赤 ニキビ を 一 晩 で 治す 方法。 ニキビ跡の赤みを消す!!知らないと損する自宅でできるケア方法

【赤いニキビ】赤ニキビを一晩で治す方法!隠し方・治し方を紹介

赤 ニキビ を 一 晩 で 治す 方法

思春期の10代、また大人になってからも、ニキビの悩みはつきもの。 正しいニキビ予防やニキビ対策をしていても、繰り返しできるにきびに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 鼻の下や口周り、あごやおでこなど、目立つ顔のにきびは、薬を使ったりニキビにいい食べ物を食べたりして、一刻も早く治したいですよね。 また、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビなど様々な種類があるニキビへの正しい対処法を知らずに、にきびが悪化して指でつぶしてしまうと、ニキビ跡になってしまったり、ニキビ跡が色素沈着を起こしてシミになってしまったりと、20代以降のお肌に悪影響を及ぼす可能性もあります。 正しい洗顔やスキンケア、食生活、睡眠などの予防と、ニキビができてしまった場合の適切な対策や薬、治療法について、にきびの原因やメカニズムを含めてご紹介します。 にきびを早く治したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 もくじ• ニキビの種類は? 一口に「ニキビ」と言っても、実は5種類に分けられます。 それぞれのニキビによって原因や対処法も異なります。 まずは、ニキビの種類を見ていきましょう。 コメドと呼ばれることもあります。 毛穴に角栓が詰まることによって、皮脂や老廃物が毛穴の下に溜まって盛り上がった状態です。 これが黒ニキビです。 赤ニキビを潰すと跡が残りやすいので、絶対に潰さないようにしましょう。 膿のせいで黄色く見えるようになっていて、ニキビの中では重症です。 黄ニキビの状態で治療をしないと紫ニキビになってしまい、ここまで重症になると跡になるケースが多くなります。 そして毛穴が詰まると、皮脂が毛穴の外に出て行けず、毛穴の中で溜まりがちになります。 アクネ菌は皮脂を栄養源にしているためです。 アクネ菌が繁殖すると、炎症を起こしてニキビになってしまうのです。 こうして、皮脂の過剰な分泌から毛穴が詰まり、アクネ菌の繁殖を招いてニキビができてしまう、というわけです。 ニキビの種類別対処法は? ニキビは白ニキビから進行し、最終的に紫ニキビになります。 黄ニキビや紫ニキビはかなり重症な状態で、ここまで進んでしまうと皮膚科などの専門医療機関での治療が必要になってくるケースが多くなります。 そのため、黒ニキビや赤ニキビ、できれば白ニキビの段階で対処することが理想的。 そこで、ニキビの種類別の対処法をご紹介します。 なお、黄ニキビや紫ニキビについては先述のとおり医療機関での専門治療をおすすめします。 ニキビの原因である皮脂の過剰な分泌は生活習慣の乱れによるので、食事・睡眠を適切にとり、正しいスキンケアを行いましょう。 ニキビの対処法として適切な生活習慣については、後で詳述しますので、そちらを参考にしてください。 それに加え、肌の乾燥にも注意するようにしましょう。 黒ニキビは乾燥によっても発生するためです。 肌が乾燥すると、乾燥から肌を守るためにますます皮脂が分泌されてしまうことにも繋がります。 保湿にも力を入れて、肌が乾燥しないようにしましょう。 また、潰してしまうと毛穴が傷つき、それが毛穴の詰まりの原因になる場合もあります。 芯が気になってどうしても取り除きたい場合は、皮膚科でお願いするようにしましょう。 市販のニキビ薬を利用するか、皮膚科で治療薬を処方してもらいましょう。 かゆみが出てくるので、気になって触ってしまいがちですが、手の雑菌が毛穴に入りこんだり、最悪潰してしまったりすることになるので、できるだけ触らないようにしてください。 