妊娠後期 腹痛。 【医師監修】妊娠中期の腹痛。ズキズキ痛や下腹部痛、生理痛のような痛みも

妊娠後期の腹痛!チクチクするのは陣痛や切迫早産?便秘や下痢?

妊娠後期 腹痛

妊娠後期腹痛の原因は? 妊娠期間もあと少し 妊娠後期になればお腹の中で 赤ちゃんも大きくなり出産も間近ですよね。 急に大きくなったお腹に 妊娠線が出来てませんか? しっかりケアをしないと・・・ 産後にすごい後悔することになりますから。 妊娠後期に起きる腹痛の原因は ・大きくなった赤ちゃんによる自然な腹痛 そして ・子宮や赤ちゃんに異常を訴える腹痛 と2つあります。 どのような状況のときか? もし今あなたにチクチクとした痛みが あるのであれば知っておきたいですよね。 心配の無い腹痛 出産の間近な妊娠後期。 出産の準備のために体が準備するため 腹痛を感じます。 そのため、以下のような原因の腹痛は 安静にして落ち着けば痛みも弱まります。 ・赤ちゃんの体が圧迫しての腹痛 痛みが不定期で張りを感じたりもします。 大きくなった赤ちゃんが子宮内で キックすればお腹に響き痛いです。 下腹部がズキズキと引っ張られる感じがします。 ・前駆陣痛 陣痛の準備、予行練習です。 チクチクした痛みが腹部や下腹部に感じ 定期的かと思えば不規則になったりします。 管理人友人は前駆陣痛が1日続き そのまま陣痛に変わって出産しました。 意外に前駆陣痛が陣痛に変わったという 先輩ママも多くいらっしゃいますよ。 ・陣痛 チクチクとした痛みが定期的に だんだんと間隔が短くなっていくようなら それは 陣痛かもしれません。 規則的に痛みが来るようなら 病院に連絡しましょう! このような腹痛のときは母体にも 赤ちゃんにも心配はありません。 無理をせず安静にして落ち着き 体を休めましょう。 しかし、少しでも異変を感じるときは 遠慮せず主治医に連絡しましょうね。 もうすぐ待望の赤ちゃんに会えますね。 知ってますか?産後も葉酸が必要なこと。 ・早期胎盤剥離 通常は出産後に剥がれ出てくる胎盤が 妊娠中に子宮内で剥がれてしまうことです。 母子ともに危険な状態にもなるので 緊急に受診をする必要があります! 出血があったり強い痛みの腹痛があれば 必ず病院へ行きましょう。 ・早産、切迫早産 37週前に腹痛や張りがあるときは 早産や切迫早産の可能性があります。 痛みのほかに破水が起きることもあります。 念のために病院へかかったほうが良いでしょう。 ・子宮破裂 出血や激しい痛みを伴います。 緊急を要します。 すぐに受診しましょう。 母体はもちろん、赤ちゃんの命にも 係わってきますので 少しでも異常を感じたら必ず病院へ相談しましょう。 おトイレで出血?! この原因は 「痔」 妊娠中から出産を機に痔が悪化してしまう、 それは自分だけじゃないんですよ! 産後の悩み「痔」についてはこちら。 たかが腹痛といっても どのくらいで病院に行くべきか 迷うこともありますよね。 定期的に30分以内に1~2回来るようなら 陣痛の可能性もあります。 また いつもの痛みや張りと違うときも 陣痛の可能性があります。 時間間隔とともに様子をメモしておくと あとでお医者さんに報告するときに とても役立ちます! もしも37週以前のときは 早産の可能性も出てきます。 遠慮せずに主治医に相談しましょう。 出産の合図かもしれません。 早急な対応も必要とします。 必ず病院に受診しましょう。 少量のときは緊急を要しないことが 多いのですが、主治医に連絡して 確認を取るほうが良いですよ。 激しい痛みを感じるようなときは 一刻を争うこともあります。 ただごくたまに、便秘によっても 起こりうることもありますよ。 胎動での腹痛や下腹部痛なら 痛くても安心ですが なかには異常サインの腹痛であることも。 病院へ行くべきか迷うこともあるので 以下のチェックポイントを 参考にしてくださいね。 一つでも当てはまる場合は 病院に連絡をし指示を仰いでくださいね。 破水の可能性があります。 少量のときは緊急ではないことが 多いですが、病院に連絡して 受診できるなら受診しましょう。 我慢し過ぎも良くないので 不安や心配事は小さなことでも 主治医に相談しましょうね。 妊娠して出産、 あなたの肌や体はボロボロです。 たっぷりの抗酸化成分が詰まった 「サジー」はミラクルフルーツです。

