更年期 障害 症状。 更年期障害について

【更年期障害の症状】女性50代がうまく乗り切るつの対策とは?

更年期 障害 症状

40代女性に多い更年期障害の症状 代表的な更年期の症状とは 多くの女性は40代後半になる頃に更年期障害の症状が出てくるようになります。 更年期障害というのは、閉経前になり女性ホルモンの分泌量が低下することで体に様々な影響を及ぼす症状のことです。 その頻度や症状の度合いなどは人それぞれなのでひとくくりにすることは出来ませんが、特に多いのが下記の3つです。 ほてり、のぼせ、多汗 まず、代表的な更年期障害の症状は、火照り(ホットフラッシュ)です。 女性ホルモンであるエストロゲンには、自律神経を司る働きがあります。 ホットフラッシュは、エストロゲンの低下で自律神経がうまく働くなくなることで体温の調節ができなくなり、ほてりや多汗につながります。 具体的に、更年期のほてりは熱も無いのに顔や身体が急にカァーッと熱くなり、冬の寒い時期でも身体からじわりと汗をかいてしまったりもします。 外出時だろうと夜中の就寝中だろうと急に起こることが多い頻度の高い症状です。 ほてりと一言で言っても、この症状の辛さは経験している本人でなければ分からないほど大変な症状で、言ってみれば何日も微熱があるような状態がずっと継続する状態です。 それが常に身体がだるかったりするので、かなり辛いという症状です。 対処法としては、ホルモン補充療法や低用量ピルの服用、 エクオールのサプリメントの摂取が効果的です。 イライラや落ち込み そして次に多いのが、 精神的な落ち込みや意味も無くイライラが続いたりするという症状です。 気持ちの不安定さも女性ホルモンの急激な減少で自律神経が適切に働かなくなることで、精神的な不安定な状況を起こしやすくなります。 こういった精神不安は、 なるべく外に出るようにして家族や友人などと積極的に関わるようにすることで充実した時間を作ることが出来、気分を上向きにする効果があります。 家に閉じこもって感じを淡々とこなすという生活は、このような精神不安定を引き起こす一番の要因になりうるので、面倒だと感じても自分を奮い立たせて外部との人間関係を保って行く努力が大切です。 疲労、肩こり、頭痛 3番めに多い症状が疲労感や肩こりです。 とにかく疲れやすい、たくさん睡眠をとっていても朝起きると疲れが全然取れていないなどが主な症状です。 疲労感がなかなか取れないのは夜間の睡眠の質が低下しているという事の現れだと言えるでしょう。 女性ホルモンの低下により夜中の睡眠障害なども知らないうちに起きていたりしますし、火照りで安眠が出来ないため、しっかりと睡眠を取れていないという可能性もあります。 これらが代表的な更年期障害の症状です。 更年期の症状は個人差があるため、辛くてもあまり他人の理解が得られない場合が多くあります。 しかし、様々な身体のトラブルを思い詰めたりせず、気負わず、気楽な気持ちでエクオールのサプリや漢方薬、エクササイズなどを上手に取り入れながら更年期をうまくやり過ごして行く事が大切です。 それらを試しても、改善が見られず苦しい場合は婦人科でホルモン補充療法(HRT)を行うようにしましょう。 あまりにひどい症状は病院へいきましょう 自分でいろいろ試しても症状が全く治まらない場合は、やはり医療機関に行くのが良いでしょう。 いきなり西洋医学では敷居が高い場合、漢方医療を行っている病院もあるので試してみて下さい。 保険診療してくれる病院も多く、費用の面でも安心です。 医療機関での更年期対策で効果が高いのがホルモン補充療法、低用量ピルの服用、漢方薬などです。 特にホルモン補充療法や低用量ピルなどで欠乏したホルモンを補充するこの療法の効果は劇的です。 ただし、効果がある分、副作用もありますのでお医者さんに相談しながら決めましょう。 更年期障害の体験談 43歳 主婦の場合 更年期障害ではないかと意識し始めたのは40代の中頃でした。 毎日とてもだるくて朝起きても家事をするのが億劫で、一日中ぼーっとしているようになりました。 最初の頃は風邪のひき始めかなにかだろうと軽く考えていたのですが1週間経っても、さらには1ヶ月経っても一向に体調が向上してくることがなく、初めてこれはおかしいと気づきました。 そんな時に同年代の友人に相談してみたところ、彼女が話してくれた体験談はまさに私が悩まされていた症状と合致したので驚きました。 彼女いわく、更年期障害の緩和方法は食生活で大豆食品を多く摂ること、サプリを毎日摂ること、そして毎日10分でもいいのでウォーキングをして体を動かすことなどが最も効果があるとアドバイスしてくれました。 それ以来、毎日のウォーキングとエクオールのサプリを習慣としていますが、現在は以前のようなひどい倦怠感もかなり改善されて毎日の家事も辛くなくなり、更年期以前の元気を取り戻しつつあります。 更年期障害の体験談 49歳 看護助手の場合 若いころから健康や体力だけは自信があり、というかそこしか自慢できるものは無かったと言った方が良いかもしれません。 そんな私なので、周りの友人などが更年期の話をし始めても、どこか私だけは大丈夫という変な自信がありました。 49歳になってすぐのことです。 朝起きたとにいきなり異変を感じました。 何となく立ちくらみのようなものを感じたのです。 でも、その時は一瞬で終わりましたので、気のせいだったかなという程度でした。 それから2,3日後ふと食事を食べていてまた次の異変を感じました。 何を食べても味がしないというか、全く味がしないわけではないのですが味覚がかなり鈍いのです。 何となくは感じるけど、こんな鈍くはなかったはず!!と思い、試しに台所にあった食卓塩をそのまま舐めてみました。 すると、やはり全然塩味を感じなくなっていたのです。 続いて砂糖も舐めてみましたが、砂糖もやはりかすかに遠いところで甘みを感じるにすぎませんでした。 そういえば、数か月前に閉経を迎えたところでした。 ショックを受けながらも婦人科に相談に行き、症状を話すとやはり更年期の症状で味覚が減退することがあるそうです。 私のような味覚障害は割とまれな方で、良く診られる症状は、ほてり、のぼせ、急な発汗、動悸、めまいなどだそうですが、その症状は多岐にわたっているそうです。