どうしてもかゆみが気になる場合は、ニキビ用のローションを使ってコットンパックを行うと、ひんやりとした感触でかゆみが抑えられますので、試してみてください。 ニキビは皮膚の病気の一つなので、適切な治療を受けることでニキビが治るスピードが早まったり、にきび跡になりにくくなったりするので、ぜひ正しい方法で治療を行いましょう。 ディフェリンゲル• ダラシンTゲル• ベピオゲル また、「面ぽう圧出」と言って、にきびをグッと押して中身を出す治療をしてくれるクリニックもあります。 また、美容皮膚科ではピーリングやイオン導入を勧められることもあります。 ニキビの状態によってできる場合とできない場合があるので、相談してみると良いでしょう。 さらに、お医者さんから普段のスキンケアの注意点について指導してもらえたり、ドクターに直接質問ができるのも、皮膚科受診のメリットと言えるでしょう。 ニキビについて真剣に改善したいと考えれいるなら、まずは皮膚科に行くことをおすすめします。 ドラッグストアにはニキビ用の塗り薬がたくさん販売されているので、ニキビの状態に合わせて自分に合ったものを選んでくださいね。 市販薬では、下記のような塗り薬が人気です。 ペアアクネクリームW• イハダ アクネキュアクリーム• ビフナイト• クレアラシル どの薬を使えば良いのか迷ったときは、薬剤師さんに相談すると、肌に合ったものや正しい使い方を教えてくれますよ。 ニキビ予防、ニキビ対策のためには、まずは肌を清潔な状態に保つことが大事! ニキビを作るアクネ菌は、肌から分泌される皮脂をエサにして繁殖するので、ニキビを早く治すためには、顔を清潔にして皮脂を溜めないようにすることが重要なのです。 皮脂の分泌量そのものを減らすことは難しいので、朝夜にしっかりと洗顔を行う、皮脂をこまめに拭き取るなどして、分泌された皮脂を肌に残さないように清潔に保ちましょう。 こまめに洗濯する、枕カバーや枕のタオルを毎日取り替える、布団を干すなどの工夫をしましょう。 顔周りは清潔に保ちましょう。 また、ゴシゴシこすって洗ったり、熱いお湯で洗うのはNG!洗顔するときはぬるま湯で洗顔料をしっかりと泡立てて、泡で包みこむように優しく洗ってくださいね。 ニキビができる場所別の対処法を確認してみましょう。 思春期ニキビはココにできることが多く、放っておくと赤く腫れてしまうこともあります。 また、Tゾーンは皮脂だけでなく汗もかきやすい場所。 通勤・通学や運動などで汗をかいたときには、すぐにふき取るなどして肌を清潔な状態に保ちましょう。 おでこにニキビができやすい人は、雑菌の繁殖を防ぐために、前髪を上げることもおすすめです。 さらに、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しがないように、洗浄料をしっかり洗い流すことも大切です。 洗顔の後は化粧水と乳液で保湿して、水分を補い、水分と油分のバランスを整えて、ニキビを予防しましょう。 また、紫外線や、季節・空調の乾燥により、肌が乾燥してバリア機能が弱まり、ニキビの原因になることもあります。 日焼け対策や保湿をしっかり行いましょう。 今まで先に体を洗ってからシャンプーをしていた人は、先にシャンプーをして、そのあとに体を洗うことも効果的です。 ただし、暑いお湯で洗ったり、タオルでゴシゴシと強い摩擦で洗うことは乾燥をまねくのでNG!優しく洗うようにしましょう。 ニキビ跡を残さないためにも、ニキビは正しく治療することが大事。 特に野菜や果物に含まれているビタミンCはニキビ跡予防に効果的といわれているので、ニキビに悩んでいる人は積極的に取りましょう。 夜更かしをしていると肌が修復されにくくなってしまうので、ニキビができているときはできるだけ早く寝て肌の再生を促しましょう。 最低でも7時間は睡眠時間を確保することが理想です。 大切な試験や大会を控えていたり、交友関係や恋愛がうまくいっていないことで、自覚していなくても大きなストレスを抱えているケースも。 