新潟 経営 大学 サッカー 部。 新潟経営大学が2020年新入部員を発表

新潟経営大学

新潟 経営 大学 サッカー 部

人間教育を第一に、さらなる競技力向上と指導者育成を目指す 元アルビレックス新潟強化部長 神田 勝夫 ゼネラルマネージャー(健康スポーツ学科教授)、元Jリーグ名古屋グランパス選手の秋山 隆之 部長(健康スポーツ学科准教授)、そして元桐光学園監督および中国のプロチームを率いた実績をもつ佐熊 裕和監督のもと、アルビレックス新潟をはじめ、地域スポーツと連携した新しいかたちのチーム強化、選手・指導者育成に取り組んでいます。 現在、北信越大学サッカーリーグ1部、北信越フットボールリーグ1部に所属し、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント出場、全日本大学サッカー選手権大会出場でのベスト4、JFL昇格、全国社会人サッカー選手権大会での上位進出を目指しています。 4月 北信越大学サッカーリーグ、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会、北信越フットボールリーグ 5月 北信越大学サッカーリーグ、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会、天皇杯、北信越フットボールリーグ、全国社会人サッカー選手権新潟県決勝大会、新潟県サッカースーパーリーグ 6月 北信越大学サッカーリーグ、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会、天皇杯、北信越フットボールリーグ、全国社会人サッカー選手権新潟県決勝大会、新潟県サッカースーパーリーグ 7月 北信越大学サッカーリーグ、北信越フットボールリーグ、新潟県サッカースーパーリーグ 8月 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント、北信越フットボールリーグ、インディペンデンスリーグ信越地区予選リーグ 9月 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント、北信越大学サッカーリーグ、インディペンデンスリーグ信越地区予選リーグ、北信越フットボールリーグ 10月 北信越大学サッカーリーグ、インディペンデンスリーグ信越地区予選リーグ・北信越代表決定戦 11月 北信越大学サッカーリーグ、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会 12月 全日本大学サッカー選手権大会、全日本大学サッカー新人戦大会、強化試合(Jリーグチーム) 1月 自主練習期間、通常練習(大学体育館・トレーニングセンター・アルビレッジでの活動) 2月 通常練習(大学体育館・トレーニングセンター・アルビレッジでの活動)、関東遠征 3月 通常練習(トレーニングセンター・アルビレッジでの活動)、関東遠征、強化試合(Jリーグチーム)• 第47回 北信越大学サッカーリーグ1部 優勝(3年連続5回目)• 第47回 北信越大学サッカーリーグ1部 ベストイレブン・MVP 選出• 第68回 全日本大学サッカー選手権大会 ベスト16• 第43回 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 北信越大会 優勝(2年連続4回目)• 第43回 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 全国大会 出場• 2019新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯 第24回 新潟県サッカー選手権大会 ~県代表決定戦~ 優勝(4年連続4回目)• 第99回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 出場• 第45回 北信越フットボールリーグ2部優勝• 第55回 全国社会人サッカー選手権大会 出場 2018年度 新潟聖籠スポーツセンター・アルビレッジ(サッカー部練習協力施設) 新潟聖籠スポーツセンター(通称:アルビレッジ)は、2002年FIFAワールドカップ日韓共催大会の開催を記念して整備された総合型スポーツ施設です。 天然芝ピッチを3面、日本サッカー協会公認のロングパイル人工芝ピッチを3面(夜間照明有り)、屋根付きフットサルピッチ(人工芝)1面を有し、良質なプレー環境での練習が可能です。 また、クラブハウスには、フィットネスジムも完備し、フィジカルトレーニングも行えます。 トレーニングセンターには、ランニングマシン、自転車エルゴメーターなどの有酸素系のトレーニングマシン、各種筋力トレーニングマシンやフリーウェイト等による筋力・パワー系のトレーニングマシン、その他調整力やバランス等のトレーニングのための用具等が準備されています。

