ルクア 牛 カツ。 牛かつ もと村 ルクア店(地図/梅田・大阪駅/食事処)

姫路駅前で気軽に牛カツが食べられる唯一のお店 かつ心 で牛カツ食べてきたぞ

ルクア 牛 カツ

専門店が数多く出店しているように、最近話題となっている「牛カツ」。 衣がサクッとしていて、カットするとほんのりと赤くて柔らかいミディアムレアの仕上がりの牛カツは、おいしいんだけどお値段がちょっとお高いんですよね…… おいしい牛カツをもっとリーズナブルに食べられたら……! そんな願いを叶えるべく、食の広報YUICHIが安いお肉を使って、お家で美味しくミディアムレアの牛カツを作るレシピをご紹介します。 ミディアムレアなさっく牛カツレシピ 《材料 1人分》• 牛肉・・・・・・・・・200g• こしょう・・・・・・・適量• 溶き卵・・・・・・・・卵1個分• ・・・・・・・・適量• 粉・・・・・・・・適量• サラダ油・・・・・・・ お肉の半分が浸る量 主役の牛肉です。 牛肉は、ステーキ用のお肉を購入すればOKです。 こちらのお肉はステーキ用のサーロインですが、約200gで500円! 今日はこのお肉を使って牛カツを作ります。 牛肉はモモでも、サーロインでも大丈夫。 切るとか、叩くとか、特別な下ごしらえは一切不要です。 (あっさり食べたい方は脂肪分が少なめなモモ、柔らかくてな食感が欲しい方はサーロインを使うといいと思います)。 この後ご説明しますが、絶妙なミディアムレアにするために必要不可欠な揚げ時間がわかりにくくなり、うまく料理ができなくなります。 塩を最初に振ると、お肉から旨みが外に出てかたくなる原因となります。 塩は揚げる直前に振るようにしましょう。 (撮影しやすいように、半分にカットしました) 溶き卵にくぐらせ、 粉をまんべんなくつけます。 、溶き卵、粉の順番は数学の公式のように覚えてくださいね! を一番最初につけるのは、余分な水分を取り去り、溶き卵をつけやすくするためです。 こうしないと、いざ油で揚げたときに衣がはがれてしまいます。 油の量は牛カツが半分くらい浸かるくらいの量で十分。 コンロの種類によっては、油の温度を設定できるので使ってみてください。 この50秒は厳守してください!! ひっくり返したら、また50秒揚げます。 どうですか、このいい感じのミディアムレアの牛カツは!? レアすぎず、ウェルダンすぎず、ミディアムレアの牛カツに仕上がりました。 このレシピさえ覚えれば、自宅でも簡単にミディアムレアの牛カツが食べられます。 個人的な感想ですが、食べるときはソースよりも醤油やゆずこしょうなど、和風の調味料と相性がいい気がします。 醤油をつけて食べてみました。 家庭で作るのは難しいイメージを持たれがちな牛カツですが、やトンカツと同じように、手軽に自宅で作ることができるんです。 スーパーに行って今日は牛肉が安い!!!というときは、メニューにミディアムレアで柔らかな牛カツを作ってみませんか? 著者プロフィール 食の広報YUICHI 1984年7月1日 県生まれ。 料理研究家、ライター。 学生時代はスペイン語を専攻、卒業後は貿易会社、翻訳会社に勤務し、料理とは無縁の生活を送る。 前職の勤務を始めた2010年、慣れないでの一人暮らしと仕事の厳しさで落ち込んで帰宅したある日、夕飯にみそ汁を作って気持ちが前向きになったことで料理が気持ちを癒す力があることを体験。 以来たくさんの料理を自炊するようになり、料理家としての活動を目指すきっかけとなる。 広報スタッフとしての経験を活かして、レシピの発信や飲食店舗の取材を通じた記事を発信している。

