鹿島釣り日記 場所。 黒潮日記: 鹿島ショウサイフグ

鹿島港・アンモニア岸壁の釣り場とポイント 釣れる魚 おすすめの釣り方

鹿島釣り日記 場所

Contents• 大切なのは共同漁業権 共同漁業権とは簡単に説明すると 漁業権を持った人はその区画内で漁業を行ってもよいですよ、という権利で逆に漁業権を持たない人はその区画内で漁業を行った場合、罪に問われますよということ。 ここで何が漁業として見られるのかというと、僕たちに関係あるところでは漁業権の対象となっている魚貝藻類をとることとなります。 この漁業権の対象となっている魚貝藻類は都道府県ごとに区域でまとめられています! その区画の対象種の中にタコが入っている場合は注意が必要で、そもそも禁止か禁止期間が設けられていたりします! その区画でタコ釣りをしていいかどうかを簡単に確認する方法としては、水産省に電話をして確認するのが一番はやいです! タコ釣りが違法とならない場所 共同漁業権で違法か、違法じゃないかが決まってくるのでタコ釣りをしてもよいという場所は以下の二点のどちらかになります。 その区画の共同漁業権の中でタコの採取が禁じられていない これはその区画はタコ釣りがOKなのか水産庁にしっかり確認をしたほうがよいです。 そもそも共同漁業権が設定されていない区画 この場合は取り締まる法がないので、その区画ではタコ釣りをしても大丈夫です! 共同漁業権がどこにかかっていて、どこにかかっていないかなどはというサイトで調べることができます! 高須海浜公園の漁業権は? 調べてみると高須海浜公園はそもそも共同漁業権が設定されていなく、タコ釣りOKみたいです。 面倒くさいですが、しっかりと調べないといつの間にか密漁といったことになりかねませんので気をつけましょう。 共同漁業権でタコ釣りがOKの区画だったとしても、たこつぼとかを使って取るのはダメです!とかいうルールも規則としてある場所が多数ですので、それも気になる方は水産庁に確認をしましょう! 中にはタコの釣り方は疑似餌を利用した釣りのみというように規定されているところもあります。 まとめ タコを釣ろう!と思ったときは釣りをする場所について水産庁に確認することと、タコについて規則があった場合はそれに従いましょう!ということですね! 高須海浜公園はタコ釣りOKなので今年は高須海浜公園でタコ釣りたいな~。。。 いいなと感じていただけましたら、 下のボタンをクリックしていただけますと、とても嬉しいです! よければ応援よろしくお願いします! 本日もありがとうございました。

次の

茨城県『鹿島港』の釣りポイント情報まとめ

鹿島釣り日記 場所

もくじ• ターゲット 月 1-3月 4-6月 7-9月 10-12月 メバル ウキ、サビキ、カゴ、ルアー カサゴ ウキ、サビキ、カゴ、ルアー カレイ 投げ、チョイ投げ 投げ、チョイ投げ ウミタナゴ ウキ、サビキ、カゴ、ルアー ウキ、サビキ、カゴ、ルアー アイナメ 投げ、チョイ投げ 投げ、チョイ投げ クロダイ ウキフカセ、カゴ、ウキ、ヘチ アナゴ 投げ、チョイ投げ シロギス 投げ、チョイ投げ イシモチ 投げ、チョイ投げ アジ サビキ、ウキ、カゴ、ルアー ポイント ポイント1 港内出入り口の西側突堤のポイント。 堤防から一段下がって石積みがありますが、平らにならされているため足場良好な環境で釣りを行うことができます。 水深もチョイ投げ程度の距離で10m程になっています。 釣り物としては、• カゴ釣りでのアジ狙い(秋以降)• 投釣りによるカレイ がメインになっています。 ポイント2 標識灯のある堤防の先端付近のポイント。 足元の水深は5m前後で潮通しが良い場所です。 主なターゲットは、• サビキ釣りでのアジ・サバ• カゴ釣りでのアジ狙い• 投釣りでのシロギス・カレイ となります。 ポイント3 鹿島港魚釣園の先端ポイント。 この突堤自体が転落防止柵・トイレ・休憩室・無料駐車場付きと最も釣り場として整備されており、釣り場としても水深8m、潮通し・足場良好でファミリーで訪れた場合、こちらを利用したい場所。 釣り物は、• サビキでのアジ・サバ・イワシ• 投釣りでのシロギス・イシモチ・ヒラメ・アイナメ• ウキフカセ釣りでのクロダイ• メタルジグ・弓角によるイナダ・カンパチ・ソウダガツオ など多彩な魚種をターゲットにすることができます。

次の

2018年12月 釣り日記 鹿島港とか小名浜港とか日立港とか南房総とか水郷とか

鹿島釣り日記 場所

鹿島の漁港で釣りをしたら警官につかまりました。 10年ぶりに家族で茨城県の鹿島に釣りに行きました。 震災で入れない場所も多いと聞いていたので地元の釣具屋でポイントを聞いて、鹿島灘漁港に行きました。 漁船が係留してある港内でアジを釣っていましたところ、地元のお年寄りたちが自転車で来て防波堤をよじ登り釣り釣りを始めました。 見に行くとアジがよく釣れいてるので私も仲間入りし、一時間ほど釣っていると突然警官が現れて釣りを禁止中止させられ、そのうえ一列に並ばされて「私は、禁止されている場所で釣りをしました。 今後しないことを誓約します」という内容の書類にサインさせられ運転免許証の提示も求められました。 また港内で釣っていた家族も全員追い出されました。 ちなみに地元のお年寄りたちはどこかに姿を消していました。 鹿島港の南防波堤や震災で壊れた護岸での釣り禁止はわかりますが、使用されている漁港での釣りまで禁止するというのはいかがなものでしょうか。 夏休みに行った房総や伊豆半島の漁港の堤防で゛は、どこでも多くの家族連れが釣りをしていました。 そもそも日本全国の漁港は、国民の税金でつくったもの。 地元の漁師だけでなく県外の漁船やプレジャーボートの寄港も認められています。 警官に聞いたところ茨城県の条例で禁止されているようですが、港の利用は、県の条例の上位法である国の法律で定められているのではないでしょうか。 どうにも納得できません。 みなさんはどうお考えでしょうか。 国の法律でまかないきれない部分を補完するのが条例です。 検挙されなかっただけましだと思ってはいかがですか? 全国的に見れば、釣りが禁止になっている漁港や防波堤は結構あります。 防波堤や漁港は、釣りをするために作られたものではありません。 船の係留や波を防ぐためのものです。 自治体は、事故が発生すれば、管理責任を問われます。 本当は全部立ち入り禁止にしたいというのが本音です。 近所の防波堤が改修されたときに、立ち入り禁止の看板を立てようとしていました。 それだけはやめてくれるよう伝えて、「この防波堤で事故が起きても一切関知しません」という看板をつけてもらいました。 行政に対する働きかけも必要かもしれません。

次の