次の

妊娠後期に腹痛に始まり下痢に冷や汗・・・大変です。

妊娠後期 腹痛

妊娠超初期~妊娠初期の腹痛いつから 妊娠超初期~妊娠初期の頃は、なかなか妊娠のサインに気づきにくいものです。 いつもより生理が遅れているな、という方はある程度日数がすぎれば妊娠を疑い始めるでしょう。 上記の表で妊娠3週~5週ぐらいで腹痛を感じ始める方が多いいようです。 ちょうど妊娠検査薬が反応する時期から症状が出始めます。 しかしもともと生理不順な人は、腹痛を妊娠のサインだと感じにくい部分があります。 というのも、妊娠超初期~妊娠初期の腹痛は生理前の腹痛とよく似ているからです。 生理の症状と妊娠超初期~妊娠初期の腹痛 妊娠初期の腹痛と生理前の腹痛は似ていることから、間違う方がたくさんいます。 しかし、腹痛が起きるメカニズムは全く違うのです。 生理前の腹痛は、必要のないものを体外へ排出しようと働くために生じるものです。 一方、妊娠初期の腹痛は子宮を大きく成長させることでの子宮の収縮から発生します。 違和感がある腹痛はたぶん妊娠? ただ腹痛だけでは、すぐに妊娠したとは気が付きません。 何日か続いてお腹が痛いだけでは妊娠に思い当たらない方がほとんどでしょう。 妊娠以外では便秘や下痢、それから食あたりなどが腹痛の原因ですが、この場合はどれにも当てはまらない違和感を持った痛みを伴います。 今まで感じた事の無いお腹の気持ち悪さを感じた場合は、内科よりも産婦人科を受診した方がよいでしょう。 それから、痛さの波に強弱がなくずっと同じ痛みを感じる場合は、下痢の症状があっても食あたりではなく妊娠の可能性が高いです。 日ごろの基礎体温で妊娠が分かる 月経前症候群の症状に慣れてしまっている方は、いつものように鎮痛剤を飲んだり他の事で気を紛らわせたりして、妊娠発覚の時期が遅くなる可能性があります。 妊娠したと分かるのは大体妊娠2ヶ月目で、胎児にとって一番大事な時期にあたります。 その時期に自己流で対処してしまうと、後で妊娠が分かった時のお母さんの不安ははかり知れませんね。 確実にその腹痛をもって妊娠と分かる為には、前々から基礎体温をつけておく必要があります。 排卵後の高温期は生理直前に終了しますが、妊娠した場合は高温期が継続されるので腹痛と妊娠を結び付けやすいのです。 妊娠初期のお腹の痛みの種類は? 妊娠初期の腹痛は、子宮が大きく成長することでの子宮の収縮により発生します。 周囲の血管や臓器を圧迫させ、筋肉が筋肉することが原因です。 ただ、ひとくちに腹痛といっても症状の出方や感じ方は人それぞれ違いがあります。 どのような腹痛の症状があるのか、具体的にみていきましょう。 チクチクとした痛み 妊娠初期の腹痛として、チクチクした痛みを感じることがあります。 針やフォークなど尖ったものでつつかれている様な腹痛です。 人により、一定期間痛みが続く場合もあれば、不定期にチクッと短い時間感じることもあります。 妊娠初期の腹痛は、子宮の収縮によって起こるものです。 子宮は筋肉で出来ているので一気に大きくする事は出来ず、伸び縮みを繰り返しながら少しずつ体積を大きくしていくので、子宮が縮む時にはキューっとさしこむような痛みがあり、子宮が伸びる時にはチクチクした痛みを感じるようになります。 引っ張られるような痛み 妊娠初期の腹痛として、皮膚や下腹部全体が引っ張られるような痛みを感じることがあります。 これは、子宮が大きくなろうとしているため、周りの筋肉や臓器を圧迫しているからです。 また、お腹そのものが大きく成長しようとすることから、お腹全体が子宮のためにスペースを開けようと作用してきます。 このことから、引っ張られるような痛みが生じるのです。 ギュッと締め付けられるような痛み 引っ張られる痛みとは反対の、ギュッと締め付けられるような痛みも妊娠初期の腹痛のひとつです。 子宮が大きくなろうと作用しているのが原因なので、根本的なことでは変わりありません。 引っ張られる痛みは全体的に感じるものですが、ギュッと締め付けられる痛みは圧迫された臓器や筋肉そのものが刺激されて生じています。 便秘の痛み 妊娠初期の腹痛として、同じ下腹部痛でも腸が関係しているケースがあります。 