足首 骨折 全治。 骨折について足首を複雑骨折し、全治4ヶ月と診断されました。ギプス...

骨折したときの全治期間の目安・治療法・早期回復への工夫

足首 骨折 全治

もし知り合いに「足のくるぶしを骨折した」と言われたら 何か大きな事故にあったのかと思ってしまいますよね。 しかし実は、くるぶしの骨折はそんなに珍しいことではなく ささいなアクシデントで簡単に折れてしまうことがあるのです。 くるぶしは毎日体重がかかる部分。 もし骨折してしまったら どれくらい治療期間が必要なのか、手術が必要なのか、また元通りに 歩けるようになるのか・・と色々不安になってしまうと思います。 くるぶしがどのように折れるのか、またどのように 治療が進むのかを知っておけば、安心して治療にのぞめます。 くるぶしを骨折するメカニズムと治療法について調べました。 運動機能を取り戻すリハビリのポイントについても説明します。 Sponsored Link くるぶし骨折のメカニズムは?捻挫だと思っていたら骨折していた!? くるぶしを骨折した人の中には 「足をひねって捻挫したと思っていたら、骨折だった」 という人がよくいるのですが、それは折れたという感覚がないからです。 このようなことがなぜ起きるのかをみていきましょう。 「くるぶし」は、脚を支える2本の骨(脛骨と腓骨)が 足首の骨(距骨)とつながる先端の部分です。 出典:soccerlife24. どちらも下にくる「距骨」という骨を両側から挟み込んで足首の関節をつくっています。 それぞれのくるぶしの骨は足首を構成する周りの骨と靭帯でつながっていて この靭帯こそが骨折を引き起こす原因になります。 手足をひねって靭帯が伸びたり切れてしまうことを捻挫といいますが 足首を強い力でひねった際、引っ張られた靭帯がくるぶしの 骨をはがしてしまうことで骨折が起こります。 出典:kotoseikeigeka. life. coocan. また、この骨折を捻挫だと思い込むもう一つの原因に 「痛いけど歩ける場合がある」ということがあります。 骨折しても骨の位置がずれていなければ歩けることがありますが、捻挫だと 自己判断しないように注意が必要です。 もしくるぶしを強くひねってしまい 骨折が疑われる場合は病院へ行ってレントゲンをとってもらいましょう。 Sponsored Link くるぶし骨折の治療はどうなっているの?手術は必要? くるぶしを骨折している場合、以下のような流れで治療が行われます。 大抵の場合は主治医が折れた骨の症状をみて判断しますが、症状が微妙な場合 「手術してもギプスでもいいですよ」という風に患者に選択させることがあります。 それぞれの治療内容と治療期間などをまとめたので参考にしてみて下さい。 ギプスによる固定(1か月程度) 「折れた骨がずれていない」「靭帯が切れていない」場合はギプス固定が可能です。 手術を受けなくてよいので一番簡単な治療です。 入院の必要もありません。 ただ、ギプス治療=楽、というわけではありません。 ギプスは折れた骨を外側から固定するだけなので、骨が動かないように 最新の注意を払わなくてはなりませんし、患部を洗うことができません。 ギプスによる皮膚のかゆみやかぶれは思っている以上に負担になります。 また、ギプス固定が終わってからリハビリが始まるので 手術よりも運動機能が戻るまでに時間がかかる場合があります。 手術による固定(術後は早い段階でリハビリに移れる) 折れた骨がずれていたり、靭帯が切れている場合は骨にボルトを打って 固定したり靭帯を修復する手術を行います。 骨が固まった後、ボルトを抜くための手術をする場合もあります。 手術によっては神経や血管を損傷するリスクがあり 費用や手術に対する心理的な負担もあります。 しかし、手術が終わった後は骨が直接ボルトで固定された状態になるので ギプスよりも身軽になります。 早い段階からリハビリを始められ患部の入浴も早くから可能になります。 以上のように、ギプスと手術では治療中の過ごし方にかなり違いが出ます。 もし選択に迷った場合は、主治医の意見を聞いた上でこれらの内容も参考にしてみて下さい。 リハビリ後、足首の機能は元通りになるの? くるぶしの骨が固まったら、運動機能を回復するリハビリが始まります。 最初は思うように動かせず、骨折前のような 動きをとりもどせるのか不安になると思います。 骨折した部分が完全に元通りになることはありませんが、足首の機能は リハビリ次第で取り戻すことができます。 以下にリハビリを行う上のポイントを説明します。 リハビリは必要な時期に行おう 骨折後に足が動かせなくなってしまうのは、安静期間に筋肉がやせてしまうから。 そのまま放っておくと、筋肉や神経系統が完全に固まり、 元の足の動きが取り戻せなくなってしまいます。 リハビリは可能になったらすぐに開始しましょう。 骨折していない部分の筋肉は意識的に動かし続けよう 骨折によりじっとしている時間が増えると、骨折していない部分の筋肉も衰えてしまい、 バランスを崩して転倒してしまうおそれがあります。 高齢者は寝たきりになってしまうことも。 特に骨折した足の指は、固定によって血行が悪い状態が 続くと指の神経や筋肉が固まってしまうことがあります。 足の指の曲げ伸ばしトレーニングは固定中から行いましょう。 また、体全体のトレーニングとしては椅子に座ったままできるダンベル運動などが効果的です。 主治医に相談の上、無理のない負荷をかけて始めていきましょう。 このように、骨折部分のリハビリと他の部分のトレーニングを実施していけば 全身の筋肉が鍛えられて骨折する前よりも良い動きが できるようになることも大いに期待できます。 まとめ くるぶしを骨折するメカニズムや治療内容について まとめてみましたが、いかがでしたか? くるぶしは足をひねっただけでも折れてしまう事があるので もし骨折の疑いがある場合は自己判断せずに病院に行ってください。 骨折していた場合は治療の選択によって治療期間の長さや過ごし方に 差がでてきますので、上に説明した内容を参考に最適な治療を選択してください。 また、運動機能を取り戻すカギは骨が固まった後のリハビリにあります。 医師と相談の上、適切なリハビリと筋力トレーニングをしていって下さいね。 Sponsored Link•

