アダプティブ ハイビーム システム。 ベンツの LEDインテリジェント・ライト・システム

ALHやAHSなどハイビームとロービームを自動で切り替える最新ヘッドライトのあれこれ:旬ネタ|日刊カーセンサー

アダプティブ ハイビーム システム

ハイビームって面倒くさい!? ハイビームって面倒じゃないですか? 山道とかでは確かに見えやすくはなりますが、対向車が来るたびにロービームに切り替えて、またハイビームにして・・・ その内面倒になってロービームのまま走り続けたり・・・・ でもこれって実は危険なんです。 ロービームの時の視界は40m程度です。 しかし、ハイビームの視界は100m程度になります。 なんと 2. 5倍も視界が違うのです。 これだけ視界が違えば、緊急回避にも差が出ますね。 ハイビーム同士がすれ違う場合 ハイビーム同士がすれ違う場合には危険が多いです。 蒸発現象と言って、光の重なる部分で障害物が見えなくなることを教習所で習ったことを覚えているかもしれません。 また、対向車の目がくらむことも事故を誘発します。 確かにハイビームは視界が良くなりますが、周囲の状況も良く考えないと危険なものであることが分かると思います。 アダプティブドライビングビーム(ハイビームアシスト)は自動で光を調節する! アダプティブドライビングビーム(ハイビームアシスト)は、対向車を検知すると、自動で光を調節してくれます。 したがって、自分では何の操作をしなくても対向車はまぶしくないのです。 これなら、面倒だからと言って視界の悪いロービームで走り続けることもなく、常にハイビーム状態にして良好な視界を保てます。 また、対向車を気にしなくていいという点から、運転操作への集中につながり、操作ミスによる事故も防ぐことができます。 アダプティブドライビングビーム(ハイビームアシスト)は自衛手段にもなる! もし、対向車がハイビームで来た場合、まぶしくて前が全然見えなかったらとりあえず減速するか停車すれば危険は回避できますね。 でもアダプティブドライビングビーム(ハイビームアシスト)が付いていなかったら、同時に対向車も目がくらんでいるはずです。 この時、減速または停車したあなたのクルマに対向車が接触してくる可能性を否定できません。 自分が停車しても接触されたら大変ですね。 アダプティブドライビングビーム(ハイビームアシスト)があれば、対向車を検知し、自動で光を調節してくれるので、最低限、相手はまぶしくありません。 そうすれば、何もなかったように対向車は走り去るでしょう。 相手だけ走り去って、なんか損した気分!?になるのも分からなくはないですが、 起こるはずだった事故を防ぐことができたと考えれば、 アダプティブドライビングビーム(ハイビームアシスト)は対向車への配慮とともに、自衛手段としても働くことが分かると思います。 アダプティブドライビングビーム(ハイビームアシスト)の搭載車種 アダプティブドライビングビーム(ハイビームアシスト)はほとんどのスバル車で搭載されています。 レガシィアウトバック スバルのフラッグシップSUVで、本格的な悪路走破システムと優雅なデザインが魅力です。 レガシィB4 スバルのフラッグシップセダンです。 ラグジュアリー路線になった今も、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDで圧倒的な走行性能を誇ります。 レヴォーグ 5代目レガシィツーリングワゴンの後継車種で、スポーツカーとワゴンを融合した「リアル・スポーツ・ツアラ-」としてデビューしました。 WRX STI スバルの最高峰になるスポーツカーです。 スバルの走りへのこだわりが凝縮された一台です。 WRX S4 スバルのスポーツセダンです。 他にも今後出るスバルの新型車にはどんどん搭載されていくでしょう。 以上がアダプティブドライビングビーム(ハイビームアシスト)のまとめになります。 他のスバルの安全装置についても記事を書いています。 是非ご覧ください。

次の

アルファードに装備された アダプティブハイビームシステムとは?

アダプティブ ハイビーム システム

先行車や対向車に直接ハイビームを当てない 上下2段式アダプティブハイビームシステム[AHS *1] *2 歩行者との事故の多くが夜間に発生する現実に対し、ハイビームによって視界を確保することにより、夜間のすぐれた視認性の確保に寄与します。 ウインドシールドガラスに搭載したステレオカメラで先行車のテールランプや対向車のヘッドランプ、周囲の明るさを判別。 ハイビームの照射範囲内に車両を検知すると、上段8個・下段16個 片側 のLEDの点灯・消灯を制御することで、照射エリアと遮光エリアに細かく配光し、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光します。 先行車や対向車を眩惑することなく、前方の道路標識などを照らしドライバーの視界確保を支援します。 また、発進時などの低速時 *3に、左右のLEDコーナリングランプを同時点灯し、すぐれた側方視認性を実現。 側方の歩行者の認識に寄与します。 セーフティ・サポートカーS<ワイド> サポカーS<ワイド> は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。 自動 被害軽減 ブレーキ [対歩行者・対車両]、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトなどの安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。 また、各機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候等により作動しない場合があります。 詳しくは、取扱説明書をご覧いただくか、レクサス販売店におたずねください。 機能を過信せず、安全運転を心がけてください。 AHS: Adaptive High-beam System *2. 本機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。 詳しくはレクサス販売店におたずねください。 体調異常を直接検知できるわけではないため、システムが正常な運転操作と判定した場合は作動しません。 ヘルプネットはG-Linkに含まれるサービスです。 G-Linkのご利用には別途契約が必要となります。 詳しくはをご覧ください。 TMN: Traffic Movement Notification *8.

次の

レクサスUX機能紹介⑤~アダプティブハイビームシステム~

アダプティブ ハイビーム システム

アダプティブハイビームシステムの特徴 アダプティブハイビームシステムは、時速15km以上の車速で作動します。 ウインドシールドガラスやインナーミラーに搭載した光検出用カメラが、 先行車のテールランプや対向車のヘッドライト、周囲の明るさを判別します。 これにより、先行車や対向車に直接ハイビームを当てず、 ヘッドライトの照射エリアを自動的に配光するシステムです。 例えば夜間時、先行車、対向車がいる場合でも、 対象車に対してのみ遮光を行うため歩道や側道の歩行者や自転車を発見しやすくなります。 障害物の早期発見や動物などの飛び出しに対応できる可能性も高まり、 アクティブセーフティ効果の高い装備と言えるでしょう。 アダプティブハイビームシステムを採用する主な車種一覧(2017年8月時点) アダプティブハイビームシステムを採用するレクサスとトヨタブランドの主な車種は、 以下の通りです。 【レクサスブランド】 ・LS600h(LS600hLも含む) ・GS F ・LX570 【トヨタブランド】 ・プリウスPHV(シリーズ) ・(アスリート・マジェスタ・ロイヤル) ・ アダプティブハイビームシステムは、安全運転に寄与する画期的なヘッドライト制御技術です。 しかしながら、現状では高級車の一部にのみ採用されている装備です。 夜間の高い安全走行を支えてくれる機能であり、今後の採用車種の拡大に期待が集まります。 現在、BMWやを始め、世界の自動車メーカーが、 より安全走行を可能にするためのライティングシステムを、開発・実用化しています。 世界トップレベルのプレミアムブランドであるレクサスの最先端安全安心技術として、 「アダプティブハイビームシステム」は、さらに進化を続けることでしょう。

次の