東京ディズニーランドホテル。 4大ディズニーホテル徹底比較!料金は?おすすめは?予約裏ワザも! | イチオシらぼ

東京ディズニーリゾート® ホテル宿泊予約│近畿日本ツーリスト

東京ディズニーランドホテル

車の場合 首都高速湾岸線利用「浦安出口」から約5分• 電車の場合 東京駅からJR京葉線・武蔵野線で約15分「舞浜駅 南口)」下車 東京メトロ東西線「浦安駅」からバスに乗り換え約25分• ・ページ内の情報は掲載時点のものです。 現在の状況とは異なる場合がございますので予めご了承ください。 ・東京ディズニーリゾート内施設及びパーク内のアトラクションやエンターテイメント、その他の施設が予告なく休止、または休園及び運営時間が変更となる場合があります。 事前に東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトをご確認ください。 ・掲載内容は最新の情報と異なる場合がございますので、ご予約の前に各予約サイトまたはオフィシャルサイトにて内容をご確認ください。 ・各ホテルのチェックイン、チェックアウトの時間はプランによって異なる場合がございます。 ・掲載施設が予告なく休館する場合があります。 ご予約の際は予約サイトまたはオフィシャルサイトをご確認ください。 また、早期予約を利用すればさらにお得になります。 人気のプランを格安で予約したいなら、お正月明けの1月上旬~2月、GW明けの5月上旬~6月などのオフシーズンがおすすめです。 0~3歳までのお子さまも安心な「ベビーズスイート」、4~6歳向けの「キディスイート」など、子育てママの声から生まれたコンセプトルームが人気です。 それぞれ宿泊者特典が異なり、当日の過ごし方に合わせて様々なホテルから選べます。