特に感じやすいのが便秘による腹痛です。 慢性的に便秘を持っている方だけでなく、妊娠した途端に便秘になり腹痛を感じる方もいらっしゃいます。 これは、子宮が大きくなることにより腸が圧迫されてうまく動けなくなることが原因です。 しかし、ただの便秘だと放置していると腸内に溜まった便が子宮を圧迫してしまいます。 医師に相談し早めに解決しておくようにしましょう。 下痢の痛み 子宮が腸を圧迫すると、便秘を引き起こしやすいとご紹介しましたが、同様に下痢症状を引き起こすケースもあります。 どちらも子宮による圧迫から引き起こされるもので、妊娠初期の腹痛のひとつとも言えます。 ただ、あまりにも下痢症状がひどい場合、脱水症状を引き起こし別の病気の可能性も考えられますので、長引く場合は早めに受診するようにしてください。 ストレスによる腹痛 妊娠初期の腹痛の中に、様々なストレスから引き起こされるものもあります。 特に、初めて妊娠を経験した人に多く見受けられます。 無事にお腹の中で育ってくれるだろうか、ちゃんと出産することができるか心配、子育てはどうしようなどいわゆるマタニティブルーの症状が原因です。 不安なまま過ごしてしまうと腹痛だけでなくホルモンバランスも崩れてしまいます。 リラックスの方法を見つけ、妊婦経験者と話をし、音楽や映画を見たりするなど、うまくストレスを緩和できるよう心がけましょう。 過労による腹痛 妊娠初期の場合、妊娠に気づかずバリバリ働き続ける方がいらっしゃいます。 仕事に忙しいことから、ちょっとやそっとの腹痛も気にせず気合でやり過ごすという方は要注意。 妊娠初期に激しく動き回るのは、身体にとっては大きな負担です。 お腹の中で赤ちゃんが腹痛を通じてサインを出していることに気づけないため、母子ともに弱ってしまいます。 過労により流産が引き起こされるケースも考えられますので、いつもと違う腹痛が続くと感じた場合は妊娠を疑い、検査するようにしましょう。 痛みがおさまらない場合は 妊娠初期の腹痛は、いずれも違和感は我慢できないほどの痛みではありません。 安静にしていれば落ち着くこともありますし、それでも継続して症状が現れることもあります。 妊娠初期はまだ受精卵が子宮内壁に癒着している最中なので、ちょっとした事で流産しかねないとても不安定な時期です。 痛みの差はあれど、妊娠初期の腹痛は切迫流産の兆候だと考えてもいいくらい、お腹の痛みに敏感になっておいた方が良いでしょう。 ただ、気をつけたいのが我慢できないほどの強い痛みです。 妊娠初期に腹痛が生じやすいとは言え、我慢できないほどの痛みは流産の危険性があると考えられます。 不安定な妊娠初期は、流産の危険性が最も高い時期ですので不安を感じた時はすぐに医師に相談しましょう。 化学流産の可能性 腹痛~生理の場合 重だるい、またはチクチクした痛みが続いた後に、通常の生理が来る方がいます。 その場合の腹痛は生理予定日前に来る事が多いのですが、原因は受精卵が着床した後にその状態が続かず血液とともに排出されてしまう化学流産の可能性が高いです。 着床すれば子宮内膜を維持するプロゲステロン分泌量が増加しますが、着床後が続かなかった場合はもう子宮内膜は必要ないので剥がれ落ちてしまうのです。 このケースでは体調チェックを前々からしっかり行っている方以外は、普通の月経前症候群だと考えて妊娠と流産に気が付かない方がほとんどです。 本人の自覚はありませんが尿検査をすれば化学流産かどうか分かるので、気になる場合は産婦人科で検査を受けてみてください。 妊娠初期の流産について 妊娠初期に現れる腹痛は、場合によっては流産が原因の可能性もあります。 誰でも可能性としては起こりうることですので、簡単に説明しておきましょう。 流産を経験した方は初期流産と呼ばれる、妊娠初期の12週目までに流産している場合が多いです。 単なる腹痛だと放置していると、赤ちゃんを救えるタイミングを見逃してしまうこともありますので、痛みは我慢しないようにしましょう。 詳しく::: 腹痛と出血(着床出血) 妊娠初期に腹痛が起きる時期に、出血も発生する場合があります。 出血すると流産するのでは?