アギルダー 育成論。 アギルダー育成論

【ポケモン剣盾】キリキザンの育成論と対策

アギルダー 育成論

テッカニンには及ばないが、マルマインをも超える145という素早さ種族値の持ち主です。 これは凄く速いということはほとんどの方が実感できると思います。 しかし耐久は水準以下、火力も微妙といったところ。 しかしアギルダーはこの素早さのおかげで、耐久がなくとも役割を持つことができます。 それはとある技によるもの・・・ずばり アンコールです。 ほぼ全てのポケモンから先手をとれるという恐ろしいアンコールがアギルダーの採用理由であると言えるでしょう。 かつてはゴウカザルやワタッコなどが同じようにアンコールを主軸に採用されてきました。 しかしながら、アギルダーよりも素早いアンコ使いが存在します。 みなさん御存じの 悪戯心エルフーンです。 エルフーンは今作においてかなりの強ポケの部類に入ります。 アンコを役割とするポケモンはほとんど、エルフーンとの差別化を図らなければならないくらいでしょう。 アギルダーの差別化要素は、 相手からの挑発・アンコに強い、且つ他のアンコ使いよりも速いが主になるかと思います。 とはいえ、火力は微妙であると前述しました。 それではせっかくアンコを使えても、まともな負担すらかけられないのではパーティのお荷物です。 そこで注目したのが、今作からの新技である アシッドボムという技です。 アシッドボムは、低威力の毒タイプ技ですが、追加効果は 100%の確率で相手の特防ランクを2段階下げるというなかなか優秀なもの。 火力増強の積み技を覚えませんが、これのおかげである程度は火力不足が解消されます。 気をつけることはただでさえ誘いやすい鋼が毒技を無効化することです。 磁力ジバコを入れたりするのがいいでしょうが、やはり見せ合い63であらかじめパーティを確認しながら使うのが一番安定です。 能力値や努力値などを表すHP,攻撃,防御,特攻,特防,素早さをH,A,B,C,D,Sと表記させていただきます。 文脈からでもどうしてもわからない表記があれば申し出てください。 個体値は互いに、理想の状態を前提にします。 技について 既に挙げたアンコールとアシッドボムは、今回は確定であることを前提に話を進めていきます。 残り枠にはメインウェポンとサブウェポンを入れるのが基本的な構成になります。 ウェポンの範囲がせまいため、どうしても全てに対応できる構成は無理であることを前提に見てください。 対応範囲を広く浅くするくらいなら、アシッドボムを利用して狭く深くするというのが今回のコンセプトですので。 それにしても枠足りないなぁ。 とりあえず確定技の説明を再度し、その下に候補技を挙げます。 ダメージ計算は臆病C252振りの珠持ちで行います。 現段階ではあくまでも参考数値なので、目安程度にしてください。 アンコール この技がこのポケモンの採用理由と言っても過言ではありません。 ポケモンというゲームの対戦において無償ターンを得るというのは、勝敗に関してかなり有利になることです。 相手の補助技を読んで繰り出し、縛ります。 ただ、耐久や耐性から考えると、攻撃技を撃たれたらかなり厳しいため、とてもシビアです。 主に縛りに行きやすいのは身代わり,アンコ,挑発,自己再生,剣舞,調整竜舞などでしょうか。 脅威の悪戯心エルフーンをも流すことができます。 アシッドボム 先に言った通り、相手の特防を半分にする技です。 相手の特防が半分ということは、特殊技で与えるダメージが約2倍になるということです。 アンコからの交代読みで撃つことで、後ろに控えていた相手を突破しやすくします。 とはいえ、相手も確2程度の耐久、耐性のポケモンを出してくるはずもないので、1サイクル目から自身が抜く目的で使うことはまずないでしょう。 誘いやすい鋼に無効であるため、即決で撃てるような一貫性はありません。 鋼が来ると思ったら他の行動を選びましょう。 ボーマンダ:2割ほど ウルガモス:2割以下 Dカビゴン:1割未満• むしのさざめき タイプ一致で習得技の中で一番指数も高い(破壊光線は当然除外)のでメインウェポンです。 確定技としては挙げませんでしたが、よほどの理由がない限りは不採用にはできません。 Hサザンドラ:乱1 ラティオス:確1 Hメタグロス:乱2 ボーマンダ:3割ほど ウルガモス:3割未満 Dカビゴン:3割ほど Dハピナス:2割以下• きあいだま 主に鋼に対して撃つ技です。 習得可能なサブウェポンの中では優秀な方です。 Hエアームド:確2 HDナットレイ:確2 HDハッサム:4割ほど Hヒードラン:確2 Hギギギアル:確1 Dハピナス:3割ほど• めざめるパワー 粘るのは大変ですが、特定の相手をメタるためにはあると便利な技。 