次の

更年期障害の症状まとめ!40代以降の女性を襲う辛い症状まとめ

更年期 障害 症状

スポンサードリンク 最近、 若年性更年期障害 というものも耳にするようになってきて 自分は大丈夫なのだろうか…?と 不安に思っている人もいるのではないでしょうか。 今回はそんな若年性更年期障害の症状をチェック! またもし該当するならば 何科を受診すればいいのでしょうか? 若年性更年期障害の症状をチェック! 更年期障害というのは おそらくほとんどの人が耳にしたことがある言葉ですよね。 自分の親が更年期障害に悩んでいる という人もいると思いますし 自分自身がそうであるという人もいると思います。 しかし、そんな更年期障害は 閉経間際になって初めて起こるものなだけに まだ20代30代世代の人にとっては 遠い先のことというイメージが強いでしょう。 そんな最近、よく耳にするのが 若年性更年期障害という言葉。 若年性というのは若い世代に値するために 若いうちでも更年期障害になってしまうの!? と少しドキっとしますよね。 もちろん更年期障害そのものとは 別物ではあるものの 似ていると言えます。 更年期障害というのは 閉経が近づく女性に起こるもので ホルモンバランスが急激に変化をすることによって 起きてしまうものです。 その際に急激に成分が減ってしまうのが エストロゲンというものなのですが 20代、30代の中にも 極稀にエストロゲンが低下をしてしまい ホルモンバランスが崩れてしまうこともあるのです。 そうなると若年性更年期障害となってしまい 更年期障害に似た症状が引き起こされてしまうのです。 では早速 若年性更年期障害の症状チェックをしていきましょう。 ・月経不順がある ・肌荒れがひどい ・便秘や下痢気味である ・イライラしてしまう ・気持ちの浮き沈みが激しい ・食欲が無い ・体重の変化が激しい ・抜け毛・白髪が増えた スポンサーリンク 何科を受診するの? 若年性更年期障害の可能性がある となったときにいざ病院に行こうと考えてみても 何科を受診すればいいのかわかりませんよね。 ストレスを発散することによって 症状が解消されるものもあるので 病院に行く前に自分で出来る限りのストレス発散をして様子を見る というのも1つの手段。 しかしそれでも症状が改善されない場合や ストレス発散をすることができない ストレスを感じていないという人は 病院に行って一度受診をすることをオススメします。 症状の中には体調不良のようなものも含まれているので 内科を選びがちになってしまいますが ここは 婦人科一択で。 婦人科というと 女性専門であり、妊娠や不妊治療…というイメージが強く 行きづらいという人も多いかもしれません。 しかし女性にまつわる病気を扱うところでもあるので 一度行ってみると心強い味方になってくれます。 もしかしたら月経不順などの症状は 他の病気が関係していた なんてこともあるので 症状が酷い場合にはそういった時のためにも 行ってみるといいでしょう。 さて、最後に 若年性更年期障害にならないためにしておきたいこと について見て行きましょう。 女性の体はホルモンバランスが崩れやすく 若年性更年期障害になりやすいと言えますが 更年期障害と比べて症状は軽く、改善模することが出来るため 未然に防ぐこともできるものです。 普段からストレスを溜めないということは一番ですが 正しい生活リズムやバランスの摂れた食生活 ということを意識すれば 若年性更年期障害になりにくくなるので 意識して日々過ごしていきましょう。

