右 脇腹 後ろ 痛み。 右脇腹の痛み 原因と病気との関係性は?

脇腹のしこり、腫れの原因は?痛い、痛くない場合は?何科で治療できる?

右 脇腹 後ろ 痛み

右脇腹が時々チクチクと痛い、違和感を感じる、咳をすると痛くなるといった症状がある。 少し様子を見ても改善されてないと原因が分からず誰でも不安になりますよね。 一口に脇腹の痛みといっても、右と左で原因が違う場合もありますし、男性と女性でも症状が異なる時がありますので、詳しいことは病院で検査を受けたり、相談するのが一番ですが、やはり自分自身の身体のことですから、事前に学んでおくことは大切だと思います。 ご存知のようにお腹周辺には生命維持や健康を左右する重要な臓器や神経が沢山あります。 緊急を要する痛みの場合もありますので、適切な対応をすることが重要です。 どんな原因の可能性があるのか、一緒にみていきましょう。 痛みで悩んでらっしゃる方の道しるべになりますように。 右脇腹の痛みの原因とは? では、右脇腹の原因について見ていきましょう。 筋肉痛 右脇腹の筋肉に筋肉痛が発生していると痛みを感じます。 右脇腹自体、普段あまり負荷がかからない場所ですので、少し負荷が加わっただけでも筋肉痛が起こることがあるのです。 筋肉痛は、筋繊維が断裂して炎症が起きている為発生する痛みですので、無理をせず安静にしておくと、1週間程で徐々に痛みも和らいできます。 この場合はそんなに心配することはありません。 しかし痛みが長引いたり、痛む場所が変わったりするようであれば念のため、病院で検査を受けましょう。 便秘 便秘でも右脇腹が痛くなることがあります。 腸にガスが溜まり、その後脇腹へ痛みが広がっていきます。 慢性的な便秘を放置した結果、急激に痛くなるといったケースが多いようです。 ガスが溜まるのは排便できずにいる便が腐っていく過程で発生しているので、かなり重症だと言えます。 便秘だからといって軽視せず、適度に水分を取り、バランスの良い食事と適度な運動を心がけましょう。 帯状疱疹 皮膚がピリピリとした痛みを伴う場合は帯状疱疹が考えられます。 帯状疱疹は、子供の頃水ぼうそうにかかった時の原因となったウイルス菌が身体の神経節に潜状していて、ストレスや日常的な疲れなど抵抗力が落ちている時に、その菌が神経を伝って皮膚に出てくる病気です。 症状としてはピリピリとした神経痛が右あるいは左半身に出たり、虫に刺されたような腫れが起こります。 痛みが片方だけに出ることが多いのが特徴です。 帯状疱疹の痛みの感じ方も個人差があり、ほとんど痛みを感じない方もいれば、あまりの痛さに眠れなくなるまで様々ですが、多くの方は奥の方でチクチクとした痛みを感じるようです。 帯状疱疹は早めに治療を行うことが大切な病気です。 治療が遅れると、帯状疱疹後神経痛という後遺症が残ることもありますので、早めに病院(皮膚科)に行きましょう。 胆石症 胆石症は、胆嚢(たんのう)、胆管、胆道のいずれかの器官内に石が作られる病気です。 石ができる場所によって、「肝内肝管結石」「総胆管結石」「胆嚢結石」と区別して呼ばれますが、原因や症状は同じです。 症状としては、右脇腹から背中にかけての痛み、激痛があげられます。 時に脇腹の痛みは食後に現れることが多く、長い方は痛みが1時間以上続く方もいらっしゃるようです。 胆石症になる主な原因はコレステロールが結晶化して石になるケースが一番多く、その他には食べ過ぎや、油の摂取過多、ストレス、不摂生などがあります。 症状が軽い場合は溶解療法といって、半年から1年ほどかけてゆっくり石を溶かす方法が一般的です。 他には手術やレーザー治療などもあります。 食後に激しい痛みを感じた場合は、すぐに病院に行って、適切な処置を受けましょう。 