マスタード 使い道。 納豆に付いているカラシ、他の使い道を教えて!

粒マスタード消費、活用アイディア調理法、相性のいい食材

マスタード 使い道

からしとマスタード。 和からし?洋からし? 一番わかりやすい「からし」と「マスタード」の違いは、その名前が示す通り、和風か洋風か?という区分です。 日本で古来より使われている「からし」を和からし、西洋から輸入されたマスタードを洋からしと呼びます。 和からし からし=辛子(日本語)・・・日本で古くから使われてきた辛味の調味料。 アブラナ科植物の種を 粉末にしたものを粉からし、それを 水で溶いてペースト状にしたものを練りからしといい、ワサビのようにツンと突き刺さるような刺激の強い辛さが特徴です。 おでんや納豆に、また辛子蓮根にと、主に日本料理に使用されます。 洋からし マスタード=Mustard(英語)・・・西洋で古くから使われてきた辛味の調味料で、近年日本に輸入されて広まりました。 アブラナ科植物の種にワインやお酢や糖類などを加えて作られるため、和ガラシと比べるとマイルドな辛さです。 ホットドッグやサンドウィッチなど、主に西洋料理に使用され、 イエローマスタード、ディジョンマスタード、粒マスタードなど様々な種類があります。 からし・・・和からしとも呼ばれ、刺激的な辛さがあり、日本料理に使用される マスタード・・・洋からしとも呼ばれ、様々な種類と味があり、西洋料理に使用される からしとマスタード。 原料となるマスタードシードの違い からしもマスタードも、共にアブラナ科植物の種であるマスタードシードから作られます。 このマスタードシードには3つの種類があり、それぞれの特徴と用途は下記のとおりです。 ホワイトマスタードシード(イエローマスタードシードとも呼ばれる) 種別:アブラナ科シロガラシ属 シロガラシの種 用途:イエローマスタード、粒マスタード 特徴:辛みが少ない ブラウンマスタードシード(オリエンタルマスタードシードとも呼ばれる) 種別:アブラナ科アブラナ属 カラシナの種 用途:からし、イングリッシュマスタード、粒マスタード 特徴:刺激的な辛みがある ブラックマスタードシード 種別:アブラナ科アブラナ属 クロガラシの種 用途:ディジョンマスタード、粒マスタード 特徴:とても強い辛みがある なるほど、マスタードシードは種類によって辛さの度合いが違うようですね。 そして、からしとマスタードでは、原料とするマスタードシードの種類が異なることが見て取れます。 からし・・・ブラウンマスタードシード(カラシナの種)のみから作られる マスタード・・・種類によってホワイト、ブラウン、ブラックマスタードシードを使い分けている からしとマスタード。 それぞれの種類と特徴 それでは、からしとマスタードは、それぞれどのような種類と特徴があるのかを見てみましょう。 使用する際に水で溶いてペースト状にします。 他に何も添加物を加えませんので、天然の新鮮な風味が味わえます。 カラシナの持つ辛み成分アリルカラシ油による、ツンと突き刺さるような刺激の強い辛さが特徴です。 おでん、シューマイ、トンカツ、納豆、からし和えなど、和食や中華料理に使用されます。 練りからし 粉からしを水で溶いてペースト状にしたもの。 市販のチューブ入りのものは油脂、香辛料、保存料などの添加物が入っています。 用途は粉からしと同様、和食や中華料理に使用されます。 マスタード イエローマスタード ホワイトマスタードシードを原料に、水、お酢、糖類、スパイス、塩、着色料などを加えて作られます。 やわらかいペースト状で口当たりはスムース、辛みも少なくまろやかな味が特徴で、ホットドッグやサンドウィッチに使われます。 フレンチマスタード、または アメリカンマスタードとも呼ばれます。 イングリッシュマスタード 日本の和からしと非常に似ており、ブラウンマスタードシード、またはホワイトマスタードシードを粉末にしたパウダー状のものと、ペースト状にしたものがあります。 和からしと同じく、ツンと突き刺さるような刺激の強い辛さがあり、そのまま何かにつけて食べるというより、香辛料のように料理の隠し味として広く使用されます。 ディジョンマスタード フランス・ブルゴーニュ地方のディジョンで作られるペースト状のマスタード。 ブラックマスタードシードの皮を除いて粉砕し、白ワインビネガーと熟す前の白ワインに漬けこみ、クリーミーなペースト状に仕上げます。 なめらかで軽い口当たりと、爽やかな風味、そして微かにピリっとする辛みのバランスが秀逸です。 肉料理、魚料理の下味やソースとして、またドレッシングやスープの味付けなど、広く料理に使われています。 現在はディジョン以外でも、決められた原料と製造方法であれば「ディジョンマスタード」の名称が使用できます。 粒マスタード マスタードシードを酢やワインに漬けこみ発酵させ、粗挽きにして粒々が残った状態のマスタードです。 使われるマスタードシードの種類はメーカーによって様々ですが、マスタードシードは潰さない限り強い辛みが出ませんので、ワイルドな見た目に反してマイルドな風味が特徴です。 そのままたっぷりソーセージや肉料理につけたり、料理の下味やソース、ドレッシングなど、マスタードシートの自然な味わいとプチプチとした粒の食感が楽しめます。 からし・・・添加物を加えない、ストレートなマスタードシードの風味 マスタード・・・種類によって様々な添加物を加え、風味にバリエーションがある からしとマスタードの違い【まとめ】 これまで見てきたからしとマスタードの違いをまとめると、下記のようになります。 からし• 和からしとも呼ばれ、刺激的な辛さがあり、日本料理に使用される• ブラウンマスタードシード(カラシナの種)のみから作られる• 洋からしとも呼ばれ、様々な種類と味があり、西洋料理に使用される• 種類によってホワイト、ブラウン、ブラックマスタードシードを使い分けている• これまではなんとなく使い分けていたからしとマスタードですが、これからはもっと意識的に、より上手に使いこなしていきたいものです。