次の

40代・50代女性の更年期障害の症状

更年期 障害 症状

この記事は約 4 分 36 秒で読めます。 更年期障害では、動悸やホットフラッシュなどの体の症状にスポットが当たりがちですが、あわせて気にしていきたいのは 精神的な症状です。 重いものや、重症のものになると情緒不安定から暴力をふるうことになってしまったりすることもあります。 精神的な症状も、更年期障害から起こるものであれば、しっかり治療をすれば軽減したり、改善したり、悩むほど深刻化することもなくなります。 更年期障害からの精神的な症状を重いものにしたり、重症化させてしまって自分だけでなく、 家族や周囲の人まで悲しい気持ちにさせないためにもしっかりと治療をしたり改善の手を施したりするようにしましょう。 更年期障害から起こる精神的な症状にはどんなものがある? 更年期障害は女性ホルモンのバランスが崩れる(具体的にはエストロゲンの分泌が減少する)ことによって、女性の身体が心身ともに健やかに保つことが難しくなる期間のことを指します。 一般的には多くの女性が45歳~55歳くらいまでの10年間に、更年期による何らかの不調を経験すると言われています。 身体的な症状というのは自分でも「更年期のせいかな?」と気づきやすいのですが、精神的な症状についてはそれが更年期によるものだと気づかずに治療をすることをせず、症状が重いものになったり重症化したりすることも少なくありません。 こうした重い精神的な症状になってしまわないためには、更年期による精神的な症状にどのようなものがあるかを知っておくことはとても大切です。 情緒不安定 更年期障害からくる精神的な症状の代表的なものには「情緒不安定」があります。 女性が更年期になっている時期というのは、親の介護問題や子どもの将来のこと、夫の仕事のこと、そしてもちろん自分の仕事や老後のことなど、色々と気にかかることが噴出する時期でもあります。 ですから、つい自分の情緒不安定を「 周囲の環境のせいだろう」とする人が多くなるんですよね。 しかし、この時期の女性の情緒不安定問題について、本当の根っこは「更年期障害」だったりするんですよね。 では更年期障害によって起きてくる情緒不安定には具体的にどんな症状があるかというと…? 止まらないイライラや焦燥感 更年期障害によるイライラや焦燥感の特徴は「常にイライラしてしまう」とか「ちょっとしたことでイライラが爆発してしまう」ということにあるでしょう。 普段なら(もしくは以前なら)特に気にならなかったことについて妙に目についてイライラしてしまうとか、今まで子どもや夫がすることでも許せた内容がどうしても許せなくなる…などですね。 そして何よりは「 自分でもおかしいと思っているのにそのイライラが止まらない」ということも更年期障害におけるイライラの特徴と言えるでしょう。 ただ、こうしたイライラや焦燥感というのは月経前症候群(PMS)で悩まされたことがある人は、似たような症状を感じたことがあるかもしれません。 そうした人は、40代半ばから感じ始めるイライラも(まだ閉経前だった場合は)「 いつもの月経前のイライラかな」と流してしまいがち。 でも40代半ばくらいになっていたら、閉経をしていなくてもイライラが続いたり、焦燥感で苦しい気持ちになるのであれば、更年期専門外来や婦人科に相談に行くことをおすすめします。 他には、イソフラボン配合のサプリを飲むとか、納豆などの大豆製品を積極的に摂るなどして、女性ホルモンのバランスをできるだけ崩さない努力をすることも大切です。 家族と同居している人は「あなた最近イライラしすぎじゃない?」と家族の誰かに指摘されるようになったら、そのことをきっかけにして 自分の身体と向き合うことが大事です。 