ストレスを溜めないように、リフレッシュできる方法を見つけてきちんとガス抜きすることも、ニキビ対策になります。 ニキビを隠す方法 ニキビができている間は、メイクをすると毛穴を塞いでしまうため、あまりおすすめできません。 しかし、できればニキビは隠したくなりますよね。 そんな場合は、ニキビ肌向けに作られた商品を利用するようにしましょう。 特に医薬部外品は炎症を抑える成分が含まれている場合もあり、おすすめです。 また「ノンコメドジェニックテスト済み」のものや、オイルフリーのものはニキビができにくくなっています。 赤みがあるニキビの場合は、イエローやグリーンのものを使うと、うまく赤みを消してくれます。 肌に優しいミネラルファンデーションがおすすめです。 BBクリームやリキッドファンデーションはカバー力は高いですが、油分が多いのでニキビを悪化させるおそれがあります。 目立ちにくく、上からメイクができるので、ニキビに直接メイクするのに抵抗がある場合は利用してみましょう。 ただし、化膿したニキビには使用できませんので、注意してください。 やってはいけないNGケア!ありがちな間違ったケアは? よかれと思ってやっているケアが実はニキビを悪化させることもあります。 やりがちなNGケアをご紹介します。 適度な皮脂が残らないと、かえって皮脂の分泌が増えてしまうためです。 一日に2回、多くても3回までに留めましょう。 保湿や薬を塗るときなどは、必要以上にニキビを触らないようにしましょう。 確かにニキビができているときにはファンデーションはあまりよくありません。 しかし、紫外線がニキビの原因になっている場合もあります。 そのため、メイクは避けても日焼け止めだけは塗るようにしましょう。 10代の肌はニキビができやすいもの。 注意していてもニキビができてしまったときは適切な対処法でニキビを治し、美肌を目指しましょう!.

次の

ニキビを一晩(1日)で治す

赤 ニキビ を 一 晩 で 治す 方法

この記事では、当時中学3年生だった妹のニキビを大きく改善させた方法をまとめています。 基本となる思春期ニキビの治し方、私が妹に伝えた具体的なケア方法のアドバイスなどなど。 この記事を始めて投稿したのが2014年の4月です。 投稿してから5年以上経ちましたが、(私の返信を除いて)コメントも600件以上頂いており、内容も随時更新しているので、 ニキビがなかなか治らなくて悩んでいる中学、高校生の方、ぜひ参考にしてみてください。 2014年4月〜5月まで「ニキビ撲滅作戦」の記録 もともと妹は小学生の高学年の頃からニキビができはじめていました。 ニキビ撲滅作戦開始です! 「ニキビ撲滅作戦」• ニキビを修学旅行前までに少しでも減らす• 最終的にはニキビを全て無くす• どうすればニキビを治せるか、なにをしたら悪化するかを知る• ニキビのせいで何かをためらうということをなくす• いつでも笑っていられるように• これからの人生を楽しく生きていくために 「ニキビ撲滅作戦」は文字通り、 妹のニキビを全て治すことが最終目標です。 ニキビを治して、こういった負の感情を全て排除していきたいですね。 スタート時の、妹のニキビ状況 妹のプロフィールを簡単にご紹介します。 小学5年?6年くらいから出始め、 プロアクティブやスーパやドラッグストアなどで売られていた「ニキビ用の洗顔料」や「ニキビ用の化粧水」などを使ってみるも、 全く効果なし。 当時の妹にとって、 そもそもなぜニキビができてしまうのか?なんて、知るはずありませんし、 どうしたらニキビが良くなるのか?も分かるわけがありませんでした。 妹は、完全に諦めていました。。。 ネットでニキビの治し方など調べても多くがくだらない情報ですから。 それに、なんというかもう「調べる気力」すらなくなるんですよね。 ニキビのせいで。 うつ状態です。 ちなみに写真は「お風呂上がり」の時のものです。 母に頼んで撮ってもらっています。 