次の

マスタードの使い方・レシピ

マスタード 使い道

マイルドスパイスが美味のイエローマスタード ジャンクフードに欠かせない調味料と言えばイエローマスタードですよね。 からしよりも刺激がマイルドなマスタードはどんなものにも相性良く、更に美味しさを引き立ててくれます。 そんなイエローマスタードはアブラナ科の 「からし菜」という植物の種子にお酢や砂糖を混ぜて製造が行われています。 スパイス系が苦手な人でもこのイエローマスタードなら食べられるという人も多いでしょう。 日本で食べられている和からしよりも辛味が少ないのがマスタード類の特徴です。 辛さ控えめイエローマスタードの味とカロリー イエローマスタードを食べたことがないという人にはその色鮮やかな黄色からものすごく辛そうというイメージが強いですが、実は マスタードの中でも群を抜いて辛さがマイルドなのが特徴です。 ホットドックやサンドイッチなどに使用されるイエローマスタードは使われている素材の味を邪魔することなく、辛味も甘味も同時に楽しませてくれます。 また、マスタードのカロリーは大さじ1杯で約31~41キロカロリー程度とされています。 油を含んでいないマスタードは脂肪分を気にしている人にも安心して食べられる調味料と言えるでしょう。 しかし、料理や具材にかけて食べるなどの使い道ではそう多くの量は摂取できないため、実際は更に少ないカロリーになると考えられます。 カロリーはさほど多くありませんが、成分の中には砂糖なども含まれているため、カロリーが気になる人は事前に計算した量だけを使うなどの工夫をすると良いでしょう。 イエローマスタードの上手な使い道はコレ! イエローマスタードを普段使いする場合、上手な使い道はトーストにかけて他の食材と共に焼いたり、野菜炒めや魚、肉などの料理にかけたり混ぜたりといった使い方で上手に活用できます。 使い慣れてくれば煮込み料理のアクセント代わりに使ったり、スープやマリネ、ドレッシングなどにもイエローマスタードを活用していくことが可能です。 実は使い道の広いイエローマスタードなので色々なものに混ぜたりかけたり加えたりしてみると新しい食べ方が見つかるかもしれません。 イエローマスタードと粒マスタードの違いは? マイルドな辛さが好きな人にはたまらないマスタードですが、一口にマスタードと言ってもその種類はたくさんありますよね。 イエローマスタードから始まり、ツブツブが入っている粒マスタードなど見た目にも違う種類があります。 では私たちが普段食べているイエローマスタードと粒マスタードの違いはどういったところにあるのでしょうか。 まずはマスタードの種類別からチェック 美味しいマスタードには大きく分けて「ディジョンマスタード」、「イエローマスタード」、「粒マスタード」、「ハニーマスタード」の種類があります。 まずディジョンマスタードと呼ばれる種類は、13世紀頃にフランスに位置するディジョンという場所で製造されたマスタードで、他のマスタードより落ち着いた色合いをしているものになります。 種子の殻を除去して作られるディジョンマスタードは辛味が少なく使いやすいため、主に外国ではサンドイッチに活用されています。 次に今回のテーマであるイエローマスタードという種類は、ペースト状でホットドックやハンバーガーなどに使用されることが多いタイプのマスタードです。 