タイプは環境に合わせていくべきだと思います。 主に氷,岩,炎,電など。 ここまで速ければほとんど関係ないかもしれませんが、最速にできないタイプには注意です。 4倍 ボーマンダ:確1 HDハッサム:確1 Hギャラドス:乱1 ウルガモス:確1 2倍 Hシャンデラ:確2 ボーマンダ:確2 Hギャラドス:乱2• とんぼがえり 流し際に撃つことで、味方を補助することができ、受けに来た相手へわずかながらもダメ蓄積をします。 採用する場合は性格をせっかちや無邪気にするというのもありかもしれません。 ハピナス:3割ほど• あくび アンコで流したあと、当然相手はこいつを受けることができるポケモンを出してきます。 そこですかさず欠伸をぶつけることで、アギルダーを受けれる相手を流すことによって、より有利な状況をつくることが出来ます。 ダメージ計算の対象で、載せておくべき相手がいれば教えてください。 他の技は、いまいちこの型に合わないと判断したため、候補には挙げませんでした。 どうしても候補に挙がるべきだという技があれば、吟味したうえで載せます。 一応実用性はあるけど候補外と判断した技とその理由を述べておきます。 ・ヘドロばくだん 撃つ相手が見当たりません。 ・みがわり 技スペースの関係で、この型には合いません。 ヤタピなどを持たせた、身代わり主体の型で採用することを推奨します。 ・じこさいせい 元が紙耐久なので、回復してもほとんど意味がありません。 枠とターンの無駄です。 ウェポンの範囲が狭いため、対応できない範囲が広いです。 アギルダーを採用する以上は宿命かもしれません。 それをできる限り無くそうとし、負担をかける構成にするとこうなるのだと私は思い、投稿させていただきました。 運用法の結論としては 補助技を読んで繰り出し、アンコで縛って、交代読みで技を当てる ですね。 アシッドボムを有効活用することがカギです。 短い育成論でしたが以上で終わります。 指摘、批判や感想などがありましたらコメントよろしくお願いします。 アンコ使いは差別化が難しい環境となってしまいましたね。 草技は考えたのですが、刺さる相手が出てくるかが微妙です。 ちなみにD振りドサイも同じく上の流れで確1、ついでにH振りスイクンは乱1。 草技の需要については考えてみますが、枠の都合もありますしね。 せっかくのご提案ですが、申し訳ないです。 しかしこの型ではアンコとアシッドは要ですので、この二つを抜くと型が変わってしまうため、身代わりは入れる枠がありません。 今既に候補に挙がっている蜻蛉や欠伸ですら、採用はなかなか厳しいくらい補助技枠が足らずな型ですので、現時点では私は身代わりは採用し難い技だと思っています。 せっかくのご提案ですが、申し訳ないです。 もし私の考え足らずでしたら再度申してください。 もしよろしければ、身代わりを活用した型を、ご自身がご投稿なさってはいかがでしょうか。 鋼を強く意識する場合は安定性があり、ヤタピ(今は正規入手不可でしたっけ?)なんかを持たせれば終盤の活躍も見込めるため、そちらの型も有用性があり、この型としても比較できる型が投稿されていれば助かりますし。 最近登録したので評価入れさせてもらいました。 これからも、良い育成論を期待しています。 鋼の存在を除けば交代読みのリスクがかなり軽減されますし、一見突破できなさそうな相手を突破できるようになるので、決まったときは爽快です。 アシッドを撃ったあとは、自身で抜く必要も無く、交代して味方の補助としての機能を果たすこともできますし。 遺伝に関しては、卵グループが同じでアンコを覚える奴から適当に遺伝させてやればいいと思います。 できる限り良質の育成論を提供できるように頑張ります。 めざ氷を入れる場合は鋼に気をつけてください。 まあ発言からして規約を読んでない、 (または全く覚えてない)のは丸わかりですが。 初心者歓迎だからといって、場違いな場所で質問してもいいだとか ある程度の事は許されると受け取れますが、 初心者っていう単語は免罪符じゃないんですよ? だいたいポケモン図鑑の詳細検索を使ったりググるだけで 出てくる事をいちいち他人に聞くことが間違いですしね。 >0 全く同じ型を使用しています。 某格ゲーでの使用キャラに酷似していてお気に入りです。 コメント投稿者本人がコメント削除したようなので、 の上のコメはお気にせずに。 高評価ありがとうございます。 まぁ、多少なりとも蓄積させているアシッドボムの方がいいとは思いますけどね。 つまらない否定コメばっか残すのやめましょうよ。