くれぐれも我慢は禁物です。 腹膜炎 腹膜とは腹腔内を覆っている膜で、通常、腹腔内は無菌状態になっているのですが、腹膜炎とはその腹膜が細菌感染をしてしまい、炎症を起こすことを言います。 症状としては、まず右の脇腹など部分的に痛みを感じ、次第にその痛みの範囲が広がっていきます。 痛みが発生する前に腹部に違和感や不快感が発生し、痛みが発生すると激しい痛みになります。 人によっては、吐き気や頻脈、発熱などを伴うこともあります。 症状が悪化すると、脱水状態やショック状態に陥り、最悪命を落とす可能性のある怖い病気です。 なので、症状に気付いたらすぐに病院へいって、適切な処置を受けて下さい。 また腹膜炎は同時に他の病気を併発していることも多く、急性虫垂炎や急性胆嚢炎などの臓器の病気が起きた際に発症することがあります。 治療法としては、細菌を消滅する為の抗菌薬を用います。 しかし他の病気の合併症が原因の場合は、根本となる病気の治療が優先となります。 どちらにしても、こちらも早めに病院を受診しましょう。 尿路結石 尿路結石とは、文字通り尿の通り道である尿路に結石が発生する病気です。 症状としては、脇腹、下腹部、腰回りに疝痛発作(せんつうほっさ)と呼ばれる激しい痛みが発生します。 悶絶の痛みだと言われています。 その他にも吐血や血尿といった症状が出ることもあります。 尿路の細菌感染、水分不足、過度のストレス、暴飲暴食が主な原因だと言われており、最近では10人に1人の割合とこの病気になる人が増加しています。 排尿する回数が極端に少ないと菌にも感染しやすくなります。 また結石の原因となるのが、シュウ酸やカルシウムの過剰摂取です。 清涼飲料水やコーヒー、アルコール類の過剰摂取は控えるようにしましょう。 尿路結石になった場合は、泌尿器科を受診します。 症状が軽い場合は、自然に治す「自然排石」での治療になりますが、結石が大きくなっている場合は手術を行う場合もあります。 尿路結石は再発頻度が高い病気ですので、一度なってしまった方は特に食生活や生活習慣を見直すようにしましょう。 がん 大腸がん、肝臓がん、腎臓がんの場合、右脇腹に痛みを感じることがあります。 この中でも大腸がんは発症する人が多く、あまり自覚症状のないまま進行する人も少なくありません。 この場合なかなか早期に気付くことは難しいですが、発見が遅れると他の部位に転移する可能性もあり、リスクが高まります。 軽い症状であっても、違和感を感じるようであれば病院で検査を受けましょう。 男性、女性で多い病気はどんな病気? 男性、女性でかかりやすい病気、特有の病気もあります。 男性の場合は、最近増加傾向のある胆石症、尿路結石などがあります。 やはり食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどが大きく影響しているようです。 女性では、便秘の他に子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)や子宮内膜症も考えられます。 子宮筋腫は子宮平滑筋(しきゅうへいかつきん)という子宮を支える筋肉の部分的な増殖による良性の腫瘍です。 腰や右脇腹に突っ張るような痛みが出たり、生理が長引いたり、残尿感を感じたりします。 子宮内膜症は月経周期にあわせて出血を繰り返すその過程で炎症性の癒着を引き起こす病気です。 妊娠をしていない女性に多く見られます。 腹膜で起きれば腫れが拡大し、周囲との癒着を引き起こして脇腹や下腹部の痛みとして現れ、卵巣に起きれば卵巣内膜症膿疱(らんそうないまくしょうのうほう)を起こし、月経とは無関係に痛みが生じます。 またがんなどの悪性腫瘍も考えられますので、定期的な検診など婦人科検診を受けるようにしましょう。

