生理 ナプキン 英語。 ナプキンって英語でなんて言うの?

ナプキン (生理用)

生理 ナプキン 英語

続いて紹介するナプキンは、とにかく値段が安価であることが特徴です。 安い割には肌触りもふわふわで、安価なナプキンの中では良好な商品となっています。 「長時間同じものをつけると不快感を感じる…頻繁に取り替えたいな」という方にはその値段設定からおすすめできる商品になります。 「普通~多い日の昼用」の商品ではありますが、経血量が多い日に使うには長さがやや短いため、多少の不安感は残ります。 また、長時間つけていると蒸れやすいつくりにもなっていますので、頻繁に取替えをたい、という方向けですね。 これといった特徴があるわけではありませんが、安価ながらも仕事はしっかりしてくれるので、コストパフォーマンスの点からおすすめ商品として紹介させていただきます。 続いて紹介する生理用ナプキンは、化学繊維を使用しているにもかかわらずコットンのようなフワッとした肌触りを実現したナプキンになります。 化学繊維に過敏なわけではないが、ふわふわしたナプキンを使いたいという人にはおすすめする商品です。 こちらの商品も、やはり安価な製品なので、ナプキンを高頻度で取り替えたいという時や災害時のために備蓄しておくのにある程度用意したい、といったニーズに答えてくれます。 まとめ買いしやすいように、複数入りのパックがセット販売されていることもありまさに大量購入向けというのが特徴になっています。 羽なしのタイプではあるのですが、経血の漏れをブロックする仕組みもついているので安価ながらも使い勝手のいい商品となっています。 続いてご紹介する商品の特徴は、名前にもあるとおり、なんといってもその薄さが特徴になっています。 その薄さはなんと1mmしかありません。 そのため、アウターにひびかず、タイトなスカートやパンツルックでも安心して装着することができます。 また、多少動いたとしてもより動くことはなく、フィット感も抜群です。 厚みのあるナプキンはどうしても存在感が…という方には是非一度使っていただきたい商品になります。 また、スリムタイプでありながらも吸収力は優れているので、経血量が多い日であっても安心して使うことができます。 ただし、長時間の使用の際は多少なりとも蒸れは感じるために、その時はこまめに交換をするなどして使いましょう。 持ち運んでも薄くてかさばらないのでラクチンです。 ポーチにもサッと入るので、交換するのも苦にならないでしょう。 こちらの生理用ナプキンは、スリムタイプでありながら、すぐれた吸収力を発揮してくれることが特徴になっています。 経血量が多い日であってもすぐに吸収し、表面をサラサラに保ってくれるため、他の生理用ナプキンと比べても蒸れに関してダントツで快適な商品です。 もちろん、名前の通りスリムタイプのナプキンであるため、アウターにはひびきにくくなっています。 生理中でもタイトな服を着て、快適に、自分らしく過ごせることでしょう。 服装を気にせずに好きなだけ外出ができますよ。 ナプキンの包装だけではなく、ナプキン本体もとてもかわいらしくデザインされていることも特徴の1つとなっています。 羽部分にもハートマークがちりばめられているので、かわいいもの好きな女の子の心をくすぐるデザインとなっています。 生理中はどうしても気分が沈みがちですが、少しでも気分を上げたい、という方はこのデザインも含めて、是非使ってみては如何でしょうか。 次にご紹介する整理用ナプキンは、高分子ポリマーや化学繊維のような、体の冷えや肌のかぶれ、蒸れの原因になるような成分は一切使われていません。 羽つきなのも嬉しいところで、ショーツにしっかりと固定することができます。 そのため、横漏れもしにくい構造となっているのが嬉しいですね。 経血量が多い日用ということで紹介していますが、高分子ポリマーが使用されていないため、他メーカーの経血量が多い日用のナプキンと比べてしまうとやはり吸収力はやや劣ります。 他メーカーの多い日用と同じではなく、こまめに取り替えるなどの気遣いは必要になってきます。 