次の

アギルダー育成論

アギルダー 育成論

全国 No. 617 イッシュ No. 123 アギルダー 分類 : からぬけポケモン タイプ : むし 高さ : 0. 8 m 重さ : 25. ねんちゃく 相手に持っているどうぐを奪われない。 手持ちの先頭にいると、釣りでポケモンを釣りやすくなる。 隠れ特性 夢特性 かるわざ 持っているどうぐがなくなると、素早さのステータスが2倍になる。 アギルダーのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 アギルダーの特徴 【良いところ】• 素早さ種族値が145ととても高く、多くの相手に先手をとれます。 高めの特攻を生かし、バトル終盤の抜きに期待できます。 素早さが高くバトル終盤に活躍できる特殊エースとしては、他にスターミーやラティオスなどが挙げられます。 アギルダーは素早さが高く「むしのさざめき」により弱点を突けるため、終盤でのスターミーやラティオスとのタイマンに強いです。 「アンコール」を習得できます。 相手の「みがわり」・積み技読みで繰り出し、次のターンに先手で技を縛ることでコンボ封じができます。 アギルダーは素早さが高く、先手をほぼ確実にとれるため相性が良い技です。 タイプ耐性を生かした交代出しはできませんが、相手の「みがわり」・積み技読みでの交代出しができます。 耐久がないため、補助技読みで出したターンに読み外して攻撃技を受けると辛いです。 繰り出しには危険が伴う点に注意。 【悪いところ】• タイプ耐性が少ないです。 地面・格闘といった物理攻撃を主とするタイプに耐性がありますが、防御が低いためこれらの相手への交代出しは厳しいです。 特にラグラージなどが使う「じしん」への繰り出しを重視するなら、より耐久が安定したヘラクロスの方が向いています。 技のバリエーションが少なく、有用なサブウェポンに欠けます。 「めざめるパワー」のタイプを選ぶことにより一部の相手は対策できますが、どのタイプを選んでも対応できない相手は存在します。 対応できない相手はパーティで対策しておくことが必要です。 「アンコール」によるコンボ封じができますが、他の「アンコール」使いとしてはエルフーンが挙げられます。 エルフーンは特性「いたずらごころ」により、素早さに関わらず先制で「アンコール」が使える点でアギルダーに勝ります。 単に「アンコール」によるコンボ封じとして見た場合、アギルダーはエルフーンの劣化です。 高い素早さからの「アンコール」だけをアギルダーの採用理由にするのではなく、器用な動きができるアタッカーとして使うことになります。 素早さは、マルマイン抜き調整のポケモンを抜けるおくびょう最速がオススメです。 物理技の「とんぼがえり」を使うなら、性格をむじゃきとしてもよいです。 防御に振って地面技に繰り出すこともできますが、防御にかなりの努力値を要求されるので素早さを生かせなくなってしまいます。 いのちのたま : バトル終盤の抜き性能を高める「いのちのたま」がオススメです。 たまむしプレート : 「いのちのたま」が他の味方に使われているときの候補です。 むしのさざめき : メインウェポンです。 きあいだま : 「むしのさざめき」に耐性がある鋼タイプへのです。 バトル終盤におけるガブリアスとの撃ち合いにも役立ちます。 また、ボーマンダ・ギャラドスなど飛行タイプとシャンデラをまとめて対策できます。 炎タイプを選択すると、ボーマンダやシャンデラなどの強力な相手をいずれも牽制できなくなるのが辛いです。 アンコール : 相手の「みがわり」や積み技読みで繰り出し、次のターンの先手「アンコール」で技を縛ります。 コンボ封じになるだけでなく、アギルダーを繰り出すチャンスを増やすことに繋がります。 いのちがけ : 味方の後続が苦手な相手に大ダメージを与えますが、この技を使うにはこちらのHPが十分に残っている必要があります。 読み外すと不利な一対一交換を強いられます。 みがわり : 交代読みで使い、交代先の相手を見てから攻撃技を選択できます。 ハッサムなどの対処不可能な相手が出て来ると、HPを削っただけ無駄になってしまう点に注意。 とんぼがえり : 交代読みで使い、交代先の相手を確認してからこちらも交代できます。 タイプ一致である点も評価できます。 繰り出しにくいポケモンなので、自らバトルから引くこの技は本来相性が悪いです。 あくび : 交代読みで様々な相手を牽制できます。 バトル終盤までに苦手な相手を確定圏内に入れておけるなら必要ありません。 役割関係.