次の

右脇腹の痛み!背中側に鈍痛

右 脇腹 後ろ 痛み

背中の痛みの多くは骨・関節・筋肉などの運動器系が原因となっています。 ただし、中には重大な疾患のサインとして背中の痛みがでている危険性もあります。 次のような症状がある場合は、すぐに病院を受診してください。 ・突然痛み出し、痛みがだんだん強くなっている ・背中だけでなく胸の痛みがある ・痛む場所が移動する ・血尿が出たり、排尿の際に痛みがある 背中の痛みの原因の多くは、背中の筋肉の疲労によるものです。 軽度の痛みが慢性的に続く、あるいはときどき痛みが起こるといった場合は、筋肉の疲労が原因である危険性が高くなっています。 背中の痛みの代表ともいえるのが「肩こり」です。 頭と腕を支える肩の負担は大きく、筋肉が極度に疲労したり緊張状態に陥いると肩こりが起こります。 肩こりの主な症状は肩~首筋にかけての張りや痛みですが、悪化すると背中の筋肉にまで痛みが及ぶことがあります。 脚を組む癖があったり、立つときに体の右側に重心を置く癖がある人は、背中の真ん中だけでなく、右側にも痛みが現れやすくなります。 また、長時間同じ姿勢をとり続けることで無意識に右肩の負担を増やしている場合も、右側の背中に痛みが起こります。 日頃の姿勢が引き金となり、体に歪みが生じていることが痛みの原因のため、デスクワークや立ち仕事などで右に重心を置く姿勢が癖になっていないかチェックしてみましょう。 骨・関節・筋肉などの運動器系の疾患は、ときに神経を圧迫して背中の痛みを引き起こすことがあります。 背中の痛みを引き起こす代表的な疾患には、次のようなものがあります。 椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニアは背骨のパーツ(椎骨)をつなぐ椎間板の組織の一部が飛び出す病気で、神経を圧迫することで痛みやしびれの症状がでます。 20~30代と比較的若い人にもみられるのが特徴的です。 腰部脊柱管狭窄症 60歳以上の人に多くみられる腰部脊柱管狭窄症は、脊椎にある脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることで痛みが生じます。 神経の根元が圧迫される「神経根型」と呼ばれるタイプだと、左右どちらかに痛みが起こりやすくなっています。 安静にしていても痛みを感じる場合は、内臓の疾患のおそれもあります。 背中が痛く内臓疾患が疑われる場合は、早めに病院の内科を受診しましょう。 背中の右側が痛い場合は、次のような原因が考えられます。 肝臓の病気 肝臓は腹部の右上にある臓器です。 「働き者の臓器」とも呼ばれ、食べ物に含まれる栄養の代謝や、不要物を排出する胆汁の生成などを行っています。 背中の右側に痛みが起こるほか、倦怠感、発熱といった風邪のような症状がみられます。 肝炎の原因にはウイルスの感染やアルコールの過剰摂取などがあります。 背中の右側に痛みが起こるほか、右上の腹痛、お腹が膨らむ腹水、倦怠感、食欲減退、皮膚が黄色くなる黄疸といった症状がみられます。 胆のうの病気 胆のうとは、肝臓で生成された胆汁を溜めるための臓器です。 背中の右側に痛みが生じた場合、胆のうの病気が原因である危険性があります。 40~50代の女性に多くみられます。 背中の右側に痛みが起こるほか、吐き気や嘔吐、39度以上の高熱といった症状が現れることがあります。 背中の右側に起こる痛みは鈍痛であることが多く、右上腹部にまで痛みが及ぶことがあります。 ほかには39度を越える高熱や吐き気・嘔吐といった症状が現れることがあります。 十二指腸などの病気 背中の右側の痛みは十二指腸の病気のサインである危険性があります。 さらに中央にかけて痛みが広がっている場合は大動脈解離の疑いもあります。 粘膜が傷付けられたり、組織が失われると十二指腸潰瘍になってしまいます。 十二指腸潰瘍による背中の痛みは右側の上腹部~肩にかけて起こりやすく、鈍痛が特徴です。 症状が悪化すると激痛が走ったり、圧迫感もみられます。 他の病気と比べても背中に生じる痛みは強く、背中の真ん中から下へ向かって痛みが移動するという特徴があります。 放置すると意識消失・麻痺などが起こるほか、心筋梗塞や脳梗塞といった合併症も起こすおそれがあります。 腎臓などの病気 腎臓は左右にひとずつある臓器です。 右側だけが病気にかかると、右側の背中に痛みが起こることがあります。 背中の痛みのほかには、頻尿、残尿感、高熱、腰痛といった症状もみられます。 また、膀胱炎の症状が悪化したときに起こるケースも多いです。 右側の背中の痛みは、右側の尿路に結石ができることで生じます。 対処が遅れると、脇腹や腰周りなど広範囲に痛みがおよび、さらには下腹部痛や血尿といった症状をともなうこともあります。 中年以降の男性に起こりやすい傾向です。 背中の右側に起こる痛みにはさまざまな原因が考えられます。 背中の痛みのほかに症状がある場合は、痛みの場所を確認し、病気の疑いがある場合は早めに医師に相談しましょう。