ただし、そのデメリットをもってしてもやはり装着感は非常に快適であり、他のナプキン よりもあたたかく感じるという声も多数あがってきています。 やや高価ではありますが、こちらを使うと「もうほかのナプキンはつかえない!」という声もあるようです。 生理中の不快感に悩まされているという方は、一度このナプキンを試してみてください。 続いてご紹介する生理用ナプキンも、アウターにひびきにくいスリムタイプの製品になります。 しかし、スリムなのに長さはなんと27cmと、昼用の整生理用ナプキンの中でもかなり長めの設定になっています。 そのため、経血量が多い日であっても、確かな安心感をもてるナプキンとなっています。 長さのあるナプキンというのは装着時に違和感を感じがちなものが多いですが、このナプキンではごわごわ感をなくすような工夫がされているので、つけている間も快適にすごすことができます。 また、蒸れを逃がす「通気性バックシート」という仕組みが用いられているので、経血量が多いときの蒸れに悩まされていた方にとっても使いやすい製品です。 ナプキンの形状のかわいらしさも大きな特徴の一つとなっていて、ナプキンの端がフリルのようにカットされていて、さらにハートマークもあしらわれています。 女性にとってはナプキンは必需品なので、少しでもかわいい形のものを使い続けたい…そういう方にとっても最適な商品だといえるでしょう。 この整理用ナプキンの特徴は、なんといっても包装がかわいらしくて目立つことです。 大体のナプキンは清潔感をアピールするためか、白が基調の包装が多いのですがこのナプキンは青色や黄色といったカラフルでポップな色を基調としているので、とても他と比べて目立ちます。 柄もとてもかわいらしいので、これだけみると生理用ナプキンにはとても見えないようなデザインです。 さらに、他の生理用ナプキンよりもコンパクトに折り畳まれているのでポーチにもすっと入れることができます。 そのため、他のスリムタイプよりもさらにかさばりにくくなっています。 もちろん、折り畳み方がコンパクトなだけなので、包装をあければ他のナプキンと同じ大きさで、安心して使えます。 また、センターインパッドによる吸収力の高さにも定評があります。 次の生理用ナプキンですが、こちらを使った人が大体口をそろえて言うのは「薄くて軽い」になります。 経血量が多い日用の長めのナプキンになのですが、ショーツにふんわりとフィットしてまるでナプキンをつけているのを忘れるかのごとく装着感を味わうことができます。 他のナプキンで装着時に違和感を覚える人には是非お勧めしたいですね。 それだけ薄いナプキンなのに、吸収力にも定評があります。 経血が多くてもきちんと吸収しきり、さらりとした感触を保ってくれるので蒸れも気になりません。 また、ステッチが入っているので漏れにくい工夫もされています。 これによって、長時間使用した時でも確かな安心感を得ることができるのがいいですね。 包装もピンクのレースがあしらわれており、ちょっと元気が出るようなメッセージもプリントされています。 落ち込みがちな気分を上げる工夫も忘れていない、まさに女性のための商品ですね。 最後に1位として紹介するのがこちらの商品になります。 薄いナプキンでは、どれだけ安心といってもやはり不安は残ります。 そんな不安をキレイさっぱり取り除いてくれるのがこの生理用ナプキンです。 薄いタイプでありながらも、ナプキンの重さのなんと10倍もの経血を吸収してくれます。 昼夜用という名前にふさわしく、夜用で使ってもなんともないほどの吸収力で、長時間ナプキンを取り替えることが出来ない時でも安心です。 普段立って仕事をしている人にとっては、頻繁にトイレにいかなくてもいいですしスリムタイプなので服装も選ばなくてすむので好評です。 仕事用としてはこれ以上はない最適解だと思います。 サラサラ感も続き、蒸れも感じないのもポイントが高いですね。 においも気にならなくなるので、お仕事中でも容赦なくやってくる生理にはこのナプキンを身につけて快適に過ごしましょう。