次の

最安値で人気のディズニーホテルを予約!【HIS旅プロ|東京ディズニーランドホテル宿泊予約】

東京ディズニーランドホテル

ディズニー公式の4大ディズニーホテルは、一度は泊まってみたいホテルとして全国のホテルランキングでも常に上位にいます。 どこも大人気で中々予約が取れないですが、それぞれの特徴や料金などは意外と知らない方も多いんです。 ここでは、 4大ディズニーホテルを徹底比較し、設備や部屋、料金のほかイチ押しのポイントをまとめてお伝えしていきます。 また、予約がどうしても取れないときの裏ワザもあわせて紹介。 ディズニーホテルを選ぶ時にぜひ参考にしてください。 それでは早速みていきましょう。 4大ディズニーホテルを徹底比較! 4大ディズニーホテルとは… ・ディズニーランドホテル ・アンバサダーホテル ・ホテルミラコスタ ・ディズニーセレブレーションホテル ディズニーランドに行ったら、一度は泊まってみたいホテルとして大人気です。 この4大ディズニーホテルを徹底して比較してみましたので、特徴やポイントなどそれぞれ見ていきましょう。 ディズニーランドホテルの特徴は? は3番目にできた比較的新しいホテルで、ミラコスタとアンバサダーの改善点を踏まえた上でつくられているので、作り物一つ一つにこだわりがあり、ショップひとつとっても気の利いた品揃えになっています。 部屋 ファミリー向けにつくられたこともあり、4名利用の部屋の数が豊富です。 家族で泊まってもゆったりできるのが特徴です。 設備 バスルームの天井に設置されたレインシャワーが心地いいですよ。 これ一度使ったらハマります! また、コインランドリーが併設されているのは、ディズニーランドホテルのみです。 お子さんがパーク内で汚してしまった服も洗えるので安心ですよ。 24時間営業のコンビニエンスストアもありますし、大型のお土産ショップもあるので、ゆっくりお土産選びができるのもおすすめポイントです。 料金 スーペリアルーム(ツイン) 37,000円〜 スーペリアアルコーヴルーム(4名部屋)40,100円〜 ポイント ファミリー向けの4名部屋が多いので家族で泊まるなら迷わずがおすすめです。 直近のディズニーランドとの行き来もしやすく、ホテル内のショップには、ベビー用品や日用品が充実していますよ。 アンバサダーホテルの特徴は? の特徴を一言でいうと、ゆっくり泊まれるホテルです。 部屋 ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック好きなら迷わずキャラクタールームを選びましょう。 その部屋以外でも、随所にディズニーキャラクターのモチーフがあるので、泊まっていて楽しいですよ。 設備 日用品やお菓子を販売するショップが入っているので、何か持ってくるのを忘れた場合でも安心です。 また、イクスピアリがすぐ近くにあるので、夜食事するときも充実したグルメ楽しむことができますよ。 料金 スタンダードルーム(3名)30,000円〜 ミッキーマウスルーム(3名)58,700円〜 アナ雪ルーム(3名)51,300円〜 アナ雪ルームは、ディズニーアンバサダーホテルに期間限定で登場し、絶大な人気を呼んだスペシャルルームです。 部屋は予約開始後すぐに予約が埋まってしまうので、受付開始と同時に電話をかけまくりましょう。 朝食時にシェフミッキーに行ける宿泊者特典がついているのもポイントです。 ホテルらしいホテルなので、ゆっくり泊まりたい方におすすめです。 ホテルミラコスタの特徴は? ディズニーシーと一体型の高級ホテルがです。 部屋 部屋の内装はディズニーシーの雰囲気そのままで、外国に来た気分になります。 パーク側に面した部屋から見る景観は、まさに文句なしです。 ホテルからショーが楽しめるのもうれしいポイントです。 設備 ミラコスタ内のレストランでコースメニューを利用すれば、ハーバーショーが一望できます。 ただ注意点として、館内には夜飲食できるお店や24時間営業のコンビニエンスストアが無いのが残念です。 料金 スーペリアルーム(3名)36,000円〜 ミッキールーム(3名)46,000円〜 スーペリアルルーム(ハーバービュー3名)57,600円〜 ポイント は、パーク内にあり立地面は文句なしで最高です。 専用ゲートを使って15分前にパーク内に入園が可能です。 ディズニーシに自由に出入りできるので、お子さんが疲れた時など、気軽に部屋で休憩できるのがポイントです。 ディズニーセレブレーションホテルの特徴は? 2016年6月オープンののコンセプトはシンプルです。 料金も他のディズニーホテルよりリーズナブルで使いやすいです。 部屋 スタンダードルームが4名部屋なので使いやすいのが特徴です。 シンプルで機能的なので、ワンランク上のビジネスホテルのような客室です。 設備 24時間営業のコンビニエンスストアも完備されていますし、館内のお土産ショップは品揃えが豊富です。 お土産の買い物はパーク内ではなく、ホテル内で十分といえるほどですよ。 料金 スタンダードルーム(4名)23,000円〜 トリプルルーム(3名)26,000円〜 クインテットルーム(5名)33,000円〜 ポイント は、 4大ディズニーホテルの中で、最も手頃な料金で利用できます。 15分前入園特典もついてきます。 パークへの直通バスも運行されているので安心ですよ。 予約がどうしても取れないときの裏ワザ! 4大ディズニーホテルは大人気なので、長期の休みや週末は中々予約がとれません。 そんな時に活用したい裏ワザを紹介します。 それは、 旅行代理店に問い合わせしてみることです。 旅行代理店では一定の部屋を確保していることもあり、もしかしたら予約できる可能性があります。 電話予約は半年前の午前9時からなので、8時59分から9時の間に電話をかけるという技もありますが、これ中々予約とれません。 インターネット予約も同じです。 なので、どうしようもなくなったら旅行代理店に問い合わせしてみてください。 空いている可能性もあるので、あきらめずにトライしてみましょう。 こちらのサイトからも予約できるので参考にしてください。 4つのホテルともに特徴がわかれているので、目的に応じて選んでみましょう。 個人的にはディズニーランドホテルが最もおすすめです。 利便性抜群なのに加え、コインランドリーや充実のお土産ショップ、24時間営業のコンビニもあり安心して利用できます。 ミラコスタ、アンバサダーの改善点をしっかり踏まえて建てられているので、イチ押しのホテルですよ。