次の

右脇腹の痛みが続く原因は?女性・男性別に疑われる病気一覧

右 脇腹 後ろ 痛み

この記事の目次• 右の脇腹の痛みの原因 では早速、右脇腹に痛みが発生する原因を紹介します。 可能性となる問題が発生する兆候や行動を取っていないか確認してみましょう。 病院で検査をする前の段階で、自分のセルフチェックで病気などの可能性を探っていきましょう。 右脇腹は日常的にあまり負担のかからない部位なので、少し負担が加わっただけでも筋肉痛が発生することがあります。 筋肉痛は、筋繊維が断裂して炎症が起きているために痛みが発生している状態です。 あまり負担のかからないように安静にしておくと、徐々に痛みも引いてくるのであまり心配することはありません。 筋肉痛が発生している場合は基本的には筋肉が傷んでいるので、痛みの症状は身体の表面に現れやすい傾向があります。 腹筋を押してみた時に痛みが増したり、筋肉を使った場合に痛みが発生するので恐らく痛みの原因は一目瞭然かと思います。 他に似ている病気などの症状もないので、しばらく安静にしてみて様子を見ましょう。 3日以内には痛みが引いてくる事がほとんどなので痛みが引いた場合はその痛みを覚えておき、筋肉痛であることを覚えておきましょう。 便秘になると、腸の中に溜まった便が腐り始めてしまいガスが発生します。 ガスが腸の中で充満していき徐々に腹部を圧迫し始めるのです。 そうなった場合は最初に腹痛が起き、ガスが小腸の方まで充満してしまうと右の脇腹に痛みが発生してしまうのです。 便秘は女性の方がなりやすく、 ・食生活の偏り ・ストレス ・生理 ・無理なダイエット などが原因で発生してしまいます。 この中でもストレスを抱えていたり、無理なダイエットを行っている女性が便秘になりやすいので、心当たりのある人は改善しましょう。 便秘の痛みは、腸が膨張してしまったときの腸のチクチク感や、老廃物が腸を通過する時に発生する腸の痛み、さらに便秘の症状によっては腸の痛みのみの症状ではなく胃の中の食物などが逆流してしまうことでの逆流性食道炎や吐き気などの症状を引き起こす場合もあります。 酷い便秘の症状では、かなり多岐にわたり身体に症状が出るので、脇腹以外にも症状が出ている場合は病院での治療が必要な便秘性過敏性腸症候群の可能性が考えられます。 あまりにも痛みが長期的に続いてしまう場合は消化器内科、胃腸科、便秘外来などを受診しましょう。 もし、患者が子供の場合は小児科でも結構です。 妊婦の場合は婦人科でも診察が行なえます。 過敏性腸症候群の原因を把握し、症状を回復していきましょう。 これらに炎症が起きて何かしらの病気が起きていることが原因で痛みが発生している可能性があります。 脇腹付近には、 ・肝臓 ・胆嚢 ・腎臓 ・大腸 ・盲腸 といった内蔵が集まっております。 内臓の病気が原因で痛みが発生している場合は、自分で治すのが困難の場合もあり、早期に対処した方が良い場合が多くあります。 下記に右脇腹に痛みが発生する病気について紹介しているので、一度目を通しておきましょう。 右の脇腹に痛みを感じる病気 ここでは右の脇腹が痛む症状のある病気を紹介します。 早期発見することで症状が悪化するのを防ぐことが出来るので、他の症状などと合わせて確認してみましょう。 胆嚢や胆管などに石が発生してしまう病気です。 石が出来る場所で「胆嚢結石」や「総胆管結石」と呼ばれ方が変わりますが、原因や症状は同じです。 症状としては、右脇腹から背中にかけての痛み、発熱といったものが挙げられます。 特に脇腹の痛みは食後に現れることが多く、痛みが1時間続く人もいるようです。 激しい痛みを感じることもあり、胆石症だとこのタイミングで気づく人も少なくありません。 原因として挙げられのが、 ・食生活の偏り ・肥満化 ・ストレス などが挙げられます。 特に、コレステロールが硬化してしまい石になり胆石症が発症する事例が増えております。 脂肪分が多い食事などは控えめにしておきましょう。 胆石症の治療方法としてレーザー治療や手術などがありますが、症状が軽い場合は、石を溶かす溶解療法で半年〜1年かけて治療することが多くあります。 症状が悪化する前に病院へ行って治療した方が治りが早くなるので、激しい痛みを食後に感じている人は病院へ行きましょう。 この腹膜に菌が感染してしまうことで発症するのが腹膜炎です。 腹膜炎の症状として、右の脇腹が痛みだして徐々に範囲が広くなります。 