明らかに「 ニキビが治ってきている」ことがお分かりいただけるかと思います。 妹のニキビの原因• 皮脂が多い体質、肌質• ホルモンバランスの乱れ• 栄養不足、血行不良、貧血、皮脂がつまりやすい• ストレス 中学、高校、思春期にニキビができてしまうのは、 基本的にはホルモンバランスが安定しておらず、女子の場合でも「男性ホルモン」が多くなり皮脂の量も増え、肌が厚くなり皮脂汚れが詰まりやすくなることが原因。 思春期にニキビができるというのはある程度は仕方がないことなのですが、 妹の場合、さらに「 ニキビができやすい肌質」なのだと思います。 私自身、中学、高校生の頃はとにかく肌が弱くて、ニキビも多くかなり悩みました。 妹も同じ母親の体から生まれているわけですから、私と同じように、「 ニキビができやすい肌」「 弱い肌」なのだと思います。 そして、普段の食事にもかなり問題がありました。 とにかく、栄養不足。 そもそも食欲もない。 お菓子なら食べられるという状態でした。 ニキビが周りの人と比べて多くできている、すごく悩んだことがある人なら分かると思いますが、 「ニキビができやすい人、できにくい人」という個人差、体質の差は絶対にあります。 お菓子ばっかり食べている人でも全くニキビなど肌荒れなどもなし。 肌が綺麗。 という人はいます。 やはり親の遺伝も大きいので、「ニキビができやすい人」の場合は、 周りの人よりも普段食べるものにも気をつけなければ、なかなかニキビが治らず悪化し、慢性化してしまいます。 そして、 一度ニキビができるとそれ自体がストレスになるので、厄介です。 多くの場合、大人になるにつれて徐々に治まっていくものなので、 大人はそんなのそのうち治るよーなんて言うかもしれませんが、 「今ニキビがある」のが嫌なんですよね。 (笑) ほんとにストレスです。 妹も最初はニキビを治そうと頑張ってはいましたが、次第に無気力になっていき、あきらめていました。 普段の食事も栄養が足りず、お菓子ばっかり食べていると脳の機能も落ちてすぐにネガティブになってしまいます。 ストレスもかなりたまり、すぐイライラしたり。 性格が悪くなったり。 そしてまたストレスが溜まり・・・ こういう悪循環はできるだけ早く絶たなければいけません。 私が妹に伝えた「ニキビを治す方法」 ニキビを治すために気をつけてほしいこと、やってほしいことを紙に書いて妹に渡しました。 紙に書いたことを改めてまとめました。 ニキビを根本的に改善するために食事などの生活習慣面の改善も必要ですが、 まずは直接ケアできて即効性がある「スキンケア」を正しく行います。 間違った洗顔や保湿などでニキビを悪化させている人は多いです。 まずは「スキンケア」が基本!• 洗顔は 正しく優しくを心がける、擦る必要はない• いくらゴシゴシ一生懸命洗っても、肌はキレイにはならない• 洗いすぎるくらいだったら、「 水だけ」の方がずっといい• ニキビに有効な成分が含まれている洗顔料が良い• 石鹸で洗顔後、 適度に保湿を行う• お菓子は食べていいけど適度に。 ビタミンBも摂る。 夜更かししない。 ちゃんと寝る• 手で触らない。 枕や布団に顔をつけない。 妹にはプロアクティブ失敗経験があったので、赤ニキビを優しくケアできる「NonA」を使わせました。 >> 一時期朝夜どちらも水洗顔を行わせた時期もありましたが、 色々試した結果、今は「朝は水」「夜はNonA」に落ち着いています。 朝だけか?それとも朝夜両方か?は、どちらでも構いません。 色々と試してみてご自身の肌に合う方法で続けてみてください。 朝の水洗顔を行ってみて肌の調子が良くなるようでしたら、夜も行ってもらってOKです。 全く問題ありません。 むしろその方が良いかもしれません。 *逆に正しい方法で水洗顔を行っているけど、どうしても脂っぽさ・テカリが治まらない、気になる。 という方は、朝もNonA石鹸を軽く使ってみてください。 > 【洗顔時のポイント】• 基本は「 常温」で洗顔(脂が気になる方はぬるめ・少し高く)• 夜は熱めのお湯は禁止!シャワーを直接顔に当てるのもNG!• 水洗顔は正しく行わないと汚れが溜まる。 テカリも目立つ。 NonAをしっかりと泡立てる、 キメの細かい泡を作る• 顔に泡がのっている 時間はできるだけ短く(1,2分)• 指が顔に触れないように、「泡のチカラで洗顔」をイメージ• ゴシゴシしなくても汚れは落ちるということを覚えておく• 「すすぎ」を念入りに行う、(特にあごは要注意!) >> ちなみに「泡をのせる」時は、 皮脂の多い部位から行ってください。 洗顔をする際の順番や時間はそこまで神経質になる必要はありませんが、 とにかく「温度」には注意してください。 冷たくない、熱くもないが原則です。 使う物にもよりますが、特に乾燥が気にならないようであれば保湿は行わなくてもOK。 ただ、乾燥しているかどうか?は見ただけでは分かりませんし、 「 化粧水を手でつけるときに、多少角質汚れを落とす働き」に注目すれば、 実際に使ってみて継続的にいい状態を保てるようでしたら、積極的に化粧水等を使ってください。 極潤、うるり、ハトムギ化粧水、オードムーゲ、オルビスやその他のブランドの化粧水、リプロスキンなど。 ただ化粧水を使うだけで劇的な変化を得られるわけではありませんが、 色々試してみて肌状態が良くなるのなら、使った方がいいです。 妹にも最初はリプロスキンをしばらく使わせていましたが、どうも何も付けない方が良いみたいだったので使うのを止めました。 今はオードムーゲを使っていて、本人は「結構合うかも」と言っています。 これは本当に人それぞれで、オードムーゲを使ったけど悪化した。 リプロスキンを使ったらすごく肌がもちもちして、肌状態がいい、という方は当然いるでしょう。 妹の場合もただ調子の良い時にオードムーゲを使い始めて、 たまたま「これは合っているかも??」と感じただけで、実際は違うかもしれません。 実際、今はまたニキビが増えてますし。。 笑 結局は、実際に色々使ってみて試してみて、肌状態が良くなれば使えばいいですし、 イマイチだなぁと思ったら別に保湿は必要ありません。 ただそれだけです。 今現在、私はリプロスキンを使い続けているので無意識にヒイキしてしまいましたが、 多少お金をかけてもいいという方は返金保証もあるのでオススメです。 > 「 洗顔後すごく乾燥するのですが保湿はどのように行えばいいでしょうか?」といったコメントを頻繁に頂くのですが、まず洗顔料の使用頻度を減らしたほうがいいです。 朝だけ水洗顔を2週間〜1ヶ月ほど行ってもまだ乾燥が治まらないのなら、夜も水洗顔。 それでも治まらない、両方水洗顔だとテカリが酷くなるし、ニキビも悪化する・・・という方は洗顔後の保湿を工夫していくしかありません。 皮が剥けるほどかなり乾燥していてニキビも多い・・という方は少ないと思いますが、 そういう場合、ワセリンやニベアを薄く塗るだけで違います。 「 乳液は使った方がいいのでしょうか?」という質問も多いのですが、使わなくてもOKです。 実際、意味もなくなんとな〜く使っている方がほとんどです。 ニキビを悪化させるだけですよ。。 使って状態が良くなるのなら使ってもらって構いません。 化粧水と同じです。 洗顔の仕方を変えてけっこう経つのに、あまり乾燥が改善されない。。 という方はおそらく食事に問題があります。 栄養・ビタミン不足。 (特にたんぱく質・ビタミンA・脂質) スキンケアでは限界がありますし、そもそもスキンケアは「 ホントは体が不健康で、栄養も不足していて、毒素・不調が原因で結果的にニキビ・肌荒れが起きている」という状態に対して仕方なく外からアプローチする一つの手段に過ぎません。 「肌が正常に機能・回復する」、その環境を整えてあげているだけ。 それ以上でもそれ以下でもないです。 少しづつ生活習慣(特に食事)も整えてもらえればと思います。 枕に顔をつけない) ・ 布団をこまめに洗う、枕カバーを変えればなおOK!