空知総合振興局。 新型コロナ:道内の発生状況 | 保健福祉部健康安全局地域保健課

新型コロナ:道内の発生状況 | 保健福祉部健康安全局地域保健課

空知総合振興局

歴史 [ ]• 江戸時代の空知郡域は西蝦夷地に属し松前藩領となっていた。 (30年) - 空知支庁設置• (明治32年) - 富良野村(現在の・・・)をへ移管• (平成18年) - 岩見沢市に栗沢町、北村を編入。 (平成20年) - において、留萌支庁をに編入する等、14支庁を9地域に再編し、名称を支庁から地域振興局に改める旨の条例案が可決された。この条例では、は(旧 空知支庁より改組)の下に置かれることになっていた。 (平成21年) - 他の総合振興局への編入対象となった支庁の反発を受け、北海道議会で条例の改正案が可決。 これに伴い、振興局は総合振興局と同等の扱い(上の支庁)へ改められるとともに、広域で所管することが望ましい業務に関しては隣接する総合振興局の所掌事務とすることが出来るとされた。 (平成22年)4月1日 - 空知支庁が廃止され、が発足。 同時に、旧空知支庁に属した幌加内町がに編入される。 地理 [ ] 道内における空知支庁の位置 南北に長い領域を貫くJR・・を軸に多数の・道路が接続しており、枝分かれしたのような形の交通網を形成している。 一般的な都市圏の定義についてはを参照のこと。 '80 1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体 (現在) 深川 都市圏 3 万5376人 深川 都市圏 3 万0652人 深川 都市圏 2 万8770人 深川 都市圏 3 万5079人 深川 都市圏 3 万2784人 深川 都市圏 2 万9901人 深川市 - - - 妹背牛町 - - - 秩父別町 - - - - - - - - - - - - 沼田町 - - - - - - 雨竜町 滝川 都市圏 6 万0610人 滝川 都市圏 9 万6034人 滝川 都市圏 9 万2022人 滝川 都市圏 9 万4421人 滝川 都市圏 9 万0141人 滝川 都市圏 9 万6779人 新十津川町 滝川市 - 奈井江町 - 上砂川町 砂川 都市圏 2 万5355人 - 砂川市 - - - 歌志内市 赤平 都市圏 2 万5467人 赤平 都市圏 1 万9407人 - - - 赤平市 - 芦別 都市圏 2 万5078人 芦別 都市圏 2 万2931人 芦別 都市圏 2 万1026人 - - 芦別市 - - - - - - 浦臼町 - - - - - - 月形町 美唄 都市圏 3 万8550人 美唄 都市圏 3 万5165人 美唄 都市圏 3 万3434人 美唄 都市圏 3 万1181人 美唄 都市圏 2 万9083人 美唄 都市圏 2 万6034人 美唄市 岩見沢 都市圏 11 万1714人 岩見沢 都市圏 10 万5884人 岩見沢 都市圏 10 万8027人 岩見沢 都市圏 10 万9857人 岩見沢 都市圏 10 万5604人 岩見沢 都市圏 10 万0366人 三笠市 - - 夕張 都市圏 4 万1715人 - - - - - 夕張市 - - - - - - 栗山町 - - - - - - 由仁町 - - - - - - 長沼町 - - 札幌 都市圏 札幌 都市圏 札幌 都市圏 南幌町 地域 [ ] 空知支庁の自治体 1. 幌加内町 空知地方は全域が の領域に属するが、南北に長い領域を持つため、さらに細分して南空知・中空知・北空知と区分することがある。 :、、、• 雨竜郡:• 空知郡:• :、、• 樺戸郡: その他 [ ]• 北海道の地域の分類としてはエリアに属するとみなすことが多いが、北空知地方(雨竜町を含む場合もある)については、場合によってはエリアとみなす場合がある。 例えばの管轄は赤平市・滝川市・新十津川町以南と深川市・妹背牛町・雨竜町以北で分かれており(南が、北が)、もこれに合わせて「札幌」「旭川」となる。 またも、滝川市以南が札幌放送局エリアなのに対し、深川市以北は旭川放送局エリアとなっている。 脚注 [ ] [].

