コットン パール。 コットンパールとは,特徴,歴史,キスカ,ホワイト,

JCPA認定教室(日本コットンパール協会 認定講師様)

コットン パール

結婚式にお呼ばれすると着ていくワンピースに加え、身につけるアクセサリーも悩みますよね。 私は母親から、冠婚葬祭に使える真珠のネックレスとピアスをお下がりでもらいました。 真珠なので確かに「良い物」ではあるのですが、結婚式用にはちょっと華やかさが足りない感じなんです。 そこで、前回結婚式に出席する際コットンパールの2連ネックレスとピアスを購入しました。 しかし、このコットンパールを 「結婚式に付けるのはマナー違反だ!」という意見を目にしました。 そしてこのコットンパールをアクセサリーショップ等で見かける様になったのはここ数年の話。 一体いつから製造されていたのか、結婚式での使用はOKなのか、 コットンパールのアクセサリーを実際に結婚式に付けていった私が解説します! 目次• コットンパールとは? 出典: 名の通り、コットン(綿)を圧縮し球体を作り、その上からパール加工を施しています。 天然パールよりも柔らかな風合いで、肌馴染みもよく、優しい印象にしてくれます。 そして、一番の特徴は何と言ってもその軽さ!! 私が働いているアパレルショップでもコットンパールのアクセサリーを取り扱っています。 大振りコットンパールのネックレスや、ボリュームのあるデザインのネックレスがあるのですが、 お客様にネックレスを持ってもらうと、「すごい軽い!!」とビックリされます! 「ネックレスをすると肩が凝る」という方にもおすすめです。 いつから製造が始まった? コットンパールのアクセサリーを目にする様になったのは、数年前から。 19世紀頃のヨーロッパで生まれたと言われており、日本でのコットンパールの製造は戦後から始まりました。 人造真珠が地場産業だった、大阪府和泉市の工場で作られ始めました。 天然の真珠と比べると、コットンパールは安価な事から数十年前に一度ブームになっています。 しかしその後技術の進歩とともに、更に安価で量産できるプラスチックパールが登場。 コットンパールは生産が終了してしまいました。 再ブームのきっかけは? 一度は市場から姿を消したコットンパール。 なぜまたブームになったのか。 それは2000年に大阪府和泉市の人造真珠工場で、倉庫に眠っていたコットンパールが見つかったのがきっかけでした。 この在庫をアクセサリー業者に販売した所、非常に好評だった為2009年に生産が再開されました。 ここ4〜5年でブームになった背景として、• アクセサリーブランド 「プティローブノアー」がコットンパールのアクセサリーを販売した事。 アクセサリーパーツショップ 「貴和製作所」でコットンパールの取扱が始まった事。 ではないかと考えます。 プティローブノアーでコットンパールのアクセサリーを販売したときの反響が大きく、これがブームの火付け役になりました。 そして、ハンドメイドブーム到来。 貴和製作所での取扱が始まり、コットンパールを手に入れやすくなったことも関係し、ここまでの人気に繋がったと言えるでしょう。 ハンドメイドアクセサリー制作で、コットンパールを使ったデザインが大人気となりました。 私以外にも、コットンパールのピアスをして出席をしている友人もいました。 私がコットンパールを選んだ理由として、 手持ちの真珠のネックレスより華やかなデザインであったから。 新調したワンピースに、手持ちの真珠のネックレスを合わせるとなんだか地味な印象に。。。 花嫁に 「華やかな格好で来てほしい」と言われていた事もあり、華やかな印象になる方を選びました。 反対派意見で、「コットンパールはカジュアルなので結婚式にはダメだ」というのを目にしましたが、今は花嫁さんもコットンパールのアクセサリーを付ける方はいますので、少しずつウエディング業界でも浸透してきていると言えるでしょう。 まとめ 一度は姿を消したコットンパールですが、実は長い歴史を持っていました。 結婚式の形式自体がカジュアル化してきているので、服装マナーも変化していくのは自然な流れです。 再ブームとなった現在、コットンパールは身近な存在となりアクセサリーのデザインが増えています。 こんな感じのだと、結婚式にも普段使いにもできるからひとつ持っていると便利! 結婚式で身につける際、手持ちのワンピースに合うデザインで華やかさをプラスしてくれる物を選びましょう! コットンパールのアクセサリーをお探しなら、髙島屋公式ファッションスクエアがおすすめ! 結婚式にも、普段使いできるコットンパールのアクセサリーが揃っていますので、ぜひチェックしてみてください。

次の

コットンパールでピアスなどのアクセサリーを手作り!作り方を紹介!