次の

大阪に新店が続々誕生!ブームの牛カツ定食の人気店で秘密を探る!|関西グルメスクープ|eoグルメ

ルクア 牛 カツ

御徒町駅から徒歩3分。 ヘルシーな牛かつが食べられるということで女性に人気の高いお店です。 こちらではたっぷりの彩鮮やかなサラダと共に、薄めにスライスされた牛かつをいただけます。 薄切り肉はレアの状態のため、とろけるような味わいが魅力です。 すべて国産牛・黒毛和牛を使用し、本来であれば霜の入りにくい内モモ肉の部位に霜が入った最上級のお肉を使用しているのだそう。 店主は老舗のすき焼き店で修業を積んだ実力派。 毎日、極上の牛を競り落としているから提供されるお肉は新鮮そのものなんです。 お刺身感覚で食べてられるよう、ごく短時間に高温で揚げています。 「セット「な」霜降り黒毛和牛(ライス・スープ・季節のサラダ付)」は1814円です。 新橋駅から徒歩5分ほどのところに店を構える牛かつのお店です。 店内は清潔感に加え、上品な雰囲気もあり銀座という立地にぴったりな佇まいとなっています。 赤身のおいしさを追求し、厳選した3種類の牛肉を使用しています。 30日間熟成したドライエイジングビーフや、適度な霜降りとやわらかさがあるカルビ肉など、どれもステーキや高級焼肉でいただくような一級品ばかりなんです。 職人が一枚一枚丁寧に衣づけし、約30秒の揚げ時間で最高の状態に仕上げていきます。 牛かつには珍しい牛タンのカツもあり、わさびをつけてさっぱりといただけますよ。 1日30食限定の「30日熟成牛かつ膳(100g)(ライス・スープ付)」は1980円です。 新宿駅から徒歩2分ほどの駅近くに、2017年にオープンした牛カツ専門店です。 京都発のお店で都内にも数店舗を構えています。 そのため注目度も高く、オープンの日には多くの人が訪れていましたよ。 木を基調としたシンプルな造りの店内は、清潔感があって明るいので女性にもふらりと立ち寄りやすくなっています。 カウンター席とテーブル席を完備していますので、シーンに合わせて使い分けることができますね。 ランチタイムだけでなく、ディナーにもオススメのゆったりとした空間ですよ。 気になる牛カツはミディアムレアに仕上げられています。 上品な味わいで不思議としつこくないんです。 こちらの牛カツ定食でユニークなのは、タレや塩、わさびに混じってカレーが添えられいること。 意外にもカツにちょいがけのカレーが相性抜群なんです。 ランチタイムの「牛カツ膳(並)」は1380円です。 雷門のすぐそばに店を構えるこちらの牛カツ専門店。 浅草という立地から海外からの外国人観光客の姿もよく見かけます。 地下にい入り口がああるのですが、お昼のピークの時間帯でなくともちらほらと行列ができるほどの超人気店。 浅草の他に、東京駅の八重洲などにも店舗がありますがそちらも行列のできる有名店なんですよ。 店内はカウンター席のみが8つのこじんまりとした造りとなっています。 目の前でからりと牛カツが揚げられていく様子を見ることができて臨場感がありますよ。 60秒で仕上げる牛カツは絶妙な柔らかさ。 きちんと整列された美しい盛り付けも品がありますよね。 たまり醤油でいただけば、濃厚なお肉の脂をさらに引き立ててくれますし、わさび醤油でいただけば衣をさっぱりとした印象にさせてくれます。 スタンダードな「牛カツ麦飯セット」は1200円です。 秋葉原の飲食街の一角に店を構える牛カツの専門店です。 大手グルメ口コミサイトでの評価も高く、様々な角度から注目されている有名店ですよ。 お店は地下一階にあります。 店内に入るとカウンター席がメインのようで、テーブル席は数席程度となっています。 決して広い店内ではないのですが、このこじんまりとした雰囲気と店主やスタッフとの距離の近さが人気の理由の一つなのかもしれませんね。 こちらの牛カツも60秒の揚げ時間で仕上げられます。 そのため中はかなりレアな状態で、山わさびと一緒にいただくと味が引き締まって最後までさっぱりといただけるんです。 かなり噛み応えのあるタイプなのが珍しく、柔らかめが多い牛カツ界では意見が分かれがちなのだそう。 お肉感を存分に堪能したい時にはぜひオススメです。 「牛ロースかつ麦めしセット」は1200円です。 靖国通りに店を構える牛カツ専門店です。 少し値段の張るイメージの牛カツですが、こちらのお店ではリーズナブルな価格で気軽に牛カツを味わうことができますよ。 カウンター席もテーブル席も完備しており、特にテーブル席の数が充実しているのでカップルやご家族での利用にもぴったりです。 「牛カツ定食」は1枚盛り680円という驚きの安さです。 ご飯の大盛りやお代わりもサービスで、さらに味噌汁やお新香もつくのだから、かなりコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。 こちらの牛カツの揚げ時間は30秒。 サクッとした衣にしっとりとマグロのお刺身のような噛み応えのお肉、そしてたっぷりのキャベツと迫力満点の白ご飯。 かなりのボリュームでこの価格は信じられませんよね。

