ピーマン の 育て 方。 ピーマンの育て方・種まき植え付け、用土や株間、追肥や収穫などの栽培管理

ピーマンの育て方・栽培方法

ピーマン の 育て 方

野菜用培養土• 鉢底石 必要あれば• 割り箸等 仮支柱用• 支柱 長さ150㎝• そのため4月前半から苗が流通しますが 5月~からでも十分間に合いますし、初心者であればむしろ良いと思います。 4月は急激に温度が下がる日もあるためです。 スポンサーリンク 初心者のためのピーマン苗の選び方 ピーマンの苗にはタネから育てた実生苗 みしょうなえ と病気に強い野生種に栽培品種をくっ付けた接ぎ木苗があります。 なぜ接ぎ木苗を選んだ方が良いのかというとピーマンやトマト等ナス科の野菜は実生苗から育てると疫病、青枯病、モザイク病などの病気にかかりやすく、収穫量も接ぎ木苗と比較すると少ないです。 確かに実生苗と接ぎ木苗の値段を比較すると2倍近くあるのですが、農家のように家庭菜園では大量に収穫する必要がないのでぜひ初心者の方は 接ぎ木苗を購入することをお勧めします。 実生苗か接ぎ木苗かの見分け方はまず、値段の違い、「京波」「京みどり」等品種名が書かれているラベルが付いている苗や、根元に接ぎ木した場所にクリップが付いていたりするのでそれらを参考にしてみて下さい。 ピーマン苗の植え付け 鉢の真ん中にピーマンの苗を植え付けたら、それと同時に 仮支柱を立てましょう。 割り箸などを立て麻ひもで軽く結びます。 結び方のやり方は以下の記事を参考にして下さい。 ちなみに 面倒くさい方はいきなり長い支柱 =本支柱 を立ててもOKです。 そして鉢底から水が流れ出るまで水やりをし植え付け作業に完了です。 スポンサーリンク 水やりのコツ ピーマンの原産地は中南米原産なので強い光と高温が大好きなんですが土は乾燥させ過ぎても、逆に水をやり過ぎてもダメです。 鉢底から水が流れ出るまでたっぷりとやり、次に水をやるタイミングは プランターを持ち上げてみて軽くなったと感じたらです。 鉢土の表面が乾燥したらという方法もあるのですが、鉢の中はまだ十分足りていることもあり判断が難しいことがあります。 なので水やりをしていない時の重さと水やりをした後の鉢の重さを体感しておけば、だいたいの感覚がわかると思います。 やってはいけない水のやり方や正しい 水やりのタイミングについては 原産地が同じトマトの水やり方法の記事でマスターできます。 そのため植え付け後1ヶ月くらい経ったら株のわきに 太さ11㎜~16㎜・ 長さ1. 2m 120㎝ くらいの園芸用の支柱を真っ直ぐ立て、根元から高さ15㎝辺りで茎と支柱を結びます。 ピーマン栽培におすすめの支柱のサイズ• 75m 0. 9m 1. 2m 0. 9m 1. 2m 11㎜ 1. 5m 1. 8m 2. 1m 1. 8m 2. 1m 0. 9m 1. 2m 0. 9m 1. 2m 16㎜ 1. 5m 1. 8m 2. 1m 1. 8m 2. 1m 2. 4m 1. 2m 1. 2m 20㎜ 2. 1m 2. 1m スポンサーリンク わき芽かき 整枝 ピーマンの苗がぐんぐん伸びると 主の枝から左に右に脇から芽が出てきます わき芽。 トマトであれば見つけ次第わき芽を取り除くのですが、ピーマンの場合は一番花 最初に咲く白い花 が咲くまで待ちます。 ピーマンは一番花 最初に咲く白い花 が咲いたらその上で2つに枝分かれする性質があります。 一番花が咲いたら すぐ下のわき芽を1つ残し、それより下から出ているわき芽は全て取り除いてください。 そうすると一番花の下にあるわき芽と一番花より上で2つに分かれたわき芽の 合計3つのわき芽が残るはずです。 このように3つのわき芽を成長させて3本仕立てにして育てます。 わき芽かきをしないとどうなる? わき芽を取らないまま育てると葉が茂るため養分が分散されてしまいます。 実を付けるにはなるべく養分が実に行くように節約する必要があるためこのように不要な葉にまで養分が回ってしまうと実付きが悪くなります。 また風通しが悪くなるので病害虫に掛かりやすくなります。 ピーマンが病害虫に掛かった場合はこちらの記事を参考にしてください。 追肥 植え付けの2週間後から2週間に1回のペースで追肥 液体肥料 を行うか、最初になる実 一番果 が膨らみ始めたころに発酵油粕+リン酸肥料 バッドグアノ・骨粉・魚粉のどれか を混ぜたものを株周りの土に混ぜ、与えましょう。 「ハイポネックス」や「花工場」などの 液体肥料を水やりと一緒に与えるやり方の方が初心者の人には簡単かもしれません。 スポンサーリンク 一番果の摘果 てきか 一番花の後に最初の実 一番果 が成ります。 一番果に関しては4~5センチになるまで育ててから取り除くという方法もあるのですが、花が終わり1センチ弱の小さいうちにハサミを使って摘み取ってしまいましょう 摘果 なぜかというとまだ株自体が若いので取らないと弱ってしまい その後の実付き が悪くなってしまうからです。 もし一番花やその後の花が咲かず 実が成らなかった場合はこちらの記事を確認して下さい。 収穫 ピーマンは長さ6~7センチで若取り収穫します。 放っておくと完熟して赤くなりますがその分エネルギーが使われてしまうためトータルで成る実の量が減ります。 なので基本的には青々しているうちに実のヘタの上をハサミでカットし、こまめに収穫しましょう! 5月くらいに植えてうまくいけば10月くらいまで収穫することができます。 まとめ いかがでしょうか。 今回は初心者でも簡単にプランター栽培できる方法について紹介してきました。 ピーマンはトマト、ナスと同じく大変メジャーな野菜で料理も使うのでぜひ参考にしてたくさん収穫してくださいね。 ピーマンの仲間であるパプリカの育て方に関してはほとんどピーマン栽培と同じですが、あるポイントだけ違います。 カラフルなパプリカの育て方についてはこちらの記事を参考にして下さい。