と途端に不安になるかもしれませんが、妊娠初期の症状として着床出血があるので心配はいりません。 着床出血とは、胎盤が子宮に着床するときに発生するもので、水っぽいピンク色や茶色をしています。 生理が始まる前や、終わりかけのおりもののようなものであれば、問題ありません。 明らかに血と確認できる場合は、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。 妊娠初期に起きるさまざまな症状 妊娠初期には、腹痛の他にもさまざまな症状があらわれます。 血流の変化による頭痛やめまい、食欲の増加、眠気の増加、気だるさ、吐き気、などがあります。 どの症状も、妊婦さんが全員に現れるものではありません。 最初の妊娠では腹痛やつわりがあったのに、2人目は全く妊娠初期の症状を感じなかったというケースもあります。 一概に言えないからこそ、体調の変化を見過ごさないようにしましょう。 腹痛もつわりの1つ? つわりというと吐き気や胸のムカつきをイメージしますが、他にも頭痛や腰痛そして腹痛もつわりに含まれます。 それから倦怠感や強烈な眠気・身体の熱っぽさなど、プロゲステロンの分泌量が増える事でホルモンバランスが崩れるので、とにかくあらゆる症状が現れると言っても過言ではありません。 この腹痛も下痢や便秘に伴うものだったり子宮の収縮によるものだったりとその原因は多々ありますが、これまでとは違う腹痛を継続して感じた時は吐き気が無いか、疲れやすくなっていないか、など腹痛だけではなく他の症状も併せて確認した方がよいでしょう。 改善・予防 体質改善で腹痛を軽く出来る? 子宮の伸縮による腹痛は、妊娠初期から臨月・出産にかけて段々強くなっていきます。 お腹の痛みは個人差がありますが、毎日お腹に違和感を抱えたまますっきりしないのは嫌なものです。 妊娠前から身体の冷えやむくみ・血行の悪さがあった方は、妊娠中に腹痛やお腹の張りが強くなりやすいと言われているので、そのような体質を改善できればお腹の強い痛みを軽くする事も可能です。 軽い運動やしょうがやねぎ・タンパク質など質の良い食事をしっかり摂って身体を内側から温めるのと同時に、冷たい飲み物は飲まない・足を露出しないなど身体を冷やさない行動を心がけましょう。 ホットタオルを活用して腹痛を軽く 子宮の収縮は筋肉の緊張とイコールです。 入浴すると全身の筋肉が弛緩するのが分かるように、温度と筋肉は非常に深いかかわりを持っています。 身体を温めると血行が良くなり、筋肉の動きも過剰にならずスムーズに行えるので腹痛を軽くする速効法としてはお腹を温めるのが一番です。 しかし、カイロや長風呂など身体に当てる温度が高すぎると、反対に血行が良くなりすぎて出血を引き起こす原因ともなるのがデメリット。 そこで、濡らしたタオルをレンジで温めたホットタオルをビニール袋に入れてお腹に当ててみましょう。 程よい温かさが持続するので、お腹を中心として心身ともにリラックスできます。 妊娠中は疲れていないと思っても実は小さな疲れが溜まっている場合も多いので、一緒に頭や目にもホットタオルを当ててリフレッシュしましょう。 妊娠初期は体調優先 妊娠初期は、腹痛を始めさまざまな症状が出てくるものです。 身体が今までとは違う反応をし始める時期ですから、戸惑うことも多いでしょう。 また妊娠が発覚したことで、喜びと不安が入り混じり、気持ちもまだ安定していないということもあるでしょう。 体調が変化しやすく、不安定な時期ですから体調を優先して無理をしないのが一番です。 妊娠が発覚したときは、すぐに夫と家族に伝え、家庭内でのサポート体制を整えていきましょう。 また働いている方は信頼の置ける上司や同僚に報告し、理解を求めることも大切です。 まずは自分の体調を最優先できる状況を作り上げていきましょう。 ここまでのまとめ 妊娠超初期~妊娠初期の腹痛についてご紹介しました。 妊娠初期は、妊娠の喜びを知ったと同時に、体調の変化が次々と現れてくる時期です。 もう一人の身体ではありませんから、赤ちゃんのためにもリラックスしてゆっくりと過ごし、万全の状態で安定期に進んでいきましょう。 症状が気になる場合は自己判断せずに病院に行くようにしましょう。