コットン パール

コットンパール、 知っていますか? まず、本物のパール(真珠)は、 アコヤ貝のなかで作られる宝石です。 次に人工パールは 中がプラスチックなどでできていて、 外側に真珠のような 光沢を塗装したもの。 コットンパールは中が 圧縮されたコットンでできており、 外側に真珠のような光沢を 塗装してあります。 ここ数年でずいぶん普及してきた、 パールビーズの一種です。 中身がコットンなので、 それまでのパールビーズや 本物のパール(真珠)に比べて、 ものすごく軽く、 見た目もなめらかというより、 ナチュラルな凹凸があり やわらかな印象です。 この コットンパールで作られた アクセサリーは軽いというのが特徴で、 とても人気になっています。 アクセサリーは好きだけど、 重たくて肩がこったり 頭痛がしたりするから苦手という方がいます。 そんな方にもコットンパールの アクセサリーは驚くほど軽いので そんな心配はありません。 パールビーズの一種ですので 価格もお手頃ですし、 本物のパール(真珠)にくらべて 取り扱いも気にしなくていいです。 今回はそんな コットンパールの アクセサリーの作り方をご紹介します。 スポンサーリンク まずは、どんなアクセサリーが いいでしょうか? 簡単なものから始めるのがいいでしょう。 ランチマットくらいの 大きさの布を用意し、 その上で作業をすると ビーズが転がりにくく、 作業がしやすいです。 コットンパールのピアス(イヤリング) それでは、コットンパールのピアス(イヤリング)の、 材料や作り方などの紹介です。 材料 ・ピアス(イヤリング)の金具(丸い金具がついたもの、金色):1組 ・パールビーズ8ミリ:2個 ・スワロフスキービーズ4ミリ:2個 ・Tピン20ミリ:2本 道具 ・丸ペンチ ・平ペンチ ・ニッパー(Tピンが長すぎたら切るため) 作り方 1. Tピンにスワロフスキービーズを 1個コットンパール1個を通して、 先端を平ペンチと丸ペンチを使って 9の字に丸めます。 9の字に丸めたTピンを、 ピアスの台座についている 丸い穴に通して、閉めます。 もう片方も同じように 作業してください。 ごくごくシンプルなピアス (イヤリング)の出来上がりです。 比較的シンプルなデザインの方が、 実際には身につけやすいです。 スワロフスキービーズの色は お好みで選んでください。 コットンパールの2重ネックレス パールビーズはその軽さが魅力です。 せっかく作るなら、 少しボリュームの あるものがいいでしょう。 という事で、 コットンパールの2重ネックレスの、 材料や作り方などの紹介です。 材料 ・コットンパールビーズ4ミリ:100個 (好みの長さに合わせて増減してください) ・コットンパールビーズ6ミリ:75個 (好み長さに合わせて増減してください) ・コットンパールテグス3号70センチ:2本 ・カニカン:1個 ・丸カン:2個 ・つぶし玉:4個 ・ボールチップ:4個 ・アジャスター10センチ:1個 道具 ・平ペンチ ・ニッパー 作り方 1. テグスを一本手に取り、 その先端につぶし玉を通して そこでペンチでつぶします。 次にボールチップを通し、 つぶし玉を中に入れて閉じます。 はみ出たテグスは ニッパーで切ってください。 ボールチップの次に コットンパールビーズ4㎜を 通していきます。 100個ほど通してボールチップを通し、 つぶし玉を通し、そこでペンチでつぶします。 つぶし玉を包むように ボールチップを閉じます。 もう一本のテグスを手に取り、 2. をくりかえします。 (2本目はコットンパールビーズ 6ミリを75個、通してください。 ) 6. 2本のパールビーズの片側の ボールチップをマルカンに通して、 カニカンの丸い部分にとおして、閉めます。 と同じように、 残った2本のパールビーズと アジャスターを丸カンでつなぎます。 出来上がり。 パールビーズの大きさ、数で ボリューム感を調節してください。 長い方の中心にペンダントトップ型の ビーズを入れても可愛いです。 初心者向けのものを紹介しましたが、 いくらでもアレンジできますし、 お気に入りの作品を作って楽しんでくださいね。 初心者はコットンパールの手作りキットを使うのもおすすめ! オリジナルのデザインといっても、 なかなか思いつかない方も多いでしょう。 ですので、 手芸屋さんにいくと、 コットンパールの手作りキットが 置いてあるので探してみてください。 キットに使われる材料は、 ビーズの質も材料も厳選されていて、 その通りに作るだけで 満足度の高い作品ができあがります。 プロの方がデザインし、 一番なじむ金属パーツが選ばれており、 全体的にまとまった雰囲気に 仕上がるようになっています。 とても参考になりますよ。 始めはキットを使って作ってみて、 いつの間にかオリジナルのものを 作りたくなったりするものです。 アクセサリー作りの際の注意点 一般的にビーズアクセサリー作りをする場合は、 ペットや赤ちゃんがいない環境で行ってください。 まとめ コットンパールは本当に、 興味深い素材です。 軽くて独特の風合い。 ただのプラスチックパールとは、 違う趣があります。 やさしい光沢が見る人を、 癒してくれます。 おまけに値段も手ごろです。 手作りアクセサリーは、 作るのも楽しいけれど、 自分で身につけても楽しめます。 友人や家族にプレゼント しても喜ばれます。 プレゼントする場合は、 そこそこ練習して上手に仕上がったものを 差し上げるようにしてくださいね。 子育て中でも、お子さんが 安全に作業できる年になったら 一緒に楽しめますよ。 コットンパールは 手作りアクセサリーの材料を扱う、 有名な貴和製作所などでも扱っていますので、 他の材料と一緒に購入するのがおすすめです。