(レイコップ買おうかな・・w) ・ 寝る前にスマホ、PC禁止!(目が醒めて寝れなくなる・寝起きがだるい、食欲も・・) B4紙に書き込んだことは以上になります。 ニキビは自然治癒する「病気」ですが、 一度こじらせてしまうとなかなか治すのが難しいです。 1日・1週間で完治させるのは不可能ですが、上のアドバイスを参考にして頂ければ、 早ければ1ヶ月、遅くても3ヶ月後にはだいぶ肌がキレイになっているはずです! 妹のニキビを治していく上で気がついたこと、肌の写真等は随時更新していきますので、 疑問に思ったことがあればお気軽にコメントしてください。 お盆の時久しぶりに会ったら、結構増えてました。。 笑 やはり親が協力的でないと治せませんね。 まず 食事がダメ。 朝は菓子パン、昼は白飯+テキトーなおかず(冷凍食品・玉子焼き卵1個分など)、 そして、親がお菓子を食べるので当然妹も食べてしまいます。 そこでもまた菓子パンが登場したり。 夜は多少サラダがあってもキャベツの千切り+トマトとか、明らかに少ない。 笑 たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、全ての栄養素が圧倒的に不足しています。 これじゃあ、いくらスキンケアを頑張っても治るわけがないんですよね。 小さい頃から母子家庭なので、経済的に苦しいのは重々承知なのですが、 もうちょっと何とかしてよ・・・って思います。 食事に関しても何度も何度もアドバイスしているのですが、なかなかやってくれません。 おそらくあの環境に居る限り、妹のニキビが完治することはないでしょうね。。 もどかしい限りです。 きっと、 経済的に苦しく、食べ物も十分に食べられない。 インスタント・加工食品ばかり。 コンビニ弁当やおにぎり、カップラーメンとか。 とにかくストレスが溜まる。 親に相談しても聞く耳を持たない。 そもそも頼りにならない。 という家庭環境の方は多いことでしょう。 残念ながら、それではニキビは完治しません。 私だったら、どれだけ経済的に苦しくても借金をしてでも食事は徹底的に管理します。 肌トラブル含め、多くの病気の原因が「食事の乱れ」「おかしな食生活」にあるからです。 食事に気をつけていれば、病気になりませんし、肌も荒れません。 ニキビも出ません。 思春期の方は自分で食事をコントロールするのは難しいかもしれませんが、 お菓子を食べないとか、食べる順番に気をつけるだけでも違いはあるはずです。 5年後 中学三年生です! 私は中1のころからおでこニキビに悩まされ、今もおでこニキビに悩まされています! 最近、友達に教わったのですが、学校から帰ってきたらすぐに、水おでこを洗って、前髪は、あげておくというのを試しています。 気持ち良くなったのかなぁ??と思いきや、またでてきました、(ニキビしつこい…) また、小6の時のようなきれいなおでこに戻りたい!!と、毎日ねがっています! お風呂の時に洗顔、寝るときは前髪あげる。

次の

ニキビを一晩(1日)で治す

赤 ニキビ を 一 晩 で 治す 方法

けっきょくニキビと同じくらい目立ってしまうので、隠すのも一苦労ですよね…。 今回はこの 赤みのあるニキビ跡を消す方法について解説していきます。 結論から言っておくと赤みのあるニキビ跡は自力でも治せますが、 肌のメカニズム上即効で消すことは不可能です。 (最低でも消えるまで1ヵ月は絶対にかかります。 ) これは皮膚科やエステに行っても同じこと。 できてしまった以上少し時間はかかりますが、毎日しっかりケアしてあげることが大切になります。 なぜ赤みのあるニキビ跡はできてしまう? なぜニキビが治ったのに肌に赤みが残ってしまうのかというと、まだ 肌の中では炎症が治まっていないから。 膨らみは消えても、肌の中ではまだアクネ菌と肌が戦っている状態なんですね。 炎症による赤みが肌表面に透けているので、赤っぽく見えます。 