次の

東京ディズニーランド(R)ホテル

東京ディズニーランドホテル

ミッキーマウスルーム(アンバサダーホテル) ディズニーホテルとは、東京ディズニーリゾートが運営するホテルのことです。 ディズニーパークから帰ってきた後も、ホテルの中はディズニーの魔法の空間! ディズニー好きには、たまらないホテルです。 ・ ディズニーホテルには、2種類のタイプがあります。 ディズニーホテルのタイプ 【デラックスタイプ】 ・ディズニーアンバサダーホテル ・東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ ・東京ディズニーランドホテル 【バリュータイプ】 ・ディズニーセレブレーションホテル ディズニーホテルの宿泊者限定特典 ディズニーホテルの宿泊者には、ディズニーランドやディズニーシーをより楽しむための特典がついてきます! 宿泊者限定の特典をご紹介していきますね。 デラックスタイプもバリュータイプも受けられる特典 ・入場制限がかかっていても安心の入園保証 ・ハッピー15エントリー 宿泊翌日のパークに15分前入園 ・プライオリティシーティング パークやホテルのレストラン事前予約 の特別枠 ・パークへの移動が楽になる、便利なシャトルバスとモノレール また、デラックスタイプの宿泊者は、バリュータイプよりも多くの宿泊者限定の特典が受けられます。 デラックスタイプのみの特典 ・舞浜駅前での荷預かりとホテルへのお届け ・パーク内ショップで買ったお土産品をホテルへお届け 4つディズニーホテルを徹底して比較してみましたので、特徴やポイントなどそれぞれ見ていきましょう。 ディズニーアンバサダーホテル ミニーマウスルーム(アンバサダーホテル)のベッド ディズニーアンバサダーホテルのおすすめポイントを3つ紹介します。 ・ミッキーマウスルーム ・ミニーマウスルーム ・ドナルドダックルーム ・チップとデールルーム ・スティッチルーム ディズニーランドやディズニーシーを退園したあとも、ディズニーのキャラクターに囲まれた時間を過ごせるお部屋になっているんです。 ホテルに用意されているアメニティも、もちろんミッキーデザイン! かわいいアメニティは、すべて持ち帰ることができますよ。 さらに、ホテルのエレベーター内の案内音声は、ミッキーがしてくれます! ランドやシーに向かうシャトルバスにもミッキーがデザインされています。 そのため、両パークのエントランスまで歩こうとすると時間がかかります。 荷物が多い場合は大変ですよね。 しかし、ホテルと両パークを行き来する無料シャトルバスが通っているので、ぜひ利用しましょう。 ホテル内にはミッキーデザインがあふれているため、中の景色でディズニー感を味わいましょう。 魅力的なお部屋の中から、お好きな雰囲気を選べるのがおすすめポイントです。 ディズニーシーの人気アトラクションの1つ、「ヴェネチアン・ゴンドラ」が渡河する様子が部屋からのぞける、ロマンチックな雰囲気になっています。 ヨーロッパの趣のある部屋ですが、ディズニーが大人かわいくデザインされています。 1番の注意点は、予約がとりづらいことです。 さらに、シーに大々的に面しているポルト・パラディーゾ・サイドはとても人気なので予約はすぐに埋まってしまうのが難点! 予約はお早めにしておきましょう。 客室のタイプのによってグレードや値段の違いはありますが、総じてミラコスタは値段が高いと言えるでしょう。 特に小さいお子様連れの方など、急なお買い物が必要になったとき、利用できるお店が近くにないのは不便ですね。 ディズニーランドホテルは、デラックスタイプの中で最も新しいホテルになります。 そのため、見た目のきれいさはもちろん、利便性にも優れたホテルです。 コインランドリーが設備されているのも、ディズニーランドホテルだけなのです。 位置的には、ほぼ敷地内です。 ディズニーランドが閉園しても、醒めない夢を見続けられますね。 さらに、モノレールも使いやすい位置にあるため、ディズニーシーまでの行き来も楽ちんです。 比較的予約が取りやすく、キャラクタールームも多種多様なラインナップです。 ビビディ・バビディ・ブティックは、プリンセスに変身できるお子様向けのビューティー・サロンです。 お好きなプリンセスのドレスを着て、お子様にとって魔法のような1日が過ごせます。 デザインもシンプルで機能的です。 上記の3つのホテルが、ホテル自体を満喫できるデラックスタイプなのに対し、セレブレーションホテルはホスピタリティを最低限に抑えています。 そのため、ディズニーホテルの中でもかなり安く宿泊することができます。 4つのディズニーホテルの中で最安でありながら、デラックスタイプとほぼ同じような宿泊者特典を受けられるのがおすすめポイントです。 急な買い物や夜お腹が減ってしまったとき、コンビニがあるのはとても便利ですよね。 さらに、品揃えが豊富な館内のお土産ショップもあります。 値段を抑えたホテルなので、記念になるアメニティなどが少ないです。 そのため、パークからシャトルバス(無料)で20分ほどかかってしまいます。 渋滞にはまるともう少しかかりますね。 しかし、セレブレーションホテルのアメニティは持ち帰り可能グッズが少なめとなっています。 1つのホテルにもお部屋のタイプがさまざまですから、迷ってしまいますよね。 今回、4つのディズニーホテルを比較してみて、以下のような目安が考えられました。 ミッキー好きでディズニー感を楽しみたいファミリーには、アンバサダーホテル。 記念日など特別な日のために泊まりたいのは、ミラコスタ。 両パーク楽しみたくて好きな映画の世界を堪能したいのなら、ディズニーランドホテル。 ホテルの出費を抑えてパークで思い切り楽しみたい方には、セレブレーションホテル。 どのディズニーホテルが良いか迷っている方の判断基準としてこの記事が役に立てば幸いです。

次の