次の

アギルダーの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略モバイル

アギルダー 育成論

アギルダーの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 80 70 40 100 60 145 タイプ タイプ1 タイプ2 むし なし 特性 うるおいボディ 雨が降っているとき、ターンの最初に状態異常が治る ねんちゃく 道具を取られなくなる かるわざ(夢特性) 持っている道具が無くなると素早さが2倍になる 解説 まず真っ先に目を引くのが 素早さ種族値145という冗談のような速さ。 環境トップクラスの強豪であるドラパルトをも素で抜けると言えばそのすさまじさがわかるかと。 その上さらに かるわざもあるので、最終的な素早さは かそくを積んだテッカニン以外の誰よりも速くなります。 この素早さを最大限に生かし、 速攻を仕掛けたり先制で補助技を使っての妨害がメイン戦術になります。 HPも低くなく、HP全振りの最速アギルダーがいのちがけを使えば 耐久型以外は大体一撃で落とせるくらいです。 反面、特攻は100と 特殊アタッカーの割に高くなく、一致技も むしのさざめきが最高火力となるなど火力不足に悩まされることも多いでしょう。 なお、ドラパルトは確かに抜けるものの、 主な攻撃技が通らないので実質妨害しかできないというのが悲しい…。 育成論 かるわざアタッカー型 努力値 HP:116(実数値170) 特攻:252(実数値152) 素早さ:140(実数値201) 技構成 解説 じゃくてんほけんと特性で火力と素早さを一気に高めて全抜きを狙う型です。 アギルダーの弱点である火力の不足。 これを じゃくてんほけんの効果で補い、さらに かるわざで素早さも大きく上昇。 これでほとんどの相手に 上から特殊技で叩き潰せるようになります。 また、 弱点タイプの技を受ける必要があるので、少しでも耐えられる可能性を上げるためにHPにも努力値を振りましょう。 振る量は素早さを調整して、その余りを使います。 最速130族(素早さ種族値130)を素で抜ければ十分かと。 技構成は むしのさざめきを主力に、相性補完ができる特殊技を2つ入れて攻撃範囲を広げましょう。 今回は きあいだまと ギガドレインを使います。 また、相手が補助技を使って迎え撃とうとしてくるなら、 アンコールを使って補助技しかできなくすれば大きな隙を作れるので、その間に叩くのが有効です。 ただし、弱点タイプの技を相手が使ってくれなければ その時点でコンセプトが破綻します。 総じて強力な型ですが、 相手に依存するせいで安定してくれないというのが最大の弱点です。 実演してみた では、このアギルダーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 トゲキッスとドラパルトが厳しいですが、トゲキッスの方はもしかしたら弱点を突いてくれるかも…? 対戦、よろしくお願いします。 今回は途中参戦。 サーナイトがトゲキッスにやられた時からの登場です。 サーナイトがトゲキッスを削ってくれたおかげで、今なら出たばかりのアギルダーでも相手できるかと。 目論見通り、エアスラッシュで 弱点を突いてくれました。 技そのものの威力が大したことが無いのも相まって、生き残りつつ じゃくてんほけんでの火力上昇が発生。 てんのめぐみ+エアスラッシュで動きを封じるのはトゲキッスの常套手段ですが、今はそのおかげで アギルダーをコンセプト通り動かせます。 また、アギルダーは一致技の威力が低めという弱点もありますが、 じゃくてんほけんでの上昇分だけで十分すぎるカバーができます。 さらに、メインウェポンの むしのさざめきベースのダイワームなら他の大技並みに威力が出るので、ダイマックス中なら技威力の不足も解決。 かるわざでの加速分も入れることで、 特攻300超え・素早さ400超え・技威力130の化け物特殊アタッカーに仕上がります。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 全ポケモン屈指の素早さを持つポケモン、アギルダーの育成論でした。 飛び抜けて高い素早さは 使い道も多く、それを活かせる技も色々と持っています。 火力不足さえ 解決 できれば、きっと活躍してくれるでしょう。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の