また 炎症を治すために毛細血管が膨らんで太くなるのも、赤みを強くする原因。 肌は傷ができると「早く治そう!」と血管を太くして、血液を患部に送ろうと働くんです。 (炎症が治まれば自然と元の太さに戻って目立たなくなります。 ) このように【炎症そのものの赤さ+炎症を治すための毛細血管の拡張】の2つがニキビ跡の赤みを作る原因になっています。 消えない赤いニキビ跡の治し方・ケア方法は? 赤ニキビ跡を早くキレイに治すためには、 炎症ケア・保湿ケア・美白ケアの3つを徹底することがポイントです。 炎症をケアして赤みを引かせる 赤いニキビ跡の赤みの原因は、肌の中の炎症といいました。 なので抗炎症成分入りのスキンケアを使って、しっかり炎症をケアしましょう。 炎症が治まれば血管の膨らみも収縮し、気になる赤みとおさらばできます。 1度跡になってしまうと治すのに1ヵ月以上の期間はかかりますが、炎症ケアを始めるのが早ければ早いほど、治りも早くなります。 「あ、赤っぽいニキビ跡できちゃったな」と気づいたら、すぐにケアを始めるのがポイントです。 いつか治るだろうと放置しておくのは絶対NG。 放置しておくと今度はシミになってより治しにくくなるので気をつけましょう。 美白ケアで色素沈着を予防する ニキビ跡を悪化させないために美白ケアも同時に行いましょう。 赤いニキビ跡は放っておくと、色素沈着して茶色くシミのようになってしまいます。 これは炎症から肌を守るためにメラニン色素が大量に発生するためです。 ターンオーバーでメラニンを排出しきれなくなることで、色素沈着してニキビ跡がシミのようになってしまうんですね。 なので、赤いニキビ跡ができたらできるだけ美白ケアで メラニンの発生を抑えることが大切。 メラニンが増え過ぎなければ色素沈着してしまうリスクを少なくできます。 保湿ケアでバリア機能を高める 保湿して潤いたっぷりにすることで肌のバリア機能(肌を刺激から守る力)を高めましょう。 赤いニキビ跡ができている間、肌は炎症で傷んでいるので刺激に弱いです。 摩擦や雑菌などちょっとした刺激でも炎症が悪化して、ニキビ跡が治りにくくなってしまいます。 なので、スキンケアでバリア機能を高めるサポートをする必要があるんですね。 お肌のバリア機能は、セラミドなど潤いで形成されています。 なのでスキンケアで外からお肌に潤いを入れると、バリア機能を補強することが可能です。 赤みのあるニキビ跡のケア商品の選び方 赤いニキビ跡をケアには、以下2つのポイントにあてはまる商品を選ぶのおすすめです。 「抗炎症・美白・保湿」の3つの成分が入っているもの ニキビ跡を治すためには肌の中の炎症を抑える・美白ケアをすること・保湿ケアをすることの3つが大切だといいました。 なので抗炎症・美白・保湿の3つの成分が入っているものを選びましょう。 それぞれの成分おすすめのものは以下になります。 商品を選ぶときに入っているかチェックしてみてください。 【抗炎症成分】 グリチルリチン酸ジカリウム/アラントイン/どくだみなど 【美白成分】 ビタミンC誘導体/プラセンタエキス/カモミラエキス/トラネキサム酸/アルブチンなど 【保湿成分】 ヒアルロン酸/コラーゲン/セラミド どれも効果が高いうえ肌にもやさしい、優れた成分です。 ニキビ跡を刺激して赤みを悪化させてしまう心配がないので安心して使えます。 浸透力が高く肌の内側までしっかりケアできるもの ニキビ跡は肌内部のトラブルなので、 浸透力が高いことも絶対条件 です。 しっかり 肌の中に浸透して、ニキビ跡の赤み(炎症)をケアできるアイテムを選びましょう。 浸透力にこだわって作られている商品には 「ナノ化」「低分子化」「加水分解化」といった表現が使われているので、よくチェックしてみてください。 ー赤いニキビ跡のケアにおすすめの商品PICK UP!ー 赤ニキビ跡を早く治すには、ニキビ跡ケア専用化粧水の「リプロスキン」が1番おすすめです。 