次の

ピーマンに発生する病気の症状と対策

ピーマン の 育て 方

ピーマンの種まきから植え付け ピーマンの種まき 熱帯原産のピーマンは低温に弱く、苗作りには一定の温度と時間が必要です。 ピーマンの種のまき方 セルトレイを用意して、1粒ずつ種をまきます。 ピーマンは発芽温度が高く時間もかかります。 発芽までに室内の日の当る場所に置いたり、ビニールトンネルにいれるなどの温度を上げる工夫が必要です。 本葉が2-3枚になったらポットに鉢上げします。 ピーマンの植え付け ピーマンの苗はじっくり育ててから植えつけます。 ピーマンの苗を購入する場合は大苗のほうが早く収穫できます。 ピーマンのいい苗のポイント• 葉は厚みがあり色鮮やかで艶がある• 節間が短めで茎がしっかりしている• 根が白く生き生きとしている• 病害虫が発生していない• 葉が委縮していない• 双葉がしっかり残っている がっしりした丈夫なピーマン苗を選んで畑に植え付けます。 根鉢を崩さないようにポットから苗を抜きます。 植え穴を掘り、根鉢の上面とうねの高さが同じになるように植えます。 深植えはしないようにしましょう。 うね幅は約60センチ、株間は約45センチです。 ピーマンの畑の準備 植えつけの2週間前に苦土石灰を1平方メートル当たり150gまいてよく耕します。 植えつけ前に1平方メートル当たり堆肥3kgと化成肥料150gをまいてよく混ぜ込みます。 ピーマンはナス科なので前の年にピーマンだけでなく、ナス科のトマトやジャガイモ、ナスなどを栽培した場所では連作障害でうまく育たないことがあります。 植えた後は水をたっぷりかけます。 ピーマンの根は地表から比較的浅い所に張っていくのでその分乾燥の影響を受けやすい作物です。 晴れの日が続くようなら頻繁に水やりをしましょう。 ピーマンの定植後の管理 ピーマンの芽かき ピーマンを植えつけて、高さが40cmくらいまで成長すると花が咲き始め、実がなり始めます。 1番花より下のわき芽はすべて取り除きます。 最初の実は早いうちにとり、下部の葉のわきから伸びている芽はすべてかきとります。 ピーマンの支柱立て・整枝 ピーマンの1番花より下のわき芽を摘んだら本支柱を立てます。 長さ1mほどの支柱を立て、側枝の1本と支柱を8の字にひもで結びます。 成長が進むとピーマンの枝自体や実の重みで枝が垂れてくるので追加の支柱をたてて枝を支えます。 うまく誘引して背丈を伸ばせば11月頃まで収穫することもできます。 実と枝をつなぐ果柄の枝側のつけ根をはさみで切って収穫しましょう。 ピーマンの実がたくさんついているときは若いうちに収穫します。 実が必要以上に大きくなってしまうのは、株が疲れる原因となり、結果的に良い収穫量を得ることができなくなってしまいます。 なるべく、適期を見誤らずに、若いうちに収穫をしてください。 ピーマンをたくさん収穫するコツ ピーマンは野菜の中でも特にデリケートな植物です。 まず、ピーマンの葉っぱをみてみてください。 ピーマンの葉には、水をはじくという特徴があります。 これは、ピーマンが葉からの水分吸収を拒んでいることの現れで、葉が雨に濡れると、細菌に侵されやすくなり病気にかかりやすいのです。 そのため、水やりの場合にも葉の上に水が当たらないように、根元の土に水をあげるようなイメージで行うことが必要です。 また、ピーマンの茎は脆いため風の被害を受けやすいです。 そのため、支柱なども準備しておくことが大切です。 ピーマンは、植え付けるとすぐに花を咲かせます。 しかし、この時、1番目と2番目に咲いた花に関しては必ず摘み取ります。 この花を残し実を結んでしまうと、まだ根が成長段階の途中であるのに対し実に優先して栄養分を送り出してしまうためです。 そうすると、葉や茎なども生育が悪くなりピーマンの収穫が出来なくなってしまいます。 初めて育てる方の気持ちとすれば、最初に咲いた花だから…という気持ちも分かりますが、摘み取りましょう。 基本的に咲いた花には必ず実を付けます。 