次の

コットンパール 丸玉 ホワイト(6mm 20ヶ): パール 貴和製作所|手作りアクセサリーパーツ・ビーズの通販

コットン パール

結婚式にお呼ばれすると着ていくワンピースに加え、身につけるアクセサリーも悩みますよね。 私は母親から、冠婚葬祭に使える真珠のネックレスとピアスをお下がりでもらいました。 真珠なので確かに「良い物」ではあるのですが、結婚式用にはちょっと華やかさが足りない感じなんです。 そこで、前回結婚式に出席する際コットンパールの2連ネックレスとピアスを購入しました。 しかし、このコットンパールを 「結婚式に付けるのはマナー違反だ!」という意見を目にしました。 そしてこのコットンパールをアクセサリーショップ等で見かける様になったのはここ数年の話。 一体いつから製造されていたのか、結婚式での使用はOKなのか、 コットンパールのアクセサリーを実際に結婚式に付けていった私が解説します! 目次• コットンパールとは? 出典: 名の通り、コットン(綿)を圧縮し球体を作り、その上からパール加工を施しています。 天然パールよりも柔らかな風合いで、肌馴染みもよく、優しい印象にしてくれます。 そして、一番の特徴は何と言ってもその軽さ!! 私が働いているアパレルショップでもコットンパールのアクセサリーを取り扱っています。 大振りコットンパールのネックレスや、ボリュームのあるデザインのネックレスがあるのですが、 お客様にネックレスを持ってもらうと、「すごい軽い!!」とビックリされます! 「ネックレスをすると肩が凝る」という方にもおすすめです。 いつから製造が始まった? コットンパールのアクセサリーを目にする様になったのは、数年前から。 19世紀頃のヨーロッパで生まれたと言われており、日本でのコットンパールの製造は戦後から始まりました。 人造真珠が地場産業だった、大阪府和泉市の工場で作られ始めました。 天然の真珠と比べると、コットンパールは安価な事から数十年前に一度ブームになっています。 しかしその後技術の進歩とともに、更に安価で量産できるプラスチックパールが登場。 コットンパールは生産が終了してしまいました。 再ブームのきっかけは? 一度は市場から姿を消したコットンパール。 なぜまたブームになったのか。 それは2000年に大阪府和泉市の人造真珠工場で、倉庫に眠っていたコットンパールが見つかったのがきっかけでした。 この在庫をアクセサリー業者に販売した所、非常に好評だった為2009年に生産が再開されました。 ここ4〜5年でブームになった背景として、• アクセサリーブランド 「プティローブノアー」がコットンパールのアクセサリーを販売した事。 アクセサリーパーツショップ 「貴和製作所」でコットンパールの取扱が始まった事。 ではないかと考えます。 プティローブノアーでコットンパールのアクセサリーを販売したときの反響が大きく、これがブームの火付け役になりました。 そして、ハンドメイドブーム到来。 貴和製作所での取扱が始まり、コットンパールを手に入れやすくなったことも関係し、ここまでの人気に繋がったと言えるでしょう。 ハンドメイドアクセサリー制作で、コットンパールを使ったデザインが大人気となりました。 私以外にも、コットンパールのピアスをして出席をしている友人もいました。 私がコットンパールを選んだ理由として、 手持ちの真珠のネックレスより華やかなデザインであったから。 新調したワンピースに、手持ちの真珠のネックレスを合わせるとなんだか地味な印象に。。。 花嫁に 「華やかな格好で来てほしい」と言われていた事もあり、華やかな印象になる方を選びました。 反対派意見で、「コットンパールはカジュアルなので結婚式にはダメだ」というのを目にしましたが、今は花嫁さんもコットンパールのアクセサリーを付ける方はいますので、少しずつウエディング業界でも浸透してきていると言えるでしょう。 まとめ 一度は姿を消したコットンパールですが、実は長い歴史を持っていました。 結婚式の形式自体がカジュアル化してきているので、服装マナーも変化していくのは自然な流れです。 再ブームとなった現在、コットンパールは身近な存在となりアクセサリーのデザインが増えています。 こんな感じのだと、結婚式にも普段使いにもできるからひとつ持っていると便利! 結婚式で身につける際、手持ちのワンピースに合うデザインで華やかさをプラスしてくれる物を選びましょう! コットンパールのアクセサリーをお探しなら、髙島屋公式ファッションスクエアがおすすめ! 結婚式にも、普段使いできるコットンパールのアクセサリーが揃っていますので、ぜひチェックしてみてください。

次の