次の

モード誌『SPUR』が渋谷で生理ナプキン7400枚を配布 「男性にこそ見てほしい」

生理 ナプキン 英語

化学製品の紙ナプキン 羽付き(右)と羽なし(左) 日本はまで、にを巻いたり、使い古しのを縫ったものなどを使っていた。 市販の使い捨てナプキンは、11月社が「アンネナプキン」を日本で初めて発売した。 は「40年間お待たせしました! 」で、アメリカのが紙ナプキン「コーテックス」発売から40年経過していた。 がを急造し、のつまりを防ぐために紙製のが主流となる。 改良を重ねた日本の使い捨てナプキンは、世界でも稀な高品質と多種類で、薄型で高い吸収力に優れている。 現在はや圏など世界の都市のほとんどで、使い捨て紙ナプキンが主流である。 構造 [ ] 一般にまたはで角がになっている。 厚さは数ミリ程度までであるが、臀部まで吸収体をストレッチしたことで厚みが約1以上になるものも、夜の寝返りによる経血の漏れの心配のある方や経血の特に多い方向けに市販されている。 中央は吸収させる部分でサイドや裏面は下着への固定する役割がある。 に対し、市販の使い捨てナプキンは「紙ナプキン」と称され、の指定を受けている。 生理処理用品製造販売承認基準が2015年に改正された。 紙ナプキン [ ] に設置の(左) で最初の製品はが(36年)に発売した「アンネナプキン」 である。 「紙ナプキン」と称するが、現在は、、などさまざまなものを用いる。 戦前はが用いられ、戦後に紙製品が普及した。 やがて、、などの吸収体と薄いビニール製防水紙を重ねて紙で包んだ簡素なものが開発されたものの、ショーツ()に固定する粘着テープの面積も小さく固定力が弱いため活発な行動には不向きな状態であった。 半ばから、排出物の吸収にはを用い肌に接する部分に工夫を凝らした素材が使われ始める。 表側表面は不織布もしくはメッシュ状の樹脂シートが用いられ中央に綿のような肌触りの局部にあてがう部分がある。 裏は防水のためのビニールシートに粘着テープがついておりショーツに接着して固定できる。 長方形の側面に「羽」と呼ばれる部分がついている製品もある。 これはショーツに装着した際に羽の部分をショーツの部分外側に折り曲げることでしっかりショーツに固定することを目的としている。 羽付きと羽なしには、ずれにくさや使用感の違いがある。 メーカー製の使い捨てのものはコンパクトに折り畳まれていて個装に包まれている。 個装を取り外すと粘着テープを保護しているシートごと取れる仕組みになっている。 色は主に白色でビニールの部分に薄いピンクやブルー、グリーン、パープルといった色が使用されていることもある。 また月経時は濃い色の服装や下着を着用することが多いことから羽根や裏側部分を黒色にした製品も発売されている。 紙ナプキンの製品では装着した際の前後の長短の具合(概ね20cmから40cmオーバーまで、の項目にラインナップがあり参考になる)、羽なしと羽付き、サイドギャザーの有無、主に昼用の薄型(スリム)、主に夜用の厚型などに分類される。 最近の製品では、従来のナプキンの形状よりもよりフィット感を増した形状のもの( Megamiシリーズ)、吸収力や吸収速度を大幅に高めて過多月経患者の使用にも対応したもの(elis ウルトラガード clinics 、一般のナプキンの形状とは異なるがショーツ一体型の穿くタイプ(ロリエ スーパーガード 安心ショーツタイプ。 外見はナプキンと言うより事実上紙オムツに近い)、にピースを挟んで使用し体に装着するタイプ(ソフィ シンクロフィット)などの多様な種類がある。 用途、体型、TPOによって各自使い分けるとより効果的である。 なお生理処理用品としての紙ナプキンは尿を吸収するには不向きであり、アンモニア等に対する消臭効果が期待できないため、尿漏れ対策の場合は吸収剤の組成を尿に適したものにしたを使うことが望ましい。 紙ナプキンは外陰部に密着させて使用するため特に初経が近くなった時(の増大や急激な体型の変化など初経の前兆がある。 