次の

-チームデータ- '09経大FC

新潟 経営 大学 サッカー 部

人間教育を第一に、さらなる競技力向上と指導者育成を目指す 元アルビレックス新潟強化部長 神田 勝夫 ゼネラルマネージャー(健康スポーツ学科教授)、元Jリーグ名古屋グランパス選手の秋山 隆之 部長(健康スポーツ学科准教授)、そして元桐光学園監督および中国のプロチームを率いた実績をもつ佐熊 裕和監督のもと、アルビレックス新潟をはじめ、地域スポーツと連携した新しいかたちのチーム強化、選手・指導者育成に取り組んでいます。 現在、北信越大学サッカーリーグ1部、北信越フットボールリーグ1部に所属し、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント出場、全日本大学サッカー選手権大会出場でのベスト4、JFL昇格、全国社会人サッカー選手権大会での上位進出を目指しています。 4月 北信越大学サッカーリーグ、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会、北信越フットボールリーグ 5月 北信越大学サッカーリーグ、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会、天皇杯、北信越フットボールリーグ、全国社会人サッカー選手権新潟県決勝大会、新潟県サッカースーパーリーグ 6月 北信越大学サッカーリーグ、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会、天皇杯、北信越フットボールリーグ、全国社会人サッカー選手権新潟県決勝大会、新潟県サッカースーパーリーグ 7月 北信越大学サッカーリーグ、北信越フットボールリーグ、新潟県サッカースーパーリーグ 8月 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント、北信越フットボールリーグ、インディペンデンスリーグ信越地区予選リーグ 9月 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント、北信越大学サッカーリーグ、インディペンデンスリーグ信越地区予選リーグ、北信越フットボールリーグ 10月 北信越大学サッカーリーグ、インディペンデンスリーグ信越地区予選リーグ・北信越代表決定戦 11月 北信越大学サッカーリーグ、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会 12月 全日本大学サッカー選手権大会、全日本大学サッカー新人戦大会、強化試合(Jリーグチーム) 1月 自主練習期間、通常練習(大学体育館・トレーニングセンター・アルビレッジでの活動) 2月 通常練習(大学体育館・トレーニングセンター・アルビレッジでの活動)、関東遠征 3月 通常練習(トレーニングセンター・アルビレッジでの活動)、関東遠征、強化試合(Jリーグチーム)• 第47回 北信越大学サッカーリーグ1部 優勝(3年連続5回目)• 第47回 北信越大学サッカーリーグ1部 ベストイレブン・MVP 選出• 第68回 全日本大学サッカー選手権大会 ベスト16• 第43回 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 北信越大会 優勝(2年連続4回目)• 第43回 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 全国大会 出場• 2019新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯 第24回 新潟県サッカー選手権大会 ~県代表決定戦~ 優勝(4年連続4回目)• 第99回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 出場• 第45回 北信越フットボールリーグ2部優勝• 第55回 全国社会人サッカー選手権大会 出場 2018年度 新潟聖籠スポーツセンター・アルビレッジ(サッカー部練習協力施設) 新潟聖籠スポーツセンター(通称:アルビレッジ)は、2002年FIFAワールドカップ日韓共催大会の開催を記念して整備された総合型スポーツ施設です。 天然芝ピッチを3面、日本サッカー協会公認のロングパイル人工芝ピッチを3面(夜間照明有り)、屋根付きフットサルピッチ(人工芝)1面を有し、良質なプレー環境での練習が可能です。 また、クラブハウスには、フィットネスジムも完備し、フィジカルトレーニングも行えます。 トレーニングセンターには、ランニングマシン、自転車エルゴメーターなどの有酸素系のトレーニングマシン、各種筋力トレーニングマシンやフリーウェイト等による筋力・パワー系のトレーニングマシン、その他調整力やバランス等のトレーニングのための用具等が準備されています。