次の

【医師監修】妊娠後期の腹痛|キリキリ・チクチク痛、下痢や吐き気も

妊娠後期 腹痛

妊娠中にママが経験する症状のほとんどは、不快な症状を伴うものであったとしても心配するものではありません。 これらの症状は妊娠したことによる生理現象です。 それでも、不安になったり、本当に問題はないのか、どうやって問題がないと判るのかしらと疑問に思ってしまいますね。 本当に危険な合併症が発生することはごくわずかですが、妊娠中はどのような症状に気をつけるのかを調べていきましょう。 すぐにお医者さんに連絡を取った方がよい、妊娠中の危険な症状を紹介します。 妊娠中の危険な症状 妊娠中の不快な症状はごく普通のもので心配するものではありませんが、中には危険な状態であることを示す症状の場合もあるでしょう。 以下の症状に気がついたら、すぐにお医者さんに連絡を取るようにしましょう。 下腹部の痛みが続く:下腹部の痛みは妊娠中の一般的な症状なのかしら、と考えるのはごく普通のことです。 例えば、円じん帯が引き伸ばされる不快な痛みはよくある症状ですが、熱や寒気を伴う下腹部の痛みは危険を伴うサインであることもあります。 このような症状が現れたら、お医者さんに連絡を取りましょう。 激しい頭痛: 妊娠中の頭痛には、ホルモンの変化、ストレス、疲れなどの多くの原因が考えられますが、激しい頭痛の症状を伴うのであれば高血圧や妊娠高血圧腎症 子癇前症 と呼ばれる高血圧障害のサインであることもあります。 妊娠高血圧腎症は危険な状態であり、ママと赤ちゃんの健康を守るためにお医者さんの治療が必要になります。 視力の変化: 一時的な視力の低下、目のかすみや光に敏感になるなどの妊娠中の視力の変化は、妊娠性高血圧や妊娠高血圧腎症が関連していると考えられています。 めまいや失神:めまいを感じるのは、妊娠初期に現れるごく普通の症状です。 血の巡りの問題や血糖値レベルが原因で妊娠中にめまいを感じることもあります。 ただ、めまいの症状が長く続いたり、ふらつきや失神の症状がある、目のかすみや膣からの出血、頭痛や腹痛を伴うようなめまいの症状が現れたら、お医者さんに原因を調べてもらって治療してもらうようにしましょう。 過度の体重の増加やむくみ:食べすぎが原因ではない急激な体重の増加 は妊娠高血圧腎症が関係している可能性もあります。 体重増加だけではなく顔や手のむくみ(浮腫)にも気がつくかもしれません。 手や足のむくみは良く見られる症状ですが、気をつけて様子を見るようにしましょう。 頻尿や排尿時の焼けつくような感覚: トイレに行く回数が増えたのに排尿時には数滴しか出なかったり、排尿時に焼けつくような感じがしたら、それは尿路感染の可能性があります。 尿路感染の他の症状に発熱や悪寒、血尿などがあります。 お医者さんに症状を診断してもらい合併症を避けるために細菌による感染症の治療をしてもらいましょう。 妊娠初期や後期の は大きくなる赤ちゃんが膀胱圧迫することが原因のごく普通の妊娠の症状です。 激しい嘔吐や嘔吐を繰り返す:吐き気や嘔吐は妊娠初期のごく普通の症状でつわりとも呼ばれています。 つわり の症状がひどくてめまいや血も混じるようであれば、妊娠悪阻(おそ)の可能性があり、適切に対処する必要があります。 