次の

第5中足骨骨折|全治3か月の経過ブログ(2019年)

足首 骨折 全治

【スポンサードリンク】 足を捻ってしまい、たまになる『捻挫』だと思い込んでいた。 しかし、なかなか痛みや腫れが引かないため、病院でレントゲンをとったら『骨折』をしていたというケースもちらほらあると聞きました。 実は、このような足関節骨折というのは、よくある骨折の一つのようで、いわゆる『くるぶし』を骨折してしまったことになります。 『くるぶし』といえば、全体重を支える重要な部位と言っても過言ではありませんよね。 足関節骨折をしてしまったら、生活にどのような支障が出るのか、また実際に歩けるのか心配になりますし、完治までの期間も知りたいところです。 今回は、くるぶしを骨折してしまった場合、歩けるのか、また完治するまでの期間はどれくらいなのかを解説します。 Topics• 足首捻挫と骨折の違い 冒頭で、捻挫だと思っていたケガが実は、骨折だったというお話をしました。 足を捻って「捻挫」で済む人もいれば、最悪にも「骨折」をしていたというケースがあるのはなぜでしょうか? 実は、「足首の働き方」、「力のかかる方向」、そして「力の大きさ」等の要素が組み合わさり、ある条件を満たすと骨折してしまうそうです。 もともと「ケガ」というのは、身体が耐えきれる以上の力がかかると生じます。 そして、身体のどこかが耐え切れず破綻してしまうのですが、もしそれが靭帯であれば「捻挫」になりますし、骨であれば「骨折」となるということです。 ただ、医師がケガの症状をみて、それが「捻挫」なのか「骨折」なのか判断をするのは難しいそうです。 つまり、患部に違和感があれば、早めに病院に行き、レントゲンをとってもらうことが重要なのです。 くるぶし骨折に多い症状 では、くるぶしを骨折してしまったときの症状はどのようなものなのでしょうか? 足首は3つの骨から構成されているため、骨折の種類も多いといいます。 ちなみに医学的には、足首の骨折だけでも数十種類にも分けられるそうですが、今回は、スポーツ選手などで最も多い2つの足首骨折について解説しますね。 外果骨折 内果骨折 外果骨折 足首の外くるぶしの骨折のことを外果骨折と言います。 外くるぶしとは、足首の外果の骨である腓骨の端を指します。 足首を内返しに捻ってしまうと前距腓靭帯 ぜんきょひじんたい 、踵腓靭帯 しょうひじんたい 又は、後距腓靭帯靭帯 こうきょひじんたい が損傷する、又は、外果が骨折してしまうということになります。 内果骨折 一方、内果骨折とは足首の内くるぶしの骨折で、足の内側の骨である脛骨の端を指します。 内果には、三角靭帯が付いていて、耐え切れない力が加わることでその靭帯が損傷、又は内果骨折してしまうことになります。 【スポンサードリンク】 治療法 大きく分けて2種類の治療法があるようです。 保存療法 手術療法 保存療法 足を骨折をしたら、まず、患部にギブスなどで固定し、松葉杖を使いながら生活している姿が目に浮かぶと思いますが、まさにご想像通りの治療法です。 患部が固定されてしまうと関節を曲げることはもちろん、体重をかけて歩くことが出来ないため、松葉杖が必要になるのですが、ここで無理して歩いたり、動いてしまうと治りが悪くなります。 確かに普段の生活に比べ、できないことも増えて動けないストレスを感じることもあるでしょうが、とにかくこの期間は、少しでも回復を早めるために関節を曲げたり、歩いたりすることはせずに我慢しましょう。 なお、ギブスなどで固定させていると血行が悪くなり、むくみやすくなるといいます。 寝るときは、心臓より高い位置に足を置くとむくみ対策になります。 また、保存療法は、長時間足首を固定するため、ギブスを外してから骨が弱くなっていたり、関節が動かしにくくなる事もあるようです。 手術療法 骨折の仕方にもよりますが、足首の骨折では手術療法になることが多いようです。 骨折によって骨がずれてしまった場合は、元の位置に戻るように、そして、足首を動かしても骨が再びズレないようにネジ又はボルト等で固定するための手術をします。 ちなみに手術をした場合で一番注意しなくてはいけないのが、術後の炎症管理です。 万が一、炎症があると、関節の動きが悪くなったり、痛みを感じたりするので、アイシングなどの処置をして炎症を抑えます。 ただ、あまり冷やしすぎると凍傷になりますので、気を付けましょう。 リハビリ期間と完治までの道のり 治療法により、リハビリに必要な期間が変わってきます。 そして、早く元の生活に戻りたいという気持ちが先走り、リハビリが十分でないまま普段の生活に戻ってしまうと関節が変形し、激痛が生じるという『変形関節症』を引き起こすこともあるようです。 では、それぞれの治療法に伴うリハビリ期間と完治までの道のりをみていきましょう。 保存療法 約4週間から1ヶ月半で足首の骨折が固定されるといわれています。 ある程度骨がくっついて来たら、ギブス等を外し、長期間にわたり固定されていたがために衰えてしまった関節・筋肉を回復させることを目標にリハビリを開始します。 リハビリは、関節の可動範囲を大きくする可動域訓練期間が1~2ヶ月、そして、足首に体重をかけれるよう不可訓練をさらに1~2ヶ月かけて行われます。 つまり、保存療法では、最短で3ヶ月、長くても半年で完治するということになります。 手術療法 出来る限り早く可動域訓練機関に移れるよう手術を計画する段階から考えられています。 従って、ギブス等での固定は2週間から1ヶ月ほどの短期間で済み、リハビリの期間も保存療法より早く終わります。 完治までは、2~3ヶ月ほどといえますが、骨折をした場所やケガの度合いによって異なります。 まとめ 骨折の中でもよくある「くるぶし」の骨折は、時々「捻挫」と間違いやすいようです。 もし、くるぶしを骨折してしまった場合は、保存療法又は手術療法があり、どちらも安静第一となります。 つまり、けがの度合いによって歩けそうであっても歩かないほうがいいとされています。 また、完治までの期間は、治療法によって異なり、保存療法の場合は3~6ケ月、手術療法の場合は、2~3ヶ月くらいになるでしょう。 なお、骨折をした場所やケガの度合いによって完治までの期間は異なるので、一概には言えません。