砂糖が使用されていることもあり、辛味を感じられながらも甘みも一緒に楽しめるため、辛味が苦手な人にも比較的食べやすいタイプのマスタードになります。 粒マスタードはソーセージなどに付ける食べ方が多い種類で、マスタードの中では最もインパクトの強い種類と言えるでしょう。 ツブツブとした黒っぽいものが混ざっているのが特徴で、イエローマスタード同様に辛味が抑えられたタイプのものです。 最後にハニーマスタードですが、この種類は名前の如くマスタードにハチミツが加えられたものになっています。 甘さと辛さがはっきりと感じられ、二つの味覚が同時に楽しめるハニーマスタードは肉料理やサラダなど幅広い料理とマッチします。 イエローマスタードと粒マスタードの違い 上記でもマスタードの種類について触れましたが、イエローマスタードと粒マスタードの違いはまずその見た目です。 イエローマスタードはお馴染みペースト状の和からしのような見た目をしていますが、粒マスタードは黒っぽいツブツブが残っている見た目をしています。 また、イエローマスタードは種子の外皮を除去して粉末状にしたものをお酢や砂糖で溶かし、塩などで味付けを行っていますが、粒マスタードはそのままの種子をお酢や水でふやかし、調味して形を残したもののことを指します。 また、粒マスタードは他にも既に完成したマスタードにブラウンマスタードやブラックマスタードの種子を粗挽きして混ぜる製造方法もあります。 イエローマスタードはペースト状なので口当たり滑らかで、粒マスタードはツブツブとした食感を楽しめるので、食感の違いを大きく感じることができるでしょう。 しかし、イエローマスタードも粒マスタードも辛さを抑えた調味料なのでどちらも食べやすさは同様です。 色合い綺麗なイエローマスタード!作り方は? ホットドックなどの手軽に食べられる一品でも、色合いを鮮やかに見せて食欲を刺激するイエローマスタードは自宅で手作りできたら嬉しいですよね。 市販のものを購入しないとマスタードは楽しめないと思っている人も多いですが、イエローマスタードはお家で手作りできます。 少し手間はかかりますが、自分好みに調整できるので是非手作りしてみましょう! イエローマスタードが自宅でできちゃう!レシピ紹介 【材料】• イエローマスタードシード• はちみつ• 生 タイムの葉• ターメリック 【作り方】• 深めの容器にイエローマスタードシード、水、リンゴ酢を入れて蓋をし、冷蔵庫で一晩寝かせます。 残り全ての材料を加え、好みの固さにピューレ状にします。 味を確かめてからはちみつやハーブ類を足して完成です。 保存は空気が入らない容器に入れて冷蔵庫で様子を見ながらなるべく早めに使い切りましょう。 美味しい辛さを楽しみたいならイエローマスタードがおすすめ! 辛みがマイルドなイエローマスタードについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 和からしは使い慣れていてもマスタードはレベルが高いように感じられ、活用範囲を広げられなかっという人も多いでしょう。 意外にも広く使っていける調味料なので、日々口にするものと合わせて上手に美味しく食べてみてくださいね!.