そのため、咲いた花を適度に制御していかなければ小さな実がたくさんできてしまうことになります。 ピーマンの収穫1個に対し、その収穫した節から出始めた脇芽を摘み取るようにしていくと、適度な花数に抑えることができ、ピーマンの樹形も綺麗に保つことが出来ます。 パプリカはピーマンよりも大きく肉厚であることも知られていますが、これらは元々ピーマンが完熟したものです。 通常、私たちの食べているピーマンも緑の内に収穫しなければ、黄色や赤などのカラフルな色へ変化していき、味にも変化があります。 家庭菜園ではこういった楽しみ方も自由に行うことができるので、少し熟させて、黄色いピーマンとして収穫するのもお勧めです。 また、最近では茶色や白・黒・紫などのピーマンも良く見かけます。 スーパーなどではまだまだ珍しいかと思いますが、園芸店などでは、こういったカラフルなピーマンの苗も販売されていますよ。 ピーマンの育て方のまとめ ピーマン、トウガラシの苗の植え付けは適期、適温に注意すること 高温性のピーマン、トウガラシの生育には気温が必要です。 植え付け後、低温の状態が続くと生育が悪くなってしまいますので、適期、適温を守ることが非常に大切です。 関東地方での苗の植え付けは、ゴールデンウィーク明けが良いです。 植え付け後は、地温を高める効果のある透明マルチや、黒色マルチをして、充分に根が育つ環境をつくるようにしてください。 適期より前に購入してしまった小さい苗はどうする? 植え付け適期と苗が市販される時期が必ずしも同じとは限らないため、店頭で購入した苗が、とても小さく、まだ植え付けまでに時間が要することもあります。 そういった苗は購入しないのが1番と言えますが、既に購入してしまった場合は、二回りほど大きめの鉢に移し替えて、再度、育苗期間を設けるようにすると良いでしょう。 暖かい場所にて再育苗すれば、ゴールデンウィーク明けなど、植え付けの適期までに、充分な大きさを保つことができます。 尚、この時はポットの苗の扱いに充分気をつけ、根鉢が崩れないようにしてください。 実の大きさとしては、約7センチほどになりますので、収穫適期を逃さないようにしてください。 収穫は、ハサミを使用して行います。 へたのすぐ上あたりをカットするようにして、実をとっていきます。 実が必要以上に大きくなってしまうのは、株が疲れる原因となり、結果的に良い収穫量を得ることができなくなってしまいます。 なるべく、適期を見誤らずに、若いうちに収穫をしてください。 高温性で高い気温の必要となるピーマンも、充分に生長した段階は、低温に対してもある程度の抵抗力がありますから、10月終わり頃までは、収穫を楽しむことができます。

次の

ピーマンの育て方・栽培方法

ピーマン の 育て 方

初めての栽培なら接ぎ木じゃなくても大丈夫です。 良さそうな苗を買ってもいいでしょう。 しかし先ほども少し書きましたが連作障害がある為、翌年以降は育ちが悪く病気がちになるので接ぎ木の苗を買いましょう。 接ぎ木とは ピーマンで例えると根本から上はピーマンですが根元から下(根っ子)が別の植物です。 理由は病気に強く連作もでき生育がすごく良いです。 連作障害とは 同一作物(同じ科の野菜)を同じ場所で育てると 生育不良となり、収量が落ちてしまう 障害 のことです。 なぜ、このようになるのか言うと同じ作物をつくり続けると、土壌の成分バランスが 植えた植物を好む菌や害虫が土壌に多くいるそうですね。 ピーマンはナス科 連作障害で気を付けたいのはトマトはナス科なんです。 家庭菜園で人気のある茄子、トマト、じゃがいもがナス科にあたり気づかずに連作する方もいらっしゃいます。 基本は接ぎ木の苗がやっぱりおすすめです。 スポンサーリンク 育て方の環境は ピーマンを植える場所には 苦土石灰を2週間以上前もって 撒き1週間前には化成肥料を撒いて混ぜておきましょう。 けっこう肥料を食います。 苦土石灰を前もって撒く理由 肥料と科学反応を避ける為らしいです。

次の