次の

空知支庁

空知総合振興局

(新型コロナウイルス感染症対策チーム)• 道内の発生状況一覧• 報道発表資料 令和2年7月17日発表分• 令和2年7月16日発表分• 令和2年7月15日発表分• 令和2年7月14日発表分• 令和2年7月13日発表分• 令和2年7月12日発表分• 令和2年7月11日発表分• 令和2年7月10日発表分• 令和2年7月9日発表分• 令和2年7月8日発表分• 令和2年7月7日発表分• 令和2年7月6日発表分• 道内において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年7月5日発表分• 令和2年7月4日発表分• 令和2年7月3日発表分• 道内において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年7月2日発表分• 令和2年7月1日発表分• 令和2年6月30日発表分• 令和2年6月29日発表分• 令和2年6月28日発表分• 令和2年6月27日発表分• 令和2年6月26日発表分• 令和2年6月25日発表分• 令和2年6月24日発表分• 令和2年6月23日発表分• 令和2年6月22日発表分• 令和2年6月21日発表分• 令和2年6月20日発表分• 令和2年6月19日発表分• 令和2年6月18日発表分• 令和2年6月17日発表分• 令和2年6月16日発表分• 令和2年6月15日発表分• 令和2年6月14日発表分• 令和2年6月13日発表分• 令和2年6月12日発表分• 令和2年6月11日発表分• 令和2年6月10日発表分• 令和2年6月9日発表分• 令和2年6月8日発表分• 令和2年6月7日発表分• 令和2年6月6日発表分• 令和2年6月5日発表分• 令和2年6月4日発表分• 令和2年6月3日発表分• 令和2年6月2日発表分• 令和2年6月1日発表分• 令和2年5月31日発表分• 令和2年5月30日発表分• 令和2年5月29日発表分• 令和2年5月28日発表分• 令和2年5月27日発表分• 令和2年5月26日発表分• 令和2年5月25日発表分• 令和2年5月24日発表分• 令和2年5月23日発表分• 令和2年5月22日発表分• 令和2年5月21日発表分• 令和2年5月20日発表分• 令和2年5月19日発表分• 令和2年5月18日発表分• 令和2年5月17日発表分• 令和2年5月16日発表分• 令和2年5月15日発表分• 令和2年5月14日発表分• 令和2年5月13日発表分• 令和2年5月12日発表分• 令和2年5月11日発表分• 令和2年5月10日発表分• 令和2年5月9日発表分• 令和2年5月8日発表分• 令和2年5月7日発表分• 令和2年5月6日発表分• 令和2年5月5日発表分• 令和2年5月4日発表分• 令和2年5月3日発表分• 令和2年5月2日発表分• 令和2年5月1日発表分• 令和2年4月30日発表分• 令和2年4月29日発表分• 令和2年4月28日発表分• 令和2年4月27日発表分• 令和2年4月26日発表分• 令和2年4月25日発表分• 令和2年4月24日発表分• 令和2年4月23日発表分• 令和2年4月22日発表分• 令和2年4月21日発表分• 令和2年4月20日発表分• 令和2年4月19日発表分• 令和2年4月18日発表分• 令和2年4月17日発表分• 令和2年4月16日発表分• 令和2年4月15日発表分• 令和2年4月14日発表分• 令和2年4月13日発表分• 令和2年4月12日発表分• 令和2年4月11日発表分• 令和2年4月10日発表分• 令和2年4月9日発表分• 令和2年4月8日発表分• 令和2年4月7日発表分• 令和2年4月6日発表分• 15時00分現在、道内において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年4月5日発表分• 令和2年4月4日発表分• 令和2年4月3日発表分• 令和2年4月2日発表分• 