ポケモンgo 対策。 【ポケモンGO】伝説レイドに「ゼクロム」襲来! 弱点と対策ポケモンはコレだ!!

【ポケモンGO】サカキ対策!勝てるポケモン・勝ちパターンを見つける攻略【スイクン登場】|ポケらく

ポケモンgo 対策

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、ガブリアスなりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [26. 59] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [115. 2] 9. 7 [109. 3] 12. 0 [105. 4] 13. 0 [104. 6] 17. 8 [104. 4] 12. 3 [104. 0] 10. 3 [103. 2] 14. 2 [102. 3] 10. 7 [101. 9] 13. 3 [100. 7] 14. 2 [100. 6] 13. 1 [99. 7] 15. 0 [99. 6] 13. 0 [99. 6] 18. 0 [98. 0] 14. 4 [97. 6] 9. 7 [96. 9] 15. 3 [95. 8] 15. 8 [93. 0] 13. 7 [92. 8] 11. 6 [92. 7] 11. 2 [91. 6] 13. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の

【ポケモンGO】GOロケット団したっぱのセリフ別使用ポケモンとおすすめ対策パーティ

ポケモンgo 対策

「ストーンエッジ」は消費エネルギーが多いのでシールド破壊には向かないが、EPTの高い「ロックオン」で 短いスパンで連発可能だ。 ドラゴン技はペルシアンに等倍相性だが、DPTが高い「りゅうのいぶき」でゴリ押ししつつ、省エネの「ドラゴンクロー」で シールド破壊も余裕で、2番手がガブリアスの場合はそのまま投入できる。 W耐性とはいえ、技の性能が良くないのでギリギリの戦いになることもあるだろうが、シールド破壊とペルシアン撃破の役割は遂行可能。 悪やフェアリーには耐性を持つが、フェアリーが弱点となるので、こちらも シールドを温存せずに使って良いだろう。 耐久性は若干劣るが、省エネのスペシャル技「ブレイズキック」によりシールド破壊はしやすい。 ただし、 地面技が弱点になるので2番手にまで出張るのは難しくなってる。 バシャーモと同じく地面技が弱点ではあるが、攻撃力が上がった状態であれば、 被弾を最小限に抑えながら突破するポテンシャルを持つ。 「れいとうパンチ」を解放しておけば2番手のカバルドン対策にも。 レガシー技の「ハイドロカノン」を覚えていない場合は、次戦のライコウ戦にも使える「じしん」でも良いが、ゲージ技の発動による硬直頻度が下がるので安定性も下がる。 単純に高い種族値の伝説ポケモンなので、ゴリ押すことができるだろう。 「ゆきなだれ」はカバルドンに効果抜群なので、ハガネールでなかった場合も様子見や、そのまま勝ちにいくこともできる。 グラードンと同じく高種族値なので、等倍相性の通常技であっても受けながらゴリ押し可。 「ソーラービーム」が一発でも当たればほぼ勝ち確定なので、ペルシアンでシールドを使わせておこう。 地面技にも耐性があるので、ドダイトスが「どろかけ」を使ってきても問題ない。 タイプ一致の弱点タイプで攻撃できる。 「でんきショック」のEPSが高いので硬直を狙いやすい。 「りゅうのいぶき」は相性等倍であるものの、与ダメージ効率がとても高い技。 シールドがないと厳しい戦いになるのは他と同様だが、あれば安定して勝つこともできる。 通常技は効果抜群タイプではないものの、省エネの草技「リーフブレード」がささる。 ゲージ技の使用スパンは長く、通常技は効果抜群ではないが、それだけでも十分エンテイのHPを削れる。 最大CPが3000にも満たないため、育成不足の場合は他のポケモンで少しでもエンテイのHPを削っておきたい。 攻撃力ダウンは4回で下限に達するので、それ以降は余裕があれば少し威力が高い「みずのはどう」がおすすめ。 ラグラージを投入する前に他のポケモンでHPを減らしておかないと、シールドが残っていても厳しい面があるため、交代硬直も狙うのがおすすめ。 サカキのライコウ対策 サカキの場合も他のリーダー対策の例にもれず、1番手のペルシアンでシールドを使わせるのがセオリー。 なお、ここではギラティナをパーティーにいれていますが、ペルシアンが「だましうち」型の場合はシールドを使わせるのもままならないので、その場合は カイリキーやルカリオなどで入り直しましょう。 キングラーへは素早くゲージ技を使用でき、硬直を狙いやすいジュカインがおすすめ。 キングラーは危なげなく攻略できるものの、続くエンテイには相性不利。 そのまま瀕死になるまで戦うのではなく、 交代して硬直を狙うと良いでしょう。 最後のエンテイは高火力高耐久なため、弱点を狙うのはもちろん、炎技に耐性を持つポケモンで必ず戦いましょう。

次の

【ポケモンGO】サカキのスイクン対策!7月のタスク内容について

ポケモンgo 対策

注意すべき技は、スペシャル技の「じゃれつく」です。 かくとうタイプを選出した際に大ダメージを受けてしまうため、シールドを使わされてしまいます。 偵察後に「じゃれつく」の個体だと確定した際は 、はがねタイプのポケモンを採用してシールドを節約する戦術がおすすめです。 はがねタイプを複合しているため、通常技のひっかくに対して耐性がある点も評価できます。 グロウパンチをシールドで防がれても攻撃が上昇するため、継続的に効率よくダメージを稼げます。 育成コストが低いため、上記2体が育っていない際は採用しましょう。 サカキのダグトリオは、じめんタイプのポケモンなので、 みず、くさ、こおりが弱点です。 じめん技が中心なので、じめん技を半減で受けられるポケモンを採用すると攻略がスムーズに進みます。 カイオーガの育成が終わっている方は、優先して編成しましょう。 3匹目に出てくるポケモンにはシールドを使われたくない方は、ラグラージを採用しましょう。 ニドキングの技構成 タイプ1 タイプ2 通常わざ スペシャル技 サカキのニドキングは「どく・じめん」タイプのポケモンなので、 みず、こおり、じめん、エスパー技は弱点です。 ニドキングの耐久がそこまで高くないため、ミュウツーなどの高火力アタッカーを採用して一気に倒しきりましょう。 カイオーガの育成が終わっている方は、優先して編成しましょう。 しかし、耐久はそこまで高くないため、シールドの使用を視野に入れた戦い方が必要です。 高火力アタッカーですが、耐久はそこまで高くないため、2重弱点のこおり技で一気にHPを削りにいきましょう。 マンムーやフリーザーを育成できていない方は、グレイシアを採用して倒しましょう。 育成難易度は高いものの、バトルリーグで活躍できますので、最低1匹は強化しておきましょう。 3匹目のポケモンの対策 スイクン タイプ1 通常技 スペシャル技 スイクンは耐久が高いため、くさ技かでんき技で弱点を突いてHPを削っていきましょう。 くさタイプのポケモンだと、スイクンのこおり技で弱点を突かれるので、基本的には でんきタイプのポケモンを採用するのがおすすめです。 でんきタイプの中で最もおすすめなので、育成が終わっている方は採用してください。 耐久は心許ないものの、高火力アタッカーとして活躍できます。 関連記事 ロケット団の関連記事 サカキ対策 注目記事• 掲示板• バトルリーグ バトルリーグ別の最強ポケモン• レイドバトル 難易度別のレイドボス対策• ロケット団• ランキング• フィールドリサーチ タスク• 初心者向け!お役立ち記事 序盤のトレーナー向け• 知っておくと便利• ポケモン図鑑• 地方別• タイプ別の技一覧• Game8公式Twitter ゲームライター募集•

次の