「あなたのせいでイライラするのよ!!」なんて売り言葉に買い言葉なことをしていると、せっかくの家族関係を壊してしまいかねません。 更年期の精神不安や情緒不安定によって夫婦関係が破たんしたり、家族がみんな疎遠になることも実は少なくないと言います。 あなた自身の心身と、大切な家族を守るためにも、イライラや焦燥感が続くときは「もしや更年期?」を疑うことは大事ですよ。 すぐに病院に行くことが難しい…という人は、更年期に効果のあるサプリを飲むことから始めるのも良いですよ。 重い症状でなければ、サプリでも充分効果を感じられる人は多いのです。 抑うつ症状 更年期障害からくる精神的な症状も重いものになると「 うつ病」へと発展することは少なくありません。 イライラや焦燥感を強くなるのは女性ホルモンであるエストロゲンの減少が主な原因とされていますが、このイライラや焦燥感を放置しておくと、どんどん気持ちが悪循環に取り込まれて、最終的には抑うつ状態からうつとなってしまうのです。 更年期による「抑うつ」や「うつ」については、「更年期による抑うつ・うつ」の詳細ページがありますので、そちらに詳しくお伝えしていますので、ぜひそちらを参考にしてくださいね。 とにかく、更年期による情緒不安定は放置しておくと良い結果を生むことはないということだけは、しっかり頭に入れておいてくださいね! 不眠などの睡眠障害 更年期障害の原因にエストロゲンという女性ホルモンが関わっていることは何度かご紹介してきました。 このエストロゲンというのは、「自律神経」にも作用をしていて、女性にとっては健康的な生活や心身を維持するためにとても大切なホルモンと言えます。 自律神経というのは「交感神経・副交感神経」という2つの神経のことを指しているのですが、この2つの神経というのは人間の「緊張」や「リラックス」のバランスを保つ非常に重要な神経なのです。 人間は緊張しっぱなしでも、逆にリラックスしっぱしでも健康的な生活は送れません。 適度に緊張があり、適度にリラックスがあることが大切なのですね。 しかし、このバランスが崩れると上手にリラックスができずに 睡眠に障害が出てきます。 更年期による睡眠障害や不眠については別に詳細ページを設けているので、そちらを参考にしてみてください。 ただ、ここで必ず知っておいてもらいたいのは、更年期障害では「不眠」や「睡眠過多」などの睡眠障害が起こることがあるということです。 何だか眠れない、何だかいつも眠い…こうした症状は個人の努力不足などが原因でなく、更年期障害が原因のことがあるのです。 1人で悩まずに、症状が軽くなるような方法を専門家と見つけたり、経験者にアドバイスをもらうのは大事ですよ。 暴力 更年期障害とは違うのですが、認知症になった人というのは以前のその人を知る人がびっくるするくらい暴力的になることがあります。 元気なころのその人は丁寧で礼儀正しく、決して声を荒げるようなことはなかったのに、認知症が進んでいくにつれて、これまでに聞いたこともないような暴言を吐いたり、ちょっとしたことで暴力を振るったり暴れたりするようなことがあるのです。 これは認知症という病気のために、脳にある感情や行動を制御する部分が萎縮したり機能しづらくなることで起こる現象と言われています。 ただ、病気とわかっていても、やはり毎日介護をする人や家族にとってはこうした暴力はツライものですよね。 更年期障害でも、エストロゲンというホルモンが減少することで必要以上に攻撃的になったり、怒りやすくなったりすることがあります。 これまでなら許せたことが許せずに口論になったり、自分の行動が制御できずに暴力を振るってしまうことがあるのです。 