さらに、吐き気や発熱といった症状が現れます。 痛みが発生する前に、腹部に違和感や不快感が発生することがありますが、痛みが発生すると、激しい痛みになる事が多く我慢できないほどです。 症状が悪化してしまうと、脱水症状やショック状態になる恐れがあり、命にかかわることもあります。 他の病気が起きている時に同時に発生してしまうことが多く、急性虫垂炎や急性胆嚢炎などの臓器の病気が起きた際に発症することがあります。 それ以外にも、外部からの刺激により、腹膜内の臓器が損傷を受けて炎症が起きることもあります。 治療方法としては、細菌をやっつけるための抗菌薬を用います。 しかし、他の病気の合併症が原因の場合は、根本となる病気を治療することが優先となります。 どちらにせよ、病院へ行っての治療になるので、症状が悪化する前に治療を受けましょう。 こちらは文字通り、尿の通り道である尿路に結石が発生するという病気です。 尿路結石の症状として、脇腹・下腹部・腰回りに疝痛発作と呼ばれる痛みが発生します。 悶絶するほどの激しい痛みが発生し、かなり苦しむことがあります。 その他にも吐血や血尿といった症状が現れることがあります。 尿路結石になる人は増加しており、10人に1人の割合と言われております。 原因は様々ですが、 ・尿路の細菌感染 ・水分不足 ・過度のストレス ・暴飲暴食 といったものが日常生活では挙げられます。 生活習慣が悪く尿に行く回数が少ないと、菌にも感染しやすくなります。 規則正しい生活を心がけて、尿路結石になるのを予防することが大切です。 また、結石の原因となるのが、シュウ酸やカルシウムの過剰摂取です。 清涼飲料水やコーヒー、アルコール類の過剰な摂取は控えて、麦茶やほうじ茶などを多めに飲むようにしましょう。 尿路結石になった場合は泌尿器科を受診することになります。 症状が軽い場合は、自然に治す「自然排石」での治療になりますが、結石が大きくなっている場合は手術を行うこともあります。 右の脇腹に痛みが発生する場合考えれるがんは、 ・大腸がん ・肝臓がん ・腎臓がん になります。 この中でも大腸がんは発症する人が多いがんになります。 腹部に違和感を感じるなどの症状がありますが、自覚症状のないままがんが進行する人も少なくありません。 大腸がんについては、の記事に詳しく記載してあるので読んでみてください。 肝臓がんは脇腹の痛み以外の症状として、発熱や貧血などの症状が現れることがあります。 腎臓がんは、血尿や腫瘍といった症状が現れることがあります。 なかなか早期に気づくことが出来ない場合もありますが、発見が遅れてしまうと他の部位に転移してしまい取り返しのつかない場合もあります。 軽い症状であっても、脇腹の痛みや違和感がある場合は一度病院へ行きましょう。 皮膚の表面や、皮膚のすぐ下の皮下の部分でチクチクするような刺すような痛みが発生している場合は帯状疱疹の皮膚症状の可能性が考えられます。 子供の頃に多くの人が経験したことのある水疱瘡の原因となるウイルス菌が神経節や神経細胞に侵入することで発症するものです。 普段の免疫力の高い状態のときにはこのような皮膚症状になることはありませんが、高いストレスを受けていたり、疲れが溜まっていて免疫力が下がっている時に発症してしまう傾向があります。 肌が乾燥しがちになったり、湿疹が現れることもあります。 皮膚の表面が赤く紅斑してかゆみに近い痛みからだんだん痛みが増していきます。 この皮膚症状は左右非対称に引き起こる特徴があります。 右、あるいは左のどちらかの皮膚で症状が起きます。 原因となる行動を避けて、しっかり休養を取っていれば自然治癒も目指せますが、他の手荒れなどの皮膚症状に比べて治りにくい傾向があります。 早めに治療を行わないとひどくなってしまったら後遺症として神経痛などの症状が残ってしまう場合もあります。 神経痛が残ると、皮膚症状は何もないのに、チクチクとする痛みだけが残ってしまい、皮膚の感覚が麻痺してしまうこともあります。 衣服の擦れだけでも非常に厄介な痛みが起こるのでかなりの苦痛になります。 もし病院にかかるのであれば2週間以内に皮膚科に行き、早めに治療を行っていきましょう。 帯状疱疹に関する詳しい記述はこちらの記事を参考にしてみてください。 ・ ・ ・ 右脇腹の痛みの対処法 右の脇腹に痛みが発生した場合はまずは安静にすることが重要です。 