次の

骨折について足首を複雑骨折し、全治4ヶ月と診断されました。ギプス...

足首 骨折 全治

全治と完治の違いとは そもそも、怪我をした時に医師から言われる「全治」って何の事だか知っていますか? 実は、全治というのは病院に通って治療をしなくてはいけない期間の事なんです。 よく似た言葉で「完治」がありますが、こちらは日常生活で何の支障も起きないぐらい回復した状態を指しています。 つまり、全治期間を過ぎたからと言って安心するのはまだ早く、完治するまでは無理をすると日常生活に支障をきたす可能性もあるという事を覚えておかなくてはなりません。 特に運動部に所属している学生やプロアスリートなどの身体を酷使する活動をしている人は、全治から完治までの期間は一般の人よりも長くかかるとかんがえていけませんし、再発防止の為にも念入りなリハビリを行う必要があります。 競技生活に復帰する際は、骨折をしたヶ所への負荷をかけても何の不安も違和感を感じずに動くことができるかどうかを確認し、動作におかしなところがないか監督やコーチから確認をしてもらうと良いでしょう。 骨折とは 骨折は、骨が折れた状態の事を言うのではなく、骨が壊れた状態の事を言うので、骨の一部が欠けたりへこんでしまうなどの変形をしてしまった場合やひびが入った場合も骨折になります。 骨折に至る原因は、外部からの衝撃等によって引き起こされる外傷骨折、同一ヶ所に度重なる負荷や外圧が加わることで骨が疲労して起きる疲労骨折、骨粗しょう症等の疾病の影響で骨密度が下がり骨の耐久度が低下することで起きる病的骨折の3つに分類されます。 骨折の種類は閉鎖骨折と開放骨折の2つがあります。 閉鎖骨折は、骨折した部位の骨が皮膚を破って体外に飛び出していない状態の事を指し、単純骨折とも言います。 一方開放骨折は、骨折時に骨が皮膚を破って体外に露出してしまっている状態の事を指します。 以前は複雑骨折とも言われていましたが、複雑という言葉の響きから、複数の箇所が骨折している状態を指していると誤解されやすいことから、現在では開放骨折と呼ばれることが一般的です。 足の指と中足骨の骨折 ひと言に足の骨折と言っても、骨折の部位によって重症度も様々です。 はだしの時に足の指を何か硬い物にぶつけることで起きる事が多い足の指の骨折の場合、第2趾から第5趾の閉鎖骨折であれば、指の位置を正しい位置に戻してテープなどで固定するだけでも治せます。 しかし足の親指(母趾)の場合は歩行の度に体重を支えたりするのに使われるため重症化しやすく、場合によっては手術しなくてはいけなくなることもあります。 また、母趾を強打した場合は母趾の付け根にある種子骨を骨折してしまう可能性もあり、こちらも痛みが続くようであれば手術が必要になります。 疲労骨折で多いのが中足骨の骨折です。 中足骨は足の中央部分にある骨で、歩行やランニングなどによる疲労が原因となって骨折することが多く、スポーツ外傷として取り扱われることも多い骨折です。 しかし、初期の段階では発見しにくく、そのまま運動を継続して骨折を悪化させてしまう事もあるので注意が必要です。 踵と足首の骨折 踵の骨折は、高いところから飛び降りたり、落下した際の着地時に踵から着地してしまい、過度の負荷がかかって骨折してしまう事があります。 