詳しくはを参照)や初経以降のに備えて着用する初経(初潮)前後の女子では薄型であっても違和感を覚える場合があるがなどの他の生理処理用品に比べショーツに貼り付けるだけで装着ができ使用が簡単であることから日本では最も使用されている生理処理用品である。 主にタンポンを使用する女性であっても月経の始まり頃や終わり頃など経血が少ない時期、また経血の多い時期にタンポン使用時に吸収しきれない経血が紐を伝って下着に漏れ出る場合への対策としてナプキンを併用する者も多く見られる。 上記したように使用方法や装着は簡単である一方、装着が不完全であると容易にナプキンがずれたりよれたりして本来の能力を活かせず経血が漏れ出しショーツや衣類を汚してしまう場合もある。 特に月経の処置に慣れていない初経(初潮)を迎えた直後の女子に多く見られる。 日本の紙ナプキンの品質はとても高く日本人が外国に行ってやむを得ず購入したナプキンの装着具合に驚くことが多々ある。 欧米ではタンポンの方が主流である。 ノンポリマーナプキン [ ] 紙ナプキンの一種であるが、吸収体に高分子ではなく綿・パルプなどといった素材を用いたものであり、前述した通り、かつてはこのタイプが主流であった。 しかし、吸収体と防水シートを重ねて表面シートで包んだだけという簡素な構造であるため、実用上の吸収量確保のために吸収体の容積を大きく取る必要があり、結果として分厚く(かつてユニ・チャームのCMコピーで「まだお厚いのがお好き? 」と揶揄されたのがこのタイプである)作らなければならず、装着する女性は動きづらさやモコモコとした違和感を覚えることになる。 また高分子吸収体を用いたものに比べ吸収力や保持力が劣るため、表面シートの湿った不快な状態が常に付き纏うとともに、活発な行動や着座姿勢で外部から加わった圧力による経血の逆戻りが発生しやすく、女性の行動にも制限が課せられる結果となってしまう。 そのため市場から駆逐され、現在ではメーカー、販路ともに限られている。 しかし高分子を用いたナプキンよりは比較的蒸れ・かぶれが抑えられる、あるいは化学物質を忌避するといった理由であえてこちらを選ぶ者もいる。 中には吸収体に水溶性パルプを用い、使用後水洗トイレに流して処分できる製品もある。 布ナプキン [ ] 「」を参照 使用 [ ] 種類別 [ ] 紙ナプキン [ ] 入手はなどで安価で容易に購入することができる。 店頭で売られているのは主にメーカー製の使い捨てのナプキンで、布製はインターネットでの通信販売もしくは扱っていることを公表している店舗で探すのが望ましい。 非使用時の扱いは、特に初経(初潮)を迎えて間もない女子は生理周期が一定でないことが少なくないため、適当な数量を常に携帯することが習慣となっている。 ナプキン自体はポーチや巾着袋に入れるなど、表立って見えないように持ち歩くのが好ましい。 ポケットが付いた生理用ショーツ()もあり、人目を気にせずナプキンを携帯する事もできる。 使用後の紙ナプキンは通常のゴミだが、区別して処理されるケースが多い。 ナプキンは不透水シートや吸水性ポリマーが中にある関係上、に流すと容易に詰まってしまう。 また衛生上の理由やエチケット・マナーの点からもトイレのやに雑然と捨てることは褒められた行為ではなく、トイレ個室に備え付けのサニタリーボックスに汚れているほうを丸め、新しく使用するナプキンの包装ラップに包んで捨てるべきとされている。 トイレットペーパーに包んで捨てるのはサニタリーボックスの容量を無駄に消費するので個包装ラップが無いときに限るべきである。 一般の紙ナプキンはトイレに流すべきではなく、トイレに流せるタイプの紙ナプキンであっても説明書きのとおり、防水層を破るなど、流すときの下準備は必ず実施すること。 家庭ではトイレにサニタリーボックスを設置するか、不透明の袋を用いることもある。 用途 [ ] 生理用ナプキンの名の通り、主に月経時に用いられ、生理用ショーツ(サニタリーショーツ)と併用されることもある。 