令和2年4月1日発表分• 令和2年3月31日発表分• 15時45分現在、道内において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年3月30日発表分• 令和2年3月29日発表分• 令和2年3月28日発表分• 令和2年3月27日発表分• 令和2年3月26日発表分• 令和2年3月25日発表分• 令和2年3月24日発表分• 令和2年3月23日発表分• 15時00分現在、道内において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年3月22日発表分• 令和2年3月21日発表分• 令和2年3月20日発表分• 令和2年3月19日発表分• 令和2年3月18日発表分• 令和2年3月17日発表分• 15時20分現在、道で行った検査において新たな陽性患者は確認されておりません。 令和2年3月16日発表分• 令和2年3月15日発表分• 令和2年3月14日発表分• 令和2年3月13日発表分• 令和2年3月12日発表分• 令和2年3月11日発表分• 令和2年3月10日発表分• 令和2年3月9日発表分• 令和2年3月8日発表分• 令和2年3月7日発表分• 令和2年3月6日発表分• 令和2年3月5日発表分• 令和2年3月4日発表分• 令和2年3月3日発表分• 令和2年3月2日発表分• 令和2年3月1日発表分• 令和2年2月29日発表分• 令和2年2月28日発表分• 令和2年2月27日発表分• 令和2年2月26日発表分• 和2年2月25日発表分• 和2年2月24日発表分• 和2年2月23日発表分• 和2年2月22日発表分• 和2年2月21日発表分 (1)年代:10歳未満 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:上川総合振興局(中富良野町) (5)職業:小学生(中富良野小学校) (6)症状、経過: 2月15日 発熱(37. 行動歴及び濃厚接触者については現在調査中。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (1)年代:10代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:上川総合振興局(中富良野町) (5)職業:小学生(中富良野小学校) (6)症状、経過: 2月18日 発熱(37. 行動歴及び濃厚接触者については現在調査中。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 年代:40代 (2)性別:女性 (3)国籍:日本 (4)居住地:石狩振興局管内(千歳市) (5)職業:検疫官(小樽検疫所千歳空港検疫所支所) (6)症状、経過: 2月16日 微熱(37. (7)行動歴・滞在歴: 本人からの申告によれば、海外渡航歴は無し。 行動歴及び濃厚接触者については現在調査中。 (1)年代:40代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:札幌市内 (5)職業:会社員 (6)症状、経過: 2月15日 悪寒、発汗、倦怠感、筋肉痛、関節痛が出現。 2月18日 発熱、筋肉痛、咳、痰が出現 2月19日 札幌市内の医療機関Cを受診。 すぐに帰宅し自宅待機を指示 医療機関Cからの連絡により保健所が患者情報を探知 札幌市保健所の指示で、市立札幌病院を受診させ、検体を採取。 引き続き、自宅待機を指示。 札幌市衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、 23時ごろに陽性と判明。 2月20日 感染症指定医療機関(市立札幌病院)に入院 (7)行動歴・滞在歴: 2月1日から2月12日までの期間、No. 3の男性(2月18日感染判明)とともに、雪まつり大通西2丁目の 事務所スペースで事務作業に従事。 海外渡航歴なし。 