次の

粒マスタードを大量に使うレシピ

マスタード 使い道

マスタードシードって知ってますか? マスターシードというのは名前の通りアブラナ属の一年草マスタードの種子です。 皆さんの良く知っているであろうマスタードはマスタードシードをすり潰し水や酢と混ぜたものです。 唐辛子などの香辛料はそのものが辛さを持っていますがマスタードシードはすり潰し水を混ぜて始めて辛さを持つのが特徴です。 あまり見かけないため詳しくは知らないという人も多いでしょう。 そこで今回はまずたーどシードについて詳しく書いてみました。 マスタードシードの使い方は?• マスタードシードの代用品は?• マスタードシードの効能は?• マスタードシードの種類は?• マスタードシードの発芽について となっています。 それでは発送開始! 広告 マスタードシードの使い方は? まずはマスタードシードの使い方についてです。 マスタードシードには多くの使い道がありますがここではおすすめの使い方を紹介しますね。 自家製マスタードを作る• ドレッシング作りに使う• スパイスとして使う それぞれ詳しく書いていきますね。 自家製マスタードを作る 冒頭にも書いたようにマスタードシードはマスタードの原料です。 そのためマスタードシードを使えば自家製マスタードを作ることも可能なのです。 イエローマスタードシード• リンゴ酢 の三つで同じ分量使います。 レモン汁• はちみつ• 生のタイムの葉• ターメリック といったようなもので自分好みの味に近づけます。 イエローマスタードシード・水・リンゴ酢をジャーに入れて封をし冷蔵庫に一晩入れる• 残りの材料を入れて好みの固さのピューレにする• 最後にはちみつ、ハーブ類で味を整える これで完成です。 作り方もそこまで難しくはなく自分好みのものを作ることができるのでお勧めです。 ドレッシング作りに使う マスタードシードは自家製ドレッシングにアクセントをつけることができます。 ほとんどのドレッシングに合うのでいろいろと試してみてください。 ここではその中の一例を紹介しますね。 マスタードシード 大さじ2• 塩 お好み• 黒こしょう お好み• 白ワインビネガー 大さじ2• エキストラバージンオリーブオイル 20cc• ハチミツ 少々• まずはマスタードシードを見るなどを使い挽く• 材料を全部混ぜる これで完成です。 とても簡単なのでぜひ試してみてください。 スパイスとして使う マスタードシードはスパイスとしても使えます。 カレーなどにスパイスとして入れてもおいしいです。 広告 マスタードシードの代用品は? 続いてはマスタードシードの代用品についてです。 使い道によって代用できるものは変わってきますが代用は可能です。 自家製マスタードを作る• ドレッシング作りに使う• スパイスとして使う これらの使い道での代用品をそれぞれ紹介していきますね。 自家製マスタードを作るときに使える代用品 自家製マスタードを作るときにはやはりマスタードシードが必要になってきます。 他のもので代用してしまえばそれはマスタードではなくなってしまうからです。 これならマスタードシードを挽く手間が省けるので便利です。 ただこれでは粒マスタードが作れないのでそこには注意しましょう。 ドレッシング作りに使う代用品 ドレッシングに使う場合にはマスタードシードではなくマスタードで代用することができます。 ただその場合はマスタードに含まれる酸味を考えて酢の量を加減する必要があるでしょう。 ただそこさえ注意すれば十分に代用可能です。 スパイスとして使える代用品 スパイスに関しては他のスパイスで十分に代用可能です。 カレーに使う場合などではマスタードシードが必須というわけではありません。 あくまでアクセントとして加えるだけでなくても味が大きく変わってくるというわけではありません。 また物足りない場合は他のスパイスで簡単に補えます。 カレー多くのスパイスを使うのですから、1つが欠けても大きな違いは出ません。 