日常生活では気づきにくいと思いますが、踵は衝撃を吸収したり体重を支える等の重要な役割を果たしている為、踵を骨折してしまうと激しい痛みを伴い、歩くことが困難になってしまいます。 酷い場合では手術も必要になります。 体重をかけても痛くなくなるまでは松葉づえなどを利用し、余計な負担をかけないで生活をすることが全治までの近道です。 足首の骨折はジャンプしたり走ったりしている時に着地を失敗して、足首を外側にひねったまま体重を乗せてしまう事が原因で起こります。 足首の骨折は、場合によっては骨だけでなく靭帯の損傷を伴うことがあるのが特徴です。 治療はギプスで足首を固定して行うことが普通ですが、足首の骨の位置がズレてしまっていて修復困難だと判断される場合は手術をして位置を元に戻す必要があります。 骨折は全治も完治も時間がかかる 骨折は部位や重症度によって全治までの期間が異なり、2〜3週間でくっつくものもあれば、半年以上かかるなんて事も考えられます。 しかし、骨折全般に言える事は、一度骨折してしまった骨がまた元の硬さになるまでは2〜3ヶ月はかかります。 特に足の骨折となると、移動しようとするたびに体重がかかったり動かしたりすることが多い部位だけに、日常生活で使用していては全治まででもかなり時間がかかってしまう可能性もあります。 そうなってしまっては完治は更に先送りです。 骨折してしまった時はとにかく全治までは一切の無理はせず、患部に余計な負担がかからないよう心がけ、全治した後も完治まではまだ時間がかかることを肝に銘じて慎重に行動をしましょう。 骨折前から活動していたスポーツを再開させたい場合は、入念なリハビリを行い、確実に痛みが感じられないことを確認してからにしましょう。 また運動再開後は、骨折した部位を中心にアイシングやケアをしっかりと行い、再発防止に心掛けましょう。 検索: 今日の人気記事• 医療と福祉にはどんな違いがあって私たちの社会とどうかかわっているのでしょうか?今回は医療と福祉の違いと... 大学によっては教員を公募しているところがあります。 その要綱を見て応募しようと考える人もいるでしょう。 朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象がありますよね。 しかし、朝にラーメンなど高カロリーな... 液晶が壊れた、電源が入らないなどの故障でスマホのデータを諦めて機種変更をした人も多いと思いますが、そんな状態か... 紫外線の影響を防いで健康的に肌を焼くための日焼けオイル。 市販の日焼けオイルしかその効果はないと思ってい... 二の腕の筋肉がピクピクと痙攣した経験はありますか?痛みはなくても何とも気持ちの悪いものですよね。 一人暮らしに憧れる人はたくさんいます。 しかし実際一人暮らしをしてみると意外に大変だったり、寂しくなった... 女性が指先をケガするとなると一番多いのが、急いで料理をしていて、指を切ってしまった。 ピーラーで皮膚をそいでしま... 肝臓機能低下が進むと、肝炎から肝硬変、肝臓がんへと進行します。 肝臓そのものに痛みなどの自覚症状はなく、... ゴムだからといって安心していると、いつの間にか劣化ははじまっています。 それは加水分解によって引き起こさ... カテゴリー• その1クリックが励みになります.

次の