こうした暴力的な行動が、更年期障害によるものだとわかっていれば、少しは周りの見方も変わってくるかもしれません。 しかし、そうしたことを知らなければ「急に人が変わったようだ」というだけで 周りの人はどんどんあなたから離れていってしまいます。 また、暴力というのはそのまま「傷害」などの罪なることだってあるのです。 自分の人生も家族の人生も守るためには、暴力を振るいそうな自分がいることに気づいたらすぐに治療を始めることが大事です。 もし治療をしていても、どうしても爆発したくなった時は、クッションや枕など叩いたり蹴ったりしても大丈夫なものを決めて、そうした物に発散しましょう。 それでも足りない!という場合は、いっそのこと ダイエットや健康維持もかねてボクササイズなどを始めることも良いでしょう。 とにかく暴力は自分にも他人にも向かわないように、これだけはきちんと努力をして制御するようにしなければなりません。 統合失調症 ここまでにご紹介してきた「情緒不安定・睡眠障害・抑うつ・暴力」などは、更年期が原因のものだけではありません。 こうした更年期障害からの精神症状によく似た病気に「 統合失調症」という病気があります。 統合失調症という病気、聞いたことがありますか? 統合失調症の主な症状には「幻覚」「妄想」「興奮」「意欲低下」「感情の起伏の喪失」「引きこもり」などがありますが、これだけではありません。 統合失調症というのは様々な精神症状を呈する病気なのです。 詳細に関しては「更年期障害とよく似た病気」という詳細ページがあるのでそちらをぜひご参考くださいね! ここでお伝えしたいのは、更年期障害からの精神不安定だと思って治療を受けていてもよくならない場合などがある時は、1度セカンドオピニオンとしてでも 心療内科を受診することをおすすめしますということですね。 更年期障害からの精神的な症状にはどんな方法が効果あり?? 更年期障害で何か精神的な症状がみられてきた場合、重いものや重症化したいる場合でなければ更年期に効果のあるサプリなどを試してみることから始めるのも良いですよ。 というのも、更年期で精神的な症状に気づいた際でも、すぐには病院を探して受診することができるという女性ばかりではないからですね。 そして、ちょっとしたイライラや情緒不安定などのときはすぐに病院に行くことを考える人が多くないということが挙げられます。 もし家族の人で、妻や母親に対して「 あのイライラはもしや更年期なのでは?」と気づくことがあれば、「健康にいいよ」ということで更年期に効果のあるサプリをプレゼントするのも良いでしょう。 他には、食事に納豆を必ず取り入れるようにしてみるとか、豆乳を飲む機会を増やすなどエストロゲンに似た食物を積極的に取り入れるようにすると軽めの精神的症状ならある程度抑制することができるようになりますよ。 人気の記事• あなたは「更年期」という言葉だけ聞いて、どのくらいの年齢の人を思い浮かべますか? きっと多くの人... 39,064件のビュー• 日本人女性の50代と言えば、更年期真っただ中の人が多い時期です。 特に50代前半となると更年期の... 33,609件のビュー• 更年期障害では、動悸やホットフラッシュなどの体の症状にスポットが当たりがちですが、あわせて気にしていき... 28,453件のビュー• もし、あなたが月経以外に不正出血を経験したら、恐らくあなたは「心配だな…(産)婦人科へ行った方がイイか... 22,027件のビュー• 更年期を迎えた時期に妊娠をすることはあるのでしょうか? それに閉経に伴う症状と妊娠した時の症状が似て... 13,107件のビュー.

次の