また、産後約一月続く出血 や、強姦による出血にも用いられる。 他に少量の尿漏れ対策や、(おりもの)等を防止する際に使用することもある。 しかし、下り物の場合は通気性確保などの観点から、専用の(パンティーライナー)を使用するほうが望ましい。 尿漏れ対策には尿吸収パッドが用いられる。 月経は数日から1週間ほど続くが、ナプキンは経血量やナプキンの大きさにより、1時間~10時間程度で吸収量に限界が来るため、時間を見計らって、適度なタイミングで取り替える。 経血量が少ないときに夜用の大きなナプキンを使用する場合などは、吸収量とナプキンの状態に問題がない場合もあるが、長時間の使用は衛生面に悪影響をもたらすこともあり、適度なナプキン交換は必要である。 ナプキンは大きさや素材が様々であるので、経血量や交換できる頻度なども考慮の上で使用するのが望ましい。 長時間交換できないことが予測される場合(長時間の会議やドライブなど)には、昼間でも夜用の大型のナプキンを使用する女性も多くいる。 一方、夜用の大型のナプキンは就寝時の装着を前提とした横幅や厚みで設計されているため、昼間の行動時においての装着では、ずれやよれが発生しやすく、大型のナプキンだから絶対に失敗しないとは限らないため、装着時の位置決めは、動きやすさも考慮して慎重に行なう必要がある。 また、前述の通り大型ナプキンは横幅が広く厚みもあることから、違和感を回避するため昼間の装着時の歩行動作において股を開いてしまう傾向にあり、生理中である事を周囲に露呈してしまうリスクを伴う。 その一方で周囲の視線を意識するあまり幅広のナプキンを装着中にも関わらず過度に股を閉じて行動した場合、夜用大型ナプキンの優位性である広い横幅を狭めてしまう事につながり、ずれやよれの発生は必至であり、結果として、表面シートの破断、下着からの逸脱に至るケースもあり注意が必要となる。 ナプキンは、外陰部というが薄くデリケートな部分に装着するため、また、防水性の素材を使用しているため、装着時には蒸れやすくなり、やかゆみなどのトラブルを起こす場合もある。 現在はそのようなトラブルを回避するための製品(ロリエ・エフシリーズ、ソフィ・はだおもいなど)も発売されているので、使用を考慮するとよい。 布ナプキン [ ] 布ナプキンは、基本は大きめの布を折って使用する。 使用後は持ち帰り、洗濯をして再度利用する。 洗濯では、等アルカリ性洗剤を使用する。 現在は、防水シートが使用されたものや、おりもの用など多種、多様なサイズ、メーカーがありデザインも豊富である。 主要メーカー [ ] 紙ナプキン• (、)• (スターナップ) ノンポリマーナプキン• セペ 肌にやさしいナプキン、オーガニックコットンナプキン• 生活クラブ、アミカ 廃番 、SELENA VIVA NAP 廃番 かつて生産、発売していたメーカー [ ]• 十條キンバリー 後のクレシア、現・ (ニーナ)• エンゼル(エンゼルスター)• 現・ (エミールソフト)• (セペ 流せるナプキン)• () ルナテックス 販路 [ ]• 医療機関や駅の• 関連する人物 [ ] 坂田多賀夫 日本で最初に生理用ナプキンの製造販売をした人。 また、最初に製造機械を作った人。 ルナテックスという生理用ナプキンブランドをアンネ、ユニチャームより先に作った人。 安く生理用ナプキンを製造できる機械を発明した。 関連文書 [ ]• 2018年1月7日閲覧。 この用途のため、アップルのを揶揄する動きもあった。 , pp. 135-136. 2016年4月18日閲覧。 日経ビジネスONLINE. 日経BP社. 2017年5月28日時点のよりアーカイブ。 2017年5月28日閲覧。 "一般社団法人 日本衛生材料工業連合会" 2013年3月29日. 2017年5月29日時点のよりアーカイブ。 2016年4月18日閲覧。 参考文献 [ ]• 田中ひかる 『生理用品の社会史』(初版) ミネルヴァ書房、2013年8月25日。 外部リンク [ ]• Yahoo!