次の

牛かつ もと村 ルクア店(地図/梅田・大阪駅/食事処)

ルクア 牛 カツ

専門店が数多く出店しているように、最近話題となっている「牛カツ」。 衣がサクッとしていて、カットするとほんのりと赤くて柔らかいミディアムレアの仕上がりの牛カツは、おいしいんだけどお値段がちょっとお高いんですよね…… おいしい牛カツをもっとリーズナブルに食べられたら……! そんな願いを叶えるべく、食の広報YUICHIが安いお肉を使って、お家で美味しくミディアムレアの牛カツを作るレシピをご紹介します。 ミディアムレアなさっく牛カツレシピ 《材料 1人分》• 牛肉・・・・・・・・・200g• こしょう・・・・・・・適量• 溶き卵・・・・・・・・卵1個分• ・・・・・・・・適量• 粉・・・・・・・・適量• サラダ油・・・・・・・ お肉の半分が浸る量 主役の牛肉です。 牛肉は、ステーキ用のお肉を購入すればOKです。 こちらのお肉はステーキ用のサーロインですが、約200gで500円! 今日はこのお肉を使って牛カツを作ります。 牛肉はモモでも、サーロインでも大丈夫。 切るとか、叩くとか、特別な下ごしらえは一切不要です。 (あっさり食べたい方は脂肪分が少なめなモモ、柔らかくてな食感が欲しい方はサーロインを使うといいと思います)。 この後ご説明しますが、絶妙なミディアムレアにするために必要不可欠な揚げ時間がわかりにくくなり、うまく料理ができなくなります。 塩を最初に振ると、お肉から旨みが外に出てかたくなる原因となります。 塩は揚げる直前に振るようにしましょう。 (撮影しやすいように、半分にカットしました) 溶き卵にくぐらせ、 粉をまんべんなくつけます。 、溶き卵、粉の順番は数学の公式のように覚えてくださいね! を一番最初につけるのは、余分な水分を取り去り、溶き卵をつけやすくするためです。 こうしないと、いざ油で揚げたときに衣がはがれてしまいます。 油の量は牛カツが半分くらい浸かるくらいの量で十分。 コンロの種類によっては、油の温度を設定できるので使ってみてください。 この50秒は厳守してください!! ひっくり返したら、また50秒揚げます。 どうですか、このいい感じのミディアムレアの牛カツは!? レアすぎず、ウェルダンすぎず、ミディアムレアの牛カツに仕上がりました。 このレシピさえ覚えれば、自宅でも簡単にミディアムレアの牛カツが食べられます。 個人的な感想ですが、食べるときはソースよりも醤油やゆずこしょうなど、和風の調味料と相性がいい気がします。 醤油をつけて食べてみました。 家庭で作るのは難しいイメージを持たれがちな牛カツですが、やトンカツと同じように、手軽に自宅で作ることができるんです。 スーパーに行って今日は牛肉が安い!!!というときは、メニューにミディアムレアで柔らかな牛カツを作ってみませんか? 著者プロフィール 食の広報YUICHI 1984年7月1日 県生まれ。 料理研究家、ライター。 学生時代はスペイン語を専攻、卒業後は貿易会社、翻訳会社に勤務し、料理とは無縁の生活を送る。 前職の勤務を始めた2010年、慣れないでの一人暮らしと仕事の厳しさで落ち込んで帰宅したある日、夕飯にみそ汁を作って気持ちが前向きになったことで料理が気持ちを癒す力があることを体験。 以来たくさんの料理を自炊するようになり、料理家としての活動を目指すきっかけとなる。 広報スタッフとしての経験を活かして、レシピの発信や飲食店舗の取材を通じた記事を発信している。

次の