愛育 小児科。 小児外科

医師紹介

愛育 小児科

院長(産婦人科) 鈴木 秀文(すずき ひでふみ) 昭和61年広島大学医学部卒業。 京都府立医大付属病院、京都済生会病院などを経て平成7年より福井愛育病院産婦人科勤務。 専門は周産期。 医学博士 福井大学医学部産婦人科学教室臨床教授 日本産婦人科学会専門医 日本産婦人科学会指導医 母体保護法指定医 乳がん超音波検診実施医 新生児蘇生インストラクター 医師になって30年が経ちその間いろんな出産のお手伝いをさせていただきました。 出産の素晴らしさも怖さも充分体験してきましたが、今でも常に新たな感動を覚えます。 趣味 音楽 長年バンド活動や作曲活動を行っています。 平成9年京都府立医科大学小児科に入局し、大学病院にて研修後、済生会滋賀県病院小児科、福井愛育病院小児科勤務を経て平成13年京都府立医科大学大学院へ。 小児内分泌代謝グループにて研究し、平成17年大学院修了。 その後再度福井愛育病院へ赴任となる。 平成18年骨格筋由来造血幹細胞の研究で博士号取得。 日本小児科学会専門医 日本小児科学会指導医 小児循環器学会専門医 アレルギー専門医 PALS プロバイダー 地域総合小児医療認定医 子どもの心相談医 新生児蘇生法「専門」コースインストラクター ICD(Infection Control Doctor) 身体障害者福祉法指定医 医学博士(骨格筋由来造血幹細胞の研究) 京都府立医科大学臨床准教授 福井大学医学部学部臨床教授 子どもや家族の立場になって考えられる小児科医でありたいと思います 顧問(非常勤・産婦人科) 山本 宝(やまもと たから) 昭和49年京都府立医科大学医学部卒業。 昭和54年~57年米国留学。 昭和57年京都府立医大大学院修了。 (博士号取得) 平成7年~京都府立医大産婦人科助教授。 平成11年~京都府立医大付属病院産科臨床部長。 平成12年~福井愛育病院副院長就任。 平成20年4月より福井愛育病院病院長。 平成30年6月より顧問。 京都府立医大臨床教授(客員講師) 福井大学医学部臨床教授(客員講師) 日本産科婦人科学会専門医 日本女性医学学会認定医 女性ヘルスケア専門医 産婦人科指導医 女性ヘルスケア指導医 日本周産期新生児学会暫定指導医 日本医師会認定産業医 母体保護法指定医 「個々の患者さんに十分納得していただけるような診療を心がけています。 心配なことや悩みがあればいつでも気軽に声をかけて下さい。

次の

愛育病院:病院の沿革〔病院のご案内〕

愛育 小児科

お知らせ 日本小児科医会の警告:2歳未満にマスクは不要、むしろ危険 [2020. 31更新] 新型コロナウイルスの感染予防でマスク着用が広がる中、日本小児科医会は5月25日、「2歳未満のマスクは不要で、むしろ危険である」とする保護者向けの警告文書を公表しました。 理由として、乳児は気道が狭く、肺機能も未発達のため、マスクで呼吸がしにくくなり、肺や心臓に負担がかかるためとしています。 したがってマスクそのものによる窒息のほか、嘔吐に気づかずにのどに詰まらせる危険もあります。 さらにマスクに顔が覆われると唇やほほの色、表情などが確認できず、体調の変化に気づくのが遅れる可能性もあり、熱がこもって、熱中症になりやすくなることも考えられています。 このような警告は、日本小児科医会だけでなく米国小児科学会などの学術団体からも「2歳未満のマスク着用は危険」として発表されています。 以上より、マスク着用は2歳未満のお子さんには危険と考えられますので、強制しないことが大切です。 当院の新型コロナウイルス感染防止対策について [2020. 31更新] 警戒宣言が解除されましたが、当院では引き続いて以下の感染防止策で対応いたしますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。 1 成人発熱者の受診制限、 2 完全予約制で過密化の防止、 3 予防接種と健診は時間帯を設けて、病気の患者さんとの接触を回避、 4 12の窓で定期的に換気、 5 マスク・シールドで飛沫感染の抑制に努めます、 令和2年6月土曜日の診療担当医 [2020. 31更新] 6日 門井医師、 13日 多田医師、 20日 門井医師、 27日 多田医師、 電話診療でご了解いただきたいこと [2020. 11更新] 当院では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、特例として電話診療をおこなっております。 しかし、ご本人確認のための保険証・乳児医療証を拝見すること、および処方箋の受け取り、診療費のお支払いは省略できませんので、一度は保護者様にご来院いただくことになります。 この点を是非ともご了解いただきますようよろしくお願い申し上げます。 健診・ワクチンは通常通り受けましょう!「ワクチンデビューは2か月のお誕生日から!」 [2020. 19更新] 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、ウイルスをうつされることを心配されていることと存じます。 当院では、時間的隔離(一般診療時間と健診・予防接種の時間帯を別にしています)と空間的隔離(健診待合室と一般診療待合室を別にしています)で感染防止に対応しております。 赤ちゃんのワクチンは病気にかかりやすくなる生後5~6か月前までに合計3回の接種を済ませておくことが大切です。 そのためには「ワクチンデビューは2か月のお誕生日から!」、2か月になったらすぐにワクチンをお受けになるようお勧めいたします。 当院で行っている治療 「 予防は治療よりも優れている(Prevention is better than cure)」をモットーに、予防接種や健診に力を注いでいます。 生後2か月からの予防接種 病気のお子さんと接触して病気をうつされることがないように、予防接種専用待合室や接種時間帯を設けています。 同時接種後の発熱出現頻度検討済みです。 健診(1か月健診、8~10か月健診、1歳半健診) このほか、新生児聴覚スクリーニング検査、臍ヘルニアの綿球圧迫療法、弱視検査、かかりつけ医登録、などを特色としています。 詳細は、、をご覧ください。 交通案内.

次の

愛育こどもクリニック

愛育 小児科

Information • 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2016. 2016. 2016.

次の