何が原因であっても激しく運動を続けていまうと痛みが激しくなってしまう可能性があります。 痛みは身体の以上信号の一つです。 痛みを発することで身体を休めようとしているので、無理に動かすとかえって炎症などを酷くしてしまう可能性があります。 基本的な休んで痛みをとる方法の他に、具体的な症状の場合での対処法について紹介していきます。 根本を直せる治療法ではないので、対処を行った後は病院などでしっかり治療を行っていきましょう。 筋肉痛の場合 筋肉痛の場合は、まずは筋肉を使ったばかりのときには冷やすことが重要になります。 筋肉を使ってすぐは筋肉が傷ついて炎症が起こっている段階なので冷やすことで炎症を抑えることが出来ます。 これをアイシングと言って1回のアイシングで20分ほどの時間行うと効果が高まります。 炎症によって広がった血管を冷やすことで血管が収縮し、神経を麻痺させて痛みの症状を緩和させることが目的です。 筋肉を使用してから1日〜2日目がアイシングの効果的な器官になります。 冷やす工程が終わったら次は温熱療法で筋肉痛を改善していきます。 運動後2日〜3日後から温めることが筋肉には適していて、ダメージ補修のための栄養や酸素などをしっかり患部に届けるために血管を広げて血行を良くします。 蓄積している疲れの原因となる乳酸の排出も効率化され早期回復が期待できます。 入浴などを行って筋肉をしっかり温めましょう。 さらに食事でも栄養バランスを調整することで筋肉の回復力を高められます。 筋肉痛を早く直したい場合はタンパク質、ビタミンB群、クエン酸、亜鉛などの栄養を意識的にとるようにしましょう。 尿管結石の場合 尿管結石が疑われる場合は、しっかり水分を摂取し尿の排泄量を多くしましょう。 異常に水を摂取してしまうと、逆に水中毒などの危険性もあるので、少しずつ小まめに水分を補給することを意識してください。 さらに結石をできやすくするシュウ酸やカルシウムなどの成分を含む食事を偏って摂取しないように意識しましょう。 チョコレートを大量に食べたりアルコールを毎日飲むなどの行為は問題に繋がってしまう事になります。 結石の大きさが小さい場合は炎症を抑えるために抗生物質や痛み止めなどを飲みながら自然排出が望めるので手術の必要はありません。 手術不要で完治できるように結石を大きくしないようにしていきましょう。 痛みが発生している場合は、早めに病院で薬を処方してもらいましょう。 その他 女性特有の症状で左の脇腹や腰辺りに痛みを発症するもので子宮筋腫や子宮内膜症と言った病気もあります。 男性の場合は、ストレスが問題となる尿管結石や胆石症などの病気の発症確率が高くなっていますが、女性の場合は丁度腰や下腹部のあたりに子宮があるので、この器官で異常が引き起こっている可能性もあります。 子宮筋腫は子宮に出来る良性のしこりで子宮平滑筋の異常増殖によって発生します。 右の脇腹に症状が出たり腰に痛みが出やすく、便秘や生理不順や残尿感などの原因にもなります。 子宮内膜症は生理の出血に合わせて、子宮内で炎症を引き起こしてしまうものです。 20代から40代までの女性に多く見られます。 さらに卵巣にまで症状が到達してしまうと卵巣内膜症膿疱に発展し、生理時以外にも痛みが発生するようになります。 これらの症状に関しては、女性ホルモンの乱れが大きな原因となることが確認されています。 普段から女性ホルモンのバランスを正常に整えて症状の発生を防ぎましょう。 詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。 まとめ 右の脇腹の痛みの原因 ・筋肉痛が起きている ・便秘が起きている ・病気の可能性 右の脇腹に痛みが起きる病気 ・胆石症 ・腹膜炎 ・尿路結石 ・がんの可能性 ・帯状疱疹 以上が今回の記事のまとめになります。 筋肉痛の痛みが原因の場合は痛みの種類で分かると思いますが、内部からの痛みの場合は不安になることもあると思います。 病気が原因だと痛みが続く場合が多いので、早めに診察へ行きましょう。 進行する前に治療を受けることで、治療時間も短くすることが出来ます。 普段あまり痛みを感じる場所ではないので、原因をしっかり把握しておくことが大切です。 関連記事として、 ・ ・ ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の