濃厚接触者は現在調査中(2月20日現在)。 和2年2月19日発表分 (2月20日更新) (1)年代:60代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:渡島総合振興局管内(七飯町) (5)職業:七飯町議会議員 (6)症状、経過: 2月 3日 微熱、咽頭痛。 2月 7日 渡島総合振興局管内の医療機関Aを受診。 2月13日 医療機関Aを再診。 2月14日 同管内の感染症指定医療機関を紹介受診。 2月18日 同管内の感染症指定医療機関に入院。 2月19日 道立衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明。 (7)行動歴・滞在歴: 本人からの申告によれば、海外渡航歴は無し。 濃厚接触者48名について保健所が健康観察を行う。 【発症後の行動】 2月10日 七飯町議会の特別委員会に出席 2月17日 函館湾流域下水道事務組合議会に出席 引き続き調査中。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:札幌市内(単身赴任者) (5)職業:会社員 (6)症状、経過: 2月 8日 倦怠感、筋肉痛、関節痛が出現 2月12日 発熱、咳が出現 2月13日 札幌市内の医療機関A、調剤薬局Bを利用、感冒薬の服薬を開始 2月15日 医療機関Aを受診、インフルエンザ検査陰性、胸部レントゲンで異常なし、調剤薬局Bを利用 2月17日 医療機関Aを受診、胸部CT上で両側肺炎像を認めた 同日夕刻に医療機関Aから保健所に相談、医療機関Aにおいて検体を採取し、自宅待機の指示 2月18日 札幌市衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明 2月19日 感染症指定医療機関(市立札幌病院)に入院 (7)行動歴・滞在歴: 2月1日から2月12日までの期間、No. 5の男性(2月19日感染判明)とともに、雪まつり大通西2丁目の 事務所スペースで事務作業に従事(2月20日現在)。 海外渡航歴なし。 行動歴及び濃厚接触者は現在調査中(2月19日現在)。 和2年2月14日発表分 (1)年代:50代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)居住地:札幌市内 (5)職業:自営業 (6)症状、経過: 1月31日 発熱、咳、倦怠感が出現。 2月 3日 石狩振興局管内の医療機関Aを受診。 2月 4日 医療機関Aを再受診し、レントゲン上で肺炎像を認めた。 同管内の医療機関Bを紹介受診し、抗菌薬治療を開始。 2月11日 症状改善しないため、同管内の医療機関Cに入院。 胸部CT上で両側に肺炎像を認めた。 2月12日 呼吸状態改善せず、ICUにおいて人工呼吸器管理となる。 2月14日 札幌市衛生研究所において、新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明。 2月15日 感染症指定医療機関(市立札幌病院)に入院。 2月17日現在 人工呼吸器管理継続中。 (7)行動歴・滞在歴: 海外渡航歴なし。 濃厚接触者は、現時点で家族、同僚等43名を特定し、健康観察実施中。 令和2年1月28日発表分 (1)年代:40代 (2)性別: 女性 (3)居住地: 中華人民共和国(湖北省武漢市) (4)症状、経過: 1月21日に来日し、22日より北海道を観光。 1月26日 体調不良のため外出せず。 夜間に咳、発熱あり。 1月27日 道内の医療機関を受診、入院。 胸部レントゲン検査にて肺炎像。 1月28日 熱は残っているが、容態は安定している。 (5)行動歴・滞在歴: 1月21日、2名で来日し東京都内の知人宅に宿泊。 1月22日、3名で東京から北海道に移動して観光。 1月26日は体調不良のため外出せず。 ・なお、日本に来てからはマスク着用。 ・武漢市の華南海鮮城(海鮮市場)の訪問は無い。

