ウッド ガス ストーブ。 超簡単!!ソロストーブみたいなネイチャーストーブ(ウッドガスストーブ)の作り方

ウッドストーブの弱点『火が消える』を対策する唯一の方法

ウッド ガス ストーブ

ウッドガスストーブの焚き火台を作ってみました。 ウッドガスストーブとは 薪ストーブの2時燃焼が目の前で見えるのがウッドガスストーブの特徴で 煙=薪から出た未燃焼ガスが加熱された空気に触れて燃焼します。 今回は鋼管で作ってみました。 鋼管を適当な長さでカット 穴を開けました。 ここが燃焼筒ですが、厚さ6mmなので 厚いので裏の空気が加熱されて2時燃焼の温度になるのに時間がかかりそうですが 薪ストーブの中はもっと分厚いのでうまく行くと思います。 試作第1号の動画を撮ってみました。 未燃焼ガスが熱い酸素に触れて燃焼しているところが見られました。 もう少し効率良く改良してストーブキッチン ゲストハウスにおくことにします!• カテゴリー• アーカイブ アーカイブ 最近のコメント• に kitazawa より• に 大原 葉 より• に kitazawa より• に 上原 より• に kitazawa より• に 加古 祐一 より• に kitazawa より• に 大原 葉 より• に kitazawa より• に 木下 より• に より• に より• に より• に より• に より Twitter でフォロー• 2020年6月19日• 2020年5月24日• 2020年4月22日.

次の

【DIY】松ぼっくりや小枝で楽しむ、自作ウッドガスストーブ(TLUDストーブ)

ウッド ガス ストーブ

どうも! 暖冬で全く雪が降らずちょっと寂しい5期生原田です! 現場が進むので嬉しいんですがね さて、今回は冬の現場で大活躍してる暖房器具についてご紹介 それがこちら、ウッドガスストーブです! ウッドガスストーブとはなんぞや? キャンプブームで徐々に知名度が上がっているそうですが、知らない人方は多いと思います。 平たく言えば「煙の出ない高火力のストーブ」です。 まず構造をちょこっと説明します ウッドガスストーブはこんなふうに2層構造になっていて、空気はこの層を通って、内側に入っていきます。 火をつけると内側の缶はすぐにアチアチになります。 その側を空気は通っていくので出てくる空気もアチアチになってます。 これがミソです! そもそも、目が痛くなるあの「煙」は可燃性ガスです。 燃えるのです。 じゃあ、なぜ燃えずに白いままなのかというと、単純に温度が低いからです。 例えば、水分が多い薪を燃やすと水蒸気がたくさん出てきて、周りの温度を奪ってしまいます。 すると「煙」が「火」に変わるための温度に達することができないのです。 焚き火で白い煙が出るのも、周りから冷たい風が吹き込んできて温度を奪ってしまう事が原因の一つです。 そこで、2層構造にする事でアチアチの風を吹き込んで煙を火に変えようという発想なのです。 この「煙」に高温の風を当てて最燃焼させることを「2次燃焼」といいます。 赤丸の部分ですが切込みから炎ご出てるように見えますよね? これが先程説明した「2次燃焼」です。 普通では逃していた「煙」を火に変えることができるので高火力にもなります。 優秀なウッドガスストーブですが、欠点もあります。 まず、熱逃さぬ2層構造なので缶の周りはあんまり暖まりません。 上方だけが高火力の上方向特化型なのです。 時間が立てば周りも多少は暖かいですが、普通に焚き火をするのとは段違いです。 あと、煙が出ないのはストーブに入れた木が燃えて温度が上がってからなので、それまでは煙は普通に出ます。 紹介したウッドガスストーブですが、なんとペール缶2つとボルトとナットだけで簡単に作れます! と、作り方も説明しようと思いましたが、長くなっているので次回に続きます! それでは、5期生原田でした!.

次の

ペール缶ウッドガスストーブ|津和野ヤモリーズ|note

ウッド ガス ストーブ

アルコールよりも費用対効果が高いですよね、ホワイトペレットも試したいが少し高い気がする。 まずはペレットテストの為のストーブを急造 モノタロウの通販で丸缶のサイズ違いと蓋を使用 丸缶は187円でふたが70円だったかな? 薄いスチール缶なのでカンコーヒーの缶の様にアイスピックでプスプス穴が開きます。 ・・ね!? 五徳部の穴で三次燃焼したりします。 今回、中はこんな構造にしました、ペレット用なので燃焼部はあまり大きくなくて いいけど、五徳は少し高さを出して、クッカーに少しでも効率良く炎が当たる様に。 木っ端投入部はペレット用には本来要らんです、風を考えるとパンチ状でいいのですが いつもの様に中が見たいという理由と、途中で木っ端とか入れたくなるので大きく開口した・・ 灰が溜まっても燃やし続けられるように、ロストルもだいぶ底上げした。 テーブルの上で使いたいので、下に空間も欲しかったのでボルトで底上げ。 ロストル下に溜まった灰と、この空間で少しはインパクトが減るのかな? 荒目のロストル交換すれば木っ端でも長時間いけるかなと。 ストーブの中にペレットを少々、1合くらいかな? 10分位燃えるので焼きそば位は作れます。 穴の下まで入れると20分程度は燃えます。 ペレットに少量のアルコールをしみ込ませて、火を付けます。 別容器でアルコールをしみ込ませた ペレットを一番上に乗せて火をつけた方がムラ無く、上手く燃え広がるかもしれません。 一分程度でウッドガスが出て引火しました。 更に1分少々でこんな感じになりました。 スタートより5分で、このストーブの大きさではMAXな炎に、この時二次燃焼の穴が小さいのか 上から見ると炎の勢いが弱くドーナツ状の時が多い・・? 短時間用なので一次吸気を強くしてあるのからなのでしょうか。 入れた時のペレットの6~7割位の質量が残っている、正確には一粒一粒が小さくなっている状態。 ペレットが硬いのと、隙間が木っ端ほど無く入れられるので、おき火の時間が長い。 熾火が多いので長時間ペレットを燃焼させるには炉はそれなりに大きさがあるか 熾火で小さくなったペレットはロストルから落ちる様にして、かき出せる様にするしかない? もしくは、煙突効果の高い作りにして熾火にどんどんエアーを当てて早く灰にする・・・とか。 パタパタと団扇で扇ぐと写真では分からないが赤々となり炎が出る、 しかし、これっぽっちなのでストーブの中に 入れっぱなしでは調理は出来ない、焼きおにぎりが焦げずに出来そうな程度。 でもこれを利用しないと、勿体無いなあ・・ とりあえず炭化したペレットに五徳を置いて、180ccの水の入った容器を乗せる 2分位で自分のお味噌汁の好みの温度位になる・・分かりづらい表現でスミマセン・・ が、使えるので勿体ない・・ カップをどかして残った炭化ペレットをパタパタ扇いでみると、少し小さくなったが残っている トングで掴むと硬いのがわかる・・・勿体ないなあ・・・これはなんとかしなくては! この勿体無い炭化ペレットを利用し易いストーブを作らなければ!

次の