楽天 デリバリー。 楽天株式会社: 楽天デリバリー テイクアウトサービスを開始

楽天、包括的な物流サービスを提供する 「ワンデリバリー」構想の実現に向けた取り組みを本格化

楽天 デリバリー

Uber Eatsより楽天デリバリーをおすすめする理由は? 楽天ポイントと相性バツグン! ショッピングや旅行など、楽天サービスを利用する方にとって、楽天デリバリーで楽天ポイントが使えたり、最大10倍のポイントバックも有効活用できます。 楽天カードで貯めたポイントでタダで料理を楽しむ方も多いようです。 アプリにあるキャンペーンがお得 楽天デリバリーのアプリからキャンペーンを開くと「ポイント2倍」「初回注文ポイント10倍」「期間限定半額セール」などお得に注文できます。 楽天カードを使えばタダ飯も可能! 年会費無料の楽天カードをお持ちでない方は、楽天デリバリー注文前にカードの作成をおすすめします。 Uber Eatsは通常のアルバイトと異なり、自営業や副業として1件配達完了時に報酬をゲットします。 面接やシフトがなく、公式ホームページから登録した日から配達をスタートできます。 ちなみに、Uber Eatsってどれくらい稼げるの? と、収入イメージが気になる方は を参考にしてみましょう。 楽天デリバリーとUber Eats比較まとめ 楽天デリバリーは楽天ポイントを最大限活用した出前サービスのため、楽天ファンの方は「ポイント10倍セール」や「半額セール」などのキャンペーンが大変お得です。 楽天デリバリーは注文した店舗のスタッフ、もしくは楽天のバイトスタッフが配達してくれるので、Uber Eatsの配達パートナーに少し抵抗がある方は、楽天デリバリーのほうが安心かもしれませんね。 一方で1品から気軽に注文できるUber Eatsをトライしてみたい方は、初回限定クーポンで最大無料で利用してみる価値はありそうです。

次の

楽天、包括的な物流サービスを提供する 「ワンデリバリー」構想の実現に向けた取り組みを本格化

楽天 デリバリー

対応エリア:全国 加盟店: 21,000店舗以上 決済方法:代引き、クレジットカード、携帯キャリア決済、請求書払い、Amazon Pay、Apple Pay、LINE Pay、ポイント決済 配達:店舗側か出前館のスタッフが配達 1. 特徴 1. Tポイントが貯まる・使える! 出ましたTポイント!これはうれしいです。 TSUTAYAはなにかと手広くやってますね。 出前にゃんクラブ 会員特典として「 出前にゃんクラブ」というものがあります。 毎月の注文数に応じてランクアップする。 最高ランクは「 ゴッド」。 ランクによってTポイントとクーポンの付与があります。 配達手数料ゼロ 出前館は 手数料がかからないのが特徴です。 しかし 最低注文金額が設定されている店舗もあります。 決済方法も豊富ですが店舗によっては使えない決済もあるのでご注意を。 お店を検索する際に決済方法や、こだわり条件(送料無料・最低注文金額なし・Tポイント使える)でフィルタをかけられるので忘れずに。 スーパー等の配達も 驚いた。 いわゆるネットスーパーも出前館でできるようです。 幅広いですね! 2. よく自転車やバイクで見かける人達です。 加盟店は情報なし。 気になる方は加盟店マップを参照してみてください。 特徴 2. 配達状況がわかる 配達パートナーの位置情報をリアルタイムで見る事ができます。 最低注文金額無し 他の2つのサービスにはある 最低注文金額がない。 少額からでも注文可能です。 配送手数料 いわゆる送料。 距離によって配送手数料が変動します。 配送手数料は50円~550円となっており、距離があると値上がりしていくシステムです。 少額注文における手数料 最低注文金額がない代わりに 700円未満の場合150円の手数料が発生します。 サービス料 注文金額の10%がサービス料として毎回かかります。 最低注文金額がないかわりにこういった手数料が多いのが特徴の一つですね。 楽天デリバリー 対応エリア:全国 加盟店:12,000店舗以上 決済方法: クレジットカード、現金払い、請求書払い、請求書掛け払い(楽天デリバリープレミアムのみ) 配達:予約配達を除く 楽天デリバリープレミアムは楽天のスタッフが配達。 それ以外は全て店舗側が配達します。 特徴 3. 1楽天ポイントが貯まる・使える! 楽天をよく利用される方はうれしいですね。 楽天デリバリープレミアム 初めて知りましたが楽天デリバリーの中に 楽天デリバリープレミアムというものがあります。 注文情報の管理や、お客様のお問合せや各種手続についてもショップが直接対応します。 これに対して、「楽天デリバリープレミアム」は、主に自店で出前・配送を行っていないショップを対象とし、楽天がお客様に代わってショップから商品を購入し、お届けするサービスです。 これまでご自身で足を運ばなくては味わうことのできなかったショップのお料理・お弁当などを、楽天の専任スタッフがご自宅やオフィスまでお届けに上がります。 引用元: 分けているのは理由があるのでしょうか。 ややこしく感じたのは私だけ? 3. 配達手数料ゼロ 出前館と同様で配達手数料がありません。 代わりに最低注文金額が設定されているのも忘れないように。 クリーニングもありましたね😄 需要はありそうですがわざわざ楽天を経由する理由はなんでしょうね。 最後に 宅配サービス大手3社について簡単に比較してみましたがいかがだったでしょうか。 どのサービスも手数料を考えるとやはり安くはありませんね。 まあデリバリーってそんなもんです😄 ただ全体的に 完成度が高いのは出前館でしょうか。 Tポイントもうれしいですし、出前にゃんクラブもいいですね。 Uber Eatsはとにかく対象地域が増えてくれればいいと思います。 全国展開求む!! 全国展開したら他2つのサービスは恐怖ですね。 何か別の強みを見つけないと負けてしまうと感じました。 はや太郎は普段Uber Eatsを利用しています。 パートナーさんの労働環境問題とか色々あるようですが、勢いありますし何より配達までの時間が速い!(近くにパートナーさんがいないとダメだけど) それでは今日の記事このへんで! サラリーマンはや太郎.