マスタードシードの効能は? 最後はマスタードシードの効能についてです。 マスタードシードには多くの栄養素が含まれています。 ミネラル• ビタミン A・B群• グルコシノレート といったようなものです。 グルコシノレートは細胞が損傷されるとアリルイソチオシアネートを発生します。 アリルイソチオシアネートについては後で詳しく書きますね。 とにかく多くの栄養素が含まれているのです。 殺菌作用• 抗がん作用• 抗酸化作用• 抗炎症作用 といったような多くの効能があります。 それぞれ軽く説明していきますね。 殺菌作用 これは先程紹介したアリルイソチオシアネートによる効果です。 防虫効果• 食欲促進 といった効能があります。 抗がん作用 こちらもアリルイソチオシアネートによる効果です。 アリルイソチオシアネートはイソチオシアネートというグループに属します。 これらには抗がん作用があるとして注目を集めているのです。 これらの成分はアブラナ科野菜に多く含まれているため、国際ガン研究機関もアブラナ科野菜の摂取を奨励しています。 抗酸化作用 マスタードシードには老化の原因となる活性酵素を抑える効果があります。 それにより、• 動脈硬化の予防• 高脂血症の予防• 免疫機能の改善 に効果があるとされています。 抗炎症作用 これはマスタードシードに含まれるミネラルのセレンやマグネシウムによるものです。 喘息やリウマチの鎮静• 血圧の安定• 偏頭痛や更年期の不眠の改善 に効果があるとされています。 広告 マスタードシードの種類は? 続いてはマスタードの種類についてです。 マスタードシードにはいくつかの種類があります。 ブラックマスタードシード• ブラウンマスタードシード• イエローマスタードシード といったように3つに大きく分けられます。 これらはブレンドされ使われることもあるようです。 それぞれに特徴があるので紹介していきますね。 ブラックマスタードシードの特徴 ブラックマスターシードは名前の通り黒い外皮を持っています。 そのため 「黒がらし」という別名を持っています。 味では強い辛みを持っているのが特徴的です。 そのため辛さを求めるときはブラックマスタードシードを使うのが良いでしょう。 一般的には、• 肉料理• 魚料理• 粒マスタードの材料 に多く使われます。 ブラウンマスタードシードの特徴 ブラウンマスタードシードは茶色の外皮を持っています。 またブラック マスタードシードと比べて外皮が薄いのが特徴です。 辛みはブラック マスタードシードに比べて控えめです。 これは、• 肉料理• 魚料理• カレーなどのスパイス のほか多くの料理に幅広く使われます。 イエローマスタードシードの特徴 イエローマスタードシードは薄い黄色の外皮を持っています。 白っぽいのでホワイトマスタードシードともいわれます。 3つの中では最も辛さが弱いことが特徴です。 そのため、マスタードを作るときには他の種類と混ぜて辛みを抑える目的としても使われます。 またピクルスには殺菌作用があるという理由で使用されることもあります。 マスタードシードの発芽について 最後はマスタードシードの発芽についてです。 マスタードシードは発芽させることが可能です。 またそのまま育てて収穫することも可能なようです。 育て方について軽く説明していきますね。 まず栽培場所は少し日陰でも可能なようですが日が当たる場所が良いようです。 種まきの季節は春か秋。 また乾燥気味の環境を好み湿気には弱いようです。 これらに注意して育てれば収穫できるほどまで成長します。 難しいわけではないので挑戦してみるのも良いでしょう。 まとめ 今回はマスタードシードについて書いてみました。 あまり見かけないものではありますが多くの用途があり便利です。 ぜひ使ってみてください。 今回はここまで。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の