妊娠初期を過ぎた後にも嘔吐の症状が出るようであれば、大きな問題にならないようにお医者さんに診てもらうようにしましょう。 胸の下や胃の上部の激しい痛み :目のかすみ、激しい頭痛や吐き気を伴うのであれば、高血圧症や妊娠高血圧腎症のサインであることもあります。 妊婦健診の際にお医者さんがママの血圧をチェックしてくれますが、妊娠高血圧腎症の兆候に気がついたらすぐにお医者さんに相談しましょう。 体全体の痒み:発疹を伴う激しい痒みの症状が現れたら、妊娠性肝内胆汁うっ滞症の可能性があります。 この症状は妊娠中期と後期に良く見られる症状です。 激しい痒みを感じたら、すぐお医者さんに連絡を取りましょう。 妊娠中に肌が痒くなるのは全く普通の症状です。 これは赤ちゃんが大きくなるにつれて、ママの皮膚が伸びていくためです。 皮膚が伸びることで乾燥しやすくなり、お腹、胸や太ももが痒くなります。 膣からの出血やおりものの様な出血:妊娠初期にはわずかに出血する と呼ばれるごく普通の症状が現れることがあります。 でも、出血は前置胎盤や子宮頸部感染症のサインであることもあります。 妊娠中にわずかな出血や大量の出血に気づいたら、お医者さんに相談しましょう。 早期陣痛 妊娠37週目以前 :は全く普通の症状ですが、動いたり姿勢を変えても陣痛が収まらなかったり、痛みが増して陣痛が規則正しくなってきた時は早期陣痛の可能性もあります。 この場合はすぐにお医者さんに連絡しましょう。 妊娠37週目以前に膣から粘液が出てくる:正産期に入る前に卵膜が破れて羊水が外に出てくることを前期破水と言います。 前期破水には個人差があり、じわじわと少量だけ流れることもあれば、いきおいよく大量に流れてくることもあります。 このような症状に気がついたら、すぐにお医者さんに連絡を取りましょう。 ママの妊娠週に合わせてお医者さんが適切な処置をしてくれます。 すでに正産期に入っていれば、破水は陣痛が始まるサインです。 胎動を感じることが減った: 一般的に妊娠18~25週目の間にママは赤ちゃんが動いたり、足をばたつかせたり、回転する胎動を感じます。 妊娠後期に入ると赤ちゃんの動きを確かめることができるようになります。 毎日だいたい同じ時間に横になり、はっきりと感じる胎動を10回カウントしてみましょう。 胎動を10回カウントするのにどれくらい時間がかかるかもメモしていきましょう。 数分でカウントできるはずですが、胎動を感じることなく1時間ほどが過ぎてしまったら、ちょっと軽く食べてもう一度はじめからやってみましょう。 これらをノートに記録していくのもいいですね。 もし、赤ちゃんの胎動が感じられないとか、数日間いつもほど動かないと感じたら、先生に連絡をして問題がないか見てもらうようにしましょう。 子宮外妊娠の症状:子宮外妊娠 の症状には妊娠初期に現れる症状と同じようなものがいくつかあります。 妊娠初期に腹部や骨盤の痛み、極度の立ちくらみ、肩の痛みを伴う軽い出血に気がついた時には、すぐにお医者さんに連絡をしましょう。 ママがこれらの症状に気がついたら、すぐにお医者さんに連絡を取るようにしましょう。 これらの症状は妊娠中に気をつけたい症状のいくつかを挙げたものです。 心配に思ったり、気分が良くないときはお医者さんに相談することがベストです。 ママも安心できますし、何か問題があったら先生にすぐに見てもらえますね。

次の