次の

企業情報|楽天株式会社

楽天 デリバリー

昨今、インターネットの発展に伴い、EC(電子商取引)は現代の生活に必要不可欠な社会基盤として浸透しています。 一方、物流量が増大していることから、国内の物流業界において、不在再配達の増加や人手不足などが社会問題化しています。 また、EC店舗においては、昨年からの宅配総量規制や宅配運賃の値上がりの影響から、安定した店舗運営やユーザーへの質の高い配送サービスの提供が困難になっています。 こうした背景から、楽天は「楽天市場」の出店店舗を対象に、商品の保管から配送までの包括的な物流サービスの提供をさらに加速することで、安定したEC店舗運営に寄与します。 また、商品の注文からお届けまでの仕組みを一気通貫で整備することで、お客様満足度向上を図ります。 具体的には、商品の保管から出荷までの物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」の物流センターを全国に拡大していきます。 省人化・自動化の倉庫機器を導入した効率的な物流センターを運営し、楽天の購買データやAI技術の活用による受注予測、在庫情報の連携を通じて最適な在庫配置を行うことで、配送スピードの向上および倉庫作業コストと配送コストの削減を目指します。 さらに、ユーザーに商品のお届けを行う楽天独自の配送サービス「Rakuten-EXPRESS」の配送エリアを全国主要都市へ拡大していきます。 また、自社物流機能の整備に加え、関連する様々な企業との連携を通じて、「楽天市場」に関わる物流を一元的に管理する包括的な物流網を構築していきます。 利便性の高い新しい物流サービスを構築することで、EC店舗とお客様の多様なニーズに応えていきます。 「楽天スーパーロジスティクス」物流センター新設について 「楽天スーパーロジスティクス」は、「楽天市場」の出店店舗の商品の保管から出荷までを楽天が一括で担う総合物流サービスです。 楽天は、既存の物流センター(千葉県市川市ならびに兵庫県川西市)に加え、新拠点を開設し、「楽天スーパーロジスティクス」の処理能力向上を図ります。 新施設においては、これまで楽天が培ってきた倉庫内オペレーションのノウハウを活用するとともに、最先端のマテリアルハンドリングシステム(注1)を導入し、運営の大幅な効率化・省人化に取り組みます。 また、「楽天市場」の出店店舗の商品に加え、楽天の直販サービス(注2)の商品在庫も管理します。 (注1)自動倉庫や仕分けソーター (注2)「Rakuten BRAND AVENUE」、「Rakuten Direct」、「楽天ブックス」 ・千葉県流山市の新施設 流山の新施設は、延べ床面積約2. 9万坪(約9. 6万平米)で、常磐自動車道「流山IC」より約1km、外環自動車道・首都高速自動車道経由で首都圏へ直結し、また、幹線道路である国道16号まで約6kmという立地から、首都圏広域をカバーする拠点として2018年内に稼働開始する予定です。 千葉県内陸地域では希少性の高い免震倉庫で、全館LED・太陽光発電・公開緑地や屋上緑化の採用など、環境への配慮が徹底されています。 さらに、千葉県内において人口増加率が最も高い流山市に拠点を持つにあたり、雇用環境の整備にも注力しています。 高断熱性能のサンドイッチパネルの導入により、夏は涼しく冬は温かい快適な庫内温度を保つことができます。 また、バックアップ電源・井水設備を採用しており、断水・停電時におけるセキュリティー機能が充実しています。 さらに、貸会議室や売店、カフェテリアなどが設置され、通勤者やドライバーの方が安心して働ける環境を実現します。 「Rakuten-EXPRESS」は、楽天が独自に運営する配送サービスです。 2016年11月「楽天ブックス」の商品を対象に、東京都内8区から試験運用を開始しました。 現在は、「楽天市場」において日用品のECサービスを提供する「Rakuten Direct」の商品にも対象を拡大し、東京23区で商品の配送をしています。 楽天は今後、「Rakuten-EXPRESS」の配送エリアを順次拡大していきます。 年内には、関西主要都市にて配送サービスを開始する予定です。 また、本年6月には、玄関前やガスメーターなど、住宅敷地内への置き場所指定配達「置き配」を開始しており、ユーザーの不在時にも、事前に指定された場所に荷物を届けることが可能になりました。 その他の物流機能の拡充について 楽天は、「楽天スーパーロジスティクス」と「Rakuten-EXPRESS」の拡大に加え、外部の関連企業と連携し、荷主様への集荷サービスや物流拠点間の幹線輸送などの様々な物流機能を拡充していきます。 また、一連の施策を通じて、宅配会社やパートナー企業とともにEC物流の健全化を図っていきます。 具体的には、楽天が大型物流センターを運営し、荷量集めや方面別仕分けを行うことで、宅配会社とのワークシェアリングを促進します。 また、ユーザーへの宅配ステータス通知や「置き配」などの不在再配達を減らす取り組みを推進し、さらにそのような仕組みを外部にオープンにしていくことで、外部企業の生産性向上と配送量向上に寄与していきます。

次の