次の

北海道の総合振興局と振興局って何?ちょっとした不思議もご紹介

空知総合振興局

歴史 [ ]• (30年) - 空知支庁設置。 (明治32年) - 富良野村(現在の・・・)をへ移管• (平成22年) - 空知支庁を空知総合振興局に改組、をへ移管 所管 [ ] 従来の空知支庁から幌加内町を除いた地域となる。 これは、幌加内町がを始めとする上川管内の自治体と経済的に強く結びついていることが理由である。 その一方で岩見沢市と結び付きが強いは支庁再編後もに属しているほか、・・と同一のも移管されずに空知総合振興局に残留している。 また、条例により「広域で所管することが望ましい業務」に関しては空知総合振興局が隣接する石狩振興局管内を含む全域において事務を担当する。 14支庁を9総合振興局・5振興局へ再編する北海道総合振興局設置条例では、 道央総合振興局(どうおうそうごうしんこうきょく)の名称で、より改組されるを下部組織として設置する予定であったが、「格下げ」に対する反発が生じたことから(平成21年)3月に条例を改正。 名称を支庁と同じ「空知総合振興局」とし、石狩振興局については総合振興局と同等の地位(上の支庁)とされた。 なお、空知支庁よりも人口の多い石狩支庁が格下げの対象とされたのは札幌一極集中の助長を防ぐためとされる。 一般的な都市圏の定義についてはを参照のこと。 '80 1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体 (現在) 深川 都市圏 3 万5376人 深川 都市圏 3 万0652人 深川 都市圏 2 万8770人 深川 都市圏 3 万5079人 深川 都市圏 3 万2784人 深川 都市圏 2 万9901人 深川市 - - - 妹背牛町 - - - 秩父別町 - - - - - - - - - - - - 沼田町 - - - - - - 雨竜町 滝川 都市圏 6 万0610人 滝川 都市圏 9 万6034人 滝川 都市圏 9 万2022人 滝川 都市圏 9 万4421人 滝川 都市圏 9 万0141人 滝川 都市圏 9 万6779人 新十津川町 滝川市 - 奈井江町 - 上砂川町 砂川 都市圏 2 万5355人 - 砂川市 - - - 歌志内市 赤平 都市圏 2 万5467人 赤平 都市圏 1 万9407人 - - - 赤平市 - 芦別 都市圏 2 万5078人 芦別 都市圏 2 万2931人 芦別 都市圏 2 万1026人 - - 芦別市 - - - - - - 浦臼町 - - - - - - 月形町 美唄 都市圏 3 万8550人 美唄 都市圏 3 万5165人 美唄 都市圏 3 万3434人 美唄 都市圏 3 万1181人 美唄 都市圏 2 万9083人 美唄 都市圏 2 万6034人 美唄市 岩見沢 都市圏 11 万1714人 岩見沢 都市圏 10 万5884人 岩見沢 都市圏 10 万8027人 岩見沢 都市圏 10 万9857人 岩見沢 都市圏 10 万5604人 岩見沢 都市圏 10 万0366人 三笠市 - - 夕張 都市圏 4 万1715人 - - - - - 夕張市 - - - - - - 栗山町 - - - - - - 由仁町 - - - - - - 長沼町 - - 札幌 都市圏 札幌 都市圏 札幌 都市圏 南幌町 人口変遷 [ ] 同管内のはであり、(24年)度のでは同市を筆頭に、、、の順で人口の少ない市4位までが管内に存在する。 人口の少ない市10位までには、更にも加わる。 これら5市の全ては、過去にで栄えて人口が増えたものの、その後のの崩壊で人口減少に転じたという共通点を持つ。 また、三笠市と夕張市は1万人の、歌志内市は5千人の大台を割り込んでいる 人口5000人は北海道の町制施行基準であり、それをも下回っていることになる。 2015年現在、空知管内の10市で市制施行基準の人口(2015年現在は人口5万人)を上回っているのは岩見沢市のみである。 しかし、近年の道内化は既に空知管内だけの問題ではなくなっており、(管内)などの主要都市でも相次いで指定を受けており、北海道のほぼ全域で深刻な状況にある。 当然ながらこの空知管内も例外ではなく、先述の5市を除いても過疎地域の指定を受けていないのは・・の2市1町のみとなっている。 (さらに岩見沢市もの前の旧と旧の区域が過疎地域に該当する。 これはやなど道内他地域でも多く見られる。 ) あまり知られていないが、(9年) - (35年)頃(うち中頃のごく短期間を除く)まで空知支庁は14支庁で最も人口が多く、この時期は道庁所在地・を擁する(当時)ですら空知支庁の人口を一度も超えられなかった。 人口が激減した現在でも、依然として北海道の14振興局では人口が6位・が4位と比較的上位に位置しており、往時の大繁栄の名残を垣間見る事ができる。 地理 [ ].

次の