浸透力バツグンで肌の内側をしっかりケアできる• 抗炎症成分でニキビ跡の赤みを抑える• 美白成分でメラニンの色素沈着を予防• スクワラン・ヒアルロン酸など潤い成分でしっかり保湿 浸透力バツグンの ニキビ跡ケア用ブースター化粧水です。 肌に優しい甘草エキスが赤ニキビ跡の炎症を抑えます。 また、プラセンタエキスの美白効果で色素沈着によるニキビ跡の悪化を予防。 スクワラン・ヒアルロン酸・コラーゲンなど保湿成分が肌の奥まで浸透し ふっくらと柔らかい肌に仕上げてくれます。 このように「抗炎症効果・美白・保湿」とニキビ跡を治すために大切なポイントをしっかりと満たしてくれる優れもの。 スポンサーリンク 60日間の返金保証付きなのでニキビ跡に効果があるのかじっくり試すことができるのも嬉しいポイントです。 当サイトおすすめの赤ニキビ跡ケア商品を、ランキング形式で紹介しています。 ひどい赤ニキビ跡に悩んでいるなら皮膚科に行くのもあり 「数え切れないくらい多くの赤いニキビ跡ができてしまっている人」 「ニキビ跡の赤みがかなり濃い人」 など赤いニキビ跡の症状が重い人であれば、皮膚科で治療を受けるのも1つの方法です。 薬局やネットで買えるスキンケア商品は、皮膚科での治療ほどの強力な効果は期待できません。 スキンケアだけで自力で治そうとすると1年以上かかってしまう可能性が高くなります。 クリニックであれば ニキビ跡の状態に合わせた強さの薬剤で、セルフケアでは届かない肌の奥の奥(真皮)までケアができます。 なので重症になったニキビ跡でもしっかり改善していけるんですね。 ただし治療に 数十万円以上かかったり、痛みのある治療を受けないといけないなど、デメリットもあることは覚えておきましょう。 「クリニック治療を検討してみようかな」という人は1度こちらの記事もチェックしてみてください。 ニキビ跡ケアが得意なサロンに通うのもおすすめ 「クリニックの治療は痛そうだし少し怖いな…」 という人はニキビ跡のケアを得意とするサロンに通うのも1つの方法です。 クリニックよりもお肌を労った施術をしてくれるため、 痛みはほぼゼロ。 赤みが出たりかさぶたができたりもしないので、毎日働いている人でも安心して通えます。 痛みはゼロなうえ 皮膚医学に基づいた本格的なケアをしてくれるんですね。 リラクゼーションだけで終わってしまう他のサロンと比べ、しっかりと結果を出すことにこだわってくれるのが大きな特徴。 ちなみに 初回は5,400円でお試しができます。 本当に効果があるか確かめてから通うかを決められる点も安心です。 行く前にシーズラボについてもっと詳しく調べたいという人は、以下の記事を参考にしてみてください。 赤ニキビ跡を悪化させるNG行為 赤いニキビ跡を悪化させるいくつかの注意点があります。 どれも日常生活の中で無意識にやってしまいがちなものばかりなので注意しましょう。 せっかくスキンケアをしていても、NG行為をやってしまっていると赤ニキビ跡の治りも遅くなってしまいます。 手で触る 赤ニキビ跡が治るまでの間、お肌は炎症が起きていてとても敏感な状態です。 ニキビのように表面にはありませんが、雑菌だらけの手で触ればニキビ跡ももちろん悪化してしまいます。 気になるからと言って、むやみに触るのはやめましょう。 またこれは予防策ですがニキビ跡をこれ以上作らないためにも、今あるニキビを触るのも絶対にやめましょう。 ニキビもニキビ跡も気になっても触らず、 肌を清潔な状態に保つことが大切です。 過剰な洗顔 ニキビ跡を消そうと1日に何度も洗顔している方や、ゴシゴシこすって洗顔してしまっている方。 ニキビ跡は汚れではないので洗顔では落ちません。 絶対にNGです。 1日に何度も洗顔料を使って洗顔すると、肌が乾燥してターンオーバーを乱れさせる原因になります。 洗顔は 朝と夜の2回程度がベスト。 ちなみに 洗顔料を使っての洗顔は1回に抑えるのがおすすめです。 暑い時期など日中に皮脂や汗が気になるという方は、水で優しく流すようにしましょう。

次の