次の

男性が女性用の生理用ナプキンを使うには?コツとマナーを紹介!

生理 ナプキン 英語

Photo by on 「ナプキン」は英語でも「napkin」だと思っていませんか? 実は英語では「napkin」とは言いません!カに来たらナプキン探しが結構大変ですよね。 ないと生きていけないので・・・。 あ、ちなみに私は市販のナプキンはもう使わず、で生活しています~。 というわけで、普段の生活でよく使う、辞書にも載ってない、あれやこれの英語での言い方を紹介します!今回は特に、女性の化粧品グッズ関連についてです!主婦のみなさん必見ですよ~!! 1. ナプキンは"pad" 「カ人って紙のナプキンと生理用品のナプキンってどう使い分けてるんだろう~?」なんて思っていました?ちがうんです!ナプキンは昔の商品名からきてるっぽいですね。 チークは"blush" 確かに英語でチークを入れる場所をチークと言います。 でも、日本語の指す化粧品の「チーク」は「blush」なんです!メイクするときに欠かせない、ブラシと混同しないように注意が必要です。 ブラシは「brush」で、チークは「blush」です!日本人の苦手なLとRに気をつけましょう~。 ボディソープは"body wash" ソープというと固形の石鹸になります! 4. ヘムは"hair tie" 一見「ヘム」がカタカナなので、そのまま使えそうなのですが実は英語では「hair tie」ヘアタイと読みます!日本語に惑わされないように気を付けて! 5. カチューシャは"headband" 「ヘアバンド」と思いました?実は「headband」が正解です!カチューシャはむかーしの映画で、主人公のカチューシャという人がヘッドバンドをつけていて、そこから日本ではヘッドバンドのことをカチューシャとよぶようになったらしいですよ~。 シュシュは"scrunchie" 「シュシュ」は通じません!調べてみると、「シュシュ」はフランス語からきています。 ちなみにカでは子供はつけるけど、あんまり大人はつけません。 チーと呼びます。 下着のパンツは"underwear" 英語にもパンツという単語があるから、間違えがちです。 ズボンのことは「pants」で下着のパンツは「underwear」です。 爪切りは"nail clipper" 「nail cutter」って言いそうになるのですがちがいます!「I'll cut my nails. 」って言っちゃうと「指先切る」のようなイメージに(怖) 9. 綿棒は"Q tips" キューティップス。 なんかかわいい~。 日本で言う「アロンアルファ」「」と同じで、商品名が名前としてそのまま使われています。 ボディークリームは"lotion" 日本でいうボディークリームやハンドクリームは「lotion」です。 「cream」というと、「lotion」よりももっと濃厚なタイプのものを指します。 目に塗るものは「eye cream」と言ったり、夜用の濃いめのお高めのものは「night cream」なんて言ったりします。 あとは顔用のクリームは「moisturizer」なんて言います! おわりに 最近ではなんでもクリックで買えるから、わざわざ名前を知らなくても、カで生活するのに何の問題ない!本当にそう・・・。 まあでも割と日常的に使うものだし、知っておくのもありかなと思います。

次の