうとする狙いがあります。 残念なお知らせですが大手スーパー(イオンやヨーカドー、西友など)、百貨店での買い物は還元されない予定です。 期間中は大手スーパーを避けて買い物することが賢い選択になるでしょう。 諸外国と比べ遅れているキャッシュレスを普及させたい、増税後の消費の低下を防ぐ狙いがありそうです。 スポンサーリンク まとめ 一般的な飲食料品、テイクアウト品は増税後でも軽減税率によって8%のままで購入できます。 ただしアルコール類、イートインコーナーなど店内で食べるときは増税後の10%になってしまうので注意が必要です。 国の方向性として増税後の一定期間中(10月〜2020年6月)は最大5%ポイント還元されるので賢く利用することで増税前よりも安く購入できるケースもあります。 そういったことを考えると増税前に買い貯めはしない方が良さそうです。 もちろん還元ポイントは「飲食料品」以外の購入の際にも付きますので是非キャッシュレス決済を利用してください。 今回は以上になります。 最後まで読んで頂きありがとう御座います。

次の