次の

「新潟経営大学」に関するQ&A

新潟 経営 大学 サッカー 部

沿革 [ ] 新潟経営大学公式サイト「沿革」 などによる。 地域活性化研究所を開設。 の工業大学および工業大学、()、の、の公務員アカデミーと国際交流協定。 ()と国際交流協定。 経営情報学科にを設ける(高校・情報)。 競技スポーツマネジメント学科を開設。 国立極東人文大学(ロシア)と国際交流協定。 教職課程で取得可能なに高校商業、中学校社会を追加。 教職課程センター、留学生センター、簿記学習センターを学内施設として設ける。 南京信息工程大学(中国)と国際交流協定。 資格の学校と提携。 サッカー部がに新潟県代表として初出場。 教職課程で取得可能な教員免許状に高校英語、中学校英語を追加。 (中国)と国際交流協定。 競技スポーツマネジメント学科をスポーツマネジメント学科に改称。 公務員学習センターを学内施設として設ける。 20周年記念式典を挙行。 との教職課程連携(通信制課程併修)により、中学校・高校保健体育の免許が取得可能になる。 観光経営学部観光経営学科を開設。 基礎データ [ ] シンボルマーク [ ] 新潟経営大学のロゴは、たまごをモチーフに描かれています。 「啐啄同時(そったくどうじ)」という禅の言葉によれば、雛が内側から殻を破ろうと声をあげると同時に、親鳥が外側から殻をつつかなければ、雛はたまごから出てくることができません。 このロゴには、4年間の大学生活の中で自ら殻を破り、自分の新たな可能性に出会ってほしいという学生への想いが込められています。 そして、卒業後にそれぞれの目指すところへ大きく羽ばたいて行けるように、大切に学生を育てようという本学の志を掛け合わせ、すべての始まりであるたまごが割れた瞬間をシンボルとしました。 たまごの青いカラーは、あらゆる世界へと広がる蒼天を表しています。 施設 [ ]• 教職センター• 教職課程学生向けの施設。 留学生センター• 留学生の日本語学習支援や生活情報提供などのサポートを行い、学生間の交流を促すための施設。 学習センター、センター、IT学習センター• 専任の職員が常駐する学習施設。 さらに資格の学校と提携しているため、受講料無料で学内でのWスクールが可能となっている。 トレーニングセンター• 1階が各種マシーンを揃えたウエイトトレーニングルーム、2階が用特殊浴槽などリハビリ・ケア環境も完備したケアルーム・ミーティングルームとなっている。 トレーナー育成環境の一定水準を満たしていることから、NSCA「CSCS認定校」となっている。 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学部・学科 [ ]• スポーツマネジメント学科• 観光経営学部• 観光経営学科 付属機関 [ ]• 地域活性化研究所 対外関係 [ ] 他教育機関との協定 [ ]• 産学官連携 [ ]• 地方自治体:(を含めた連携協定) 、(観光連携協定)• 金融機関・企業、経済団体:、、新潟支店、新潟県旅行業協会、、加茂) 学園祭 [ ]• 学園祭の名前は「経大祭」• 過去の主なメインゲスト• :、、、、、、• お笑いライブ:、、、、バックスクリーン、バイキング(現:)、、、、、、 大学関係者 [ ]• - 初代学長。 経営学者。。 - 元経営情報学部教授。 新潟県出身の作家。 - 元経営情報学部教授。 名誉教授。 ツェリッシェフ・イワン - 観光経営学部観光経営学科教授。 出身の経済学者。 - 経営情報学部スポーツマネジメント学科教授。 サッカー部監督。 出身の元サッカー選手。 - 元経営情報学部スポーツマネジメント学科准教授。 元日本代表体操選手。 星陽輔 - 経営情報学部スポーツマネジメント学科助手。 新潟県出身の元日本代表体操選手。 森赳人 - 経営情報学部スポーツマネジメント学科助教。 体操競技部監督。 元日本代表体操選手。 出身者 [ ]• - サッカー選手()日本代表• - 元サッカー選手• - サッカー選手()• - サッカー選手()• - アナウンサー()• - バスケットボール選手()• 稲葉旬 - サッカー選手()• 馬雲 - バスケットボール選手()• ナウタヴァイ圭理マットソニア - バスケットボール選手()• 今村佳太 - バスケットボール選手()• - サッカー選手() 系列校 [ ]• 新潟中央福祉 脚注 [ ] [].

次の